2019年04月22日

統一地方選の総括!

hori2
画像:新宿区議選に、『日本第一党』公認で立候補した堀切笹美氏の後援会サイトより


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆当落線上ギリギリのところにいた『日本第一党』候補者?

 統一地方選の後半戦が終了した。

 前半戦は川崎市川崎区での保守系無所属候補の応援に入り、『日本第一党』関係の同志らは同党候補者への応援と往復。後半戦は第一党への応援オンリーとなったようだ。

 全ての行程を終えたことで、改めて各候補者を労いたい。このブログでは一人ひとり触れることは出来なかったが、川崎市議選を保守系無所属候補として戦った佐久間吾一氏のほか、日本第一党公認の各候補者、『日本国民党』候補ら「行動する保守運動」系候補の健闘を改めて讃えたい。

各候補の得票数と選挙区は以下の通り

【前半戦】

・保守系無所属

佐久間吾一 氏(川崎市川崎区) 959票

・日本第一党 公認

井上晃佑 氏(相模原市緑区) 867票

古澤慎悟 氏(相模原市中央区) 753票

中村和弘 氏(相模原市南区) 1162票

西山 傑 氏(京都市左京区) 443票

桑鶴和則 氏(福岡県議選 八幡西区) 1185票


【後半戦】

・日本第一党 公認

堀切笹美 氏(新宿区) 1129票

大村小太郎 氏(練馬区) 1936票

岡村幹雄 氏(八王子市) 1738票

大木しんいち 氏(西国分寺市) 514票

朝倉しんのすけ 氏(調布市) 798票

村上利一 氏(八尾市) 600票

小林こうすけ 氏(藤井寺市) 252票

・日本国民党 公認

川東大了 氏(枚方市) 973票

以上

 中でも特に惜敗したのは新宿区の堀切笹美(ほりきり・ささみ)氏。

 堀切氏は右派市民運動・行動する保守運動にあって関東ブロックの責任者でもあり、各地でのデモ街宣では筆者・有門大輔も度々お世話になっていた。

 ここからが慙愧に堪えない話なのだが、筆者も属する『護国志士の会』(高木脩平局長)の元副長である遠藤修一氏(既に同会から退会)が独断で今回の市議選に堀切氏と同じ新宿区より立候補。

 選挙の前より、同じ行動する保守運動陣営とあって堀切氏と票を分断することが懸念されていた。言わば同陣営の重複立候補の経緯については、当ブログの過去エントリーでも触れている。

:当ブログの関連エントリー
2018年10月08日 神奈川・保守系の2大街宣!!(※後半部分)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52084491.html

 関係者の悪寒はある意味、的中したとも言える。

 新宿区議選での堀切氏の得票は1129票。堀切氏の落選が即ち遠藤氏出馬のせい…だとは言わない。それぞれ支持層がまったく被っているわけではないだろうし、仮に堀切氏の単独出馬だったとしても遠藤氏の得票がそっくりそのまま堀切氏に入っていたという確証もない。

 ただ、遠藤氏の得票344票を堀切氏の得票に足せば1473票で、今回の新宿区議選では最低ラインで当選した社民党かわの達男1472票を僅か1票差で上回っていた…というのは各人にとって非常に後味の悪い開票結果ではある。

hori
画像上:新宿区議選の開票結果の一部
画像下:高木脩平・護国志士の会局長によるツイートより

taka

 仮にもしも、1票差で左派の社民党候補が落選し、日本第一党初の区議会議員が誕生!…していたとしたら? 今ある展開は180度違ったものになっていたかも知れない。

 しかし、当選するも落選するも全ては当人の実力であり、勝負は時の運。誰しも敗戦を他人に責任転嫁するようなことは許されない。

 だが、これだけは絶対的に言えることだし、この先、誰も言わないだろうから言っておく。

 選挙前後にわたり、堀切氏に対する共闘声明とラブコールの数々は「遠藤氏の支持層イコール堀切氏の支持層」でもあることを遠藤氏自ら図らずも露呈したも同然だが、周囲の再三にわたる説得と制止を振り切って我を通し、自ら支持者・関係者を混乱させるようなことをやっておきながら、それはないんじゃないか遠藤さん?
endo2

 まだ日本第一党の政策・理念を全否定するなり、明確な敵対勢力として立候補したほうがよほど筋が通っていただろう。

 結果的に反日勢力だけを喜ばせる形になったことに違いはない。もしもだが、こんな分裂選挙を仕掛けた反日勢力の仕掛人が存在するとしたら、敵ながら天晴れと言う他ない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆カルト政党にも政権交代ならぬ勢力交代の兆し?

関東はNHKから国民を守る党で、関西は維新勢力、沖縄はオール反日勢力?

 その他の選挙区での情勢を見ていきたい。

 衆議院大阪12区補選では維新候補が、自民公認・公明推薦の候補を打ち破って当選を果たした。

ishin
画像:ネットニュースより


 一方、沖縄県の3区補選では自民公認・公明推薦で維新も推薦する元沖縄担当大臣を、オール沖縄勢力が推す新人候補が打ち破った。

 自民公認はともかく、公明党の推薦など受けていれば逆に通り難い時代になってきたのではないか? 特に沖縄県の場合、末端では創価学会信者がオール沖縄など左翼勢力に与していそうだ。もはや創価票は「寝返り票」でしかない?

nawa
画像:同


 大阪府では八尾市と池田市の両市にあって、維新の新人候補がいずれも自民公認・公明推薦の候補を打ち破り、「維新市政」の誕生を確実なものとした。

 ここでも公明の推薦・創価信者の集票ごときで維新勢力の躍進は止めようがない状況になっている。

 また、市長選ではないが、過去、二度にわたって維新勢力の挑戦を撥ね退けた堺市の現職市長が資金管理の問題から辞任を表明。維新勢力が堺市長の座を奪いにかかっており、こちらも熾烈な市長選が繰り広げられそうだ。夏の参院選と、その後に来るであろう「大阪都構想」の実現に向け、今年、大阪が熱い!

 関西圏では維新勢力の躍進が目覚しいが、一方、関東にあっては『NHKから国民を守る党』の躍進が目覚しい。

 かつて前出の「行動する保守運動」にあって現在の日本第一党関係者らともデモ街宣で共闘した運動参加者・団体代表者らが、現在ではNHKから国民を守る党の公認候補として統一地方選に出馬。見事、当選を果たしている。

 ただ、こちら陣営の運動関係者によると、「N国党だかで公認候補になったり、当選したり、そういうのにくっ付いた奴までが掌を返すあり様だよ。

 いや、党や所属が違って立場が違えば表面上は無関係を装いたいのも分かるよ。こっちの運動関係者でも自民党に入ったのだっているしさ。

 それはそれで構いやしないんだけど、方々でこっちに対して攻撃的なことを言ったりしているもの。

 何も後ろ弾を撃つことないんじゃねぇかって思うよね」とのことだった。

 維新もNHKから国民を守る党の躍進も大いに結構だが、いつの間にやら『幸福実現党』が各地で17名もの地方議員を誕生させていた。

kou
画像:同


 政権与党として公明党の凋落ぶりは著しい限りだが、対極的にこれまで国政選挙に出ては負けまくっていた幸福実現党の党勢拡大が目覚しい。これが今回の統一地方選のもう一つの注目株だろう。

 それでも現時点で公明党と幸福実現党の党勢には天と地ほどの差があるが、政権与党として連戦連敗が続く公明党と、小さくても地方選で勝ち続ける幸福実現党とでは成長ぶりが異なっている。

 政権交代には程遠くても、着実にカルト政党の勢力は交代している。

 こうして見るとだが、行動する保守運動系のみが未だ議員を誕生させるには至っていない。

 連続的な議員の誕生、即ち本当の意味での右派ブーム、保守ブームは台頭していない。

 この壁を何としても打ち破らなければならない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★お知らせ
ブログ『日本よ何処へ』より
2019年03月15日 「連帯ユニオン関生闘争記」本日発売
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53313523.html
tankoubon
☆動画ご紹介!
『連帯ユニオン関生闘争記』第四章 ついに連帯労組・関生支部に強制捜査
https://www.youtube.com/watch?v=02UsT_-BlX4
(撮影・制作:はとらずチャンネル



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

”チョン楠ブタマのアルタ前!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12455816443.html
”チョン楠オータマネギシは極右かぶれ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12455909064.html



gaitsui_newtop



Posted by samuraiari at 23:44│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ 
この記事へのコメント
5
お疲れ様でした。

最近の選挙って、戦略として盛んに「保守分裂」にもっていってる印象があります。自民党なんて以前それで負けてますから、調整不足というよりワザとやってんでしょう。沖縄とか、大阪とか真剣さがないですからね。

保守が票になり始めたので、意識的に偽造保守を作って保守票を分断させているんでしょうね。売国枝野までが保守宣言してて、蹴りたくなります。

幸福実現党は上手く愛国保守イメージを出して躍進してしまいましたが、その票って日本第一党がとらなきゃならなかった票です。

日本を第一に考えて欲しい有権者はそれなりに居ますから、次回こそ議員を出してください。




Posted by 凛 at 2019年04月23日 13:25
5
保守候補の善戦に希望が見えてきました。桜井党首が出馬すれば都議会議員の椅子は間違いないですね。

遠藤氏には氏の考えがあるでしょうが、堀切氏に対する微温的なつぶやきは何でしょうね?挑発だと受け取る人も多いのではないでしょうか?よくわかりませんね・・・
Posted by morico13 at 2019年04月23日 21:48
5
新宿区議選で、遠藤修一氏と日本第一党は敵対関係になってしまいましたね。
Posted by 猿 at 2019年04月29日 13:06
>各位

各候補者、党関係者にはお疲れ様でしたと申し上げたい。

結局、継続しかありませんが、個人的に選挙の手法がどこか新風の亜流のようになってしまっているのが気がかりでした。

無論、原発や移民、パチンコ、日韓合意について党として、また候補者として意見を述べることは重要だと思います。

ただ、地方選にあって原発のない地域で原発再稼動が記されたビラを配布してもあまり意味はないような気がしました。

おそらく巷の住宅街で日韓合意を問題にしている人や日韓合意の直接被害を受けているという人は皆無でしょう。

Posted by 有門大輔 at 2019年05月05日 23:18

コメントする

名前
 
  絵文字