とあるお客様から「高設いちごの苗を定植するときに使えるホーラーを作ってほしい」とのご相談がありました。

高設イチゴ用ホーラー01ポット内の培土量を減らして苗床を軽量化し、スペースの節約・苗を移動させる時の運搬時間の節約などのためか、イチゴの苗は長細いポットに入れて育苗されるようです。

この苗を定植するときにあける穴は当然、長細く若干深い穴が必要になるわけですが、弊社のホーラーではそういった穴があけられませんでした。
そこで今回、お客様からのご要望で「高設いちご用コーンホーラーミニ H60SBM」を試作しました。高設栽培のいちご苗移植穴用なのでハンドルは短いです。


高設イチゴ用ホーラーの穴このような形の穴を開けることが出来ます。
植穴径は6cm(60mm)で、深さは約15cmになります。

※実際の土ではありません。写真はあくまで参考イメージです。
高設イチゴ用ホーラー使い方









具体的にご購入を考えたいという方は弊社にご連絡ください。
参考になるご意見をいただきたいと思います。
お問い合わせフォーム   よろしくお願いします。


ちなみに、弊社には高設いちごの苗移植などにお薦めのホーラーミニがあります。
ホーラーミニH75M







いちご高設ベンチ栽培でマルチ穴と植穴を同時に開けたり、いちご高設水耕栽培に使われるヤシガラ原料で繊維質の有機質培地に穴を開けるときには、こちらのホーラーミニの刃がお役に立てると思います。
サイズはH105M (植穴径105mm)、H90M (植穴径90mm)、H75M (植穴径75mm)の3種類となります。
ぜひご活用くださいませ。
                   株式会社サンエー (private KI)