2019年10月10日

反日・不敬展示会をめぐる攻防!

aichi2
画像:反日・不敬展示会の不自由展に座り込みの抗議を決行する河村たかし名古屋市長

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!
【あいちトリエナーレをぶっ壊す】愛知県庁に抗議電話してみた!国民をバカにする愛知県職員!【大村知事 撃退】
(制作:令和タケちゃん

☆「真の政治」ここにあり?

画期的な市長自らの座り込み抗議こそ見もの!

 愛知県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」内の反日・不敬企画『表現の不自由展・その後が10月8日午後より再開。

 同展示会に対しては文化庁が補助金の不交付を決定。萩生田光一文部科学相は同日、文化庁の補助金不交付について「愛知県に不適当な行為が認められたことによるもの」「再開の有無とは関係ない」として、これまでの国の方針を堅持することを改めて表明した。

:拙ブログの関連エントリー
2019年09月27日 あいちトリエンナーレ「不自由展」補助金不交付!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52109377.html

 再開当日より、会場前では、「日本国民に問う! 陛下への侮辱を許すのか!」と書かれたプラカードを掲げた河村たかし名古屋市長が座り込みの抗議を決行した他、同市長が代表を務める地域政党『減税日本』の党員らが同じく座り込みの抗議で「ヘイト・トリエンナーレをやめさせなければいけません」と訴えた(画像下)。
aichi

 不自由展を後押しする「朝鮮系日本人」の大村秀章・愛知県知事には何を言っても始まらないだろうが、今回の河村市長の行動を率直に評価したい。

 県ぐるみでこうした反日・不敬展示会が再開されてしまったことに対し、市長自ら行動の先陣を切って座り込みという端的なアクションで怒りを表現してくれたことは良識ある名古屋市民・愛知県民のみならず、全ての日本人にとって心強い限りだろう。

 本来こうした反日・不敬の行ないに対しては現職の政治家こそが率先的に立ち向かって戦い、有権者に呼びかけることが本当の姿であり、政治家としての責務である。

 自治体首長として河村市長による「街頭行動」を断固支持したい。

 企画展の内容を疑問視する河村市長や吉村洋文・大阪府知事らに対し、大村知事は「公権力は、市民の思想信条に関与することは出来ない。表現の自由は戦後民主主義の根幹だ」と反論したが、不自由展を県知事として後押しするように積極的に関与する自身こそは「公権力」ではないのか?

 自らが発した反論はそのまま自身にブーメランとなって帰って来ていると言えよう。

 河村市長ら良識派による座り込みに対し、大村知事は8日17時6分、自らのツイッターを更新して言及。「県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます」と非難した(画像下)。
aichi5
※上記のツイートはその後、以下のように修正されています
「まさか、こんなことをするなんて。衝撃です。制止を振り切って、県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます。厳重に抗議します」
※「フロアを占拠」としていた部分が、「敷地を占拠」に修正されました

 県立美術館での展示会を利用して表現の自由を逆手に取り、日本国民のみならず戦没者・先祖を愚弄するばかりか、陛下への中傷を堂々美術館で繰り広げることを自治体首長(県知事)として後押しする。愛知県民のみならず、日本国民への迷惑も顧みずに常軌を逸しています…とお返しするに尽きよう。

 河村市長が主張するところによると、不自由展の再開は一種の暴力。

 全国からの怒りと反発を集中させるに至った不自由展だが、今後、単に一展示会が云々ではなく、国民運動としての「不敬罪」「大逆罪」復活運動にまで発展・拡大することを予想する。

 不敬罪をめぐっては、現行法律下では告訴権者が「天皇、皇后、太皇太后、皇太后又は皇嗣」であるときに内閣総理大臣が代わって名誉毀損罪や侮辱罪の告訴を行なうことができるのみで、適用される法律自体は一般国民に対するそれと変わらない(刑法232条2項・同条1項、同章)。

 補助金の不支出を決定した文化庁の他、国としては展示会の内容にまでは言及していないが、一市長が先陣を切って戦っている最中、国や政権与党が陛下を侮辱する不敬行為に無関心であってはならない。

 マスコミが報じたところによると、8日の不自由展の再開には1,300人が入場券を求めて殺到したとされているが、少々の列は出来たとしても、とても1,300人もが集まったとは思えない。

fujiyu
画像:ネットニュースより

 入場が抽選になったのは事実としても、水増しの報道ではないか?

 K−POPだかのコンサートで3万人収容の会場に10万人以上の応募があったとされ、抽選に当たったハズレたで巷では一喜一憂する声もあるようだが、これとてそもそも本当に10万人の応募があったかどうかはかなり疑わしい。
 仮に抽選で当たったとしても、チケットが割引になったり無料になったりするわけではなく、単にチケットを購入する権利が発生するというだけ。

 結局は正規料金を支払ってコンサート・チケットを買うことに変わりはないわけだが、未だ下火になった韓流だかをマスコミが必死に煽ってはスターに仕立て上げているようだ。今どき、まして韓国に対する厳しい世論の中、とても10万人がチケットを求めて殺到したとは思えないし、かなりの水増し情報が意図的に飛び交っているのだろう。

 元々、実際は収容人数を下回っているというのに、抽選に当たったとしてチケット購入者にお得感を与えているだけではないか?

 以上は余談だが、不自由展は図らずも主催者によるトンだ愚行で愛知県民のみならず、日本全国から怒りと反感を買う結果になったことは事実だろう。
 入場券を求めたのではなく、反日・不敬展示会に対して抗議する良識派との攻防を見物に来た人の数こそが多かったのが実状ではないか?

 そのうち、誰かの広大な私邸を利用しての反日・不敬展示会の開催も予想されるが、いかに私的空間であれ、陛下への不敬という公序良俗に反した行ないは許さないとする不敬罪の復活が急務である。

 見なければならない? 人々に見せるべきではないものを見に行く必要はない!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪
 

2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞ブタマのヘタな釣り(笑!!!!”
”チョン糞ブタマネ艦長(笑!!!!”
”チョン糞ブタマのサベツ被害(笑!!!!”


gaitsui_newtop


Posted by samuraiari at 23:34│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ 
この記事へのコメント
あいちトリエンナーレは愛知県の恥
  日本国政府も強制終了させる方針でお願いしたい
Posted by 愛知県民 at 2019年10月11日 17:37
5
こんばんは。あいちトリエンナーレは昭和天皇への冒涜、第二次大戦で亡くなった日本国民への侮辱、そして東日本大震災で原発事故で被災された何の罪も無い福島の方々をも侮辱するような展示物があるようです。大村知事を始め、トリエンナーレ関係者一同はよくもこのような糞イベントを公金で実行したものです。
あいちトリエンナーレへの開催反対の声をあげられた河村たかし名古屋市長、愛知県の有志の方々、全国の良識ある有志の方々を断固支持します!
Posted by 日本に出稼ぎ移民は要らない at 2019年10月11日 19:21

コメントする

名前
 
  絵文字