2019年10月28日

『日本の心を学ぶ会』100回記念

3
画像上:100回目の開催を迎えた日本の心を学ぶ会の勉強会
画像下:講師の四宮正貴先生(右から3人目)を囲み、記念撮影に収まる主催者と来賓の先生方
4
左からブログ『日本よ何処へ』主筆で『日本第一党』最高顧問の瀬戸弘幸氏、田母神俊雄・元航空幕僚長、『維新政党・新風』の魚谷哲央代表、四宮先生、遠藤健太郎先生、主催者の渡邊昇

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆参加報告 10/27 IN市ヶ谷・翠ビル(偕行社)

『日本の心を学ぶ会』第100回記念講演・祝賀会

維新変革と改憲、埼玉補選に見る既成政党との戦い!

 令和元年10月27日(日)、東京・市ヶ谷の偕行社内にて『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)の第100回記念講演・祝賀会が開催された。

 同会は平成22年2月26日に設立され、同年5月15日に第一回勉強会が開催されて以降、今回でちょうど100回目の勉強会開催を迎えたものだ。

 今回は「日本の心の回復と現代の変革 =維新の意義」と題して行なわれたものである。

 この勉強会には筆者・有門大輔も度々参加させてもらってきたし、時には臨時スタッフの一員として裏方作業を手伝ってきたものである。

 雨の日も風の日も、時には僅か数人の勉強会でありながら10年近くにわたって毎月継続されてきたことが今日の記念講演・祝賀会の盛況となって実を結んだものだろう。

 この勉強会の立役者は何と言っても講師であられる『四宮政治文化研究所』代表の四宮正貴先生。四宮先生以外の方が講師を務めることもあったが、ほぼ一貫して同会の勉強会で講師を務めてこられたのが四宮先生だ。

2
画像上:司会者より紹介を受ける四宮先生
画像下:100回記念講演で顔をほころばせる四宮先生
1

13
画像上:勉強会の終了後、主催団体・日本の心を学ぶ会会員より花束を贈呈され、会場から万雷の拍手を贈られる四宮先生

 講演の途中で語られたことだが、四宮先生のご尊父は自衛官であられたという。そうした自衛官の父の下で育った四宮先生が幼少の頃、自衛隊基地にてご尊父らの訓練風景を直に見る機会があったそうだ。「あ! 戦車だ!」と歓喜に沸く四宮少年に対して然る自衛官から「坊や、あれは戦車じゃない。『特車』と言うんだよ」と教えられたそうだが、戦車の呼称一つとっても、その時に四宮先生の心には「戦後体制の欺瞞」に対する叛逆精神が芽生えたのではないか。

 宗教団体・生長の家での信仰と右派学生運動を経て、昭和時代の当時には急進的な民族派団体として存在していた新右翼『一水会』の結成に参画するなど、第一線で果敢に戦後体制の欺瞞にぶつかって来られた四宮先生だが、その原点はご家庭での教育と幼少期の経験にあられたのだろう。

 なおも篤き情念を滾らせ、「現代の松下村塾」たる日本の心を学ぶ会の勉強会にて、若き人たちへの指導に全力を傾けておられる。

 記念講演の次に隣接する会場にて祝賀会となった。

★画像ご紹介!

6
画像上:ご来賓の先生方と来場者

9

15
画像上下:司会者からの指名で乾杯の音頭へ
7

8
乾杯!!

10
画像上下:歓談する会場風景
5

11
画像上下:人気ブログ・ランキング(政治カテゴリー)でもお馴染みの遠藤健太郎先生
遠藤健太郎オフィシャルブログ http://endokentaro.shinhoshu.com/
筆者・有門も久々にご挨拶頂いたものだが、この日もスケジュールが多忙で、他の講演会に講師として赴かれるため、退席となることのご挨拶を述べられた
12

14
画像上:会場では歓談のための席の入れ代わりが頻繁に行なわれていた

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

 10月27日の動きとして、維新変革や改憲にも関わる問題なので、こちらにも触れておきたい。

 埼玉補選の投開票が27日に行なわれたが、大方の予想通り、前埼玉県知事の上田きよし氏が『NHKから国民を守る党(N国党)』代表の立花孝志氏を破って当選。

saitama2
画像上:選挙ポスター掲示板より
画像下:上田氏の当選を伝えるネットニュースより
saitama

 上田氏は約106万票を獲得、対して立花氏は約17万票にとどまる大差の選挙結果だった。

 立花氏のNHK解体・スクランブル放送化には大いに共鳴するが、選挙期間中にも「負ければ(神奈川県の)海老名市長選に出る」と示唆したり、どこかパフォーマー的な気質が抜け切っていない。選挙期間中にはN国党の幹事長が辞意を表明した。

 かつて移民反対を掲げて与野党の既成政党から狙い撃ちにあった『次世代の党』(当時)のケースが顕著だが、NHK解体もまた既成政党がどこも言わないタブー中のタブー。外国人労働者の受け入れ阻止もそうだが、NHK解体を掲げるということは既成政党を敵に回すも同然の主張。

 出るところに出れば叩かれるし、出過ぎれば必ず打たれる。「反移民」を掲げる『日本第一党』も党首の桜井誠氏が来年の東京都知事選への出馬に向けて精力的に動き出しているようだが、各党からの狙い撃ちは覚悟せねばなるまい。

 いっそフランス極右ルペンが大統領選に出続けたように、毎回、桜井氏が都知事選に出れば良い。いつかルペン・ショック(大統領選2位で決戦投票に進出)のように、「マコト・ショック」を引き起こす時が来るだろう。

 埼玉補選に話を戻すが、対して上田氏は安倍政権の憲法改正にも前向き。

 自衛隊明記を掲げた憲法改正には同じ改憲派でも意見は様々だろうが、創設の時点から元より酷い出来で、これ以上に酷くなりようがない現行憲法ならどんな形に改正しようと、少なくとも今より悪くはなるまい。

 自衛隊明記でなお悪いと言うなら、今度は改憲ではなく、一から創設し直そうとか、大日本帝國憲法を復元しようという話にもなってくるだろう。

 維新変革の機運をもたらしさえすれば良い。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!
【2019.10.27】KAWASAKI Halloween 2019

https://www.youtube.com/watch?v=CyYosNvNDvA
(撮影:はとらずチャンネル


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞ブタマの罠ワナわな(笑!!!!”
”チョン糞ブタマの反天皇(笑!!!!”
”チョン糞ブタマはアカの手先(笑!!!!”
”チョン糞ブタマの日本語イミフ(笑!!!!”


gaitsui_newtop


Posted by samuraiari at 06:00 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ 
この記事へのコメント
日本人が困ることが起きてる
 在日本朝鮮人医学協会を検索
  北朝鮮にここの所属の医師が渡航
Posted by 元駐在員 at 2019年10月28日 12:32
ヨコオ レナト ヤスオ を検索
 車でバイクひき逃げ ブラジル人
Posted by 元駐在員 at 2019年10月28日 12:43
辞任劇は炎上商法!?裏話を上杉隆さんに直接聞いてみた / NEXTタケシ
https://www.youtube.com/watch?v=KrG2E-qTn3w

N国も日本第一党も、マスメディアに黙殺されているという点では同士ですよね。
消費税減税議連設立総会ですら、何の理由もなく突然強制退去させられたという冷遇を受けているようですが、負けずに今後も頑張って頂きたいと思います。

Posted by お邪魔虫 at 2019年10月31日 10:44
>元駐在員さん

情報を有り難う御座いました。
企業にも「使用者責任」を問いたいところです。
Posted by 有門大輔 at 2019年11月20日 20:49
>お邪魔虫さん
立花氏も沢尻エリカに触手を伸ばすなど、パフォーマンス屋の本性剥き出し?
化けの皮が剥がされた…なんてことにならなければ良いですが。
Posted by 有門大輔 at 2019年11月20日 20:59