Keiko Kubo

暮らしをアートしよう! ナチュラルエイジングの為のライフスタイル

23316694_1526762227403564_1013701609513036007_n
昨日東京はとっても良い天気
冬至とは思えないポカポカ陽気の1日でした
もう直ぐ海が近い目黒川沿いを通って福栄会施設訪問

品川の青色申告会の皆様とのんびり散歩
23172817_1526762220736898_3758613644053471549_n

児童福祉サービス、障害者福祉サービス、高齢者福祉サービスも兼ね備えられてる大きな施設でした
毎日暮らしてはいるけれど、地域の福祉サービスがどうなっているかなど全く知らない
ましてやこれから迎える超少子高齢化 どんな変化が必要なのか?
特に統合医療 未病対策 介護施設にはとても興味がある
今後役立てるよい情報 生きた情報があるかもしれない
23319377_1526762267403560_8052807543376062511_n


今日はサンマ祭り施設の皆様や地域の皆様とともに美味しいサンマと豚汁、おにぎり いただきました♡
23244331_1526762260736894_8152640752014670210_n
23434802_1526762264070227_556390183083996660_n
美味しかったなー ご馳走様です


23316352_1526762257403561_1381903714625519515_n
都会の中で地域と一体化するような取り組みが本当にすばらしいと感じました
いろんな連携ができているからこそできること
23172856_1527436704002783_3797847839829250123_n
人の尊厳を尊重して、利用者のニーズに応え、自立を支援していく取り組み
23231306_1526762344070219_9175917723253642899_n

地域の小学生とともに手芸したり、ゲームしたり 、
それも介護の状況によって、あるいは痴呆の進み方によっても、日帰りやステイの方法も変化があるそう
痴呆を患っている方の手芸をする部屋も訪問できた
そこでも小学生を交えて葡萄のようなものを作っていた
生地を丸く切って、綿を詰めて、針に糸を通して作る
痴呆の度合いによって全く表情や仕草も違っているのは素人目でみてもよく分かる
これはデイケア つまり日帰りサービスと言われていた
ということは皆様 自宅に帰られるのですね
本当に家族は大変だなぁ~と思って、まてよ、自宅に帰っても一人の人はどうすればいいの?
なんて思ってしまったり
23172653_1526762310736889_7505188824934098477_n
施設では特に障害者の自立を支援する取り組みにも力をいれておられました
カフェには美味しいお菓子
23172529_1526762317403555_1717574369353335250_n
手づくりされた小物など
子供も障害者も老人もスタッフもそれぞれにかかわり合い支援する仕組み

23244552_1526762314070222_4558474437781187286_n

また広いリハビリセンターではもくもくと歩いてリハビリしておられる方がいらした
専門の理学療法士の方が常駐して支援
歩けなくなっても、まず立てるようになって、自分で歩けるように促す

でもやるかどうかはやっぱり自分次第なんだ
もくもくと一人でずっと繰り返し歩いておられる方を拝見して心底そう思った
多くの方は楽して痩せようとしたり、だれかに痛みをとって欲しいとせがんだり

今朝、実家母に電話してさらに実感
昨日、雨が今日降りそうなので、有機柚子を一人で山に分け入って収穫したらしい 
あまりに膝の具合がよくて驚いているとのこと
来年は鶏糞などまいて ちいと草なども切って もっと立派なの採れるようにしようかな?なんていうから驚きだ
母はほとんど毎日セルフキリ キリ後には体操して、1時間近く歩くことを欠かさないらしい
さらに毎日自分が作った酵素ジュース飲んでいるみたい
柚子の代わりに酵素づくりに必要な黒糖やオイルを忘れんと贈ってや~と上機嫌です
来月あまりに調子がいいので 膝の具合がどうなっているのか調べてもらうと言っていた
80代目前 本当に頼もしいな~
続けている方は皆様絶賛のセルフキリ やっぱり効果あるのだ 
さらに効果的なのは運動とセットかもね

セルフキリの実施方法はこちらをご確認ください

http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/51597675.html

リハビリされておられる皆様を拝見して、さらに養成講座や鍼の講座を受講して思いついた
寒くなってきたので、もっと簡易にできるセルフケアの方法もまた近日お知らせしたいと考えています

都会では近所づきあいが嫌で一人でいる人も多い
これからもっとずっと多くなっていくに違いない
自分たちの世代 こんな福祉サービスなんて無縁で暮らしている
関わりたくもないと思っている人もいるだろう

でも自分一人で歩けなくなった時、誰がどのようにして支援してくれるのか?

どのくらいの費用が掛かるものなのか?
必要になったとき知るのでは遅くないか?
その時にだけ支援してもらうので果たしていいのか?
みんなが一斉に支援してもらいたいとなったとき、どこからお金が出てくるの?
いろんな? 
漠然とした不安はあるけれど 誰かがどうにかやってくれるでしょと他人事のように思ってないか?
??? ハテナ は続くよ どこまでも…

参加されておられた裕福そうな男性がこれから90まで生きるの当たり前になるから、子供や嫁をあてにしてはいけない
どこで裏切られるがわからないんだから、お金使い切って死ねたらいいけど、いつまで生きるかわからない
だから自分でどんなサービス受けるか調べて お金は相続せずに持っておかないとね
などと言って参加の皆様を笑わせておられましたが、
私は笑えなかった

50を過ぎて、介護も気になってくる
これからの未来を考えるひと時でした
お招きいただきいた福栄会の皆様、品川青色申告会の関係の皆様 ありがとうございました

自助努力が必要ですね
アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さいませ


23316322_1527436744002779_3961837246269017716_n
昨夜 温かい冬至 横浜散策
福が下りてきますように
23244338_1527436747336112_3038271145351740420_n

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ