Keiko Kubo

暮らしをアートしよう! ナチュラルエイジングの為のライフスタイル

昨日身体のキリでの施術 五十肩で夜も眠れないくらい痛い
キリのセフルケアでご自身で治せるかもしれません
P1360718
キリで痛い部分にじわっと熱を伝えます

関節を構成している筋肉、腱、靭帯、滑液包が老化によって、動きが悪くなることが原因と言われているそうです 

・高いところに手が上がらない
・腕を後ろに回すことができない
・肩を下にして横向きで寝れない
などのつらい症状

また四十肩・五十肩は主に3つ種類があるそうです
1、肩こりがひどくなり、肩周りの筋肉が硬直し、動かせなくなるタイプ
2、肩の関節内にカルシウムなどの沈着物が固まってしまい、動かせなくなるタイプ
3、肩の関節にあるじん帯、関節包、回旋腱板が断裂してしまって動かせなくなるタイプ

1、は本当にキリの施術2〜3回で改善することができます。
もちろんご自身のセルフケアで治せる可能性十分


2、は付着した沈着物を溶かすような注射を整形外科などで打ってもらうと比較的早く改善することが多いので、まず整形外科を受診すると良いと思われます
私の姑さんもこのタイプ 整形外科での注射とキリで嘘のように痛みが改善しました
毎月のキリケアで痛みとは無縁となっています

昨日のお客様病院に行ってもロキソニン痛み止めと湿布しか渡されず、全く改善しそうにないといらしてくださいました

3、は完治までに通常1~2年かかると言われており、痛みに効果的なキリでの施術方法でも早くて3ヶ月、通常半年から1年程度で改善していくと思われます
五十肩ではないけれど難病で同じように腕がベットに上がらず、3年で車いすの生活になるといわれて
おられた顧客様 五十肩の方と同じような部分全体に張りがあり 強固に固まっておられた
時には熱を持つくらい
しかし、1年毎月1度通って下さり、なんと病院から緩解の診断
車いす生活も覚悟しておられたお客様 今では忙しくて責任あるお仕事バリバリ実践されておられます
キリは素晴らしいと本当に痛感しました

四十肩、五十肩いったん炎症が出ると、肩を動かすたびに痛みが生じるため、肩をあまり動かせなくなってしまいますが、長い間肩を動かさないでいると、肩関節の周囲の組織(筋肉など)が癒着してしまい、動かそうとしても別の原因でさらに動かせなくなってしまうこともあるので要注意

セフルキリで温めてストレッチ 可動域を少しずつ大きくしたいですね
温めるとよいマルマポイントを調べてみましたので参考になさってください

デビットフローリー著 アーユルヴェーダとマルマ療法 ガイアブックス参照
25591888_1571323022947484_6694297718469189695_n[2]
上腕動・静脈 腋窩腺群につながるリンパ管 正中神経 上腕動 静脈
静脈には通りをよくするアーユルKを刷り込むように塗布して、円を描くようにキリマッサージ
リンパの循環を良くするのにはこのマルマ領域を温めながらマッサージが有効
25552236_1571323039614149_2183674119472091512_n[1]
腋窩動・静脈 腋窩腺群につながるリンパ管 正中および尺骨神経。
広背筋、大小胸筋 烏口腕筋、肩甲下筋
リンパ管の流れを良くして筋肉の緊張を和らげる効果あり
アーユルKやAを擦り込んで
キリでじっくりと熱を入れこんでください
25660277_1571356692944117_1653011255540115842_n[1]
神経系、腕への神経の流れ,ヴィ―ナ・ヴァーユ(腕への末梢循環)を制御
鎖骨下動・静脈。腋窩リンパ腺につながる排液管。腕神経 大胸筋、二頭筋
アーユルK、Aを擦りこみ キリで熱を入れ込みほぐす
肩、背中、首の筋肉や神経の緊張がほぐれます

25508147_1571334512946335_8555719271530372542_n[1]
筋肉系、肩、体の姿勢、ヴィヤーナ・ヴァ―タ(外向きの風)を制御
肋間筋および大小胸筋。正中神経。腋窩腺群につながるリンパ管。腋窩動・静脈
腕が動かなくなり、下方及び前方に引けなくなり、肩関節が下がらなくなる
神経が傷つくと手の麻痺 筋肉の衰え、または感染症が起きるおそれあり
筋肉系はAオイル、痛みを伴うならVオイルを擦りこんでマッサージし、キリの熱をじっくりと入れ込むことによって筋肉の緊張を和らげる 
ヴァ―タの増大による肩こりに有効

26047075_1571334492946337_7949660013139508691_n[1]
肩甲下動・静脈。肩甲下腋窩リンパ腺につながる排液管。
肩甲上神経、腋窩神経
アーユルAやVを刷り込むように塗布して円を描くように強めの圧でキリマッサージ
指圧すると肩、背中、心臓の緊張とストレス緩和できる
身体の反対側への処置を合わせるとより効果的
有痛性肩拘縮症や腕の筋肉の萎縮を治療するのにはこのマルマの人指内側のポイントに鍼を打つと有効だそうです

全身アビアンガ&キリの施術

P1180153
佐藤さんとのたった1度の施術で嘘みたいに痛みがないと驚かれておりました
キリはつらい痛みにも効果的

まずご自宅で実践したい方、こちらをどうぞ

P1350674
P1350516
キリスターターセット 3300円 税込3564円
キリ約60g×2個
キリ用オイル 80ml×1本
晒綿布×2枚(キリを包みかえたり、鍋に被せたり、体のオイルを拭いたりできます)
キリのセルフケア方法について実施方法や体の覚書シートなど入っています 
使用方法やそのほかのセルフケアアイテムなどこちらをご確認ください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/52644450.html

全身アビアンガ
&キリ
全身オイルマッサージ 

温熱リラクゼーション
P1370462
背骨に熱を伝えて、気の通りが良くなる 
通常 60分13000円の全身アビアンガとキリの施術
90分 13000円 
発汗セラピー60分 1万円
その他、フェイシャルやカティバステなどオプションあり
詳しくはお問合せください
効果効能のあるハーブオイルと丁寧に手作りするキリを使ってのこの価格は破格値です
施術と合わせて、体調に合わせた、ご自宅でのキリのセルフケアの方法も丁寧にご伝授します 

顧客様の経過に基づいて、今後集中的に改善したい方
どこか痛みがある ダルさがとれない方のために作った集中ケアもおススメです

一か月集中ケア 90分の施術 3回で26000円(つまり1回分無償)
お支払いは1回目  
四十肩、五十肩 集中して改善できたら、あとはセルフケアと1か月に1回のケアで十分です
インドでは最低でも1週間から10日の施術が 必要とされるアーユルヴェーダの施術
集中的にケアして、改善されたい方、まずご相談くださいませ
集中ケアを受けていただく方にはセルフケア用としてアーユルヴェーダオイルをお買い求めいただきます
オイル代金プラス3000円 


P1370891
いい汗をかいて、体の改善
ご自宅でのセルフケアと1か月に一度の身体の調整 ぜひご利用ください
背中をキリで温めて、ぐっすり眠れるように、
就寝前にお薬頼っておられる方、ぜひキリの温かさ体感して深い眠りの心地よさ思い出してください


アーユルヴェーダの施術をともに学んだ佐藤さんとのアビアンガキリ

年明け

15:30 17:30 2枠 承れます

来年度から共に学んだフェイシャルの専門家 向井さん、ヨガのインストラクターでもある長谷川さんとも協働による施術サービスやヨガやヘナのワークショップも開催する予定です
また改めてご案内します
どうぞお楽しみに~


向井さんのHP
https://sanar-23.amebaownd.com/

長谷川さんのサロンのブログ

http://ameblo.jp/ayur-2014/

22519472_1509431609136626_6152522647802481125_n
セルフケアの重要性 すべてのバランスです
内治 
手作り乳酸菌ヨーグルトや酵素ジュース作り 腸がきれいになり、全身にわたる血液もきれいになる
外治 
ヘナ&キリのセルフケア オイルケア 
不内外治 ヨガ 来年はキリを使用したキリヨガもご案内する予定です
ヨガ実践される皆様にキリが口コミでじわじわ広まっています
オイルを塗布してキリをしてからのヨガが素晴らしいパフォーマンスになる
多くのヨガファンに使っていただくようになり、また情報を集めて実践方法についてご案内したいと考えています


生活習慣 食習慣の見直しで毎日が快適になる
いつも極上のリラックスタイムを堪能いただきたいと考えています
塗布までできて 安心してアーユルヴェーダヘナに取り組んでいただけます
初めての方も、長らくご利用頂いている皆様も、そしてサロン経営されていてアーユルヴェーダヘナに興味のある方も、各自にあったメニューをお知らせします

ピクチャ 24
sanakuboでは安心してヘナケアさらにはキリのセフルケアができるようにいつでもご案内が可能です

講習会や体験会、施術について

また、商品について
不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい
キリやヘナのセルフケアに必要なアイテムはすべてお取り扱いしています

  

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ