2020年07月11日

「逆ヘイトクライム」革命だ!

bei3
画像:米国カリフォルニア州(通称リベラル州)で道路上に描かれた左翼による「BLM」の落書きを消す白人女性…
落書きを消す行ないは至極当然のことで、良識ある米国人が当然のこととして行なっているボランティア精神に基づくものだ!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!
【警察24時 渋谷編】不審物を交番へ届けてみた!事件?騒動?窃盗!?謎の落し物!

https://youtu.be/aN3_nCFeQ_w
(制作:令和タケちゃん


☆米カリフォルニア州(地区検察)の病理!

左翼・共産主義者による良識派白人層への大弾圧!

中朝顔負けの「赤化策動」に対して合衆国民の選択は?

 米国カリフォルニア州の地区地検で信じ難い訴追が行なわれている。

 同路上に(不法に)描かれた「BLM(黒人の命も大切だ)」とする落書きを塗り潰して消そうとしたとして白人の男女2人がヘイトクライム(憎悪犯罪)の罪で訴追されたという。

bei
画像上下:CNNのネットニュースより
bei2

 左翼の落書きを消せばヘイトクライム(差別罪)扱いで逮捕…などとはリベラル州(カリフォルニア州)は既に終わっている。

 同州のコントラコスタ郡地区検察によると、デービット・ネルソンさん(53歳)とニコール・アンダーソンさん(42歳)がそれぞれ訴追された。2人は公民権侵害、破壊行為、落書き(?)のための道具所持など3件の軽犯罪に問われたそうだが、そもそも公道上に「BLM」などと大書きすること自体が落書きであり、破壊行為だというのに本末転倒だ。

 ダイアナ・ベクトン地区検事「BLMは重要な公民権運動であり、全員の注目に値する」などという馬鹿げたコメントを発表したが、公民権運動であれば公道上に落書きをして良いという理由にはならない。

 公民権運動だから…と、何をしても良いというのであれば、それはまさしく共産主義者による暴力革命の発想に他ならないものだ。共産革命のためなら如何なる非道な振る舞いも言動も許される…これが共産主義者の発想であり、だからどこの国であれ、共産主義こそを第一義的に規制しなければならない。

 目下、米国はリベラルを称した共産勢力(アンティファ)が支配する地域(拠点)にあっては中共(中国)・北朝鮮も顔負けの「赤化」策動の真っ只中にある。

 これでは公民権運動に名を借りた左翼・共産主義者による良識派白人層への大弾圧そのものが、ここに米国社会が抱える病理が示されていよう。公民権の威を借った白人層への逆ヘイトクライムとも形容出来る。

 今年(2020年)は米大統領選が行なわれるが、フェイク・メディアの世論誘導に左右されることなく、米合衆国民の良識により、再びトランプ大統領が選ばれることを期待してやまない。

tora
画像上下:ドナルド・トランプ大統領の演説より
日本でもまったく同様のことが当てはまる!
tora2
tora3

 …日本では先の東京都知事選でメディアから完全黙殺された桜井誠氏(『日本第一党』党首)がネット宣伝のみで約18万票を獲得して「主要5候補」に食い込み、前回選挙で11万票を獲得したのに続き「第二次マコト・ショック」を起こしたばかり。

 日本以上にネット世論がリアル世論に直結して反映されるアメリカ合衆国にあっては良識ある合衆国民の選択により、トランプ大統領が地すべり的に大勝利を収めての再選を期待する。

 「Yes We Can」はむしろ、フェイク・メディアとアンティファ共産勢力による策動を覆すトランプ大統領とその支持者のためにあるスローガンだと言えよう。

 フェイク・メディアとアンティファ共産勢力を一掃する「第二次トランプ・ショック」に期待する!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

 米国で横暴を極めるアンティファ共産勢力だが、我が日本でもアンティファを堂々名乗る集団の跳梁跋扈が著しい。

 先のクルド人職質(摘発)に関連して警視庁渋谷警察署に対する騒乱とBLM運動の扇動者は、(不法滞在)外国人の収容者を支援する#FREEUSHIKU』『SYIなど、市民団体と称した極左・中核派CRAC(旧しばき隊)も繋がる極左暴力集団と形容出来よう。

 このほど、公開情報を基に日本版アンティファとその背後・周辺関係が図表にまとめられたので、そちらを掲載したい。

1
画像上:現代版「黒人解放運動」に名を借りた共産(赤化)世界同時革命が再び煽動されているが、日本でもその波に乗ろうとしている連中がいる!(※画像はサムネイルをクリックで拡大

giin
画像上:立憲民主党をはじめとする野党は総じて「アンティファ政党」と形容出来そうだ!
※有田良生は「有田芳生」の誤り

suzu
画像上:日本版アンティファは極左ユニオン系労組とも密接に繋がっている!

od
画像上下:極左勢力はアンティファの旗の下、大団結の兆しにある!
一昨年、警察による一斉摘発を受けた連帯ユニオン関生支部も極左アンティファへの合流で起死回生を図る?
od2

tez
画像上:旧しばき隊・男組の主要メンバーもアンティファで中枢に?

takah
画像上下:反原発グループの本家・日本共産党もアンティファでは深く肩入れ?
kouan

nan
画像上下:メンバーは「ガチ」のアンティファであることを公言して憚らない!
nan2

fuk
画像上下:連帯ユニオンや沖縄・基地建設妨害、右派デモ規制の時と同様、福島瑞穂の行くところに不法あり?
fuk2
fuk3

tai-yu
画像上下:アンティファ党の立憲民主は今や「第二共産党」にしてアンティファの母体?
ritsumin
ritsumin2
画像上下:政局よりも、どこがアンティファの主体であるかを争っての主導権争いが野党の本心?
ritsumin3
ishiga
画像上下:野党も左翼も在日外国人も結局、アンティファはそれぞれからの「ならず者」の集まりか?
renh

dant
画像上下:入管法の破壊を目論むアンティファの相関マップ
zu

 これらの極左暴力集団は福島瑞穂、石川大我、有田芳生ら立憲民主党と以前より関わりが深く、彼らは今年5月に衆参議員15人の呼びかけで「難民懇」を発足させ、法務省や入管を攻撃している。

 アンティファ扇動者たちも「難民支援者」として参加しているが、良識ある国民からはアンティファ・シンパの野党議員らが堂々と極左暴力集団たちを議員会館内に招き入れていることが我慢ならないところだろう。

 日本の治安を崩壊する行為に他ならず、トランプ米国政権と同様、政権与党こそがしっかりしなければならないが、国民世論もしっかりしなければならない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”賢いチョン糞もクソスレでバカチョン糞(笑!!!!”
”クソスレはチョン糞天下(笑!!!!”


gaitsui


Posted by samuraiari at 05:00│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日米英ネオ共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

コメントする

名前
 
  絵文字