ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2007年03月15日 起業と経営のコラム

割引より効果的な格差サービス

先日、銀行のキャッシュカードを紛失した。

再発行を依頼すると、担当者から

「普通に再発行だけをすると手数料がかかります。同時にポイント会員に入会すると手数料が不要になります」

ポイントサービスへの入会を勧められた。

そう、最近は銀行もポイントサービスを始めているのだ。
ところがそのポイントサービスの特典がイケてない。 

 

元々、顧客のロイヤルティを高めるロイヤルティプログラムとして、または来店頻度向上のプログラムとして始まったポイントも、交換ネットワークが拡がり、疑似通貨化してきた。そうなると、もうタダの割引サービスになってしまっている。

ポイント制度の老舗である航空会社は、疑似通貨であるマイレージと同時に顧客スコアリングに基づく顧客の格付けの仕組みも併用している。

1%割引してもらために必死にポイントを集める顧客ではなく、富裕層を扱うサービス業では、是非見習って欲しい。

銀行でポイントサービスをやるなら、次のようなサービスが欲しい!!

1)銀行を良く使えば、点数(スコア)が貯まる。この点数は疑似通貨ではないので何にも使用出来ない。ポイントではなくスコア。

2)スコアによって、ブロンズ、シルバー、ゴールドなどのステータスを獲得できる。

3)ステータスによって格差のある特別なサービスを受けられる。

例えばゴールドステータスを獲得すると、こんなことが!

・まずキャッシュカードの色が金色になる

・ゴールドメンバー専用のATM。昼休みの込んでいる時も、待たずにスイスイ。

・ゴールドメンバー専用の窓口。最近、銀行窓口が込んでいるらしい。でもゴールドメンバーは赤絨毯が敷かれた特別窓口で待たずに手続き。

 

どれも航空会社でやってることです。銀行に出来ないハズがない。もしそんな銀行が有れば、私は他の銀行に浮気をせずに、その銀行だけを使うだろうな。金利0.1%優遇よりよっぽどいい。


sana3991 at 20:28│起業と経営のコラム 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング