株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

サツマイモの植え付けにさすけAP-02

昨年の梅雨明けに「かんしょ植付器さすけAP-02」を利用されたサツマイモ農家さんを取材しました。
サツマイモ初期育成01こちらでは、さすけAP-02を導入するにあたり、約半分を従来の植え付け方法で作業し、比較検証されていました。
というのは、さすけAP-02が写真のように甘藷の苗づるの尻をさすけ先端のU字溝に引っかけ、大小2つのフィンに巻きつけるようにして引っ掛けることで手を放しても、芋づるはさすけに保持された状態になり、立ったまま地面に刺せるようになるところを気しておられ。sasuke01

この引っ掛けることで、芋づるにダメージなどがないか、育成不良になったりしないかをチェックするため、同日の定植作業に一人はさすけAP-02を使用して、もう一人は従来の植え方で作業したとのことでした。sasuke02



この写真の状態は、7月の末でちょうど植え付けから1ヶ月くらいが経過していて、作物に目立った差が見られないので、翌年から全面での導入を考えていただけました。サツマイモ初期育成03

この圃場は紅あずま、鳴門金時、安納芋などサツマイモ3種類を1種につき約700本ずつ植え付けてあります。
この広さの圃場が2段にわたってあり、毎年5000本ほどの植え付けを梅雨の合間を縫って行っておられ、大変な負担だったとのこと。
今年はさすけAP-02で半分以上を作業して、「まず腰が楽なのが大変助かった」「作業の早さも3~4割上がった」とのご感想でした。

また、参考になったのが、さすけの小フィンという、先端側についているハネのような部分でマルチに開く穴が、サツマイモの育成にちょうど良い湿度を保つのに一役買っているらしいということでした。
さすけでできるマルチの穴の大きさが、苗のふちに少しだけ隙間ができる程度なので、雨水や露は少し入るけど、派手に水分が抜けたりしないちょうどよい穴なのだとのことでした。さすけでマルチに開く穴
従来のやり方では、大抵マルチの穴が大きくなり、雨がない時には苗の周りだけ土が乾いているということが度々あり、明らかな育成不良などよほどのことがある場合は水やりが必要なこともあるそうです。
(写真:従来作業の穴-周辺の土は確かに少し乾いている)
また、さすけで刺すと下葉がピンと起きて、マルチに触れないため枯れないというのも、喜んでいただけていました。
今年はさすけの本数を増やしていただけるご予定で、そろそろ準備に入られる頃です。

ぜひ、サツマイモの植え付けは、さすけAP-02を使って、立ったまま楽に植え付けを行ってください。
                   株式会社サンエー (private KI)

2017年新春の展示会

恒例の新春の展示会に出展いたしました。
今年は横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で行われた株式会社サカタのタネ様の「サカタフェアー2017横浜」が1月11日。
京都みやこめっせで行われたタキイ種苗株式会社様の「第37回タキイ園芸フェア」が1月12~13日。
東京流通センター(T.R.C.)で行われたカネコ種苗株式会社様の「Garden & Agri Fair 2017」が1月18~19日に行われ、それぞれ横浜、京都、東京でお客様とお会いすることが出来ました。

地域により雪が多く、寒い中、ご来場いただきましたみなさまにお礼申し上げます。
サンエー商品今年は何といっても、単管パイプ 打ち込み器 スライドハンマーGS50が注目されていました。
ハウスの支柱パイプや単管パイプの途中にセットし、ハンマー部をスライドさせてパイプを打ち込む機材です。昨今の台風や大雪などの天災でパイプハウスの倒壊などを受け、パイプ径が大きくなったり、ハウスの強化に単管が入ったり、ハウスそのものを単管で作る話が出てきています。

パイプハンドやパイプステップなどの商品でパイプ径32mmまでは対応していた弊社ですが、いよいよ48.6mmの単管を打ち込む機材が必要となりスライドハンマーGS50を発売しました。
各会場でさっそくお求めになるお客様もいらしゃいました。
すでにご利用いただいているお客様からの話では、狭い場所やハウスの中など作業する高さに制約があるところで特に使いやすく「あと数本打ち込みたい箇所で重宝する」とのことでした。

他には開閉式のホーラーH110PやH135P、プッシュ式散粒器KW5「散ぽ」などお客様から使い方などのご質問やご注文をいただきました。
また、除草剤塗布器PK89パクパクの使用薬剤タッチダウンiQの適応に非農耕地の「樹木等」が加わったことにより、以前からご希望いただいていた笹の駆除やアレチウリなどの外来植物の駆除にもご利用いただけるようになりました。
(※注意:大豆以外の農耕地では使用しないでください)

ご購入いただいた皆様、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
                   株式会社サンエー (private KI)

ようてい男爵 インファロー

今年は羊蹄山(ようていざん)の麓にある虻田郡留寿都村と真狩村でサンエーのインファロー散布機をご利用いただきました。
SK300i_4Hインファロー(植溝内土壌散布)専用ノズルを採用した
SK300i-4H(薬液タンク300リットル・4畝タイプ)、
SK300i-2H(薬液タンク300リットル・2畝タイプ)を用意しました。
薬剤散布機SKインファロー用ノズルは、お手持ちのトラクターとポテトプランターに取り付けて、殺菌剤や殺虫剤を植溝内に散布する薬剤散布装置です。

SK300i_2h_02お客様の中には、十勝農機のプランター2畝用と4畝用の2機種を播種の時期によって使い分けておられる方もあり、インファローノズルを2畝用にもお買い上げになり、プランターをすぐに切り替えられるようにされた方もいらっしゃいました。羊蹄山の付近では「ようてい男爵」と呼ばれる馬鈴薯があり、
SK300i_4h_02特に「早マキ」という収穫が少し早くなるように、播種後にビニールマルチをかけて芽吹きを促進する工夫をされた新じゃが人気で、この「早マキ」には2畝のプランターが必要なため、場合により2機種のプランターを使い分けているとのことでした。また、カットプランターでけでなく、場合によっては半自動型の

SK300i_2H_02お客様もいらっしゃって、こちらにも取付しました。
十勝農機さんのプランターはフレームの構成がほぼ同じなので、取り付け可能です。

前部ノズルは「植溝切(V溝切)の後」に金具で固定し、後部ノズルは「覆土ディスクの前」に取付けます。
in-furrow_nozzle植溝内土壌散布で登録されている土壌処理剤はアミスター20フロアブルが「ばれいしょ」の「黒あざ病」で、また、今年新たに殺虫剤のアクタラ顆粒水和剤が「ばれいしょ」の「アブラムシ類」で登録されました。
インファローは植溝内土壌と覆土前土壌といった種芋に触れる土壌だけに散布するので、10アールあたり20リットルと「薬剤の散布量が少ない」という特徴があります。
(※希釈倍率や使用法については各薬剤の農薬情報に従ってください)

今まで播種前の全面散布で効果の出なかった場合などでご活用いだたければと思います。
じゃがいも農家の皆様には、播種後の天候次第などで発生する病虫害やに一歩先手を打てる一助になれば幸いです。
PS.
弊社のインファロー散布機がジャガイモ専門誌「ポテカル」で紹介されました。

                   株式会社サンエー  (private KI)


記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード