SANAE&TSUTOMU 有機菜EN

日々の畑からさまざまなENをお届けします おいでん。

今までで一番の豊作で一番の不作

軽トラの走行距離が12345kmになった。
image





そんなことより洗車しなくちゃ。もう半年以上洗っていない。あとオイル交換も2ヶ月前にはやっておかなくてはならなかったのにやってない。忙しさでそれどころではない日々が半年以上続いたことになる。そしてその忙しさはまた半年続くであろう。

先日、玉ねぎを処分した。春に収穫した後の回収で三分の一を棄てて、ハウスに入れた後それをコンテナに詰めて倉庫に納める時点でまた半分棄てて、今回また7割棄てた。最初3トン以上あったと思われる豊作の玉ねぎは結局、3万円くらいにしか現金化できなかった。野菜セットには毎回入れたが、これでは何のためにあれだけの作業をしたのかわからない。

コンテナに回収して、それを広げ出してまた詰めて別の場所に棄てるという途方も無く無駄な作業を何日もかけてやったことになる。もう懲り懲りなので玉ねぎはほどほどにしか作らないと決めた。

子供の出校日を明日に控え今年もまた怒号がとんだ。昨年、このブログで予言したことがまさに起こった。今回は一応宿題はやっていたが適当過ぎて提出できるレベルでは無かったと言うもの。これではチェックする先生が愕然とするであろう。先生の疲れ果てた顔が目に浮かぶよう。


台風

台風の風と雨がひどい。多分、ナスやピーマン、キュウリはこれで終わった。あとせっかく春に植えたバナナも傾いていたので、枯れるかもしれない。当初の予報でははるか日本海の北を通過する予報だったのにいつの間にか本州に上陸していた。明日は、いろいろ片ずけをしなければならない。農業は、自然の恩恵を受けるが、その逆もあると言う事を再確認する。

先週からスイカのツルが収穫直前に枯れ始めてどうも良いのがとれない。最後までつるがもたないとスイカの風味が良くない。まだ残りがあるのでそれに期待したい。
ところでヤギはスイカが大好きで良く食べる。

ニワトリが9月には卵を産み始める予定なので産卵箱を作った。外からも集卵できるようにした。
imageimageimage





子猫も大きくなりました!みんなのアイドルです。
image

定位置

ヤギは夜から朝にかけて小屋の屋根で過ごしている。おかげで屋根が少しずつ破壊されてきた。
image

カボチャの収穫とミツバチの蜜

あっという間に7月も終盤。いつも梅雨が明けたらカボチャを収穫する。暑さでフラフラになりながら。
今年はちょっと小さめかな。
そしてハチミツを採った。案外、蜜は入っていなかったがそれでも十分いただけました。
imageimage

乾燥と大雨

image





子猫も大きくなった。


さて梅雨にはいってから一滴も雨が降らず、かなり乾燥していたが今日大雨が降った。それもお隣の豊橋で避難勧告が出るくらいに。新城市も大雨洪水警報が出た。春からずっと雨が少なくこれほど乾くのも困るが、これほどの大雨も困る。まったくどうなっているのだろう。

でも晴れが続いたので畑仕事は進んだ。小麦も良い状態で取り込むことができた。品種はパン用の強力粉の春よ恋。うちでパンをたまに焼くのでそれ用だが、大部分はニワトリの餌にしようと思う。
ジャガイモも大方堀りあげた。
image






先日、ママごはんという冊子の方の取材を受けたのだが、その時撮ってくださった写真がきれいだったので数枚このブログに乗せようと思う。

そういえば、携帯電話が壊れて液晶がダメになってショップでも電話帳録が取り出せなくなってしまった。メモリーが入っていなかったので、一からやり直し。皆さんお手数ですが、いちどうちの携帯に電話をおかけください。そうして少しずつ登録していきます。

20170611  (27)_R
20170611  (110)_R
20170611  (74)_R
20170611  (15)_R

病院

子猫が生まれてほぼ4週間経った。動物病院に連れて行ったが、目ヤニがよく出るのは結膜炎のせいであった。目薬をもらって、ダニの駆除をしてもらった。皮膚にも異常があったがこれは今検査してもらっている。これは栄養状態の改善と成長にしたがってよくなるケースが多いそうだ。そして離乳食を始めた。
image






農園の入り口に看板を作った。多くある野菜を置こうと思う。
image







ミツバチがなかなか飛んでいないので自分でズッキーニに受粉作業を始めてから、良いのもが採れてきた。
あと日本ミツバチ仲間のNさんから西洋ミツバチが箱の入ったから正木くんどうだと声をかけてもらって、それを頂いたのもあってハチが飛ぶようになった。どうやら日本ミツバチと西洋ミツバチは一緒にいると喧嘩してしまうらしい。うちは日本ミツバチは今年はひとつも無いので試しにもらってみた。
image







ところで、一週間前くらいに夜中に雷と強烈な突風が吹いて飛び起きた。翌朝、嫌な予感を抱えながら畑に行ってみるとトマトの支柱が折れ曲がり、ネットが散乱していた。金曜日の朝で、朝市に行かねばならず片ずけもそれほど出来なかった。お隣の田んぼや畑に散乱した資材だけ時間までに何とか片ずけた。
image





幸い中のトマトはなんとか大丈夫そうだったが、一晩で今までかけてきた労力と時間が無に帰す危険性は農業にはいつでもあることを改めて思い知らされた。
あと豊作だった玉ねぎもその後の処理の失策によりどうやら貯蔵性が極端に悪くなりそう。自然災害と人災でなかなかうまくいかない。

ズッキーニ

ズッキーニが採れない。いつもならカゴに2杯は十分取れるのに、その半分以下。受粉していない。ハチをぜんぜん見かけない。ハチが今年は少ないように思う。近くで有機農業をやっているMさんもそう言っていた。
ミツバチの巣箱にも今年は一群も入らなかった。まさにサイレントスプリング。ハチが少ない原因はいろいろ言われているが、カメムシ防除などで使うネオニコチノイドという農薬もその原因の一つらしい。

しょうがないので自分で受粉作業を始めた。

5月は雨が少なかった。野菜はなんとかその少ない雨を効率的に取り入れようとしている。例えば小松菜は漏斗状の形をして少ない雨でも自分の根には水が行き届くようにしているように観察される。地面が濡れるほどではない弱い雨でも、根元だけは濡れているその自然のデザインの奥深さに驚かされる。
image



子猫

14日の日曜日に、倉庫の裏で野良猫の子猫を見つける。キュウリネットの在庫が入れてある箱にいた。多分生まれて4・5日といったところだったと思う。その後、家で面倒を見て1週間半が経って大分しっかりしてきた。
名前はまだ正式には決まっていないが、紅葉はみゅー、僕はどんちゃんと呼んでいる。家族には不評だが。
imageimage






5月は畑が猛烈に忙しく、その上ニワトリの世話やヤギの世話で、畑にいるか寝ているかという生活。特にヤギは夕方一緒に散歩について回るのでその時間の捻出のために朝はやく起きて仕事をしている。それに子猫の授乳などが加わってさらに大変になったけれど、動物をお世話するのは楽しい。

この春の葉物野菜は全体的に肥切れてあまり納得がいく作柄ではなかった。でも玉ねぎは今までで一番良い出来であった。このあと菜種や小麦、田植えとまだまだ忙しいが6月中旬を過ぎれば少しましになるかな。
image









雨の予報

今日は雨の予報だったのでそのつもりでいたのだけれど、結局昼を過ぎてもその気配なし。草刈りやら室内の仕事をやろうと思っていたが、急遽冬に切っておいた丸太を運び出すことに。

ユンボで何往復もして引っ張り出した。この仕事が片付いてよかった。農繁期の春でいつやろうかと途方に暮れていた。これで製材屋さんに取りにきてもらって一部は板にでもひいてもらおう。
image





週末からは果菜類の植え付け準備と植え付けに追われそう。
livedoor プロフィール
記事検索
愛知県の東部に位置し、清流豊川が流れる町・新城で有機農業を始めました。農薬や化学肥料を一切使わずに安全で健康な野菜をそだてています。
月別アーカイブ


菜園で・野良仕事をつうじて・食卓を囲んで。いろいろな縁がひろがり宴を開いてみんなで楽しくすごしましたとさ。
食べ物も有機、人と自然も有機、人と人とのつながりも有機でありますように…という願いとともにある有機菜EN
ギャラリー
  • 今までで一番の豊作で一番の不作
  • 台風
  • 台風
  • 台風
  • 台風
  • 定位置
メッセージ
  • ライブドアブログ