アーユルヴェーダによると、健康的な生活とは、体、心、精神、すべてのレベルで自分自身を気遣い、毎日バランスを保つように行動することが重要だと考えられています
特にアーユルヴェーダの基礎を築くのは食事とライフスタイル
その原則を取り入れて実践しなければ、他を施してみても効き目ははるかに弱いと考えられます 
アーユルヴェーダ的な見地からすると、すべての病気は消化系に端を発しているという考えに基づいていて、
その原理の大部分は栄養摂取に集中しています
体質に応じた食事と生活方法を覚えれば、アンバランスな状態を改善し、落ち着いた生活が営めるようになる

しかしその一方で忙しい現代社会にそぐわない方法は長づづきもしないし、
忙しい生活に取り入れることはなかなかできません
だいたいにおいて、よい食事法を実践していれば、たまに分別を失ってもいい方法ならできる
それは短期的な食事法ではなく、将来の健康と活力に影響を及ぼす食べ方を心に止めることが重要だと私自身感じています
特に最近感じているのは、イライラしていたり、腹がたっていたり、不安だったり、 恐いと感じていたりする時、
食べてはいけないような気がします
感情的な状態は消化に良くない
その嫌な感情まで体に取り込んでしまいそう
だからこそ、その食べ物がどのように作られているのかということもとても大事な気がします
愛情いっぱいに作られた食物や食事は美味しいに決まっています

そしてもちろんですが栄養価もよく考えられたもののほうがいいですよね
お客様のリクエストがあり、再入荷したオーダニックモリンガパウダーとモリンガ茶
忙しい毎日の助っ人として適任ですね~

モリンガパウダーにはビタミン、ミネラルが豊富で今注目されているハーブ
希少な栄養源になります

人間の体には、ビタミンとミネラルが必要不可欠です! 
微量栄養素とは、ビタミンとミネラルのこと。 
これに対し、糖質とタンパク質、脂質の3つを多量栄養素といいます。 
多量栄養素は別名、3大栄養素とも呼ばれ、体を維持するうえで必要なエネルギー源です。 
微量栄養素は、この多量栄養素がエネルギーに変わる手助けをします。 
つまり、代謝に必要な酵素にはたらきかけて、消化・吸収、体内変化などを助けるのです。 
微量栄養素とひとくくりにいっても、ビタミンとミネラルはまったくの別物だそうです。 
ビタミンは動植物が体内で合成してつくり出した有機化合物であるのに対し、ミネラルは土壌や水のなかに存在している無機物の総称です。 
ミネラルの代表的なものには、カルシウムや鉄、リン、亜鉛などがあります。 
その他、時に毒性を示す硫黄や塩素、銅、ヒ素などもミネラルの一種です。 
これらは少量であれば体に害がないばかりか、ごく少量は体に必要とされるものなのです。 
微量栄養素は体を維持するために欠かせない栄養素ですが、人間の体内ではつくり出すことができません。 
そのため、肉や魚、野菜などから摂取する必要があります。

体内で行われる代謝に必要な酵素のサポート役 
また、体内で行われるさまざまな代謝には酵素が欠かせません。 
この酵素をサポートするのも役目。 
補酵素の代表選手が、ビタミンB群と呼ばれるB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビチオンです。 
糖質をエネルギーに変えるB1や脂質の代謝を助けるB2、アルコール分解を助けるナイアシン、皮膚を正常に保つビオチンなどがあります。 


 
モリンガ
調製粉乳
生卵
小松菜
エネルギー (kcal)37851415114
タンパク質 (g)35.912.412.31.5
脂質 (g)4.526.810.30.2
糖質(g)17.955.90.32.4
食物繊維 (g)30.601.9
ナトリウム (mg)3914014015
カルシウム (mg)45037051170
リン (mg)1,5002201805
鉄 (mg)6.56.51.82.8
カリウム (mg)2,400500130500
マグネシウム (mg)210401112
亜鉛 (mg)1.10.340.080.06
銅 (mg)0.62.81.30.2
マンガン (mg)310.050.020.13
ビタミンA(μg)806560150260
ビタミンB1 (mg)0.260.410.060.09
ビタミンB2 (mg)1.280.720.430.13
ナイアシン (mg)6.25.40.11.0
ビタミンB6 (mg)1.10.350.080.12
ビタミンE (mg)64.35.51.00.9
ビタミンD (μg)1.79.300
ビタミンC (mg)3953039
ビタミンK (μg)2,0002413210
葉酸 (μg)4908243110
ビオチン (μg)48.2---
パントテン酸 (mg)1.42.21.450.3
リジン (mg)1,2001,100890100
ヒスチジン (mg)43032031040
フェニルアラニン (mg)100055064092
ロイシン (mg)1,3001,3001,100130
メチオニン (mg)69032040020
パリン (mg)1000840830100
スレオニン (mg)97070057070
トリプトファン (mg)20018019037
イソロイシン (mg)66077068074
アルギニン (mg)200037078095
チロシン (mg)39041050050
アラニン (mg)290054070094
グリシン (mg)500025041081
プロリン (mg)27001,10047070
グルタミン酸 (mg)36002,5001,600250
セリン (mg)110062084067
アスパラギン酸 (mg)22001,2001,300170
シスチン (mg)20023032015
βカロチン当量(μg)9,67085173,100
ポリフェノール (mg)2,200---
モリブデン(mg)0.2---
イノシトール(mg)637---
コリン (mg)40---
γ-アミノ酪酸 (mg)164---
コリン (mg)40---
分析 モリンガ:(株)日本食品機能分析研究所 調製粉乳・生卵・小松菜:五訂増補日本食品標準成分表による
P1270707
黒糖&モリンガパウダー も相性がいいです
モリンガパウダーのお茶に黒糖をひとかけ、あるいは蜂蜜を入れても美味しい

最近発見したモリンガパウダー茶もおススメです
毎日の栄養源となっているモリンガパウダー
我が家の必需品です
P1210276
モリンガパウダー100g 2000円 税込2160円
モリンガにはミネラルがいっぱい
見てのとおり まるで抹茶のような質感 細かな粒子ですのでいろんなお料理に 野菜サラダなどにも使えるんです
P1210402
モリンガパウダーは密封性の強いサプリメントの容器に入れていつでも料理に使いやすくしてます
我が家では毎日活躍するハーブ

そしてごく最近発見してびっくり
緑茶のように飲んで美味しい 
実はモリンガ茶が切れてしまい入荷待ちをしていて、仕方なくパウダーで飲んでみた
するととっても美味しい
回転ずし屋さんにあるような イメージにとても近い 
パウダーを降り注いで お湯を入れる
香ばしくて とても美味しいんです
P1280329
コップに茶さじいっぱいくらい
P1280332
毎朝沸かしてつくる 白湯 を入れる
白湯は身体のバランスを摂るのにふさわしい水分
アーユルヴェーダでは人間の体質は3つの質を持っていると考えられています
ヴァータ(風 空気)
ピッタ(火)
カファ(水)

やかんに  を入れ  にかけ 沸騰したら蓋を開けて 10分くらい
ポコポコと 空気 を十分含ませた 飲み物になる
この3つの質 水 火 空気 のバランスがとれた飲み物ができるのです
人間の身体は7割が水分 このバランスの取れた新鮮な水分に入れ替えることで
体調も整います

P1280336
白湯を注いて混ぜるだけ とっても簡単 そして美味しい

P1210262
モリンガはもちろんお茶として本当に香ばしくて美味しい

我が家では温かいお茶はこちらを常時飲用しています 
切れていてインドからの入荷をまっていました
20日以降入荷することが分かりました

水分補給しながら栄養補給が可能なモリンガ茶
 
朝はこのモリンガ茶に黒糖を入れて一日が始まり、目覚めます 
モリンガ茶を飲むようになった方々から脚が浮腫まなくなったとか顔が浮腫まなくなったとか嬉しいお便り届いています 
モリンガ茶を酵素ジュースづくり時にパウダーの代わりに入れてもOKです
P1210269
モリンガ茶 
100g 1500円 税込1620円 
お試し50g 750円 税込810円

毎日の生活習慣の変化が健康な身体を維持する早道です
そしてそれはとても簡単な方法です
ピクチャ 232月20日までにご注文いただいた方、
月末までに送付させて頂きます


毎朝1杯の酵素ジュースを飲んだり
足りない栄養素をハーブからいただいたり
意識的に摂取することは自らの身体を大事にしている認識ができる
自分の身体を愛する気持ち
そのような食生活習慣で体の内側から綺麗になってる気がします
そして必要な栄養素を吸収できる身体になると、入らないものは綺麗に身体から出て行きます(便が変わる)

季節の変わり目で身体がだるい方、
更年期障害に悩んでおられる方
外側からのアプローチより内側からのアプローチが本当に大事
特にカファが増大してくる春の季節、たいていの人は冬程食べ物を必要とはしません
健康な人は、この期間、週に1日は断食をするべきだと考えるアーユルヴェーダの医師もいるそうです
注意点としては
➀辛味、苦味、渋味を中心とした食生活にする
まさしくモリンガパウダー大事な働きをしますね
体から毒素(アーマ)排出しながら栄養取り込む
➁酸味が強い食べ物は避ける(刺激が強い食べ物は避ける)
③春の季節は身体が余分なカロリーに対処しにくいので、甘い食べ物は避ける
④眠るのは夜だけにして、昼寝はしないようにする (身体が浮腫む 怠くなる)

健康づくりにはなんといっても食生活が基盤

ぜひ健康のためにご活用くださいませ 

食品、美容品とは7000円以上送料 手数料無料

アパレルとは1万円以上送料、手数料無料となります
それ以下の場合は送料、手数料一律870円かかります

モリンガ商品のお求めは便利なWEBショップもご利用下さいませ

http://ayure.jp/?mode=cate&cbid=2087100&csid=0