株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

高設いちご移植向きにホーラーミニH50Mを作りました。

お客様から「高設いちごでの苗を定植するときにホーラーミニH75Mを使っているのですが、あと1cm小さいホーラーミニを作ってほしい」とのご相談がありました。
H50M多くの場合、イチゴの苗は直径6cm~5cmの長細いポット苗をになるようで、ホーラーミニH75Mでは少しだけ穴が大きいため、植え付け時に苗を安定させるのに手間がかかるようです。
24穴や昨今では36穴といった育苗トレーを使用して、育苗ポット内の培土量を極力少なくして、苗床を軽量化し、スペースの節約・苗を移動させる時の運搬時間を節約されるとのこと。

この苗を定植するときにあける穴は、長細い穴が必要になるわけですが、
「土を押しつぶして穴を作る(土を除けない)」という方と
「土を切るようにくり抜く(土を除ける)」という方など、定植先の土質によって好みがわかれるようです。

以前、弊社ではコーンホーラーという「土を押しつぶして穴を作る」タイプのものを試作したことがありますが、穴あけ時に土の抵抗で手がツライというお声もありましたので、今回は「土を切るようにくり抜く」ホーラーの短いタイプを用意しました。
H50M_02高設栽培のいちご苗移植穴向きなのでハンドルは短いです。
植穴径は5~6cm(50~60mm)で、深さは約8cm(80mm)になります。
パン切りナイフのような刃がありますので切れ味抜群です。

※実際の土ではありません。写真はあくまで参考イメージです。
H50M_03このように穴を開けることが出来ます。
土は持ち上がり、他のホーラーと違い横からも持ち上げた土をはずせるので作業効率がよいです。

いちご高設水耕栽培に使われるヤシガラ原料で繊維質の有機質培地の場合は、土が軽く、繊維質が絡む分、筒に入るとどけにくいため、こちらのホーラーミニのように「高さのない刃(筒が短い刃)」がお役に立てると思います。

具体的にご購入を考えたいという方は弊社にご連絡ください。

お問い合わせ連絡先はこちらです。

ぜひご活用くださいませ。
                   株式会社サンエー (private KI)

除草剤塗布器PAKUPAKU(パクパク)PK89L ご使用後のメンテナンス方法動画

パクパクPK89Lのご使用後のメンテナンス方法について、ご案内します。

▽必ず必要なご使用後のお手入れ

・ボトルと本体との分離および塗布管と本体との分離を行ってください。
 pk89l_bunri



・ボトル内の残液を全て排出してください。
・本体内部(シリンダー・ピストン・ベローズ内部など)、および塗布管内を水を通してしっかりと洗浄してください。
pk89l_zansa洗浄を怠ると、薬液がパクパク各内部で固着し、目詰まり・動作不具合・器具の破損などの原因となりますので、ご使用後の洗浄は必ず行ってください。

pk89l_teire_sパクパクの洗浄方法ついて、くわしくは動画にて紹介しています。

正しくご利用いただくのには操作マニュアルをご覧いただくのがなによりなのですが、こちらの動画を参考にしていただければ、パクパクのご使用後のお手入れがよりわかりやすくなっておりますので、ぜひご活用ください。
「パクパク マニュアル 動画」で検索。
                   株式会社サンエー  (private KI)

ジャンボにんにくの収穫を行いました2017

この季節、雨でなかなか収穫できないのですが、今年も恒例のジャンボにんにくの収穫を行いました。

ジャンボにんにく01今年は葉が枯れる前に収穫したジャンボにんにくです。

こちらの畑では約1000個の植付けで、ほぼすべてのニンニクが無事育ちました。

スコップで土を起こした後、手で掘り出したジャンボにんにくは根と茎を処理して、ひとつずつ収穫カゴに入れていきます。


昨年は茎を短くし過ぎて出荷処理がやりにくかったので、今年は少し長めに残しています。
ジャンボにんにく02


今年は昨年より大粒なものが収穫できました。
弊社の会長も満足の大きさです。

今年気が付いたのが、大きなジャンボにんにくの根の傍にはミミズが住んでいることが多い事でした。
根を処理しようとスコップで土を落とすと、土と一緒にミミズがポトリ。
慌てて土に戻ろうとするという光景を何度も見ました。
有機肥料を多めに撒いたので、土が良かったのかなぁと会長と話していました。

ジャンボにんにく03この後、いつものように納屋で乾燥させて、土などをきれいに掃除して出荷準備します。

匂いが少なく食べやすいので、ぜひお試しくださいね。

ジャンボにんにく「びっくりにんにくパワー」のご注文はこちらから。

今年もご注文をお待ちしています。
                   株式会社サンエー (private KI)

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード