2020年02月12日

反天連カウンターと共産革命…!

3
画像上下:建国記念の日、天皇陛下への冒涜行進に対してのカウンター!
EQfHf-iU0AAehri

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

kawa2
画像上下:東京新聞ウェブ版より
川崎市が「対ヘイト」に予算を!(後述)
kawa

☆参加報告 2/11建国記念の日 IN神保町

極左・反連連へのカウンター・アクション!

陛下への冒涜と川崎市「共産革命」こそ真っ先に規制せよ!

8
画像上下:反天連デモ通過直前の風景
9
10

 令和2年2月11日(建国記念の日)、『日侵会(日本侵略を許さない国民の会 =菊川明美代表=)』 の主催により、極左・反天連(反天皇制運動連絡会のハレンチ行進に対する迎撃(カウンター)の抗議行動が東京・千代田区の神保町交差点にて展開された。

 当日の行動には『日権会(日本人の権利を守る市民の会)』会員も参加したものだ。日権会会員による日侵会主催の反天連カウンターへの参加は今上陛下のご即位で「即位礼正殿の儀」が執り行なわれた昨年10月22日以来。

★NPO外追 公式サイト(広報)より
2019年10月22日 【東京】反天連カウンター!(参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1911100.html

 当日は反天連のハレンチ行進が神保町交差点を通過する直前になってカウンターの抗議街宣が実施されたものである。

4
画像上下:参加者のプラカード
5

6
画像上:演説する菊川代表
画像下:演説する参加者の中澤氏
7

 いつものカウンターは通過まで1〜2時間を要していたが、当日はその逆。反天連の一行は街宣開始から程なく到着。

 神保町交差点にて、一行の横断幕と先頭が確認されるや、こちらの陣営も攻撃の口火を切ったものである。

11
画像上:神保町交差点に差し掛かった反天連による死者の行進!

12
画像上:日権会の会員が大々的なシュプレヒコール
天皇陛下を侮辱する反天連を東京湾に叩き込めー!!

20
画像上:反天連行進を両サイドで警護する機動隊
14

13
画像上:天皇陛下を罵倒する反天連を猛烈に罵倒する
反天連を直ちに解散させよー!!

15
画像上:見るからにルンペンのような風体のブ左翼・反天連

18
画像上下:通過の際、機動隊と激しい押し合い揉み合いの最中、民族派関係者が反天連に突撃を繰り返す!
16

19
画像上:今回のカウンター・アクションでは関西有志の方とも久々に再会を果たせた!

2
画像上:日権会会員による演説

1
画像上:終了間際、建国記念日ということもあり、参加者全員で皇尊弥栄(すめらみこといやさか =天皇陛下万歳=)を執り行なって閉会!

 …今回のカウンター・アクションで演説の機会を頂いた筆者(有門大輔)から述べたことは一点。

 帝(天皇)を戴く日本という国の形、国体がどういう形であったか? 平たく丸い円を想像してもらえば分かりやすいが、その中心におられたのが天皇陛下。

 ピラミッド型の頂点に王様が君臨しては民から搾取・収奪するような王政とは異なる。平たく丸い円の中心であって、どこぞの国のヒエラルキーのように上も下もない(上と言えば上なのだろうが)。

 平たく丸い円で描かれた中心におられるのが天皇であり、その形を守ってきたのが日本という国の歴史。支配者の王が頂点に君臨して人々を支配しているような形とはまったく異なっている。元来、日本人にはそうした上だとか下だとか、支配者と被支配者で考えるような思考はない(戦後教育での「士農工商」などはそのヒエラルキーに基づく典型的な左翼史観)。

 それを反天連のような極左・共産主義者はそこにヨーロッパのような王政の思考を持ち込んでいる。陛下を指差し、支配者はアイツ(天皇)だ…アイツのせいで差別や貧富の差が生じている…アイツのせいで戦争が起きて人々が死んだ…アイツこそを倒せ…として人々をデマで焚きつけて煽動し、自らの勢力拡大に利用しようとしてきたのが「共産革命」の手口に他ならない。

 共産主義者は王政や資本家など、常に「共通の敵」を作り出しては人々を煽り、焚きつけ、革命という大混乱を引き起こしてきた。

 話はまったくの逆である。共産革命が成功してこそ、独裁者なる「王」と「王政」を生み出し、トンデモない搾取と支配構造をもたらしては人々を悲劇へと導く…。

 左翼・共産主義者の手口はいつもそう。毎回同じパターンである。平和・不戦を口実に自ら非武装の無防備状態を作り出せておきながら、いざ周辺国からの侵略が本格化するや、「天皇制主導の戦争」を云々しては無抵抗状態にさせ、敢えて日本が侵略されやすい状態を作り出す。

 結果、外国から共産軍が上陸しては大混乱を引き起こさせ、自らが支配層に成り上ろうとする。こういう共産主義勢力こそを何よりも規制して封じなければならない。

 目下、国会でも東京都でも川崎市でも大阪市でも「ヘイト規制」なるものが盛んだが、自由社会にあって規制して弾圧しなければならないのは反天連ほか共産主義勢力。
 
 先ごろ、川崎市ではヘイトスピーチ規制条例(川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例)への予算案が公表された。

kawa3
画像上下:東京新聞ウェブ版より
nawa4

 同条例の施行(今年7月1日)には条例担当課の新設など、予算案に2,289万円を計上。川崎市役所内に300万円をかけて人権侵害の相談員を配置。その他、インターネット上での情報収集作業は外部委託されるそうだが、ここには公費約400万円を投入する見込み。予算案にはヘイトスピーチを断定する審査委員への報酬も含まれているという。

 どのような勢力や党派の者らが相談員や情報収集作業、審査委員に従事するのかが非常に注目されるところだが、いよいよ、川崎市独自の「秘密警察」によって言論封殺が本格化しようとしている。

 本来ならこうした公費を使って、各層・各分野に潜む共産主義者こそをあぶり出さなければならない。「差別反対」「人権尊重」を口実に言論封殺を進め、革命を成功させるのも共産主義勢力の手口だ。

 ヘイト規制の名の下に「右派市民」「保守系」を世間から隔離・分断させて一気に封殺、その一方では天皇陛下への侮辱・罵倒が野放しにされるような共産主義勢力の手口に乗せられてはならない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より

2・15竹島奪還を求める国民演説会
kokumin
竹島奪還を求める国民演説会
 韓国は六七年に渡り、我が国固有領土である竹島を武力により不法占拠しています。
 韓国の主張は歴史的権原に見ても、国際法上に照らし合わせても破綻しており、許容範囲はとうに超えています。
 私たちは竹島を取り戻すために国交断絶を含む強硬策の実行を厭わず、ありとあらゆる手段を講じて戦います。

kokumin2
※党代表鈴木信行(葛飾区議会議員)をはじめ弁士多数登壇予定!

【日 時】令和2年2月15日(土)13時〜14時半
【場 所】韓国大使館前(ニノ橋交差点前、住所. 〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目7付近)東京メトロ麻布十番駅下車
【主 催】日本国民党
【責任者】九十九 晃

お問い合わせ:https://kokuminto.jp/contact

注意事項:
・当日は生中継、動画撮影が入ります。各自、サングラスやマスク等で対応してください。
・日章旗、旭日旗、Z旗の持ち込み大歓迎です。
・責任者、スタッフの指示に従い、秩序ある行動をお願いします。
・綺麗事と危険物の持ち込みは固くお断り致します。
kokumin3

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞のクソスレDE即席サークル(笑!!!!”


gaitsui

3


Posted by samuraiari at 06:00│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制 | 「護国の鬼」シリーズ
この記事へのコメント
5
昨日2月11日は建国記念の日でありました。日本書記における神武天皇の即位日は正月朔日ですが、これは太陰暦に基づくのであって、皇祖神が太陽神である日本では太陽歴で2月11日が相当するのは先輩諸兄諸姉も周知のことと存じます
(旧正月で、日本でも在日シナ人が爆竹を鳴らして騒いだりするのはやめていただきたいです)。

紀元節の制定は明治以降で、建国記念の日は戦後ではないかとする主張される方もありますが、江戸時代前期に、幕府天文方である安井順正(渋川春海)が日本長暦において2月11日を神武天皇即位と位置づけたのが嚆矢なのであります。
(伊勢神宮には日本長暦が神宮奉納本として現存しています。)

昔は町内の各家々で日の丸の旗を掲揚する風景が見られましたが、最近めっきり少なくなったのが残念です。
Posted by 名無し at 2020年02月12日 09:35
私は今治市民です。
去年、たまたまプロ市民の意見募集に出会い頭に捕まりました。
今も医学と獣医学の違いもわからぬ超弩級のバカ者共に加計学園が叩かれていることを苦々しく思っています。彼奴等の知識水準は未就学児並みですね。
実際に遭遇してみてはっきり分かりました。ネットで見聞きするより遥かにおとなしい連中でしたが、プロ市民は何が何でも駆除しなければならないと理屈ではなく心で理解できました。
善良な多くの一般国民の生命財産の安全と不安軽減のために、極左暴力集団やプロ市民を駆逐しなればならないと思います。
私は断じて、プロ市民が跳梁跋扈し法律が通用しない紛争地域に住みたくありません。個人的に、応援しております。
Posted by 名無し at 2020年02月13日 20:23
>名無しさん

それでも少し以前、都内では日の丸を掲げる傾向が強まりました。最近、ヘイト規制の影響、確かに再び見かけなくなりました。それでも段々と出てきています。
Posted by 有門大輔 at 2020年02月14日 00:46
>名無しさん

日本側から法律やら条例で戦争を防ぐだとか、完全にカルトの発想です。その無防備状態こそが戦争を招く元凶だとも気づかないで。自分たちで種を撒いて、それを政権与党のせいだとか、これが左翼プロ市民の正体です。ヘイト規制など、全てに通ずる問題です。
Posted by 有門大輔 at 2020年02月14日 00:50

コメントする

名前
 
  絵文字