2019年04月21日

米大統領の訪日と拉致事件!

soukan
画像:漂着した北朝鮮漁船(工作船)の乗組員(不法入国者)を乗せ、強制送還へ向かう入国管理局のマイクロバス
北京(支那)経由だろうと、北朝鮮に強制送還する手立てはある!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆在日重犯者の強制送還から検討せよ!

日本人拉致事件の全面解決に向け、犯罪人引き渡し条約の締結?

 5月下旬、米国のドナルド・トランプ大統領が再び訪日されることが決まった。

 今回の訪日にあっても日本人拉致被害者の家族と面会する方向で調整が進んでいる。

tora
画像:ネットニュースより


 米国への協力要請も必要だが、我が国としても最たる当事国として、北朝鮮による日本人拉致事件の全容解明・全面解決に向けて動き出さなければならない。

 北朝鮮への経済制裁の実施、『朝鮮総連』傘下の朝鮮民族学校への補助金停止など、これら全ては拉致被害者を北朝鮮にとどめたままという拉致事件の継続と、核開発に狂奔する北朝鮮の横暴をストップさせる目的で行なわれていることは論を俟たない。

 ゆえに民間レベルにあっても保守運動をはじめ、朝鮮学校に補助金を出すなとして様々な取り組みが行なわれている。

ari
画像:筆者・有門大輔のツイートより


 もし、仮にだが、北朝鮮という国がすこぶる親日的で、日本人拉致事件も起きていなくて、核の問題も覚せい剤の問題も何も問題が起きていなければ制裁だとか、補助金の廃止運動などは起きていなかっただろう。

 在日朝鮮人の特別永住資格が歪な制度であることは事実だとしても、そこは日本人らしい情緒で「まぁまぁまぁ、どうぞ日本にいてもらって構いません」という話で済んでいたものと思われる。

 実際、特別永住外国人には在日朝鮮・韓国人のみならず、台湾人など少数のその他の外国籍も存在するが、それらの国籍の人々は「在日特権(特別永住制度)廃止運動」にあって然したる抗議の対象にはなっていない。

 朝鮮学校なる外国人学校への補助金にしても、在日朝鮮人なる外国人への生活保護支給にしても、慎ましく外国人らしく暮らしてくれていたら、たとえ憲法に違反していたり、少々道理が違うことであっても、そこをナァナァに済ませられるのが日本社会だろう。事実これまでもそうしてきたはずだ。

 ところが、自分たちのコミュニティ(在日社会)から犯罪者を出したり、テロリストを出したり、挙げ句、母国が日本人拉致など対日テロの国家犯罪をやったところで同胞として謝罪がないどころか、自分たちは関係がないとばかりに在日批判・朝鮮批判(保守運動)の日本人を恫喝してくる始末。

 あまつさえ「差別やめろ」「ヘイトやめろ」「レイシスト帰れ」で在日批判・朝鮮批判の保守運動に言論封殺を仕掛けてくるあり様…。

 そもそも、こういう人たちでなければ(朝鮮半島に)帰れ、出て行けという話にもなっていない。まず、これが第一点。

taka
画像:高木脩平・護国志士の会局長によるツイートより


 間もなく訪日されるトランプ米大統領と拉致被害者家族の面会が実現するが、日本側から主体的な対北交渉として、特別永住者(在日)のうち、過去に懲役7年以上の重罪を起こした者について北朝鮮に引き取らせるための交渉をしてみてはどうだろうか?

 特に在日の暴力団関係者などに多そうだが、おそらく南朝鮮(韓国)は引き取りを拒否するに違いない。その点、北朝鮮なら収容施設が存在するだろう。仮に収容施設が満杯でも、あの国なら一斉的な粛清ですぐに空きが出るに違いない。

 拉致事件をめぐる対北交渉では常に「日本人拉致被害者をいつ還してくれるのか」「何人を還してくれるのか」といったことばかりに焦点がいっていると思う。

 逆に日本側から在日同胞のうち、南北の国籍に関係なく、懲役7年以上の重犯者を北朝鮮に引き取らせるための交渉をしてみてはどうか?

 懲役7年以上の特別永住者の強制送還は法律で定められていることであるし、何ら法治主義に逸脱したものではない。

 過去には故・金正男と見られる正体不明(?)の朝鮮人らしき男らを国外退去にした実例があるし、つい最近も漂着した北朝鮮漁船の乗組員を送り返した実例もある。

6
画像:もう18年も前のことになる故・金正男(?)の国外退去騒動
その金正男が独裁政権打倒のシンボルになるや、現独裁者の弟によって粛清されるとは現実は冷酷であり、皮肉なものだ…


 北朝鮮への送還に問題があると言うなら、そのための国交樹立なり、日朝間での「犯罪人引き渡し条約」なりの締結ならアリだと思う。

 何も何万人もの在日を一斉送還せよとの話でもない。以前にネット右翼ブロガーの煽りで「在日強制送還説」がネット上で流布されたことがあったが、そのような大仰な規模ではなくとも、たった数人程度で構わない。段階的に3人から6人、9人と強制送還の枠を増やしていくだけで構わない。

 まずは死文化した在日重犯者の強制送還を、たとえ一件の例からでも順次履行すること。

 拉致被害者奪還のために、日本側が同じく在日同胞を強制収容所なりに人質にとって交換を持ちかけることが本来的な手段だと思うが、それでは「ヘイトだ」「差別だ」「迫害だ」「アウシュビッツだ」と言う向きがあるので本国へ還す。「帰るところがない」などと寝惚けたことを言い出す在日連中のためにも。帰るところを心配しなくても良いように北朝鮮へ。

 普段、ヘイトだ差別だレイシストだと喚き散らしては人権を主張する在日連中にとっても、将軍様のいらっしゃる北朝鮮への送還なら、むしろ喜ぶべきところではないか?

 米国ではトランプ大統領が不法移民を同じく不法移民が多いとされる地域で釈放する措置を講じた。どこへ捕らえることも収容することもなく、在日同胞の国に帰してやることが一番だ。

 在日重犯者の強制送還と引き渡し、引き取りを日朝間で履行すれば、北朝鮮からも拉致被害者を還しやすい。

 本来的には何も北朝鮮の立場を慮(おもんぱか)ってやる必要もないが、現実問題として日本人拉致被害者とて北朝鮮人民になってしまっていることに留意しなければならない。

 既に日本に帰国を果たした地村さん夫妻や蓮池さん夫妻、曽我ひとみさんらについても同様のことが言えるが、長い北朝鮮での暮らしで共産思想と独裁政権への洗脳により、日本に帰国直後は完全に北朝鮮人民だった。中には政府筋の機関に勤めている拉致被害者もいることだろう。

 地村さん、蓮池さん、曽我さんらも帰国当初は北朝鮮当局から「日本へ行け」「何日間のうちに(北朝鮮に)帰国せよ」との命令を受け、その通りにするつもりだったはずだ。

 のうのうと日本で暮らしている我々にとっては想像し難いが、北朝鮮で暮らすことを強いられた拉致被害者にとっては骨の髄まで北朝鮮人民とならなければ北朝鮮で生きていけない。

 心のどこかに日本に帰りたい…という気持ちが僅かでも残っていれば良いが、拉致被害者と言えども毛の先、爪の先まで北朝鮮人民になり切ってしまった彼ら彼女らには「出国命令」や「国外退去命令」がなければ北朝鮮にいる限り、自ら能動的に動かない。

 「お前は不法入国者だ」「直ちに日本へ帰れ」と命じられても、将軍様に仕えられないくらいなら…北朝鮮で暮らせなくなるくらいなら…と自殺を選んでしまう拉致被害者だっているかも知れない。

 カルト宗教も然ることながら、それほどに共産主義独裁国家における洗脳とは凄まじくて恐ろしい。誰もが解放を待ちわびる「人質」状態であるとは限らず、日本で暮らす日本人の感覚で、北朝鮮に暮らす拉致被害者を同様に考えてはいけない

 従って北朝鮮当局が有無を言わさず、強制的に日本人拉致被害者を引っ張り出し、日本へ送り返してきやすい状態を整えることも重要だろう。

 地村さん、蓮池さん、曽我さんらの帰国がそうであったように日本へ戻すための名目は取りあえず何でも構わない。

 それで北朝鮮の面目が立つと言うなら不法入国者の国外退去でも、日本への強制送還でも構わない。拉致被害者が日本へ戻って来さえすれば。

 洗脳を解くのは日本へ戻してからで構わない。

 本来的には北朝鮮が補償すべき問題だが、帰国後のケアと原状回復については日本国が全面的に負えば良い。

 拉致事件を長きに渡って放置してきた日本政府にこそ大いなる責任がある。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


minami
画像上下:ネットニュースより
大阪ミナミで発砲して二人を撃った朝鮮人(韓国籍)容疑者が逮捕された!
こちらも懲役7年以上は固そうだ!

minami2

★お知らせ
ブログ『日本よ何処へ』より
2019年03月15日 「連帯ユニオン関生闘争記」本日発売
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53313523.html
tankoubon


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

”チョン楠ブタマのアルタ前!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12455816443.html
”チョン楠オータマネギシは極右かぶれ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12455909064.html



gaitsui_newtop



Posted by samuraiari at 23:22│Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 
この記事へのコメント
バングラディッシュ
 校長からセクハラ受けた女学生 通報後 火をつけられ焼死
Posted by お知らせ at 2019年04月23日 13:10
5
「拉致被害者」の総数すら確定していないのが日本の現状です。米国人を10人拉致したら戦争になって北は消滅していたはずです。北にとって日本はその程度の国でしかないのです。北に限らず役立たずの「国際社会」の中での日本も極東の小国に過ぎません、世界最大の経済大国であった時ですらその程度の扱いでしかなかったのです。なのでその現実を認め「鎖国」に邁進するのが日本の生き延びる道です。
Posted by morico13 at 2019年04月23日 23:05
>お知らせさん
バングラも凶悪ですね。セクハラ被害の女学生がそれにとどまらず、通報すれば報復で焼殺とは…! 口封じの仕方も日本の比じゃありません。

>morico13さん
既に経済大国からも転落し、先進国ですらないと言われるのが日本の現状!

北朝鮮の独裁者が安倍首相との会談にも意欲を示しているそうですが、対北外交でも主権国家としてやるべきことを全部やれば良いでしょう!
Posted by 有門大輔 at 2019年05月05日 23:00

コメントする

名前
 
  絵文字