ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2007年09月05日 起業と経営のコラム

日本は減点主義で改革できるのか!

小林温参議院議員が辞職した。

選挙事務所の出納責任者らが職選挙法違反が起訴されたのだから仕方ない。今の連立与党の状況を考えると責任を取らざるを得ないだろう。と、私も頭では理解している。

小林陣営は無罪を主張しており、小林議員もスタッフの無罪を信じている。本来、違法行為が有ったか否かは、裁判所が裁くことである。しかし今の日本では、起訴された時点で、再起不能なまでの社会的制裁を受ける。

今の日本は、裁判所が裁く前に、検察とマスコミが裁いている。

三権分立は、どこへ行った?

9月3日は遠藤農相が、自らが組合長を務める農業共済組合が国から補助金を不正受給していた問題の責任をとり、辞任した。本日も鴨下一郎環境相が政治資金収支報告書の記載ミスで問題視されている。

野党は、貴重な国会の時間を政治と金の問題の追及に費やすのだろう。

もちろん、問題を起こした側が悪いに決まっている。しかし、私は釈然としない思いがある。

 

人の評価方法は、大別して加点主義減点主義に二分できる。加点主義は優れた点に着目して、0点から始まって良い点が有れば点数を加えていく。減点主義は100点から始まって、ミスや問題点が有ればその都度減点していく。

ベンチャーを起業した時は、みな加点主義の評価から始まる。会社そのものが0点からスタートするのだから、その会社の社員の評価も0点から加点して行くことになる。

加点主義では何かチャレンジしない限り点数が増えない。減点主義では、何も動かなければ減点されるキッカケが生まれないが、何か動けば動くほど減点される機会が増えてしまう。

だから、減点主義の会社や世の中では、現状維持の事なかれ主義者が減点が少ないために生き残っていき、いつの間にか幅をきかせるようになっていく。

ベンチャーが起業したての頃は、0点からの出発なので加点主義から、始まる。しかし、失うモノができ、IPOなどを考える頃から、減点主義者が増殖し始める。減点主義者は「コンプライアンス」や「内部統制」などの最新言葉兵器を振りかざしながら社員の欠点探しをし、欠点を見つけると大喜びで閻魔帳に減点をつけていく。そうしてベンチャー起業は普通の零細企業へ変貌していく。

加点主義の会社では、次の順で評価をしていく。
…戦して成功した人
挑戦して失敗した人
2燭眥戦しなかった人

イノベーションを起こすのは常に加点主義の会社だ。減点主義の会社は突然死こそしないが、現状維持か、じり貧を継続して、いずれパラダイムの変わり目で消えていく。

今の日本の世の中は、あら探しが大好きな減点主義の国だ。

私は、行き過ぎた減点主義はすきじゃない。誰にだって欠点やミスはある。あってもいーじゃん。

清貧で無能な政治家より、多少金にがめつくても有能で実行力がある政治家の方がいいよ。(もちろん、違法行為を働いたとなると話は別です)

マスコミが野党と共闘して、魔女狩りをやってると、日本の将来を背負っていく政治家が居なくなってしまうよ。

減点主義社会で、減点されずに生き残ったような政治家に日本を任せて良いのか?減点主義で選んだ政治家では、減点主義企業の社長と同じで、現状維持かじり貧しかできないよ。

マスコミと国民のみなさん、加点主義の視点も持とうよ。日出ずる国ニッポンを再生するために。


sana3991 at 18:46│起業と経営のコラム 
Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング