株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

2015年02月

福井シード株式会社様「第3回 春まちフェア」に出展しました。

2月17日、福井県産業会館で福井シード株式会社様が主催された展示会「第3回春まちフェア」に出展してまいりました。
サンエー展示














タキイ種苗様、サカタのタネ様、みかど協和様など農業関連企業36社がブースを出店しておられました。

数日前から福井県や滋賀北部が大雪だったので、天候が心配でしたが週末から回復し、展示会準備日の月曜には雪も消えて快晴でした。
フェア当日は曇りだったのですが、とにかく大雪で人が来られないんじゃないかと思っていたのでホッと一安心。


ネギ皮むき機














福井シード様の意向として「水圧式ネギ皮ムキ機」N40EDRの実演を主体とした出展を希望されていましたので、実演ができる準備をして行ったものの、場所が屋内展示場ということであったために、水を使用する実演が無事にできるかどうかハラハラしてました。

非常口に近い場所に展示スペースを設けていただけので、非常口の外に貯水タンクと動噴を出して皮ムキ機本体を展示スペースのすぐ横に設置することができました。
展示会場の外に動噴を出すことにより、作業音が飛躍的に小さくなり、多くの農家様の据え付け状態と同じ条件の理想的な実演ができるようになりました。
体育館のような構造の場所で動噴を動かしたらさすがにエンジン音が反響して話もできませんので、とにかく屋外に動噴が出せて、水圧式ネギ皮ムキ機 N40EDRの使用時音がエア式に比べて「静かである」ところと「粉塵が出ない」ところなどを見ていただけてよかったです。
春まちフェア福井シード様の話では、展示会は今年で3回目だけど平日開催は初めてとのことで、準備日の段階では客足がどうなるか不安だったそうですが、心配をよそにお客様がひっきりなしにやって来る感じの盛況ぶりでした。


苗の移植器実演















ここでも「実演」は強くて、バケツに入れた土で実際に使用していただいていた苗の移植器兼マルチ穴あけ器の開閉式ホーラーは作業の「楽さ」に感動して実際に購入されるお客様もいらっしゃいました。

また、同じように実演していた甘藷苗の植付け機さすけAP02にも関心を持たれてました。

パイプ抜き器














KW5_sanpo02黒大豆栽培での「亜リン酸粒状肥料」株元散布という用途が増えた散ぽ・KW5も展示。
黒大豆で散布する「亜リン酸粒状肥料」は一株あたり1.5~2gくらいと少なく、スプーンを使って屈んで手作業で撒く重労働だったそうです。

「これだと屈まなくてすむし楽だね」とご好評を得ています。

便利な道具を使った時の感動は本当に言葉がいらなくて、商品にいつも救われている気がします。

ネギ皮ムキ機の実演をした後の50本余りのネギですが、持ち帰ってスタッフのみんなでおいしくいただきました。
                   株式会社サンエー (private KI代筆)

薬剤散布体系

サンエーはお客様の多様化したニーズにできるだけお応えできる薬剤散布体系を研究開発しています。

・作物の作り方(作地の形や広さ、畝の形など)
・薬剤の種類(除草剤や殺虫剤、土壌処理剤など)
・散布タイミング(耕うん前、マルチ同時、播種同時、植付時植溝内など)
・散布形態(粒剤、乳剤、フロアブル剤、液剤など)
・散布方法(全面散布、筋散布、スポット散布など)

これら条件のマトリックス図を埋められるように、農家の皆様から諸事情を伺ってきました。

SK300BE昨年は液剤散布機SKシリーズの性能向上の研究開発をしました。
ポンプそのものの性能向上を図り、さらに薬剤散布用エンジン式ポンプを新たに製作して、昨今の作業スピードの高速化に対応した散布の大量化を確立しました。


PK89sanpo数年前から、プッシュ方式による手動式薬剤散布器KW5「散ぽ(SANP)」や、非選択式除草剤タッチダウンiQを泡にして雑草の茎や葉に塗布する除草剤塗布器 PK89「パクパク(PAKUPAKU)」など、作物の育成中細やかに必要だった手作業にも、お手伝いできる商品を販売しています。

KW5「散ぽ(SANP)」はオンコル、オルトラン、ダイシストン、リドミルなど粒剤の株元散布処理を立ったまま楽々「散歩感覚」で行えます。


KT20A_120P2

その他、粒剤散布は1983年から長年ご愛顧いただいております粒剤散布機KTシリーズを提供しています。
こちらは2007年からホッパー容量が10リットルになったKT20を頭に改良を重ね、スイッチの自動化(オプション)など利便性を拡充させています。(現在はKT20に一本化しました)


KT20B_40S
大豆・麦・乾田直播の播種同時除草剤散布や大根・にんじん・甘藷などの土壌混和殺虫剤散布、タマネギ・にんにく・たばこ・里芋などの畝立同時除草剤散布、畝立同時除草剤散布+マルチングでご利用いただいています。

総重量が3~5kg(取付金具による)と軽く、トラクターと管理機のどちらもに利用できるので、ご好評を得ております。


スポット散布では、KW5「散ぽ(SANP)」や除草剤塗布器の PK89「パクパク(PAKUPAKU)」。
筋散布や全面散布では、粒剤散布機のKTシリーズや液剤散布機のSKシリーズ。


薬剤散布機をご活用いただいて、農家の皆様が思い描かれる野菜つくりをしていただければ、なによりかと思います。
                   株式会社サンエー (private KI)

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード