2008年03月08日

墓場から鬼太郎

魔界への誘い 毎週火曜日の深夜から放送しているアニメ『墓場鬼太郎』をここ数週間楽しみに見ている。『墓場鬼太郎』はアニメ化にあたって『ゲゲゲの鬼太郎』と改題される前のタイトル。ところどころ現代風にアレンジはされているが、漫画の初期作品をモチーフに作られているので、おなじみの鬼太郎とはずいぶん趣が違う。勧善懲悪のヒーロー然とした感も明朗さもなく、どちらかというと人間の不幸を楽しんでいる不気味さがあり後味も悪い。
 鬼太郎を墓場で拾って育てている水木が家に帰ってくると、薄暗い部屋の中で背中をまるめてひっそりとたたずんでいる鬼太郎がうつむいたままボソボソとつぶやく。「お帰りなさい、今日は夕飯を作りました。・・・トカゲの煮込みです」「うっ!あ、ありがとう、遠慮しとくよ」「そうですかぁ、美味しいんだけどなぁ。ケケケッ!」

 作品のターゲットを子供にする上で様変わりしたものは多いのではないかと思う。私の大好きなキョンシーものもそう。キョンシーが初めて主体となった香港映画『霊幻道士』(1985年)では、穴蔵に寝かされた、顔も真っ黒で全身ドロドロに腐ったキョンシーがネズミをひっつかまえてガツガツと食べるシーンがあったり、女幽霊シャンシーと道士の卵がベッドイン(古っ!)するエロシーンがあったりなど、あれはどう見ても子供向けではなかった。しかしその翌年台湾で制作された『幽幻道士』(1986年)になると、主人公が美少女リュウ・ツーイーちゃん扮するテンテンに、そしてチビクロを始めとする大道芸人の弟子の男の子達がバク転をし、子供達の敵役デブ隊長がとんだハプニングで丸裸になって笑いを誘う。もろ子供向け王道じゃん。なんだかキョンシーたちも小ぎれいになっているし、武器や道具も増えてるし。制作側の思惑通りの大ヒットで、日本ではテレビシリーズ『来来キョンシーズ』も大人気となった。キョンシーグッズも売れに売れてみんな縫いぐるみとか持ち歩いていたけれど、冷静に考えると、子供が中国の死体をかかえて街をウロウロしているという非常事態。当時小学生だった私も、休み時間にお札を書いたりなんかして、しっかり作戦にはまっていた。
 
 あと、アンパンマンの原型は意外と知られていないのではないかと思う。昨年高知県のアンパンマンミュージアムに行って驚いた。アンパンマンの元は「天然パーマの小太りのおっさんがアンパンをそこらへんの子供に配っている」という、いま実際にやったら即逮捕されるんじゃないかという設定だった。ちょうど今から40年前に月刊誌『PHP』に連載されたというものだ。どちらにしても変わりなく「ええ話」なのだが、そこからおなじみのアンパンマン、腹をすかせた子供に頭を食われてしまうアンパンマンが出来上がった。こっちの方が怖い。
 今見ると最初から子供向けに作られたものより、途中から方向転換したものの方がお得なのだ。原型を見て違いを楽しんだ上、当時の夢を壊していくのもいい。こうやって原型にさかのぼっていくことができるのはマニアになった大人のみの特権なのだから。皆さんもおおいに「大人見&大人読み」を楽しんで。ケケケッ!



sanaedon at 15:37│Comments(13)TrackBack(0)││雑記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chansea   2008年03月08日 18:50
3 ちょーど、先月水木しげる記念館にいってきたよ
うっかり、キタロウとキューピーのコラボ携帯ストラップをかってしまった///*目と手の向きがキューピー///

最初のキタロウとか妖怪、すごい怖いよね。
怖いのに、なんかあったかくなる話。
2. Posted by まえやま   2008年03月08日 21:23
3 ぬりかべという妖怪は何の意味があって、登場するのか、わからなかったですね。

永遠の謎です。

砂かけババアの目が炎症を起こしているみたいで痛そうで気持ち悪い。

というのは、誰でも考えるかな。

昔のアニメは、おどろおどろしい作品はけっこうあったかもしれない。

妖怪人間などは、今の時代では発禁になってしまうかも、しれないし。あんなもの子供に見せようと考えた人たちの気がしれない。



3. Posted by レイラ   2008年03月08日 21:50
ケケケッて。。。
さなえどんも大人になったのね。

ところで、この場を借りてのお願いだけど
私にメールをくれませんか。
メルアド分からんかったら、るーしーに聞いてちょんまげ。
4. Posted by 錦野あきこ(船)   2008年03月09日 01:15
たいていパソコーンを開く時はよぱらって
いるのですが今日は特にボンジリなどとと
ビールでよぱらって帰ってきていてるので
すがわたしの興味ある内容だたので衝動的
に書き込みさせていただいています。

鬼太郎わたし大好きであり、調布の鬼太郎
茶屋の二階で寝たことあります。平日だと
客来ません。昼寝できます。水木おだいが
働いていた場所だとか。鬼太郎、メキシコ
の妖怪ヨナルデパズトーリに負けるのはシ
ョックでした。悪魔君のしとの一匹だ!。
おそるべし、ヨナルデパズトーリ!
来来キョンシーズ、テレビシリーズだけの
トンボ、ちょっとかっこいいでした。小学
生のころだしもので脚本監督やったことあ
り、わたくし特権でいいやくを。エヘヘ。
いやあ、妖怪っていいですよね。

衝動で書き込みしてどうもすみませんm(==)m
酢コンブ食うてるさなえどんさん美人やで☆

5. Posted by 天プラ   2008年03月09日 04:30
大人が子供に見せたくないものって、
実は子供が見たいものなんですよね。
何でもかんでも無難なオブラートに包んだようにしなくてもと思います。
6. Posted by 母   2008年03月12日 23:31
5 さなえはかしこくなったなぁー。ワシは低酸素だったから、また
あほになったみたいら。脳さいぼうこわれて、こわれ、こわれつづけてぇ〜。そんで
パソコンあけるの重いから、また携帯で見たのよ。(=^▽^=)
ではーまたかいてねー!(--;) ばいばい
7. Posted by パプワ   2008年03月14日 00:22
たまに覗かせてもらってます。
なんからもさんのファンサイトあったよ。
うーん結構オモシロイ。

http://2ramo.web.fc2.com/index.html
8. Posted by いとまお   2008年03月15日 16:34
「魔界への誘い」ってお酒があるんだ〜

へえーーーー(強烈なインパクトにしばし絶句)


話は変わりますが、私の妹の飼っているロシアンのブログです。
見てやってくださいね。

http://limolog.jp/a.php?rs=290426887525
9. Posted by ふっちゃん   2008年03月18日 07:15
今朝新聞で今日の深夜に墓場鬼太郎があるのを確認した。
よう見つけたね(笑)
早速ビデオとってディープな世界に突入したいと思うよ(;´・`)
10. Posted by さなえ   2008年03月18日 16:39

*チャンシー*
何とも不自然なキタロウとキューピーのコラボ携帯ストラップ、しかと見せてもらいました(きっとすぐ飽きるんやろうな)。
でも一瞬、欲しかったよ。

*まえやまさん*
ぬりかべ。「世界妖怪大集合」な状況で言えばフランケンシュタインみたいな役割ではないでしょうか。ウドの大木的な無駄にでかくてノッソリとしたキャラクター、ぬ〜り〜か〜べぇ〜。

11. Posted by さなえ   2008年03月18日 16:45

*レイラさん*
大人になりきれない大人でございます。
ルシールもわたしも。
ほんと近々、遊びに行かせてもらいますね☆

* 錦野あきこさん*
調布の鬼太郎茶屋、一度行ってみたいですね。
それに世界妖怪会議にも参加したいです。
トンボはいいですね、安安(パンダではない)よりは確実に人気ありましたよね。でもトンボ返りができるからトンボって、もうちょっといい名前付けたれよと。
衝撃での書き込み大歓迎ですよ。


12. Posted by さなえ   2008年03月18日 16:50

*天プラさん*
なるほど、納得です。
また子供もこれが探し当てるの上手いんだ。
隠すと逆効果なんです。

*母*
脳みそに酸素が行き渡ってなかったんだな。
こんど脳みその本を貸してあげよう(娘もそうとう頭わるし)。

13. Posted by さなえ   2008年03月18日 16:58

*パプワさん*
情報ありがとうございます☆
またちょくちょくのぞいてみてくださいね。

*いとまおさん*
「いざない」って響きが好きです。
25度かな、味見させてもらったら結構きつかった。
ブログ見ました。ふさふさの腹を触りたい。。。

*ふっちゃん*
早く見ないともうすぐ終わってしまうよ。
バックナンバーはyoutubeでも観れました。
なんてな世の中だ!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔