「玉ねぎの苗植え付けできますか?」お客様に聞かれることがあります。
玉ねぎ栽培に強い味方。植え付けに便利な開閉式ホーラーH70Pの使い方をご紹介します。
玉ねぎの植え付け01確かに玉ねぎの苗は小ネギのようなもので、とても小さいので、よく割り箸を割らずに土に差し込んで植穴をあけておられるのを見かけます。

開閉式ホーラーH70Pは、玉ねぎ栽培に欠かせないマルチの穴あけ、植え穴あけ、玉ねぎ苗の植え付け定植が同時にできる便利な移植器です。
立ったまま作業ができるので、多い植え付けもスピーディ。
腰への負担も大変軽減できます。

玉ねぎの植え付け02


開閉式ホーラーH70Pの先を閉じた状態でマルチの上から差し込むと、畝に半月型のマルチ穴と楕円の植穴ができます。
玉ねぎ苗をホーラーの上に差し込んで、ハンドルを閉じながら引き抜くと、ホーラーの先が開いて玉ねぎ苗が植穴に落ちます。
土の状態がよいと、ホーラーを引き抜くだけで植穴が崩れ、覆土してくれます。

等間隔に植え付けのできる間尺棒(定規)が付いていますので、植え付けた苗に合わせると次の植穴を等間隔に作れます。
次々と植え付けていきましょう。
玉ねぎの植え付け動画
←画像をクリックすると動画が見られます。

玉ねぎ栽培 玉ねぎ苗の植え付けに便利な開閉式ホーラーH70Pの使い方



何百何十という植え付けの場合、屈みながら、座りながらの作業は大変負担になります。
開閉式ホーラーH70Pを活用して、ぜひ玉ねぎ苗の植え付け作業を楽にしてください。
                   株式会社サンエー (private KI)