伏せ込みお客様から「アスパラガスの伏せ込み促成栽培」に適したホーラーを教えてほしいとのお問い合わせがありました。
アスパラガス_ホーラー01新たに開発された「新規農法でマルチを使ったアスパラガスの早期定植」に使用されるとのこと。

伏せ込み」という言葉がわからなくて調べてみたところ、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(通称:農研機構)様が2009年から2011年に福島県で行っていた研究が元であることがわかりました。
改良マルチ栽培による促成アスパラガスの早期根株重増加
寒冷地特性を活用し国産アスパラガスの周年供給を実現する高収益生産システムの確立がテーマの研究で、古くからは「穴底植え」や「溝底植え」「深植え」と呼ばれる霜よけなどするための栽培方法と似ています。
霜をよけで早く植えられる分、活着が早く、暖かくなると普通の時期に植えた苗より大きくなるのが早くなるという農法です。
アスパラガス_ホーラー02

今をさかのぼること45年前、当時のタバコ栽培が日本専売公社(JT)様の指導により空き缶を押し付けて畝に穴を開け、上からマルチフィルムで覆った「穴底植え」といわれる改良マルチ栽培が普及していたことがあります。
その時に弊社は、とある問題からJT様のご依頼でホーラーH120を利用した新規の「穴底植え」農法の開発に協力し、タバコ栽培に注力して開発を手掛けたことがあります。
問題というのは、空き缶を押し付けてあけた植え穴は土質よって固くしまっていることから、植え付け後の苗の初期育成に影響が出てしまい、せっかく早期に植えているのに普通の時期に植えた苗との差が出ない地域があるというものでした。
アスパラガス_ホーラー03
これに対して、ホーラーの「土を取り除く穴」は土を押し固めない分、ふんわりとした植え付け面を作ることが出来て、押し付けると固く締まる土質の影響を受けずに「穴底植え(伏せ込み)」が行えるという点で優れた成果を出すことができました。
JT様の規格サイズの穴が開けられること、他に類似品が無かったこともあって当時の農家様には非常に重宝されたことがありました。
アスパラガス_ホーラー04たばこの苗は小さいのでH120で「穴底植え」の穴があけられましたが、今回のアスパラガスは苗の根が多く、植えにくいのでホーラーH150をお勧めすることにしました。
実験であけた穴は十分に作業性が高く、ホーラーの穴あけ時に穴ふちにできる盛土も、植え穴を崩すことなくアスパラガスのわさわさした根を隠すのに役立っていました。
アスパラガス_ホーラー05
昨今取扱いのあるアスパラガスのセル苗の場合でも、H150の作る穴は手が差し込みやすく、簡単に深植え定植できます。

アスパラガスの早期定植や伏せ込み促成栽培にホーラーH150がお役に立てればなによりかと思います。
                   株式会社サンエー (private KI)