【ENGLISH TUTOR sanaeigo 英語の家庭教師さなえいご】 主宰 にしむら さなえ 釧路市黒金町13 第2石田ビル2F

釧路で英語・英会話 sanaeigo

北海道・釧路で英語・英会話のレッスンをしています。 レッスンのこと、英語について感じたこと、思ったこと、 ワタシなりの視点で色々なことを書いています。

2月最初の月曜日
新しいシニアクラスの開講日でした

これから一体
どんな人たちと
何をどんなふうに
やっていくのか
不安と期待で胸いっぱい、という
面持ちの新入生のみなさんが
開始10分まえには
すっかり席について待っていました

そのうちの一人
朝ごはんに食べようとした焼鮭を
たまこ(白猫♀3歳)に盗まれたのか
理由はわかりませんが
ずいぶんとしかめっ面の方がいました

なんとかその場を(または彼を)
和ませようと
私も色々と普段言わないようなこと
(たとえばI have a pen, I have an appleって
流行りましたね、など)言って
がんばりました
他の方々は全員にっこにこで
じゃあ、せんせい、これからどうぞよろしくお願いします、と
うきうきしながら退室されていましたが
たまこのお父さんは、だめでした

以下今回の敗因はとんでもない思い違いにあると
仮定した私の見解です



思うのですが
英会話っていうくらいですから
たぶん何らかの形で
英語を発したり(しゃべれなくても)
少なくとも声を出すだろうとか
[会話]なんだから
誰かとしゃべるだろうとか
予想ができるだろうし
予想して欲しいと思います

ましてや人と話すのが苦手だとか
声を出して(発音)練習なんて
やりたくないとか、
もってのほかです

グループレッスンで
一人だけ皆が練習している横で
ひとりムスっと座っているだけ
[わたしはこんなことをやるために
ここに来たんじゃない]という考えが
そもそも間違っています

仮にそれが個人レッスンであっても
おんなじです

英会話を学ぶという行為は
総合的に[会話]を楽しむ気持ちで
向かわなくては成り立たないと思います
もっと言えば他者と関わることを
望んでいる、というひとじゃないと
無理だと思います

英会話をやったことが無い人は
英会話レッスンがどんなものなのかという
想像もできない人が多いと思います

そういう人たちはほとんどの場合
[英会話]≒[座学]=[テスト勉強]
のような図式を描いているのではないでしょうか

先生がほぼ一方的に喋り倒して
板書されたものをノートに書き写す、といったスタイル

そしていざレッスンに参加してみると
想像してたのとは似ても似つかない内容に
[わくわく]するならいいのだけど
混乱、困惑、ひどい場合は拒絶
そして『あぁ、こんなことわたしには無理だ』と
さじを投げる


英会話って一言でいうなら
ものすごく楽しい時間です

確かに、探せばどこかに
完璧な英語を話せる日本人が
存在するのだろうけれど
そういうひとが改めて英会話レッスンを受けよう
ということにはならないでしょう?

出来なくて当然
日本語だって時々おかしくなるのですから
英語がおかしい(変という意味)になることは
とっても自然なことです

そもそも英語が出来ないから
少しでも何かできるようになるために
レッスンに参加してみよう、と思うのが自然です

次回あなたの笑顔が
みられることを願っています
たまこには、またたびでも用意しておきましょう


IMG_20180204_0002_NEW
#今月のはがき絵
#いつのまにか犬シリーズ化している
#秋田犬のつもり
#添える言葉はほぼ本文と無関係





2018年が始まって半月ほどですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか

さなえいごでは
新年早々、パンを少し焦がしたものの
新たな英語仲間を迎え
大変幸先の良いスタートを切っております!

18-01-19-00-12-54-586_deco

昨年出来心で英検準一級を初受験し
なんだか合格できた私の言動が
ひょっとすると私の知らないところで
多少なりとも英語をやってみたいという人の
背中を後押しすることになったのかも、しれません
いや、ブログも久しく書いてないです…。


冗談はともかく
世の中どんどん便利になって
英語が喋れなくても
それなりにやり過ごせる方法が
たくさんあふれていますが


それでもやっぱり
英語を話せるようになりたいと
願うひとがいるということは
こんな仕事している私がいうのもなんですが
すごくおもしろいなと思います

1つの言語を別の言語に
表面的に置き換えることはできても
それだけでは足りない何かがあるはず
人間だもの、人間にしか
表せないことが
ありますよね

英会話講師の仕事が
しばらくまだ必要とされることを願います(笑)



ところで、いつも事あるごとに
受講生の皆さんに伝えていることを
新年を迎えましたので
改めて記しておきます


最初から英語で自分の思うことを
何の不自由もなく表現できるわけなど
ないと知りながらも
英会話を始めると
だいたい決まって『全然できない』と
がっかりするひとが少なくありません


他者に対する自己評価は
低すぎるくらいなのに
自らに対する期待が
実力の何倍にも膨れているせいでしょう

見栄を張っているわけでは
ないと思いますが
何も自分で自分の首を絞めるよなうことを
しなくてもいいのです



やる気に満ちたひとの
出鼻をくじくつもりは全くありませんが
しっかりと足元を見て
無理のない範囲で
少しずつ負荷をかけていくように
して欲しいと思います


張り切り過ぎて
何でもかんでも
手を出すのは危険です
挫折を助長することになりかねません


まぁ、最初から
あまり色々と調べすぎて
不安感をあおるのも良くないので
まずはレッスンに飛び込んでみるのが
なんだかんだ一番いいかもしれません

今年こそ英語をやるぞ、と
いう全てのひとにエールをおくります!
良かったらうちの教室にも来てみてくださいね


IMG_20180115_0001_NEW


#今年一発目はやはり犬
#キャバリア
#このところずっと犬
#我が家の犬とはまるで違います
#私の女子力のことではない




12月17日 
お天気よし
病欠なし
欠席者なしで
ことしも無事に親子のクリスマス
ポットラックランチパーティーを
行うことができました

お昼ごはんをみんなで食べて
楽しくわいわい過ごしましょう
というこの企画も
今年で何回目でしょうか

特に今年はお料理のボリュームが
すばらしく私好みで(笑)
ほんとにおなかいっぱいになりました
改めて『我が家の逸品』にご協力くださった
お母さんのみなさん、ありがとうございました!
PC171596

PC171608

PC171616

PC171611

PC171577

PC171589

PC171546


今回はじめてパーティーに参加してくれた
親子さんはもちろんのこと
ほとんど毎年、皆勤賞の親子さんといっしょに
たっぷりおよそ3時間

みんなで出来るゲームをあれこれ調べて
わたしなりに工夫をしてみましたが
ふたを開けてみると
クリスマスの要素はまったく無かったのですが

それでも、文句をいうこともなく
おまけに、ふだんは別のクラスで
ほとんど顔をあわせることもない
子供たちが、ああでもない、こうでもないと
それなりにチーム一丸となって
参加してくれて、かわいかったです
(個人的には、こどもたちが楽しいのも
大事なんだけど、お母さんたちが
笑ってくれることもすごく大事(笑))

親子のパーティーですので
保護者のみなさん全員に
一役買っていただけるような
ゲームを用意したのですが
お母さん・お父さんも楽しいことが
好きなんだろうな!と確信
PC171645


パーティー締めくくりで
秘密のサンタからの
プレゼントを受け取ったこどもたち

『こんなのが欲しいなぁ』と
思っていたもの、あるいは
それにものすごく近いものが
もらえたようで、みんな嬉しそうでした

プレゼントを用意したのは
パーティーに参加していた
誰かなのに、なぜか私にありがとうって
言っちゃうところがカワイイですね
みんなが誰かのプレゼントを
選んでくれてる、って
わくわくですよね

帰り際、今年初参加だった
小学生の男の子が
『ものすごく楽しかった。
来年もぜったい出る!(参加する!)』
と笑顔で鼻息若干荒めに
言ってくれました

報われました

みなさん、ありがとうございました!









11月も真ん中の週が始まりましたので
今年も[あの]ご案内をいたします!
そうです、さなえいごで唯一かつ最大(笑)の
親子で楽しむクリスマスポットラックランチパーティーです!
sanaeigocxmaspotlucklunch 2017

昨年、初めて日曜日の開催とした
この催し、受講生の皆さんはもちろん
お友達親子さんも交え
所狭しと、どんちゃん騒ぎをしたあのパーティー

今年はさらに盛り上げていきたいと
準備を始めております!

メインはやはり各ご家庭にご協力いただく
[我が家の逸品]からなる
豪華な持ち寄りランチ

そして趣向を凝らしたクリスマスゲーム大会は
親子で楽しめる内容となっております

そしてパーティーが始まる前から
親子でクリスマスの雰囲気を味わって頂ける
秘密のサンタ プレゼント交換は
仕掛け人の私が一番参加したい(でもできない)と
切に願うイベントのひとつです

こちらの秘密のサンタのプレゼント交換では
事前に、参加者のみなさんに[サンタへの手紙]と称し
クリスマスに一番欲しいものをはじめ
好きな色や、キャラクター、ゲームや遊びなど
個人情報を提供していただき
それらを私がそれぞれの参加者に分配をし
受け取った手紙を元に
親子でサンタになり、プレゼントを用意する、というものです

みんな、サンタクロースがどんなひとなのか
わからないもんね、ということで
さなえいごのクリスマスパーティーでも同様
だれが自分のサンタか分からないけれど
それなりに自分好みのプレゼントが
受け取れる、という仕組み

ワクワクしない訳ないでしょ、というやつです


そんな楽しさてんこ盛りの
さなえいご親子のクリスマスポットラックランチパーティー2017は
12月17日 日曜日 11:00より
さなえいご教室で行います

参加申し込み締め切りは12月8日 金曜日
サンタへの手紙の締め切りも同日です

参加申し込み方法は
教室でサインナップシートに御記名いただくか
メール・お電話でもOK
ただし、期日までにサンタへの手紙をご持参いただける方に
限ります

詳しくはsanaeigo以下gmail.com にメール
またお電話(このブログの下方に表示)で
お気軽にどうぞ!


親子のひと時
さなえいごでもっと楽しく過ごしましょう


『追記』2017年12月3日 

11月14日付のブログに
今回下記の2点について
追記事項がございます

1.クリスマスポットラックランチパーティーでの
プレゼント交換のための下準備
『サンタへの手紙』

申し込み締め切り日までに
当校に持参するのが難しい場合は
手紙の写真や、その内容をメール本文に
書いて頂くような形でも
受付可能となっております


2.ポットラックランチ
例年趣向を凝らしたお料理
ご協力に感謝いたします

しかし、このお料理が足かせとなり
参加に二の足を踏んでいる方も
いらっしゃるかもしれません

たとえば、小学校の運動会の時の
お弁当のおかずなどを
参考にしていただけるといいかもしれません

例年人気なのはやはりお肉料理ですが
比較的ごはんなど主食になるような
お料理が少なめな傾向にあります

主食になるようなものがあると、ランチとしての
充実感が味わえるかと思います

どうしても手作りが難しい、という方は
市販のものでも構いません

ポテトチップスや
チョコレートなどの
お菓子以外であれば
基本なんでもOKです!




開場サイズの関係で
あと2組ほどで、満員御礼となるため
締め切り日を待たずにお申し込みを打ち切ることに
なるかもしれません
参加ご希望の方はお早めのお申し込みをお願いします!

IMG_20171130_0001_NEW
違うクラスなのに
何の接点もない方々なのに
判で押したような同じ間違いが
あちらこちらで発生しています

ひょっとしたら
同じようなことをやってるひとが
もっといるのかもしれないので

いっそここで
ばーん、と公開して
事故(間違い)を未然に防げるかどうかやってみます


今月の教室便りの
メイン記事でもある
[日本語と英語の足し算と引き算]


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
好きな季節は?の問いかけると
[春が一番好きですよ]

せっかくなので
その理由を尋ねてみたところ

うーん、としばし考えたのちに
ひとこと

Start! 


さて。一体、何を言いたかったのだろう?



で、私の解釈はこんな感じ

[春は始まりの季節]

[始まりだよ!]

Start!


きっとこういうことだったのだろうと思います


日本語であれば、ひとこと
[始まりでしょ?]なんて感じでも充分
伝わるはずです
しかし、英語ではそうはいきません
ちなみにstart!だと
何かを『始めなさい!』という意味になります
命令文というやつです


こんなふうに
日本語から英語に置き換えるとき
英語の文章を形成するために
言葉を足さなければならないことがよくあります


反対に、英語から日本語に置き換えるときは
言葉を削ぎ落すというか
間引きのようなことをしなければなりません

具体的には
I have my haircut.myはそこにあるけれど
日本語にするときには
無いものにする、といった感じです
[わたしは私の髪の毛を切ってもらいます]
では、そりゃーあなたの髪の毛に
決まってるでしょう、と思われるでしょうが
英語の場合は、myは必要な単語になるのです


こんなふうに足したり引いたりが
必要なわけで、これをぱぱぱっと
瞬時にやらないと、ならないんですから
そりゃあ、簡単ではないのです

でも、二つの言語のあいだを
不自由なくスイスイと行ったり来たり
できるようになるには
それなりの訓練や努力が必要なのです

ちょっと愚痴って
またがんばりましょう


#今月のはがき絵
#トイプードル
#本気の縮れ毛
#スキャンすると絶妙な筆使いや
鉛筆のラインが見えなくて残念 なんてね

このページのトップヘ

レッスンに関するお問合せ・体験レッスンのお申し込みは メールsanaeigo@gmail.comまたはお電話(090)8705-7470で 承っております レッスン等の関係で、すぐにお返事ができない場合や、お電話に出られないことが あります。予めご了承くださいますよう、お願い致します。