ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2005年12月21日 ベンチャー起業の鉄則

アイデアなんて二束三文だ

ベンチャー起業の鉄則
アイデアなんて二束三文だ

すばらしいアイデアを思いついたら、盗用されることを恐れずに多くの人に話しまくるべきだ。アイデアに鍵をかけてしまっておいても、腐るだけだ。アイデアは人に話すことで熟成していく。

 「画期的なアイデアを思いついた」とほのめかす人に「どんなアイデアか」と聞いても、口ごもった言い方しかしない人が多い。アイデアを口にしてしまったら、誰かに盗用されるのではないかと恐れているわけだ。こんな人は、まず失敗する。アイデアまではどうということはない。問題は、そこから先をどうするかだからだ。

 アイデアは後生大事に倉庫に入れて鍵をかけて保管していたら、いざだそうとしたときには腐っているものだ。腐ったアイデアなんて、ものの役に立つわけがない。アイデアを腐らせないためには、思いついたら人にしゃべりまくることだ。真似されたらとか、パクられたらとか心配する必要はない。

 もし、パクられたらラッキーと思えばいい。アイデアを聞いただけで他人も真似ができる商売なんて先行きは見えている。もし、自分が始めた後でアイデアをパクられれば、結局その商売は上手く行かなくなるだろう。貴重なカネをドブに捨てる前に他人がやってくれたことを感謝するのだ。

 アイデアは「人に話してナンボ」だ。人に話してWとTを指摘してもらう。では、こうしたらどうかと対策がまとまったら、また人に話す。「おいおい、まだこんなWとTが隠れているじゃないか」。そこでまたどうするか考える。人にしゃべりまくることで、カンコンカンコンとアイデアの角を取ってもらう。アイデアに肉付けし、修正を加え、熟成させてからビジネスのスタートを切るのだ。

 しかも、アイデアは人に伝えると、ときに共鳴して1+1が3に膨らむ。
  また、アイデアをしゃべりまくると、相手も刺激を受けて新しいアイデアが思い浮かぶことがよくある。「この前、真田が話していたアイデアに関連して、こんなことを思いついた」。「ふーん、そうか。でもそのアイデアはこうすればもっと面白くなるよ」。こうした、お互いが刺激し合える人間関係を日頃から作っておくといい。
 パクられることを心配するなと述べたが、もしパクられたとしたら、それはパクられたほうにも問題がある。アイデアを黙って借用するような友人と付き合っているのが悪いのだ。長く付き合いたい友人だとお互いが思っていれば、決してそんな裏切り行為はしない。周囲にいる相談相手がそんな信頼できないやつばかりなら、ベンチャーで独立なんて考えないほうがいい。

よくベンチャーはアイデアが勝負などといわれるが、それもまやかしに過ぎない。画期的なアイデアを武器にする企業ほど足腰が弱い。なぜなら、画期的なアイデアは世にでたときに画期的ではなくなり、真似をされたらそれで終わりだからだ。そういう意味では大したアイデアなんてなくても起業はできるし、成功もできる。

大切なのは小さなアイデアの積み重ねだ。例えば、携帯でコンテンツを提供してみようというのは大きなアイデアだ。ユーザー課金をするというのも大きなアイデア。この大きなアイデアは誰でも真似ができるから、二番煎じ、三番煎じが効く。
 ところが、実際に運営を始めると物を言うのは小さなアイデアだ。例えば、携帯コンテンツの場合、解約率をいかに下げるか。「解約」のボタンを押せばそれで手続きが完了するのではなく、手続き完了までにワンクッション画面を挿入する「今解約しても、今月末に退会しても料金は同じです。どうせなら今月末まで使ってから解約されてはいかがですか」のメッセージを流す。あるいは、今月のプレゼントや来月の更新予定を表示しても良い。このような小さなアイデア、工夫の積み重ねで解約率が下がり、しいては利益が増え、競争力がます。

 このような小さなアイデアは言い出したらきりがない。小さなアイデアは山のようにあり、しかも日々改善されていく。この小さいアイデアの集合体を「ノウハウ」と呼ぶのだが、これは一朝一夕では真似ができないし、真似しようとしてもきりがないのだ。そうした小さなアイデアを積み重ねた企業のほうが、画期的な1つのアイデアに依存する企業よりもずっと足腰が強いことを覚えておいてほしい。


sana3991 at 00:00│ベンチャー起業の鉄則 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング