株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

2013年11月

みちくさプレス最新号(68号)に掲載されました。

シンジェンタジャパン株式会社様のみちくさプレスの記事がオンラインでも閲覧できるようになりました。

なぜ、「除草剤を塗布する」という除草器具を作ることになったのか由来の話と、パクパクPK89を有効に活用する方法などについてのお話となっています。

なんと動画付。この女性の写真↓をクリックするとはじまります。
みちくさプレスs








                    (C)みちくさプレス

添付されていた動画がまるでテレビの取材みたいでした。
大豆圃場でのパクパクPK89の除草の実力がよくわかる内容になってます。

除草剤を塗布した雑草のシロザが1週間後には赤茶けて、4週間後には完全に枯れてました。
除草剤塗布はやっぱりいい!
これは一番わかりやすい動画ですね。

宮城では大豆圃場にシロザ、ホソアオゲイトウ、オオオナモミといった難除草の雑草が残っていると、8月~9月の日照時間が収穫量にとって大切だというのに、大豆を追い越して背が高くなるのだそうです。
そうでなくても、収穫時に雑草の種などが混ざってしまったりと、いいこと何もないやっかいな存在です。

パクパクは作業時間が軽減される他、作業自体も負担が少なく、雑草抜きに比べると楽できるとのこと。

開発に関わったみなさんの想いがヒシヒシ伝わる内容です。
パクパクpk89のご購入をお考えの方はぜひご覧ください。

みちくさプレス様、シンジェンタジャパン様、宮城県古川農業試験場様ありがとうございました。
                     株式会社サンエー (private KI)

ジャンボにんにく植えちゃいました

秋晴れの畑で今年もジャンボにんにくの植付けを行ないました。
PB060946s









社員4人で1500個植えつけます。
事前に耕うんと畝立ては終わっているので、マルチをかけていよいよ植付です。
PB060935s










わが社のマルチ穴あけ用品 開閉式ホーラーH70Pも活躍。
運よく二日前に降った雨で土壌も柔らかく、作業もスムースに進みます。
マルチの上からブスっと刺して…。
PB060934s
操作ハンドルを閉じるとスコップ状のスキが土の中で開いて穴が開きます。
これは「開閉式」というタイプのマルチ穴あけ器ホーラーです。
マルチを丸く切ってポット分の土を救い出してしまう開閉式ではないマルチ穴あけ器もあります。

今回はマルチの外に土を堀り出さない方がよいので、「開閉式」をチョイス。
マルチ穴あけ同時移植器なので、種イモのときは、口先を閉じて種イモを入れると、地面に差して開くだけで移植できちゃうスグレモノです。
作業内容に合わせてお選び下さいませ。

くわしくはマルチ穴あけ用品ホーラーのページまで。


今回はにんにくの植付けなので、種に上下があり、手ひとつづ穴に入れていくので、開閉式マルチ穴あけ器で先に穴を掘って作業する流れです。

PB060942s
タネでか!
これは私の手が小さいわけではなく、ニンニクが大きいのです。
さすがは「ジャンボにんにく」と呼ばれるだけに種球も立派です。



「種ニンニク」もお譲りしてます。

PB060930s





大きく育てよ~。





とまあ、こんな風に植えつけていって、1500個あまりを畑に植えました。
芽が出るころにまた確認に来ないと。
楽しみですね。       
                     株式会社サンエー (private KI)

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード