株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

ネギ皮むき機 N40EDRをお試しいただく

毎年恒例となっている「全国ねぎサミット2018」が11月にあるのですが、今年は新潟で開催され、今回で9回目になるそうです。
ネギは地域性もあるのですが、通年で食べられる定番野菜。
しかも、料理によっては結構な量を使いますので、各地で安定して栽培されている野菜です。

今年の台風21号、その前後に降った大雨や暴風の影響で、多くのネギ産地が被害を受けていて、地域によってはかなり不足しているようです。
被害にあわれた皆様にはお見舞いを申し上げ、本当に大変だとは存じますが、一日も早い復旧をお祈りしています。
ネギ皮むき機01

先日、山口県から弊社のネギ皮むき機N40EDRを試したいというお客様がお越しになり、お持ちいただいた作物でネギ皮むきの体験をされました。

ネギ皮むき機02ネギ皮むき機03ネギ皮むき機04ネギ皮むき機06弊社では実際に皮むきする作物を持ってきていただいてN40EDRの皮むき加減をお試しいただくことができます。
今回お持ちいただいた作物は出荷できない作物だとのことで、圃場に置いてあった分、日焼けして青ネギの部分が黄色くなっていましたが、そんな固めのネギでも皮むきは理想的に行えたようで、お客様には気に入っていただけたようです。


「廃棄してください」と受け取った、ネギの皮むき後なのですが、青い部分も半分まではキレイな状態だったので、引き取って関西風のお好み焼き(ネギ豚)にして、おいしくいただきました。
山口からお越しいただいたお客様には後日、「お好み焼きはやはり広島風なのですか?」お聞きしたものです。

広島も「広島焼き」などでネギの需要が高いところですが、大雨の時の洪水や地滑りで作地が使えない状態で、大変だと伺いました。
ネギ料理01ネギ料理02ネギ料理03

お隣の鳥取、島根も「B級グルメ」のブームでネギの需要が高いらしいとお聞きしたことがあります。
以前うかがった際、中国地方の日本海側は、風向きの関係なのか、酸性雨やPM2.5対策で、地面から出る部分の多い作物は、雨よけにビニールハウスを使うところもあるそうです。
ビニールハウスと言えば、大阪、兵庫も被害が多かったとお聞きしています。
みなさんの所でも台風や大雨でパイプハウスに被害が出ていないとよいのですが。

また、千葉、埼玉、茨城のネギ一大産地では弊社の薬剤散布機KT20B-80Wをご愛顧いただいていて、平畝同時マルチの時にマルチの中に除草剤を散布していただいたりしています。

今後も弊社の商品がネギの作付や出荷に貢献出来ましたら幸いです。

「全国ねぎサミット」は開催地が毎年移動しているので、いつか行きたいと思っています。
チェスト!がんばれネギ産地のみなさま~。
                   株式会社サンエー (private KI)

羊蹄山と馬鈴薯インファロー

今年も羊蹄山(ようていざん)の麓にある虻田郡京極町と真狩村、芽室と大樹町でサンエーのインファロー散布機をご利用いただきました。
ss_DSC_5110

ss_DSC_5096いつもの説明ですが、薬剤散布機SKインファロー用ノズルは、お手持ちのトラクターとポテトプランターに取り付けて、殺菌剤(アミスター20フロアブルフロンサイドSC)や殺虫剤(アクタラ顆粒水溶剤)を植溝内に散布する薬剤散布装置です。
黒あざ病や銀か病、そうか病、粉状そうか病、アブラムシなどを防除・駆除します。
←マッセイファーガソンMF1726取付
今年もSK-iインファロー(植溝内土壌散布)専用ノズルを採用した
SK300i-4H(薬液タンク300L・4畝タイプ)、SK300i-2H(2畝タイプ)、
SK200i-4H(薬液タンク200L・4畝タイプ)、SK200i-2H(2畝タイプ)を用意しました。
ss_DSC_5011今回はイセキ系列のトラクターへの取付が多くできて勉強になりました。
こちらは他の作業でまだポテトプランターが付いていませんが、とりあえずタンク取付までのマッセイファーガソン5455です。やはり各社・機種ごとにウエイトホルダの形状に特徴があって取り付けてみて確認できることがそれぞれにあります。
用意している金具セットでだいだいは取付が可能なのを確認できたのでホッとしました。取付先のお客様からご要望もあったので、さらに煮詰めていって、より使いやすくしたいです。
ss_DSC_5156今回は特に後部ノズルが改良により、かなりフレキシブルになりましたので、十勝農機P2FTと同型(俗に円盤型)にも取り付けやすくなりました。取付金具を天地逆に取り付けて先端をほぼ80度ほどひねって取り付けてあります。
ss_DSC_5061ss_DSC_5092s写真下の十勝農機ipa4に取り付けた方法が、もともとの取付方法なので、お客様の方でもいろいろと考えていただけてるなぁと感心するばかりです。
今年、お客先で購入された十勝農機のカッティングプランターの仕様がいろいろとあって、数年前からセンタープレートからカッティングナイフをワンタッチで外せるようになっているのですが、今度はさらにセンタープレートが数センチ左右に動かせるようになっていて、前部ノズルの取付に苦労しました。
ss1_DSC_4878ss_DSC_5086左側の写真はセンタープレートが動かない方で、右側がセンタープレートの動かせる方です。スライドを固定するボルトやグリスポートが追加されて、かなり狭くなってしまいました。
今回は十勝農機のポテトプランターばかりだったのですが、ヰセキのポテトプランターの事も考えると、前部ノズルの取付金具について改良をしないといけないです。
youteizan01syouteizan02取付状態の確認で各所を回っている時に、一日中羊蹄山の周りを回っている日がありました。羊蹄山は「蝦夷富士」とも呼ばれるだけあって、姿が本当に美しいです。
偶然真正面に居合わせた日没の姿もなんとも言えない光景でした。
また、大樹町では「ホルジン」なる地域特有のジンギスカン鍋をいただき、ヒンナヒンナでした。北海道に来ると自然に感謝する言葉が口をついて出ますね。
                   株式会社サンエー (private KI)

アスパラガスの新規農法にホーラーH150

お客様から「アスパラガスの伏せ込み促成栽培」に適したホーラーを教えてほしいとのお問い合わせがありました。
アスパラガス_ホーラー01新たに開発された「新規農法でマルチを使ったアスパラガスの早期定植」に使用されるとのこと。

伏せ込み」という言葉がわからなくて調べてみたところ、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(通称:農研機構)様が2009年から2011年に福島県で行っていた研究が元であることがわかりました。
改良マルチ栽培による促成アスパラガスの早期根株重増加
寒冷地特性を活用し国産アスパラガスの周年供給を実現する高収益生産システムの確立がテーマの研究で、古くからは「穴底植え」や「溝底植え」「深植え」と呼ばれる霜よけなどするための栽培方法と似ています。
霜をよけで早く植えられる分、活着が早く、暖かくなると普通の時期に植えた苗より大きくなるのが早くなるという農法です。
アスパラガス_ホーラー02

今をさかのぼること45年前、当時のタバコ栽培が日本専売公社(JT)様の指導により空き缶を押し付けて畝に穴を開け、上からマルチフィルムで覆った「穴底植え」といわれる改良マルチ栽培が普及していたことがあります。
その時に弊社は、とある問題からJT様のご依頼でホーラーH120を利用した新規の「穴底植え」農法の開発に協力し、タバコ栽培に注力して開発を手掛けたことがあります。
問題というのは、空き缶を押し付けてあけた植え穴は土質よって固くしまっていることから、植え付け後の苗の初期育成に影響が出てしまい、せっかく早期に植えているのに普通の時期に植えた苗との差が出ない地域があるというものでした。
アスパラガス_ホーラー03
これに対して、ホーラーの「土を取り除く穴」は土を押し固めない分、ふんわりとした植え付け面を作ることが出来て、押し付けると固く締まる土質の影響を受けずに「穴底植え(伏せ込み)」が行えるという点で優れた成果を出すことができました。
JT様の規格サイズの穴が開けられること、他に類似品が無かったこともあって当時の農家様には非常に重宝されたことがありました。
アスパラガス_ホーラー04たばこの苗は小さいのでH120で「穴底植え」の穴があけられましたが、今回のアスパラガスは苗の根が多く、植えにくいのでホーラーH150をお勧めすることにしました。
実験であけた穴は十分に作業性が高く、ホーラーの穴あけ時に穴ふちにできる盛土も、植え穴を崩すことなくアスパラガスのわさわさした根を隠すのに役立っていました。
アスパラガス_ホーラー05
昨今取扱いのあるアスパラガスのセル苗の場合でも、H150の作る穴は手が差し込みやすく、簡単に深植え定植できます。

アスパラガスの早期定植や伏せ込み促成栽培にホーラーH150がお役に立てればなによりかと思います。
                   株式会社サンエー (private KI)

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード