ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2006年02月22日 モバイル&インターネット

ネットワークの価値は端末(ユーザー)の2乗に比例する

ナンバーポータビリティの実施に備えて、携帯電話会社は顧客の囲い込み施策に躍起になり始めている。
囲い込み施策を考える時、BBSやSNS、あるいは一部のBlogなどのコミュニティを運営するときは、メトカーフの法則を知っておいた方が良い。いろいろな応用が効く。

携帯電話戦国時代を迎え、強者の戦略は、メトカーフの戦略を応用すれば、簡単だ。
 

強者、すなわちシェア6割を握るNTTドコモさん、MNP対策として、ファミリー割引とか1ねん割引とかやっている。ちょっとまって、それは弱者の戦略ですよぉ〜。 

前回の「ナンバーポータビリティとシェアのマジック」ではシェアが高いことがユーザー数の純減を招くことを解説した。(この原稿、実は「ナンバーポータビリティとシェアのマジックその1」として昔に書いておいた原稿に手を加えたものです。)

ユーザーの囲い込み施策では、反対にシェアが高い事が有利に働く。

メトカーフの法則とは、イーサネットを考案したボブメトカーフが唱えた法則。
ネットワークのトラフィックは、ノード数の二乗に比例する。

ちょっと難しいですね。
ネットワークの価値は、端末数あるいはユーザー数の二乗に比例する。
と理解して下さい。

この法則は、いろんなところで応用ができる。
ユーザー数1万人のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス、mixiやGREEなどの総称)が、拡大してユーザ数が2倍の2万人になったとする。その中で交わされるコメントや紹介などのコミュニケーションの総量は、2倍ではなく、二乗に比例するから4倍になる。
だから、mixiのように一度膨大な会員数を集めてしまうと、他のSNSはもう追いつけなくなる。

オークションサイトを運営する場合、ユーザー数が倍になると、取引総額は4倍になる。


携帯電話戦国時代を迎え、強者の戦略は、メトカーフの戦略を応用すれば、簡単だ。

強者、すなわちシェア6割を握るNTTドコモさん、MNP対策として、ファミリー割引とか1ねん割引とかやっている。ちょっとまって、それは弱者の戦略ですよぉ〜。

家族間の通話を割り引くのがファミリー割引。しかし家族は普通3〜4人。メトカーフの法則が効いてこない。

メカトフの法則が有効に効くのは、大規模なクローズドネットワーク型のサービス。あるじゃないですか、ドコモにも。
そうプッシュ・ツー・トーク。
プッシュトゥトークとはVoIPでトランシーバー通信できるサービス。同一通信会社のユーザー同士なら定額で話し放題が可能。
プッシュ・ツー・トークを前面に押し出して、これを流行らすことができれば、ドコモはナンバーポータビリティによって、逆にユーザー数を増やすことが出来る。

メトカーフの法則によれば、ネットワークの価値はユーザー数の二乗に比例する。

今の携帯電話会社のシェアは、大雑把に言えば、6:2:2
つまり、ドコモは他社の3倍。
ドコモのプッシュトゥトークは他社の3×3=9倍の価値を持つ。

わかり易くイメージするなら
仲の良い友達4人組の内、3人がドコモユーザーで、自分はauユーザー。友達3人が、プッシュトゥトークで楽しそうに話してる。けど、自分は参加できない。どうしますか?ドコモに買い換えるしかないでしょ。

それが、9倍の価値の意味です。

 

最後に、ボーダフォンの「Love定額」ってどうよ?
あれは、囲い込みになってるんですか?
ファミリー割引適用前の独身者をねらってるんだろうけど、恋人関係って平均どのぐらい続くんだろう。別れた瞬間に、他の携帯電話会社に乗り換えそう。かえって、ユーザー流出につながったりして。。。

でも、「ケータイと恋愛 10の法則」は面白い 。


Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング