SANAE&TSUTOMU 有機菜EN

日々の畑からさまざまなENをお届けします おいでん。

久しぶり

土曜日と日曜日に僕の学生時代の友人が遊びに来てくれた。彼の家族は北海道在住で彼だけ単身赴任で名古屋に来ている。彼はもともと京都の出身で大学を卒業後、幾つか会社を渡り歩いてT社に入り名古屋で勤務していたが転勤で北海道に異動した。その北海道に住んでとても気に入ったようで、どうやらそこに骨を埋める覚悟らしい。北海道って憧れの土地ですよね。僕もできれば1度は行ってみたい。気候も料理も景色も全てが魅力的だ。

しかし彼も学生時代に自分が将来北海道に住むことになろうとはこれほども思わなかっただろう。人生は分からないものだ。僕も京都の学生時代、彼が数年ではあるが愛知県で勤務することになろうとは想像しなかった。
もっと驚くことにもう一人の学生時代の共通の友人はまさに僕の地元の豊田市に勤務しているのだが、、、。どちらも関西人でこちらには縁もゆかりも無かったのだ。

彼に遊びに来てもらったは良いが、暇を持て余している子供達の格好の標的にされてしまった。とってもたくさん遊んでもらった。ありがとう!川でカニを捕まえたり、卓球をしたり鬼ごっこをしたりかくれんぼをしたり、花火をしたり、ボードゲームをしたり。

おかげさまで、普段子供たちと出来ないことができてとても充実した週末になりました!

スイカの収穫体験

昨日と今日、スイカの収穫体験をしました。昨日は2家族で今日は4家族の来園。曇天でそれほど暑くなかったのが良いのか悪いのか。今週は暑くなるようなので、収穫してもらったスイカは活躍してくれることでしょう。中がちゃんとしていれば良いのですが。

子供会

先日の日曜日は子供会のボーリング大会だった。バス3台でボーリング場に着くと予約してあるはずのレーンが調整中だったり、用意してあるはずの靴がないなど、しょっぱなからバタバタ。役員はみんなやれやれこれは長い1日になりそうだと言う顔をしていた。ゲームが終わりお昼になると今度は弁当が足りなかったりとまあ散々だった。僕らはグッタリでお昼もまともに食べる気がしなかった。

帰ってきて畑仕事をして終了。どっと疲れた1日だった。まあでもボーリング自体はみんな楽しめたようだし、何より事故などがなくてよかった。

暑い

梅雨が明けたかのような暑さ。昨日は、PTAで1日学校。午前中はフリスビーの係りで午後はバザー。体育館の暑かったこと。皆さんお疲れ様でした。夕方から子供達と約束していた新城市中心部の夜店に出かけた。人がいっぱいだった。帰ったらクタクタ。
image





今日は、朝収穫をして草刈り。草刈りはヒモを使う。このヒモを使うのにアタッチメントがいるのだが前に買ったやつがどうもうまくなくワンタッチで紐が伸びるはずがどうも出てこない。結局エンジンを止めて手で繰り出すというとんでもなく非効率なことになっていた。

そこで違うメーカーのを買って来て試してみたのだけれど、今度はワンタッチのボタンが軽すぎるのが少しの衝撃でドンドン紐が繰りでてくる。そしてすぐに根元から紐が切れるという致命的な欠陥が。これホントどうなってんの。どちらも3・4千円するのだ。こんなに使えなくてどうするのだろう。もう仕事が進まなくてイライラの限界。結局、10年前に買ったもっと原始的な構造のものに鞍替えした。

ここのところ畑仕事以外で忙しくて畑が進んでいない。それをあざ笑うかのごとく草刈り機が働いてくれない。午前中はグッタリしてしまった。

午後から枝豆とトウモロコシの収穫に2家族が来園。たっぷり持って帰ってもらいました。


夕方に子供達に急かされてスイカを収穫。ちょっと早いかなと思ったけれどもう出来ていた。
image





僕の畑の横のAさんの田んぼのまえに「犬のフンは持ち帰りましょう!」の看板が。こうして自発的に広がって行くと勇気がてて来ますね。しかし実際に犬のフンがなくなることが大事です。いつか看板がなくて良い日が来ることを祈って。
image

通学路

僕の畑の横が通学路になっているのだけれど、そこにいつも犬のフンが捨ててある。子供たちが踏むとかわいそうだし、僕も嫌なので看板を作った。地元の方々もこれには憤慨しているらしく、先の村の常会で話題になった。これは守って欲しいマナーです。
imageimage





夕方に小学校の栄養教諭のS先生が、先日の僕たちの野菜を使った給食のレポートを持って来て下さいました。丁寧に作られていて感激です。子供たちの感想がユニークでみんなで楽しみました。ありがとうございます。家宝にしたいと思います!
imageimage





ある1年生のコメント
おいしかったです。それになんとおれいをゆたらいいかはかりません。まさきさんへ (原文ママ)

ある3年生のコメント
正木さんへ
こだわり野菜うどんにあったやさいおいしかったです。正木さんのやさいをはじめてたべました。そんなにおいしいとはおもいました。(原文ママ)

ある5年生のコメント
正木さんへ
ゆうき野菜を私達に食べさせてもらいありがとうございました。給食で食べた中で、私はにんじんがとてもおいしかったです。正木さん家のゆうき野菜はまさに勇気がでるのでこれからも、自分で作るゆうき野菜に自信をもってがんばって作っていってください!おいしかったです。

収穫体験

今日は、5家族の来園があり、トウモロコシと枝豆を取り放題収穫してもらいました。この企画は2年目です。今年は枝豆の鞘の着きが良いようです。トウモロコシは若干小さめ。倉庫に持ち帰ってトウモロコシの皮を剥き、枝豆の鞘を外しました。枝豆はひと家族2キロありました。とうもろこしは虫が入ってますが、量でカバー。

もう1.2回は出来そうです。その後はスイカの収穫、食べ放題を出来たらやりたいです。

昨日から子供会のスポーツ大会の練習が始まりました。ソフトとドッジボール。毎週土日に練習です。
僕も出られる時は出ますが、どうしても仕事が追いつかなくて早苗に任せることが多いです。
その早苗も子供会の会議で昨日は夜の11時まで出ていたりで結構大変です。

ただでさえ365日休みなく働いてなんとか仕事を回している上に色んなお役がそれに加わるとどうしても無理が出てしまいます。
昔は若さで馬力をかけてやれば乗り切れましたが、40過ぎて無理が利かなくなってくるのを身を持って感じています。草刈りも昔は4、5枚の田んぼの畔草は気合で朝からぶっ続けで5時間くらいできたのに今は1枚でしっかり疲れています。あまりやり過ぎても排気ガスを吸い過ぎて翌日朝から頭痛がしてくるのでどうも及び腰になります。困ったものです。土日もほとんど子供たちを遊びに連れて行けないし、家族旅行もここ4・5年一回も行ったことがないしで何とかしたいです。

つまり昔は若さでバリバリやって時間を作って旅行にも行けたが、今は無理が出来なくて仕事が進まず遊びにも行けないということであろうと思います。でも多分これは、うちだけではなく農家はどこも似たようなものだと思いますが。そういえば以前、こんなに働いたらもっと収入があってしかるべきだと思い、どの位のものかと時給を計算してみたらとんでもなく低い額が出て来て愕然としたことがありました。まあ、お金が全てではないのでそれはそれで良しとします。

来週末はPTAのバザーと体験学習。僕は、ダンボールフリスビーの担当なのでフリスビーを雨の日に作っておきました。

今週も火曜日からずっと雨マークなので、明日は目一杯畑をやって雨の日は草刈りに集中したいです。
おかげでトマトが徐々に枯れ上がって来てしまいました。まあ今年は梅雨らしい梅雨ってことですね。

先日、早苗の双子の妹に赤ちゃんが無事産まれました。おめでとう!

今日は取り止めのないブログになりました。

田んぼの除草

ここ数年、田んぼの草はどうにも取りきれないので田押し車で縦に2回押して終わりであとは諦めていた。
今年は、田押し車に加えてハッタンという小型の除草機を使い横にも押してみる。このハッタン、数年前に壊れてお蔵入りしていたが、この春に修理してまた使えるようになった。

名前の由来はどうやら独りで1日8反の田んぼを除草できるからだということだ。僕は1反が限界。昔の人は強靭だったのですね。これは田押し車より取り回しが良いのが特徴。軽いので自在に動く。

今年は、田押し車で縦に1回、ハッタンで横に1回、最後に田押し車で1回縦に入れようと思っている。

昨日、お風呂が綺麗になった。壁が剥がれてきていたので新しくした。快適!
image





これはハッタン

学校給食

先日、小学校の共育の日に野菜を小学校にお届けしました。調理師の方々のおかげで美味しいうどんになったようです。1年生向けの食育の授業では、僕らのことが紹介され、また立派な紹介のボードも作ってあり、ちょっと気恥ずかしかったですが嬉しく感じました。紅葉はお昼の放送で、「今日のうどんは有機農業をされている正木さんのお野菜を使っています」とスピーカーで流れた時に顔が赤くなった言っていました!

先生はこの日の準備で大変だったと思います。お疲れ様でした。

畑では、ようやく枝豆が採れ始めて来ました。来週にはトウモロコシもとれるでしょう。ナスとピーマンはどうやら就農以来の最悪の出来になりそう。来年は夜盗虫とモグラの対策をしないといけないかも。

image





家で忠実に再現された学校給食のうどんと抹茶ドーナツ

人の手が入らないとどうなるのか

春が過ぎ梅雨に入り草が一斉に伸び始めて草刈りに追われるようになると毎年思うのだけれど、田舎の典型的な集落、つまり田んぼや畑があって二次林があってという環境は人の手が入らなくなるとすぐに荒れてしまう。自然の再生力は凄まじいもので、人がコツコツ手を入れ管理することで我々がきれいで何と無く落ち着く環境を維持している。

畑や里山に人が足を踏み入れた時に、足元が草や木々でちょっと見えないだけで不安になり荒れた感じになるがこれはどこから来るものなだろう。危険を感じるDNAを持っているからなのか。

そんな訳で、畑や田んぼの周りの草が伸びると荒れた感じがして嫌なので草を刈るのだが、これからはほぼ毎週刈らねばならない。3・4日かけてひと通り刈ったと思ったらもう最初に刈った草がのびてきている。雨が降ったら草刈りである。

先週田植えを無事終えて今週1回目の除草機を押す。今回はちょっと早めに入れてみた。ジャガイモの収穫もあと少しまでこぎつけた。玉ねぎの収穫、回収もあと少し。ハウスにとりあえず入れてあるので雨の日に軒下に吊るそう。

今年はナスとピーマンがモグラや夜盗虫にやられて大苦戦。例年ならもう最初の収穫をするところだがまだ木が小さい。困ったものだ。

imageimage





軒下の玉ねぎと採れた桃

なたね

今日は菜種の脱穀。毎年、収穫間近になるとスズメの大群が押し寄せて半分くらいは食べて行ってしまう。僕も、そんなに菜種に力を入れているわけでもないのでそのまま食われ放題にしている。栽培し始めた年はまだスズメも知らなかったのか全く無傷で収穫できていたが、2年目からは必ず来るようになった。そんな訳で本当ににわずかばかりの収量。圧搾で絞ると収量の3分の1が油になる。
imageimage





先日、Mさんの田んぼの草刈りをする。ここ5・6年はご高齢のMさんの代わりにできる時は僕が草を刈ることになっている。就農当初からお世話になっている大恩人のMさんに草刈りで恩返しができることを感謝するばかりだ。返しても返しきれない大恩がMさんにはある。

いつも草を刈ったあとMさんご夫婦は、僕にも早苗にも子供達にもありがとうと言ってくださる。それも必ず2回。まずその場で1回、2回目は次に会った時。これだけでやってよかったなと思わせられる。

僕らもこれは見習うべきことだなと思い、必ず人に何かしてもらった時は2回お礼を言うように心掛けている。できればその当人だけでなくご家族の方にも。

今週末は田植えの予定。それが終わればジャガイモを集中して掘りたい。今年はナスとピーマンが絶不調。夜盗虫やモグラに浮かされ初期生育が悪い。いずれ持ち直すだろうが、スタートダッシュが出来ないと何かと都合が悪い。春野菜が終わる時期にナスやピーマンが採れ始めないと品目数が確保できないのだ。







livedoor プロフィール
記事検索
愛知県の東部に位置し、清流豊川が流れる町・新城で有機農業を始めました。農薬や化学肥料を一切使わずに安全で健康な野菜をそだてています。
月別アーカイブ


菜園で・野良仕事をつうじて・食卓を囲んで。いろいろな縁がひろがり宴を開いてみんなで楽しくすごしましたとさ。
食べ物も有機、人と自然も有機、人と人とのつながりも有機でありますように…という願いとともにある有機菜EN
ギャラリー
  • 暑い
  • 暑い
  • 暑い
  • 通学路
  • 通学路
  • 通学路
メッセージ
  • ライブドアブログ