2020年01月13日

国交断絶/回復のテリトリー・ゲーム!

taiwan2
画像:台湾総統選で掲げられた蔡英文総統(独立派)支持のプラカード

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

nishiarai1
★NPO法人外追 公式サイト(広報)より
2020年01月11日 【東京】「拉致被害者奪還」「朝鮮学校補助金廃止」要求街宣&西新井リサーチ
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1913011.html
nishiarai2

★関連ブログ『政教分離を求める会
創価と神社(1月12日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=329
nishiarai

★動画ご紹介!
【共産党 撃退】詐欺師対決!デマ情報を拡散する反日おばさんを職務質問!Twitterの情報が真実? #23
https://www.youtube.com/watch?v=jhrCTuy6ei0
(制作:令和タケちゃん

共産党の手口だ! 「独裁者」を仕立て上げ、党勢拡大を図る! 共産主義者に騙されるな! 共産政権は自民政権の1千倍は酷い!!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆さようなら中韓!

こんにちは新たな友好国!…の時代へ

 1月10日に行なわれた台湾総統選挙は、独立派である現職候補で独立派の蔡英文総統(民進党)が約817万票を獲得して対抗馬の媚中派・韓国喩(国民党)を破り、圧倒的勝利で再選を果たした。

★関連ブログ『沖縄・米領復帰&日米英ネオ共栄圏(台湾・香港)
祝! 蔡英文総統の再選!(1月12日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12566596468.html
軍事侵略を背景とした「一国二制度」による併呑を拒絶!
taiwan3

 他方、極東から遠く離れた東欧チェコの首都プラハのズデニェク・フジブ市長は中共(中国)を「信頼出来ない」として酷評する一方、台湾の首都である台北市と姉妹都市関係を結ぶ方針を表明した。

 同じく東欧ではハンガリーが不法入国者(難民)対策でオルバン首相が辣腕を振るったことで知られているが、同国首都のブダペストが皇嗣(皇太子)殿下と眞子内親王殿下のご旅行先に選ばれる栄誉に浴するなど、このところ実に東欧諸国が頼もしい。やはり東欧こそが「21世紀のトレンド」と言うに相応しい。

taiwan
画像:ネットニュースより

 チェコ・プラハ市長のように首長が臆することなく中共を公然と批判し、台湾との友好関係の構築に臨む姿勢が大切だ。

 一方で先日は台湾と断交した南太平洋のキリバスの首相が北京に招かれ、中共独裁者の習近平とワン・チャイナ(一つの中国)で共同声明を発表したとか、どこそこの国が中共の軍門に下って台湾と国交断絶しただとか、さながら世界は「テリトリー・ゲーム」の様相を濃くしている。

 かつては武力による植民地支配がテリトリー・ゲームの主たるルールだったが、それが現代ではいかに友好国を自陣営に取り込むかにかかっている。

 日本もこうしたテリトリー・ゲームの趨勢に遅れをとってはならない。韓国(南朝鮮)のような悪しき反日国家とは北朝鮮と同様、国交を有さず、親日国・台湾のように一度は断交状態に陥った国とも新たな国交・友好関係の構築に急がなければならない。

 自民党の二階俊博幹事長が企業関係者ら約2千人を引き連れた訪韓計画がスッパ抜かれてネット上でも大きな批判を受けるご時勢だが、まずは日韓議員連盟なるものの存続など論外である。

 テリトリー・ゲームは日中関係にあっても同じことが言える。

 中共の戦略は明らかで、各国を自陣営に取り込んでは台湾を孤立させ、名実ともに一つの中国に取り込む戦略なのだろう(その一環として習近平は今年春の来日を計画している)。だが、実際には対中包囲網の中で世界的に孤立しつつあるのは中共のほうである。

taiwan4
画像:同 台湾総統選の結果を歓迎・祝福する香港分離・独立デモ参加者

 台湾総統選で蔡総統の陣営に大きな追い風となったのが香港での分離・独立デモであることは言うまでもない。

 この香港デモとて、米中戦争の一環として背後でトランプ米国政権が後押ししたものだろう。実際、米国議会では「香港人権法」を可決・成立させている。

 このほど、日米英の各国が蔡総統の当選への祝意を示す談話を発表したとして、中共政府が猛反発したと伝えられる。

taiwan5
画像:同

 ポンペオ米国務長官や茂木敏充外務大臣が祝意を示したものだが、いかに断交状態にあっても安倍政権として台湾総統への歓迎の意を示した点は「外交努力」として高く評価したい。

 日韓首脳会談の再開に加え、今年春の習近平来日など、ともすれば腰砕けの誹りを受けかねない安倍政権が示した抗中の姿勢だったと言えよう。
 カジノ利権をめぐり、自民議員が中共企業から賄賂を受け取っていた事実が表面化するなど、死に体になりつつある安倍・自民党政権が起死回生を期すなら、いかに台湾との関係修復に迫れるか。つまり、いかに日中国交樹立に至った田中角栄政権の前の状態に戻れるかにかかっている。

 野党結集もままならない中、未だ政権交代やら安倍政治を許さない…などを云々する愚か者どももいるようだが、もし、これが安倍政権でなかったとしたら、今回の台湾総統への祝辞に至れたかどうかは分からない。

 今後の安倍政権の出方にもよるが、春の習近平の来日まで、香港デモや台湾の独立機運など、習近平来日どころではないくらいに状況が激変することもあり得ると見ている。

 いきなり日中断交とまではいかないまでも、それと同義で台湾との関係修復に至ることが、安倍政権がカジノ利権騒動で失いかけた国民からの信頼を取り戻す唯一の手段だ。

 断捨離ではないが、国と国との関係も特定の国に執着するのではなく、別れがあれば、新たな出会いや再会があるに違いない。

 将来的には香港・台湾騒動を機に、日米安保にイギリスを加えて「日米英3ヵ国安保」で日英同盟の再来があるかも知れない。
 
最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”ブタマネレベルのチョン糞スレ(笑!!!!”
”チョン糞ブタマネの愛国論(笑!!!!”
”チョン糞ブタマの反応(笑!!!!”
”チョン糞ブタマの妄想炸裂(笑!!!!”


gaitsui


Posted by samuraiari at 06:00│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日米英ネオ共栄圏IN沖縄県&対中防衛 
この記事へのコメント
中国人 偽造ギフトカードでゲーム機48台
購入
Posted by 元駐在員 at 2020年01月13日 15:30
>元駐在員さん
情報を有り難う御座いました。
Posted by 有門大輔 at 2020年01月21日 22:44

コメントする

名前
 
  絵文字