毎年恒例となっている「全国ねぎサミット2018」が11月にあるのですが、今年は新潟で開催され、今回で9回目になるそうです。
ネギは地域性もあるのですが、通年で食べられる定番野菜。
しかも、料理によっては結構な量を使いますので、各地で安定して栽培されている野菜です。

今年の台風21号、その前後に降った大雨や暴風の影響で、多くのネギ産地が被害を受けていて、地域によってはかなり不足しているようです。
被害にあわれた皆様にはお見舞いを申し上げ、本当に大変だとは存じますが、一日も早い復旧をお祈りしています。
ネギ皮むき機01

先日、山口県から弊社のネギ皮むき機N40EDRを試したいというお客様がお越しになり、お持ちいただいた作物でネギ皮むきの体験をされました。

ネギ皮むき機02ネギ皮むき機03ネギ皮むき機04ネギ皮むき機06弊社では実際に皮むきする作物を持ってきていただいてN40EDRの皮むき加減をお試しいただくことができます。
今回お持ちいただいた作物は出荷できない作物だとのことで、圃場に置いてあった分、日焼けして青ネギの部分が黄色くなっていましたが、そんな固めのネギでも皮むきは理想的に行えたようで、お客様には気に入っていただけたようです。


「廃棄してください」と受け取った、ネギの皮むき後なのですが、青い部分も半分まではキレイな状態だったので、引き取って関西風のお好み焼き(ネギ豚)にして、おいしくいただきました。
山口からお越しいただいたお客様には後日、「お好み焼きはやはり広島風なのですか?」お聞きしたものです。

広島も「広島焼き」などでネギの需要が高いところですが、大雨の時の洪水や地滑りで作地が使えない状態で、大変だと伺いました。
ネギ料理01ネギ料理02ネギ料理03

お隣の鳥取、島根も「B級グルメ」のブームでネギの需要が高いらしいとお聞きしたことがあります。
以前うかがった際、中国地方の日本海側は、風向きの関係なのか、酸性雨やPM2.5対策で、地面から出る部分の多い作物は、雨よけにビニールハウスを使うところもあるそうです。
ビニールハウスと言えば、大阪、兵庫も被害が多かったとお聞きしています。
みなさんの所でも台風や大雨でパイプハウスに被害が出ていないとよいのですが。

また、千葉、埼玉、茨城のネギ一大産地では弊社の薬剤散布機KT20B-80Wをご愛顧いただいていて、平畝同時マルチの時にマルチの中に除草剤を散布していただいたりしています。

今後も弊社の商品がネギの作付や出荷に貢献出来ましたら幸いです。

「全国ねぎサミット」は開催地が毎年移動しているので、いつか行きたいと思っています。
チェスト!がんばれネギ産地のみなさま~。
                   株式会社サンエー (private KI)