糾弾 ! !

覆面記者集団「サムライ」のブログ

「建設的野党」を自負する共産党・志位氏は「普天間基地」の県外移設の意味を理解しているのか。


stt0810091923005-p1共産党・志位氏は記者会見で言っている。

「問題点の第一は、沖縄県・米軍普天間基地の「移設」問題です。岡田克也外相が4日の衆院予算委員会で、「『県外』(移設は)公約ではない」と答弁しているが、これでは選挙中の論戦は意味がなくなる」

と批判し、鳩山由紀夫首相も、外相ら閣僚の答弁を容認していることを「無責任な態度といわねばならない」と指摘。

「共産党は沖縄県民はもう基地を県内でたらい回しにするのはごめんだ、という声をとりあげているように見える。しかし、いっぽうで基地が商店街やベースキャンプ地近くのスーパーなどに大きく金を落としているために基地を歓迎する声もある。くわえて、オバマ大統領はこの問題について怒りがピークに達している。いたずらに議論をかく乱させるのは止めていただきたい」(民主党関係者)

 普天間基地の移設計画は確かに民主党のマニフェストに書いてある。このことは沖縄の県民の感情に火をつけ、岡田外相は県外を断念。名護市辺野古にしろ、嘉手納に合併せよなどと閣僚でも意見はバラバラだ。

「この問題を先送りするとどうなるのか。海兵隊の8千人がグアムに移転し、米軍としても再編せざるを得ない。いずれにせよ、膨大な予算がかかる。米に喧嘩を売る覚悟が、民主党にあるのか」(沖縄在住ライター)

 こうした揺らぎに食いつく共産党もまた、アメリカの風を呼んでいない。

いたずらにワシントンの怒りをあおるだけだ。「まったく志位も空気を読んでいない。県外移転した報告を、自分でホワイトハウスに入れてみろ。賠償の話になるぞ。さらにくず紙と化した米国債を買わされることもありうる」(自民党関係者)

 迷走が続く沖縄の基地移転問題。「マニフェスト先送り第一号」が誕生したようだ。

新型インフルエンザ特需で笑いが止まらない!「飛ぶように売れる インフルエンザ関連産業」の皮算用

「マスク、検査薬、そして菌をカットするティッシュ、噴霧器などバカがつくほど売れまくっています。大中小、企業の規模を問わず市場はもはや3000億円を超えるでしょう」(経済ジャーナリスト)

 新型インフルエンザの拡大が止まらない。学級閉鎖が相次ぎ、商工会議所では、インフルエンザによる影響が出た企業に緊急融資を始めている。そんな中、インフルエンザ関連の企業がボロくもうけているのだ。

 たとえば、「インフルエンザ菌除去噴霧器」を販売している会社のスタッフは言う。

「3万円で除菌噴霧器を販売しています。幼稚園や老人ホームにパンフレットを持っていけば、飛ぶように売れる。10月は128台も売りました。生産がまにあわなくて、2ヶ月待ちです」

という状況だ。くわえてマスク。「1000個単位で売れています。とくに食品工場や生産ラインを抱える企業がまとめて買ってくれるのです」(業者)

 株式会社の市場も、マスクや、インフルエンザ関連アイテムを扱う企業の株価がじりじりと上がっている。たとえばシャープ。シャープは112日、同社のプラズマクラスター技術が、新型H1N1インフルエンザウイルスに対して、付着状態だけでなく、世界初で初めて、浮遊状態における感染力抑制効果があるとの実証実験結果を公表した。

「おそらくシャープは今後、エアコンなどに除菌の機能をのせていきます」(家電通)

シャープは液晶テレビの好調さに加えて、この除菌システムが発表されると「買い」先行となり、市場が好感している。しかし懸念もある。

「インフルエンザをカットできるという触れ込みが偽者の除菌マスクや、検査薬が闇ではびこる可能性もある。便乗商法には要注意だ」(医者)

 すでに一部週刊誌などでは「ワクチンは効かない」などと報道されている。情報に惑わされないようにご注意を。

「何もしていない」「何もできない」閑職に追い詰められた菅直人「国家戦略室」の存在是非

images12「国家戦略局はなにもしていないじゃないか。予算の概算請求は従来通りに財務省が、スクリーニング(選抜)はごらんの通り、行政刷新会議がやっている。するとやることがないのは当然で、描いていた『政策の中心的な』役割など遠い夢となりました」(霞ヶ関関係者)
 現実として「国家戦略室」はスタッフは官民10名だけなのに、予算は4億円もついている。
「とても政権内での存在感は薄い。10月28日の衆院代表質問では、自民党の西村康稔政調副会長に「鳴り物入りで就任した菅副総理に存在感がない。まさに看板倒れ。一体なんの仕事をしているのか」と挑発されたほどです」
(国会ウォッチャー)
 各省をまたぐ政策調整の役割は平野博文官房長官に集中。予算編成でも無駄削減の担当の行政刷新会議と、実務を担う財務省の影に隠れている。戦略室の「局」への格上げ法案提出も年明けの通常国会に先送りされた。
「今、国会内で菅さんは『ダマ菅』といわれるほど何も発言していない。小沢や鳩山の失策に乗じて浮上するとう作戦なのだろうか。当初、年越し派遣村の元村長の湯浅誠氏を政策参与とするはずだったのに、いつのまにか内閣府参与として別館で仕事しています。これもまた不可解」(国会詰め記者)
 11月2日にスタッフ全体会議が初めて開かれた際、菅氏は「ある意味で『何をやるか』を考えること自体も私たちの仕事だ」とあいさつ。入れ物が先で中身はあとで考えるということか。税金をなんだと思っているのだろうか。呑気と言えばあまりにも国民を愚弄している。
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ