ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2006年07月06日 ベンチャー起業の鉄則

人は20年後の技術を過大評価し、3年後の技術を過小評価する

2003年4月7日は「鉄腕アトム」の誕生日だった。

原作者の手塚治虫さんが、雑誌『少年』に「アトム大使」の題名で連載を開始したのは1951(昭和26)年。手塚さんは約五十年後の未来を想像し、その頃には鉄腕アトムのような知能と心を持ったロボットが誕生するだろうと考えたわけだが、現実の技術は手塚さんの想像に追いつくことができなかった。
ロボットはまだ喋らないし、車はまだ空を飛ばない。2001年宇宙の旅という映画があった。2001年は既に過去となったが未だあの映画のような宇宙の旅は現実化していない。


人は20年後に自分の想像がつかないぐらい技術が進歩しているだろうと思う。過去を振り返って、この20年でこれだけ技術が進歩したのだから20年後はさぞかし凄いだろうというわけだ。その一方で、人は身近な2〜3年後の世界にそんなに大きな変化があるはずがないと思いこむ習性がある。

つまり

人は20年後の技術を過大評価し、3年後の技術を過小評価する。

この「3年先を過小評価する」という〈誤差〉にこそ、ビジネスチャンスが潜んでいる。
 

「技術は商機と勝機で急成長する。」

3年後の技術グラフよくある錯覚は、技術の進歩は、均等な速度で直線的に伸びることを前提に考えてしまっていることだ。ある技術の進歩をグラフで示すと五年前、一年前、そして現在と直線的に進歩していたとする。その延長線上に一年後が来ると思いこんでしまう。

 これが「錯覚」だといったのは、技術は直線的に進歩しないからだ。技術は常にS字カーブの連続で進歩している。S字が緩やかなときは直線に見えるが、何かのきっかけがあれば、技術は予想以上の急カーブで一気に進歩を遂げる。

 「きっかけ」とは、商機と勝機だ。商機とは経営者からみた商業的成功のチャンス。勝機とはエンジニアからみて技術的成功のチャンス。技術も人が生み出すもの。商機が見えれば、企業は惜しみなく人と資金をその技術に投入する。勝機が見えれば、エンジニアの頭脳が活性化しアイデアがわき出るし、徹夜も厭わず研究に没頭する。実現する上での難関をクリアすると後は雪崩式に技術が進化するのだ。いままで企業の片隅でコツコツとその技術の研究を重ねてきた技術者がいきなり主役になる。その相乗効果で技術は予想以上の進歩を遂げる。 


sana3991 at 19:54│ベンチャー起業の鉄則 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング