ご無沙汰しておりました。
3ヶ月も間が空いてしまいまして、ネタがなかったわけではないんですが・・・
まぁその辺はあまり突っ込まないでください(ぉ


さて、切り替えていきましょう!

今回は・・・
マンガ『咲−Saki−』の舞台探訪記<東京都内編>
をお送りします。


写真満載で長くなりますので、レポートは続きからどうぞーw

今回は、先週発売になったヤングガンガン2010年11号の舞台が判明したため、ちょっとはりきってしまいましたw

それでは、最新号の背景から行ってみましょー!

DSCN1337YG2010年11号 P.89下段

東京メトロ千代田線 代々木公園駅4番出入口
久が指さしているのは、エレベーターですねw
ちなみに奥の出入口が階段です


国立オリンピック記念青少年総合センターYG2010年10号 P.259下段
国立オリンピック記念青少年総合センター
ここは勝手に入ることが出来ず、HPから画像を拝借しました^^;
ここから見た新宿方面のビル群が11号に描かれていますねw
注)決して勝手に中に入って写真を撮らないように!!

DSCN1340YG2010年11号 P.90上段

東京メトロ&都営地下鉄日比谷駅B2出入口

優希「うおお 堀と石垣が見える・・・城か!」


DSCN1341YG2010年11号 P.90下段

上の場所から後ろを向くとこんな感じw

優希「入れるんならあとで行こうじぇー」
久「時間あったらね」
まこ「えー」
DSCN1342YG2010年11号 P.91上段

上の交差点を右へ進むとここに出ます
ちなみに、JR有楽町駅方面です
ビジネス街なので休日のほうが人は少ないかも?

優希「なんだかやっと東京に来たって感じがするじぇ」
咲「うん」

DSCN1345YG2010年11号 P.91下段

ビックカメラ前から見た東京国際フォーラム
上向きだから人が多くても大丈夫だけど
普通のカメラだと撮るのが大変です><;

”ゴォォォ”

ここまでが、今回新たに発見した舞台ですね
抽選会は東京国際フォーラムですかぁw
『咲−Saki−』の世界での麻雀人気はとんでもないですねww

ちなみに、11号P.89中段の背景が代々木公園ではないかと思ってたんですが・・・空振りでした;;
恐らく、国立オリンピック記念青少年総合センター内かと思われます


ここからは、既存の舞台も回ってきたので、そちらも挙げていきましょう!

DSCN1348コミックス7巻 P.161下段

”東京中央区”

佃近辺なので、まさに中央区w


DSCN1350コミックス7巻 P.162中段

ダヴァン「リューモンブチではないのでスカ?」
辻垣内「龍門渕を倒したのがその清澄さ」

アングルが違いました・・・

DSCN1349コミックス7巻 P.163下段

ダヴァン「そうデス 今年の私なら〜」

つつじがきれいです〜



ここまで3枚が臨海女子編、中央区佃です

続いて、武蔵野総合体育館編です

DSCN1368コミックス4巻 P.11下段

透華と一の会話シーンの始まり始まり〜




DSCN1367コミックス4巻 P.12上段

一「ごめん、逆転できなかった」
透華「いえ、大満足ですわ」



DSCN1366コミックス4巻 P.13上段

透華「でも・・・本当によくやってくれましたわ」

透華と一の絆がわかるいいシーンですねw



DSCN1365コミックス2巻 P.5中段

久「合宿から6日――やれるだけの事はやった!」

ここを忘れるところでした^^;
外観ですw

DSCN1371コミックス2巻 P.194上段

「風越女子圧倒リード――ッ!!」




DSCN1369コミックス3巻 P.59中段

透華「今日ばかりは5人目に来てもらわないと困りますわ!!」

ちなみに上の写真の右側の建物ですw

DSCN1370コミックス3巻 P.81下段

「信用を取り戻すのは大変みたいだ・・・」

ちなみに上の写真の右側ですw



DSCN1373コミックス3巻 P.74右側

「ハァ ハァ」

エトペン盗んで逃げてきたところ
透華と一のシーンの左手側です


DSCN1374武蔵野総合体育館から少し歩いたところ
武蔵野市役所の裏側です

この写真が実際の写真で
これを左右反転させると・・・


DSCN1374aコミックス3巻 P.51上段

京太郎が買い物から帰るシーンですねw

私ものどっちとキャッキャウフフしたですww(ぉ



武蔵野編はもっとたくさんあるんですが、とりあえずここまでということで

他にお台場にも行ってきたんですが・・・
写真撮る場所間違えて、全然違うものになってしまったので、今度リベンジしてきます!!


順番が逆になってしまいましたが、次は芝浦埠頭編(ふわふわ衣にタルタルソース)
をお送りします

DSCN1356コミックス4巻 P.192下段

衣「やたっ」

レインボーブリッジの芝浦側です


DSCN1358コミックス4巻 P.193上段

透華「天江の叔父様は、あの子に莫大な財産を残したけれど・・・」



DSCN1360コミックス4巻 P.193中段

透華「国文学者で若くしてどこぞの教養学部長で・・・」
透華「本を読むのが唯一の贅沢みたいな人でしたわ」

DSCN1361コミックス4巻 P.193下段

透華「家族で旅行どころか、外食すらほとんどしてなかったんじゃないかしら」

衣の指さす先に最後の舞台が!!



DSCN1362コミックス4巻 P.198下段

透華「私達はこれから3年、夏はここに通いますのよっ!!」




はい、龍門渕の番外編でした〜


ほとんど全ての舞台に言えるんですが
この作品、リアルと同じように物語でも動いてるんですよね

龍門渕の番外編とか、今回の日比谷近辺とか、物語の通り進めば部隊にぶつかりますw
ここまで丁寧な作りだからこそ、舞台を追いかけたくもなるものですww
それだけではなく、背景の精緻さも凄いんですがね


そして今回ですが、最初に代々木公園付近を回り、清澄メンバーと同じように千代田線で日比谷へ、東京国際フォーラムから東京駅まで歩き、都バス1日乗車券を利用して佃へ、また都バスで東京ビッグサイト経由でお台場、また都バスで芝浦埠頭、電車&バスで武蔵野総合体育館・・・

というルートで回りましたw
都バスの1日乗車券を利用したので、結構お得に回れたと思いますw

これから行ってみよう! という方の参考にでもなれば・・・ww