2019年04月11日

日本第一党と原発再稼動の推進!

1
画像上:日本第一党による八王子駅前(北口)での演説活動

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

【2019.04.11】日本第一党岡村みきお 八王子市からJapan First!

https://www.youtube.com/watch?v=GhCaMQBaa9I

【2019.04.09】日本第一党村上としかず 八尾市からJapan First!

https://www.youtube.com/watch?v=tITs_pEk-so
(撮影・制作:はとらずチャンネル


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆左派の息の根を断て!

妨害集団『しばき隊』台頭の契機となった反原発騒動!

9
画像上下:演説風景と第一党の宣伝カー
5
2

 平成31年4月11日(木)、反移民の右派政党『日本第一党』(桜井誠党首)の岡村幹雄・東京都本部長らは八王子駅前にて演説活動を開催した。演説は同駅北口が前半、南口が後半。

 当日は同駅前にて、左派系による原発廃止の署名活動が行なわれていたこともあり、最初のテーマは原発再稼動だった。

4
画像:左派系による反原発署名活動
ノボリだけならパッと見、「原発再稼動」推進に見えてしまう
左翼も宣伝手法がまだまだ生温かったりする


 日本第一党としては原発再稼動推進のスタンスだが、誰もが思うこととして原発は廃止したほうが良い。すぐに代わりとなる代替エネルギーの導入が可能ならば。

 何も全ての原発を無条件に稼動せよとの主張でもない。安全が確認され次第、現存する原発施設なら稼動させたほうが良い。

 左派系を主体とする反原発騒動では、さも福島県一帯が放射能汚染されて人が住めない地域であるかのように喧伝(けんでん)する。

 しかし、そのような主張が全て嘘デタラメであったことが福島県で農業を営み、日々、福島県で生活している日本第一党の瀬戸弘幸・最高顧問から述べられた。福島県民の生活も健康そのもの。農作物も安全そのもので、甲状腺癌などで死亡した児童など一人もいないし、奇形児なども生まれていない。

 3月下旬から4月上旬にかけての統一地方選の前半も終了。この4月半ばからは後半戦が始まろうとしている。

 日本第一党からも東京都内、大阪府内など各地で立候補が予定されているが、前半戦は同党候補者に対する「選挙妨害」が凄まじかった。

 全ては自公政権を通じ、法務省より各法務局、各都道府県警察、各自治体に対して「選挙運動中のヘイトスピーチ規制の強化」が通達された結果だが、これでしばき隊の総称で知られる左派系の妨害集団を勢いづかせたものだ。

 思い起こせば各地の選挙区にて第一党はじめ右派系候補に対し、卑劣で凄まじい選挙妨害を繰り広げるしばき隊の派生も一連の反原発騒動に起因している。国会・首相官邸前での反原発のバカ騒ぎがそのまま右派系への妨害にスライドしてきたものに他ならない。

 …在特会(日本第一党の前身的団体たる右派系の市民運動団体)による反韓国デモが隆盛していた頃、左派系は散発的ながらも「スネーク(追尾)」や「カウンター(迎撃)」と称されるデモへの嫌がらせを繰り広げつつ、一斉的な反撃の機会をうかがい続けてきた。時は2010年(平成22年)〜2012年(平成24年)にかけてのこと。

 東日本大震災・福島原発事故が起きたのは平成23年(2011年)3月11日のこと。そこから一気に反原発騒動が東京都内をはじめ全国的に広がり、それまで衰退傾向にあった左派系の運動体は息を吹き返した。

 日本共産党系の首都圏反原発連合(略称:反原連)がその一つだが、この日共系の反原連を母体としてレイシストをしばき隊なる極左崩れのならず者集団が発足している。それが平成25年(2013年)初頭のこと。

 原発事故(2011年3月)から、しばき隊の本格始動(2013年初頭)まで丸2年。左派系は反原連を中心にしばき隊の核となる人材を掻き集め、爪を研ぎ、牙を磨き、虎視眈々とネットを媒介して隆盛する右派系市民運動への反撃の準備を整えていたのだろう。

 伝統右翼の一部(新右翼『一水会』など)には、能動的に反原発に同調する向きも見られたが、全てはライバル的に敵視したネット発の右派系市民運動への妨害開始を目論み、原発事故に乗じて左派系に迎合したものと見られる。

 一気に牙を剥き始め、以降、右派系市民デモ街宣に限らず、保守系議員の街頭演説から遂には安倍晋三首相による演説妨害にまで、その「攻撃対象」を広げたのである。

 断言して各地での選挙・演説妨害にて、この騒乱を極めるしばき隊と反原発騒動は一体で、連動するものであり、しばき隊による横暴を沈静化させるにも原発再稼動の推進なくしてあり得ない。

 逆に言えば、原発再稼動の推進こそが左派系、しばき隊を弱体化せしめるものである。

 震災直後の節電による不便さに始まり、電気料金の値上げ…増加する一方の火力発電への依存…生産性の停滞…電力インフラへの投資の停滞など、反原発に名を借りた国民生活への「しばき」と国民泣かせをこれ以上、看過してはならない。

 安全が確認され次第、順次、全ての原発施設を再稼動させていくことが望ましい。

genpatsu
画像上:原発再稼動のネットニュースより
画像下:筆者・有門大輔によるツイートより
ari

10
画像上:八王子駅南口に移動しての演説活動
こちらでは移民受け入れの危険性が主なテーマ
今月より始まった外国人労働者の受け入れ拡大にも何ら危機感を示さない各労組の体たらくを糾弾した瀬戸最高顧問

67
画像上:反日国家・南朝鮮(韓国)での日本製品への「戦犯ステッカー」に言及した岡村本部長

3
画像上:八王子駅南口での演説風景
これまで朝鮮総連への抗議行動や移民反対のデモなど、岡村本部長とは何度も顔を合わせ、互いに会釈する機会はあったが、筆者・有門としては今回、初めて正式に挨拶させて頂いたものだ

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★関連ブログ『集スト問題相談所
2019年04月10日 ヘイト対策と集スト
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/31656872.html


★お知らせ
ブログ『日本よ何処へ』より
2019年03月15日 「連帯ユニオン関生闘争記」本日発売
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53313523.html

tankoubon
【2019.04.11】せと弘幸 関生支部トップ再逮捕を語る 〜一千万円恐喝疑い〜

https://www.youtube.com/watch?v=UqK33LA1kbw


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

”チョン楠ブタマの劣生政策(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12453217228.html
”チョン楠オータマネギシんナマコン祭り!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12453290386.html
”チョン楠カルイシんレインボーなクソスレ〔嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12453422994.html
”チョン楠カルイシんクソスレ取調室(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12453598436.html



gaitsui_newtop



Posted by samuraiari at 23:48│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
連帯ユニオン・妨害勢力しばき隊への糾弾行動 
この記事へのコメント
せとさんと有門さんは関西生コンと平行してやってますから大変ですね。
ご苦労様です。
Posted by ななしさん at 2019年04月12日 13:33
激励を有り難う御座いました!

関西には引き続き常駐して取り組んでいる同志らがいます。
Posted by 有門大輔 at 2019年04月12日 15:30
5
わが出生地である八王子を汚す創価学会を殲滅せよ!!

それ以外何もいらない!!

Posted by morico13 at 2019年04月16日 19:52
>morico13さん
八王子ではバスの行き先表示からして「創価大前」。一種の公共機関というほどに地元に食い込んだカルト大学。根本的に殲滅が必要です!
Posted by 有門大輔 at 2019年04月21日 11:26

コメントする

名前
 
  絵文字