ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2006年01月17日 モバイル&インターネット

ナンバーポータビリティとシェアのマジック

ライブドア事件の影響で、22日のNHKのKLabの特集は放送は中止になりました。残念。
 


モバイル&インターネット
ナンバーポータビリティとシェアのマジック

今年から実施されるナンバーポータビリティ。簡単に言うと、ドコモからAu、Vodafonからドコモ、と言うように通信キャリアを換えても、携帯電話の番号が変わらない、という制度だ。
「今まで、ケータイの番号が変わるのが嫌で、ずっとドコモを使い続けていた」というようなユーザーの流動化が起きる。それによって、通信キャリア間の競争が激しくなり、携帯電話の料金が安くなる。という現象を引き起こす為の総務省の政策のことだ。


で、ナンバーポータビリティの実施によって、どのキャリアが伸びるの?

ワンセグを斬る(本当に普及するのか)既に、様々なアンケート結果がマスコミで発表されているが、だいたいAuが優勢だ。そして、マスコミの解説によると「低価格と、端末のデザインと着うたフルなど新しいサービス」が理由ということになっている。

本当にそうだろうか?

もし、料金、デザイン、サービスなど魅力が3キャリアとも全く同じだったとする。一般に、ナンバーポータビリティで10%ぐらいのユーザーが流動化するとされている。現在の3キャリアのシェアは大体ドコモ60%、Au20%、Vodafon20%ぐらいだ。

そうすると、
ドコモは、60%×10%=全体の6%が流出
Auは、  20%×10%=全体の2%が流出
Vodafonは、20%×10%=全体の2%が流出

それに対して、
ドコモから流出する6%は3%ずつ、AUとVodafonへ
Auから流出2%は1%づつドコモとVodafon
Vodafonから流出2%は1%づつドコモとAuへ

都合、
ドコモは、 -6%+1%+1%=-4%
Auは、      -2%+3%+1%=2%
Vodafonは、 -2%+3%+1%=2%

仮に、魅力が同じでも、ドコモは4%純減、Auが2%純増するのだ。これ以上の差が開けば、その差が魅力の差と考えるのが正しい。

一方で、各携帯キャリアは流出を食い止めようとして、様々な囲い込み策を実施する。やはり、ここでもシェアのマジックが働く。

それは、次回に公開することにしよう。

ワンセグについても書いてます。IT業界で、かなり重要なトピックになりそうです。


Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング