ブログは日記では有りません。過去記事に面白い記事、役立つ記事が有るかもしれません。こちらの目次より、興味の有る記事を探してご覧頂けると嬉しいです。

2008年01月23日 モバイル&インターネット

ニコニコTV

ケータイがワンセグ対応が当たり前になってきた一方で、
家庭の大画面TVが「ようやく」インターネットにつながるようになってきた。

ようやく」と書いたのには訳がある。
私がインターネット業界に足を踏み入れるキッカケとなったのが、1997年(頃のはず)に松下電器が発売したインターネットにつながるTVだった。そのインターネット接続部分を開発したアクセスなるベンチャー企業に就職面接に行き、「テレビを始め家電がインターネットにつながるようになるんだとよ。」という説明を聞いた。(その逸話を書いたエントリーはコチラ
しかし、その頃はインターネットTVは全く売れず、家電はいっこうにネットに繋がらなかった。

それから10年の歳月が流れ、「ようやく」TVがインターネットに繋がり始めた。

TVがインターネットに繋がると、「どんなことが起こるのか」、考えていきたい。
正確に書くと、「どんな事が起こるのか?」を予測するのではなく、「起こらないかもしれないけど、起こって欲しいこと」を妄想して楽しみましょうという企画です。。

その1
ニコニコTV

タイトルを書いただけで、その先を読めてしまう陳腐なアイデアですね(笑)。
普通、TVという機械は、地上波、BS、CS、DVD、インターネットなど様々な映像ソースをを切り替えて使うように出来ています。
そうではなくて、地上波の上にインターネットから取得した情報をオーバーレイして表示してしまうTVチューナーが欲しい!
もちろん、ユーザー投稿です。文字が流れます。ま、これ以上書かなくても、ナニがソレでアレすよ。

いや、TVチューナーではなく、HDレコーダの方が面白いかもしれない。
ニコニコ動画の場合、オンデマンド再生なので、ユーザーは別々の時間に再生しているにも関わらず、大勢のユーザーと同期しているような感覚を得られることが楽しい。なら、TVチューナーよりもHDレコーダかも。

HDレコーダーには、自分で地上波の映像を録画する。だから著作権の問題は起こりようがない。HDレコーダーを再生しようとすると、インターネット上のサーバーに投稿データを取得しに行く。データーが有ればタイムテーブルに沿ってオーバーレイ表示する。


そんな、チューナーやHDレコーダーを開発・発売する家電屋さんは居ないですかね〜?

では、それなら
最近売れているPC向けのUSBワンセグチューナー。
あれの添付ソフトとして開発してはどうだろうか?
これなら欲しいな。個人的に。


ニコニコ動画はPCで楽しむから、当然入力デバイスはキーボードになる。

もし、居間のTVにニコニコTV機能があるなら、入力デバイスはキーボードじゃないな。Wiiリモコンがいいな。

素晴らしい場面にはWiiリモコン持って拍手。ブーイングはWiiリモコンをグルグル振り回す。感情や評価をWiiリモコンを持ってジェスチャーで表現する。TVを見る興奮が倍増するかも。

文字をオーバーレイ表示も良いけど、音を重ねて挿入しても良いかも。ユーザーがWiiリモコンを振り回してジェスチャー入力したデータがサーバーで集計される。それが即座にインターネットを通じてユーザーのニコニコTVに配信される。地デジで配信されたTV音声に、ネット経由のサンプリング音源がミキシングされてTVのスピーカーから流れる。

つまり、劇場で見ているように、リアルタイムに拍手やブーイングの音が後ろに入る。

録画を再生するときは、拍手が多い場面だけをスキップ再生。

 

こんな風に、実現性を無視してアイデアを垂れ流すのは楽しいですね。KLabでは、昔は、そういうアイデアフラッシュをよくやってました。そう言えば、最近やってないですね。またやりましょう。

この連載楽しいから続く予定です。


Profile
プロフィール用写真


KLab(株) 代表取締役社長

19歳で株式会社リョーマを起業して以来、数々のベンチャーを起業。地獄と天国を経験し、それでもベンチャー起業と経営にこだわり続けます。


趣味:音楽(オールジャンル)、酒(飲み過ぎ)、ゴルフ(下手くそ)、サーフィン(過去形)、旅行、
出没地:六本木、西麻布、麻布十番、豊洲、沖縄

真田が登場する本

Director'sMagazine
巻頭特集では未公開の幼少期や学生時代の半生記が描かれています。


TechnoTokyo

IT系のベンチャーの受付や応接室でよく見かけるTECHNO TOKYOカレンダーの書籍版。巻頭のカラー特集では、GMOの熊さん、インデックスの小川さんなどと共に、KLab(株)、真田も掲載されています。


モテカフェMesseage
Tokyo FMの人気番組「モテカフェ」が本になりました。ゲストとして登場した13人のベンチャー社長が"モテる"秘訣を語っています。
六本木ヒルズ
真田哲弥が、三木谷浩史、藤田晋(敬称略)などとともに、10人の21世紀勝ち組企業家の1人として紹介されています。
勝ち組と言われても、今は、再び挑戦者なんですけど。。。

本表紙_あのバカ
真田哲弥の学生起業家時代からサイバードの公開直前までが描かれています。
記事検索


アクセスランキング