たまねぎ苗などの小さい苗やセル苗の定植するのに開発したホーラーミニH45MPでラッキョウ苗を植付けしてみました。
H45MPラッキョウ植付01ラッキョウはお客様にいただいたものなのですが、数が700ほどあって、そこそこの作業ボリュームでした。H45MPラッキョウ植付02
らっきょうの植え付け作業をH45MPで行ってみたのですが、まずは「道具があって良かった」というお客様からよくうかがう「ありがたさ」を実感しました。
あと、やはりH45MPなど「開閉式ホーラー」の利点である作業を単純化できるところが便利でした。
H45MPラッキョウ植付03
「同じ深さに植える」という作業に対して、(ホーラーを)挿して、(苗を)入れて、(ハンドルを)握りながら抜く。という一つの道具の操作を繰り返すだけで作業を完了できます。

H45MPラッキョウ植付04慣れるほど早くなって、数をこなす作業にとって「早く終わる」のは単純にありがたいことでした。

ちなみに、ホーラーH45MPは畝に挿すと自立するので、片手でも作業ができます。

少し前の事なのですが、作業所の先生からご相談をいただいて、弊社の道具をいくつかご購入いただけたのですが、ハンデキャップのある方たちにも農作業を楽しく行っていただけるとのことでした。
手前味噌ではありますが、道具を使うだけで「楽しい」というのもあります。
今回は、ラッキョウの植え付けで使用しましたが、たまねぎ苗やセル苗にも便利にご利用いただけます。
畝立作業
余談ですが・・・、
この農場は弊社のOBの方からお借りしているところなのですが、社員の農業体験にも使用しています。

作業機を使って畝立も行いました。


2列目は私が作業したのですが、写真で見ると曲がってますね・・・。

ジャガイモジャガイモを植え付けていたのですが、しっかり葉が出てくれて、芽かきを行いました。
今年はジャガイモが不作との話を聞いていますので、無事育ってくれることを祈ってます。
社員一同、楽しみに待っております。

植え付けたラッキョウも活着してくれるといいなあ。
        株式会社サンエー (corporal KI)