2008年07月20日

スポーツセダン「サーブ9−3」試乗編

0f748cce.JPGせっかくですのでサーブのインプレを書きます。まあ、好きな車は気合いが違いますね。

従来モデルからの伝統であるセンターコンソールに配置されたイグニッションスイッチを捻ると心地よいエンジン音が目覚めます。エンジン構成としては普通の4気筒ツインカム16バルブ。この構成だけでは同クラスの国産車と同じですが、2.0tの「t」は低圧ターボを表します。

175psを絞り出すことになっていますが、最高馬力でサーブを語ることは出来ない訳で低速トルクの豊富さがサーブの持ち味です。実に自然にトルクが低速から豊富でスロットル操作になんのストレスもなくて一気に加速出来るところがサーブの味です。スタートダッシュも得意ですが低速のトルクを上手く使ってまったり走ることも可能です。

このあたりの特性と云うか感性を表現すると、BMWの様にいかにもエンジン的なメカニズム感でもなくてボルボの様に重くもなくて、どのポジションからも一気に加速して感じがサーブのターボの持ち味です。この特性は9−5もそうですし前身の900からの持ち味です。

どうしてもターボ付きですと、燃費が悪い印象がありますが、このトルクで上手く使うことによって高燃費となります。私がちょっと田舎道と街中を走った感じではオンボードコンピュータで10km/Lを表示していました。

いつも、書きますがクルマとしては最高の出来映えで信頼性も高く、エンジン特性やハンドリングも良い出来で車体の剛性も、最高レベルなんですが、不幸にも日本ではブランドイメージが低空飛行なんですよね。

そのお陰で中古車市場ではお買い得なんです。今回のアークも新車価格では415万円なんです。走行2万Kmも行かないバリモノが半分位で乗れるって良いと思いませんか・・・。走りの特性はズバ抜けて良いです。いや、最高です。今回はセダンの入庫ですが、エステートファンにはエステートもありますよ。今回の9−3からエステートもありますからね。



Posted by sanada_hiromushi at 21:18│Comments(1)TrackBack(0)車種別:サーブ | 試乗記!乗らなきゃ解らない!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sanada_hiromushi/51079557
この記事へのコメント
お久しぶりです。
あんまりサーブほめないでくださいね。
読者からクレーム来ますよ(^_^);
と言っても、
おかげさまで新車価格が高い車を安く乗れて、最高です!
いつもは、半年もすると次の車選んでるんですが、
今度ばかりは、あまりにぴったりすぎて、
次の車は考えられない〜。
ポータブルナビ買っちゃいました。
ユピテルの最新の結構良いですよ!


Posted by V70→710 at 2008年07月21日 22:43

コメントする

名前
URL
 
  絵文字