ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2007年03月06日 起業と経営のコラム

時間の創り方

ブログの更新が止まっているときなど、よく「時間が無い」という理由を言います。

私は、人から「よく、あれだけブログ書く時間が有るね」などと言われることもあります。

「一番大切なものは何ですか?」と聞くと、人それぞれの答えが返ってきます。

お金

家族

友人

生き甲斐

名誉

趣味

などが代表的なものでしょう。

私の場合、欲張りなので、一つ選べと言われても困ります。上記に上げたものは全て大切です。それでも、「何か一つ選べ」と言われたら、

一番大切なものは「時間」です。

貨幣経済において、一番価値が高いモノはお金です。理由は、お金が一番流動性が高い、すなわち、あらゆるgoods & service と交換が可能だからです。別の言い方をすると、お金はいつでも商品を買うことが出来るが、商品は売れない限りお金に替わらないからです。しかし、お金で交換出来るのは、経済的なモノだけです。

ある面で、時間は世の中でもっとも流動性が高い存在だ。

もし、人の倍の時間があれば、人の倍働いて倍のお金を手にすることも、勉強や練習をして単位時間当たりの収入を多くすることも出来る。つまり時間が有ればお金も手に入る。

もし、時間が倍あれば、愛さえも手に入る確率が高まる。もちろん、時間で愛を買える訳ではないが、時間が人の半分しか無ければ、愛が育つ可能性は極めて低い。時間があれば、人生を楽しむことも、スポーツや趣味で華々しい成果を上げることも出来る。

時間こそが万物の根源かもしれない。

だから、私は若い頃から、時間を増やす工夫をしてきた。

20代の頃は、睡眠時間を削るという一番単純な方法をとっていた。若い内は、4〜5時間睡眠+タマの寝だめ  で人間は生きていける。事実、古今東西のいろんなジャンルの成功者がそれを実践している。しかし、それが出来るのは若いころだけ。

時間を創る一番のコツは

「何を捨てるか」を決めることです。

私の場合だと、まずTVを(見ることを)捨てました。私は、ニュースを除いて、ほとんどTVを見ません。

時間を創るコツは経費削減に、似ています。8対2の法則に近い要素があります。つまり可処分時間の内8割の時間は、自分の人生に2割の影響しか与えない。この8割から削って行けばよいのです。私が真っ先に捨てる対象にしたのが、TVです。タバコやお酒と一緒で、TVも一度見始めると、次が見たくなります。でも見なければ、見たくなりません。

私が、次に捨てたのが、「東京での買い物」。私は東京ではほとんど買い物をしません。旅行に行った時の空き時間に買い物をします。東京に居る間は、他にやりたいことが、いくらでもあるけど、旅行に行っている間は、やることはそんなに無いからです。

どちらも、普通の人が大きな時間を割いている事です。

この二つを捨てるだけでも、時間は相当創れます。


sana3991 at 20:19│起業と経営のコラム 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング