SANAE&TSUTOMU 有機菜EN

日々の畑からさまざまなENをお届けします おいでん。

田んぼの除草

ここ数年、田んぼの草はどうにも取りきれないので田押し車で縦に2回押して終わりであとは諦めていた。
今年は、田押し車に加えてハッタンという小型の除草機を使い横にも押してみる。このハッタン、数年前に壊れてお蔵入りしていたが、この春に修理してまた使えるようになった。

名前の由来はどうやら独りで1日8反の田んぼを除草できるからだということだ。僕は1反が限界。昔の人は強靭だったのですね。これは田押し車より取り回しが良いのが特徴。軽いので自在に動く。

今年は、田押し車で縦に1回、ハッタンで横に1回、最後に田押し車で1回縦に入れようと思っている。

昨日、お風呂が綺麗になった。壁が剥がれてきていたので新しくした。快適!
image





これはハッタン

学校給食

先日、小学校の共育の日に野菜を小学校にお届けしました。調理師の方々のおかげで美味しいうどんになったようです。1年生向けの食育の授業では、僕らのことが紹介され、また立派な紹介のボードも作ってあり、ちょっと気恥ずかしかったですが嬉しく感じました。紅葉はお昼の放送で、「今日のうどんは有機農業をされている正木さんのお野菜を使っています」とスピーカーで流れた時に顔が赤くなった言っていました!

先生はこの日の準備で大変だったと思います。お疲れ様でした。

畑では、ようやく枝豆が採れ始めて来ました。来週にはトウモロコシもとれるでしょう。ナスとピーマンはどうやら就農以来の最悪の出来になりそう。来年は夜盗虫とモグラの対策をしないといけないかも。

image





家で忠実に再現された学校給食のうどんと抹茶ドーナツ

人の手が入らないとどうなるのか

春が過ぎ梅雨に入り草が一斉に伸び始めて草刈りに追われるようになると毎年思うのだけれど、田舎の典型的な集落、つまり田んぼや畑があって二次林があってという環境は人の手が入らなくなるとすぐに荒れてしまう。自然の再生力は凄まじいもので、人がコツコツ手を入れ管理することで我々がきれいで何と無く落ち着く環境を維持している。

畑や里山に人が足を踏み入れた時に、足元が草や木々でちょっと見えないだけで不安になり荒れた感じになるがこれはどこから来るものなだろう。危険を感じるDNAを持っているからなのか。

そんな訳で、畑や田んぼの周りの草が伸びると荒れた感じがして嫌なので草を刈るのだが、これからはほぼ毎週刈らねばならない。3・4日かけてひと通り刈ったと思ったらもう最初に刈った草がのびてきている。雨が降ったら草刈りである。

先週田植えを無事終えて今週1回目の除草機を押す。今回はちょっと早めに入れてみた。ジャガイモの収穫もあと少しまでこぎつけた。玉ねぎの収穫、回収もあと少し。ハウスにとりあえず入れてあるので雨の日に軒下に吊るそう。

今年はナスとピーマンがモグラや夜盗虫にやられて大苦戦。例年ならもう最初の収穫をするところだがまだ木が小さい。困ったものだ。

imageimage





軒下の玉ねぎと採れた桃

なたね

今日は菜種の脱穀。毎年、収穫間近になるとスズメの大群が押し寄せて半分くらいは食べて行ってしまう。僕も、そんなに菜種に力を入れているわけでもないのでそのまま食われ放題にしている。栽培し始めた年はまだスズメも知らなかったのか全く無傷で収穫できていたが、2年目からは必ず来るようになった。そんな訳で本当ににわずかばかりの収量。圧搾で絞ると収量の3分の1が油になる。
imageimage





先日、Mさんの田んぼの草刈りをする。ここ5・6年はご高齢のMさんの代わりにできる時は僕が草を刈ることになっている。就農当初からお世話になっている大恩人のMさんに草刈りで恩返しができることを感謝するばかりだ。返しても返しきれない大恩がMさんにはある。

いつも草を刈ったあとMさんご夫婦は、僕にも早苗にも子供達にもありがとうと言ってくださる。それも必ず2回。まずその場で1回、2回目は次に会った時。これだけでやってよかったなと思わせられる。

僕らもこれは見習うべきことだなと思い、必ず人に何かしてもらった時は2回お礼を言うように心掛けている。できればその当人だけでなくご家族の方にも。

今週末は田植えの予定。それが終わればジャガイモを集中して掘りたい。今年はナスとピーマンが絶不調。夜盗虫やモグラに浮かされ初期生育が悪い。いずれ持ち直すだろうが、スタートダッシュが出来ないと何かと都合が悪い。春野菜が終わる時期にナスやピーマンが採れ始めないと品目数が確保できないのだ。







こっちも必死

モモの実をカラスから死守するために必死の策をこうじる。もう何個か持って行かれた。向こうも必死ならこっちもそうだ。なんとかうちで食べる分位は守りたい。持って行かれる前に少し早いがもう食べ始めている。結構おいしい!
imageimage

秘密でもない道具。

今日は。最近、日暮れまで畑でやる仕事が多く、夜はヘトヘトで更新が滞っています。
今朝はお父さんはPTAの奉仕作業で草刈りに出かけて行きました。これ、例年なら私が行くのですが、ことしは常任理事(なぜか男常任という分担があるのです)の役に努氏が付いていますので、私は行かずに済みました。なんだかんだ、こういう奉仕作業って、つい頑張りすぎちゃうんですよね。私は昨日から植えたかった2回目のサツマイモの苗を挿しました。
ここで、秘密兵器の登場です。って、書こうとして、なんかせっかくオバマさんが広島に来て戦争と平和とかについて考えているときに、兵器ってなんだな、と思って秘密の道具って書こうとしたら、紹介しといて秘密ってないよな、と1人突っ込んで今日のタイトルです。
チャラララン。サツモイモサシ〜〜 (ドラえもんの声でお願いします)
image

これは、確か2年ほど前にカナダのウーファーさんのフェリックスさんとサツモイモ苗を植えるときにあまりに土がガラガラでしかも石も混じっているので、植えるのに非常に手間取りかつ時間もかかっている(&指も痛い)で、私がそこらへんのもので作って、サクサクと苗を挿してウーファーさんにgreatだったかniceだったか(amazing?wonderful??)、とにかく感心されたものです。この道具があるので、あっという間に苗を植えることができるので心強く、この時期には欠かせない相棒です。本当に棒なんですけどね。ポイントは、枝のY字を利用しているところです。植えるときにこのY字のところで苗を抑えてグッと押し込み、抜いておしまいです。苗の形状と手首のスナップで多少船底植えにしてみたり斜めに挿したりと加減します。一昨日もこれでサクサク苗を植えて、隣の桃畑のおばちゃんにもえらい感心されたのであります。

今日は290本くらい植えました。しかして小一時間もかかりません。苗取りしないで挿すだけなら4半刻強でしょうか。終わって木陰でのんびりしてたら草刈りから戻ってきたお父さんにトマトの芽かきと誘因という新しい作業を仰せつかってしまいました。1ベッド終えたところでお昼になったので休憩です。今日は午後じゃがいもを掘って、時間があれば残りのトマトのお世話をしようかと思います。夜の子供会会議の資料も作らなきゃです。ギリですね。

昼休憩の合間とか夜の夕食後とかちょっとのときにチクチク針仕事にはまっています。刺し子の一目刺しでフキンを作っています。なんとなく、草取りに似ています。無心で、よく指が動くと楽しいですね。針を刺すときに指が痛くないように指貫を作りました。ランドセルの見本でもらったサンプルの皮を使っています。おばあちゃんになったら、さつま挿しと刺し子でおこずかい稼ぎもいいかななんて、ね。
image

こちらはもみじ作のマスコット
image

ホタル

近くの川に子供達にせかされてホタルを見に行きました。もうすでにかなり飛んでいました。暗闇の中の光の粒はとても幻想的です。6月になれば乱舞することでしょう。ちなみに光を出すのは雄です。

いろんなこと、、、

おはようございます。今朝はなんとなく空気が湿って重たいですね。明日は雨だそうです。
いつもの如く、今日の仕事は何するの?と尋ねればおきまりの「いろんなこと」だそうです。ハイハイ、私は午前は今朝収穫(お父さんが)した野菜の仕分けであります。チョット余裕がある気がするのは、昨日の晩に洗濯物干して、今日の分の伝票作って、細々した今日やることが済んでいるからなんでス〜!お昼のお弁当も作っちゃったし。ウサギになって気がつけばカメ(これも自分ですが)に追い越されてたなんてならないように自戒してます。

夕方歯医者さんに子供達を連れて行くので、今日はレタス苗の間引きと移植をおまけ仕事でやりたいですね。さてと、そろそろ動きましょうか。
image
昨日の夕方何やら静かと思ったら、来て来てと呼ばれましてimage
まだ見ちゃダメ〜
image
いいよ〜〜!
image
こちらお好み焼き屋さん
image
こちらはケーキ屋さん
どうもごちそうさまでしたね。

学校給食

6月の上旬の共育の日に、学校の給食に地場の野菜を使おうということでうちの野菜をつかっていただくことになり、教頭先生と栄養教諭の先生が畑にいらっしゃった。

今年は僕がPTAの役員をやっている関係で、先生方が教室の中だけでなくPTAのお世話をしたり、こうして畑まで出向いたりといろいろ大変なことを目の当たりにしているので、今日の見学も先生の負担にならないよう要点だけサッと説明してお帰りいただこうと思っていた。

でも、一旦説明を始めると案外興味を持ってくれて、こちらもつい乗せられて話が長くなってしまった。長く引き止めてしまってすみません!

しかし、何事も興味を持って人の話を聞くというのはとても重要なことだ。
先日、僕が堆肥をもらっているTさんの牛舎に支払いに行ったついでに色々と話しをしたのだが、その時に土木や機械の溶接の話になり、僕も興味がある分野だったので質問責めにしたら詳しく説明して下さり、そのついでに牛舎まで連れて行ってくれて餌やりの機械の構造から始まり牛の出荷の形態、管理、エサのことなど、結局2時間くらい話し込んでしまった。

人から何かを引き出すにはまず興味を持つこと、今日改めて学んだことだ。

image





初めて作付けしたケールで作ったケールチップス、案外いけます!
オリーブオイルを塗ってオーブン140度くらいで10分ずつ両面焼きます。
カリカリに仕上げます。ちなみに茎の部分は使いませんでした。

快晴です

連日の雨で、まるで梅雨入りのようでしたが今日は眩しいくらいの晴天です。
草もグングン伸びますね。定植した夏野菜もまた誘引が必要になってきます。

さて、ここで誘引作業のポイントをおさらいしましょう。カニ歩きでの紐縛り、スピードアップのコツは視点の移動です。結んでいるときにはもう次の苗の誘引ポイントに視線を移して、移動時に腰にくくりつけた紐を引き抜き(ここでの視点は次に誘引する茎に集中していますので、手元腰元は見ません)すみやかに8の字結びを終える時にはもう視点は次の苗に移っています。この繰り返しでリズムよく行っていきましょう。なお、この視点の移動はエンドウ豆の収穫等にも応用できますので覚えていて損はないでしょう。(てか、基本ですね!)

さて、今日も1日頑張りましょうね!

image
5月5日は柏の若葉と蓬を摘んで柏餅と草餅を作って食べました。それ以外はいつも通りに親は畑仕事でどこへ連れて行くでもありませんでしたが、暇を持て余しながらもなんだかんだ楽しそうに過ごしてましたよ。
livedoor プロフィール
記事検索
愛知県の東部に位置し、清流豊川が流れる町・新城で有機農業を始めました。農薬や化学肥料を一切使わずに安全で健康な野菜をそだてています。
月別アーカイブ


菜園で・野良仕事をつうじて・食卓を囲んで。いろいろな縁がひろがり宴を開いてみんなで楽しくすごしましたとさ。
食べ物も有機、人と自然も有機、人と人とのつながりも有機でありますように…という願いとともにある有機菜EN
ギャラリー
  • 田んぼの除草
  • 学校給食
  • 人の手が入らないとどうなるのか
  • 人の手が入らないとどうなるのか
  • なたね
  • なたね
メッセージ
  • ライブドアブログ