株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

2013年07月

雑草は除草剤塗布でどうなるのか 2週間目

0722-26




















パクパクPK89での除草剤塗布から約二週間が経過しました。

いよいよ雑草の葉が枯れてきました。

この試験では、大豆畑で大豆より背の高くなる雑草を塗布によって枯死させるという目的にあわせた試験でしたので、草の上の方に除草剤塗布しています。

実際、圃場では作物が下にありますので、大豆より上に出ている草に塗るとこんな風に枯れていくわけですね。

葉がしぼむと、太陽を遮る量が減りますので、ひとまずはこの枯れ方で経過は良好というわけです。

これからどのように枯れるのか続きが見たいですね。
               株式会社サンエー  (private KI)


雑草は除草剤塗布でどうなるのか 1週間目

0712-18




















パクパクPK89の除草剤塗布から一週間経ちました。

タッチダウンiQは組織をいきなり壊さずじわじわ効くので、根まで届く除草剤とのことで、いきなり茶色になってしなびていくことはないそうです。

それでも、塗布7日目(一週間)ではさすがに草がしなびてきてますね。

今年の夏は暑いから暑さで枯れないかな。
草、枯らすのに、自然に枯れないか心配…  (private KI)

パクパクPK89 試験再開

0711-以前、工事の関係で塗布した草を引き抜かれてしまったため、試験中止したパクパクの除草剤塗布試験を再開します。
パクパクPK89はタッチダウンiQの専用塗布器です。

本当は大豆圃場で使用する器具なのですが、会社の駐車場に生えたメジャー雑草-ヒメムカシヨモギで試験再開です。

背の高いヤツを選んだので、草の上の方と中間の位置の2箇所に、パクパクで2倍希釈のタッチダウンiQを塗布します。

←パクっとな。
今回はどんな結果になりますか…
とりあえず、「試験中!! この草は抜かないでください」の看板用意だ。
           (private KI)
記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード