ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2005年12月20日 ベンチャー起業の鉄則

新しいビジネスは頭の中から生まれない

新しい業態を探そうとして四苦八苦している人がたくさんいる。いくら腕組みして考えても、まったく新しいものなんて生まれてこない。新しいものを生みだしたければ古いものを研究することだ 。

  新しいビジネスを見つけるためにはどうしたらいいかとよく聞かれる。まったく新しいものを生みだそうとして、ウーンと腕組みして考えても絶対にでてこない。 新業態とかニュービジネスとよくいわれるが、それをつぶさに検証すれば、実は既存のビジネスの何か一カ所が置き換わったに過ぎないことに気がつくはずだ。昔からあった巨大市場、巨大なニーズ、昔流行したもの、よく売れていたもの、そうしたものが、どこか一カ所モデルチェンジしてお化粧直しをほどこされて登場するのだ。 

それはネット企業をみればよく分かる。ネット上で行われている商売のほとんどが、既存にあって普段日常的に行われている商売をインターネットに販路を置き換えたり、チャンネルを置き換えたものだ。 アウトソーシングなんて横文字でいわれるとウーンと思うが、人材派遣業なんて昔からあった。江戸時代の口入れ屋がそうだ。大名から「中間が足りない」といわれれば紹介し、商家から「子守がほしい」といわれれば派遣する。 新しい市場を開拓したといわれているもののほぼすべてが実は新しくもなんともないと断言したっていい。

 「温故知新」といわれるように新しいものを生みだす唯一の方法は、古いものを温めることだ。古いものの問題点を見つけることが、新しいものを生みだす最短の方法なのだ。 新しいものを見つけたければ、やるべきことは昔から儲かっている産業、しかも出来るだけいつの世でも普遍的な産業の中に身を投じて、それを徹底的に研究することだ。 どこの世界にも新しいものの「芽」は潜んでいる。

から、僕は「どうしたら見つかるか」と聞かれると、まず自分がいま取り組んでいる仕事を一生懸命にすることだと答える。 前にも書いたが、その道のプロになるのだ。そして、問題点を発見し、それを解決する方法を考える。それが新しい市場を見つける近道なことは間違いない。

「これがニュービジネスだ」なんて、雑誌や新聞に一行でも載っていたら、その時点でもうニュービジネスではなく、それはオールドビジネスだ。そんなニュービジネスで2匹目の泥鰌を狙うぐらいなら逆にオールドビジネスを研究した方が良い。オールドと呼ばれている間は、まだリニューアル方法に気がついている人は少ない。


sana3991 at 02:41│ベンチャー起業の鉄則 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング