株式会社 サンエー

畑作園芸製品メーカー。安心して楽しくご利用いただける製品造りに努めています。 ビニールハウスの組立・解体用具、パイプベンダーの活用法、単管パイプ打ち込み器、マルチ穴あけ兼苗の移植器、インファロー散布機、ネギの皮むき機などのお話やたまに野菜を使ったお料理のお話など掲載中。

2016年02月

「第4回 春まちフェア」に出展しました。

昨年と同じく2月17日、福井県産業会館で福井シード株式会社様が主催された展示会「第4回春まちフェア」に出展してまいりました。
春まちフェア今年のテーマは「農園芸イノベーション!」うちは便利な道具部門で貢献です。
各社農業関連企業45社がブースを出店しておられました。
福井しあわせ元気国体」を控えゆるキャラの「はぴりゅう」と「はなりゅう」も応援に来ていました。
はぴりゅう」応援リーダーなのに次男。次男は世間に強いのか?あと恐竜キャラなので個人的に推したいところ。



春まちフェア01春まちフェア02今年は当日が大雪で人が来られないんじゃないかと思っていましたが、雪に慣れた地域のせいか盛況な客入りで、お客様への説明で途切れることなく話し続けた一日でした。
開閉式ホーラーH110P














バケツに入れた土で実際に使用していただいた苗の移植器兼マルチ穴あけ器の開閉式ホーラー甘藷苗の植付け機「さすけ」AP-02は、作業の「楽さ」に感動して実際に購入されるお客様もいらっしゃいました。
どちらも立ったまま作業できるので「これだと腰が楽だね」とご好評を得ています。

開閉式ホーラーH110P使い方「さすけ」AP-02は芋蔓をまきつけるようにして使用すると、立ったままの姿勢でかんしょ苗を植え付けることのできるアイデア商品です。
甘藷植付器さすけAP02使い方


甘藷植付器さすけAP-02



水稲を手掛けておられる農家さんからお話を聞いたところ、水稲の作業が終わってから準備を進めると毎年サツマイモの植え付けは梅雨の時期に入り、雨の間隙をぬっての作業は時間との戦いになるそうで「時間短縮や腰が楽になるのは大変に助かる」とのことでした。

いつも思うのですが、便利な道具を使った時の感動は本当に言葉がいらなくて、商品にいつも救われている気がします。去年もこれ言いましたね。
                   株式会社サンエー (private KI代筆)


2016年新春の展示会

恒例の新春の展示会に出展いたしました。
横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で行われた株式会社サカタのタネ様の「サカタフェアー2016横浜」が1月13日。
京都みやこめっせで行われたタキイ種苗株式会社の「第36回タキイ園芸フェア」が1月14~15日。
東京流通センター(T.R.C.)で行われたカネコ種苗株式会社様の「Garden & Agri Fair 2016」が1月20~21日に行われ、それぞれ東京、横浜、京都でお客様とお会いすることが出来ました。
P1157764ssご来場いただきましたみなさまに厚くお礼申し上げます。


今年は創業180年を迎えたタキイ種苗様がオープニングセレモニーで樽酒の鏡割りをしていただき、ポンといい音を聞くと何ともいい一年になる気分がしました。
タキイ種苗様は天保6年(1835年)に種苗業を創始してから180年。時代をこえての長い道のりにただただ敬服するばかりです。


今回の展示会でご注目いただいたのは、新商品のパイプハンドG13でした。
G13アーチ支柱8mm~13.7mmの間で、特に11mmのアーチ支柱や8mmのトンネル支柱の抜き差しに使用できる話をするとお客様に興味を持っていただけました。
このサイズに対応する抜き差し器がないため苦労されていたようで、お客様の中には「作業中だんだん手が痛くなる」と実体験のお話を聞かせていただくことができました。
トンネル支柱は「差し込むときに持つ位置が、低すぎて力が入らないし、手にマメができるくらい」とのこと。
私も体験したのですが、耕した圃場なら簡単に入るかと思いきや、トンネル支柱くらい細いとしなって力が逃げやすいので、できるだけ地面に近いところを持たなくてはならず大変な姿勢で作業することになりました。

会場に11mmのイボ竹や8mmのアーチ支柱などを持っていって、G13の「つかみ」具合をお客様に体験していただきました。
今年もまた実演はやはり道具を使った時の感動が生で伝わるので大切だと感じました。
                   株式会社サンエー (private KI)

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード