Keiko Kubo

暮らしをアートしよう! ナチュラルエイジングの為のライフスタイル

昨日恵比寿にある書房(寺子屋ブッタ)で行われた東西医学融合の第一人者 上馬場先生の講義を受けてきました

私自身 人生後半戦の テーマに掲げている
66639445_2333539556725823_8803855265062453248_n
アーユルヴェーダにおける健康の定義について
64623661_2333539486725830_3244422573185826816_n

全ての人の内奥に在る生き方と死に方の智慧
全ての方がそれ(今幸せだということ 生きていること)に気付けばいいだけ

生活の仕方も自然を味方につけて、心地よく過ごす智慧をつけるとなおさらいいね
67219919_2333539690059143_5615872663839834112_n
それは一日でも季節によっても年齢によっても変化してくる
自然のサイクル

66832989_2333539666725812_9112111871124570112_n

今年の梅雨は本当に手ごわい 頭が痛くなったり、身体の冷えになやまされたり、心が沈んだりしていませんか?
66698753_2333539800059132_9049666194851758080_n
気圧が下がって 交感神経も乱れ、頭痛に悩まされたり、心が乱れたり
気象病ともいわれるらしい
辛い症状に見舞われておられたら、どうぞ全身にハーブオイル&キリの温熱リラクゼーションにいらしてくださいませ

全身アビアンガ&キリ

全身オイルマッサージ  
温熱リラクゼーション
P1370462
背骨に熱を伝えて、気の通りが良くなる 全身のお掃除
自らで排出できない疲れに有効です

66578782_2333539696725809_1950072348187033600_n

こういった自らの体質と自然のシステムを知って対処することの大切さ
67338804_2333539813392464_6849388954878214144_n
自らの消化力に応じた バランスの良い食事 代謝して排泄する大事さ
より活力を増すための運動の意味
それらは身体のなかで すべて繋がっています
67342700_2333539683392477_5138714329968803840_n

よくこのサプリメント飲んどけば元気になるとかCMなどで言われてるけど
そんなことが本当なハズはない
高齢になったら より身体が乾燥するから、外側からオイル塗って楽になった方がいいですよね
よりスロータス(管)の流れもよくなるし

私自身この 内治 外治 不内外治 について今後もさらに深めて考えていきたい


セルフケアの重要性は すべてのバランス
内治 
オジャス(生命力)いっぱいの食
バランスの取れた食(玄米+モリンガご飯や 豆と野菜のパンケーキ)や酵素づくり
腸がきれいになり、全身にわたる血液も栄養満点になる


外治 
身体へのオイルやヘナやキリでのケア 
毛細血管に働いて栄養いっぱいの血を細胞に送り、老廃物を回収しやすくする  
血管や管のとおりがよくなり、その結果自己免疫力アップする


不内外治 呼吸法 
ヨガ 
筋肉が活性化してずっと循環している状態をつくる



67085686_2333539563392489_3838143871338938368_n
生命の木の幹は いろんな要素 枝、葉に支えられてよりたくましくなる
66598963_2333539623392483_1171755717883854848_n

東西医学融合は自らの身体の中で、生命活動の法則のもと 統合されていますね
これだけが真実 これだけがスゴイ 私は経験や知識があるから、ではなく、誰でも平等、体感と実践が何よりも大事だと思います

先生から渡された資料より、2018年に百寿者は7万人、そのうち20%が100歳生きてもいまなお元気な方 上のような難しげなこと 勉強したわけではないですよね
アーユルヴェーダなんて聞いたこともないかもしれません
内側にある生き方や死に方の智慧に直感的に気づいておられる方
だと考えられる
つまり、サンスクリット語を知らなくても、我々の内なる智慧を学ぶことはできるハズ

そのように考えると、江戸時代、地域の名士の人達は、ある意味で生命の科学アーユルヴェーダの存在に気付いて、それを代々子孫に受け継ぐ活動を 
寺子屋 で実践されていたのだと思われます
66959787_2333539910059121_4032904192782761984_n
生と死についても 物質的な身体と自らの意識とエネルギーの関係
いつもスムーズにエネルギー流していたいですね
電池切れそうになったら、瞑想して補給してくださいね
イキイキと幸せ感に包まれながら
身体は単なる入れ物です
生と死についても視点がかわり 生も死も共にある 

このような教育 サットバ(知性にもとづく)を富ます教育はそもそも寺子屋で江戸時代には幼いころから身についていたのかもしれない
今は受験勉強で点数とらないといけないので 
生きる力 については教えてもらえるところがない
特に子供を育てたり、生活に関わりが少ないだろう男が弱い
今や引きこもりの方は全国に62万人おられるそうですが、実に7割は男性だそうです
人生のどこかで躓いてもやり直したらいいだけのことじゃないの?
どうやって、稼いで、食べてくの??
また、奥様に先立たれた男性は平均して5年しか寿命がないのに対して、女性は22年寿命あるそうだ
聴いて笑ってしまった
定年後 自立できていない旦那がそばにいることで不調を訴える女性も多い
今では立派な’夫源病’という病名までついているそうだ 
したがって卒婚も増えますね 

今後上馬場先生は具体的には子供食堂などの名目で神社仏閣教会に人を集めて、江戸時代の寺子屋教育システムをリバイバルして、通常の学校ではできない食育、徳育、愛育、知育、体育などを教える
寺子屋シャーラを作り上げていくことを目指されておられます
幅広く、老若男女を教育する場が戻れば、昨今の社会的問題や医療の倫理的&経済的問題などが、少しでも解決に向かうかもしれません
私自身もできることから始めています

キリ温熱リラクゼーションと 積極的にとる休息のヨガ リストラティブヨガは大変すばらしい相性
自らの身体と自然のシステムを知って対処することの大切さ学べます
ご要望もあり、8月4日ワークショップ開催します
寺子屋らしき お茶の間会 随時開催しています

キリ&ヨガ&アーユルヴェーダ食の融合

47375836_1988048564608259_788006557559291904_n
呼吸法、キリ、ヨガにて、ご家庭でヨガ&セルフケアが浸透し、自立して生活できる方が増えると本当に素晴らしい
心身ともに健康で、未病に対する認識が高まると考えられます 
に生きる智慧身に着けたいですね


興味のある方は下記にて詳細をご確認くださいませ
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/55547376.html

どうぞお早めに、お気軽にお問合せください

ご予約の方にお振込み先や場所をご案内させていただきます
ピクチャ 24
注:ワークショップに関わるお客様都合によるキャンセルポリシーについて
6日〜4日前迄:50%(半額をご返金致します)
3日前〜当日:100%(ご返金はございません)
定員になり次第、打ち切りますのでご了承ください

SANAKUBO 久保恵子 
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-10-34   
HP https://www.sanakubo.com/

講習会や体験会、施術について
また、商品について
不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さいませ
パンケーキ作りやキリのセルフケアに必要なアイテムもすべてお取り扱いしています

 
死に対する考え方もこれからますます多様化すると思われます 
講習にて提示された参考文献 気になったら、手にとってくださいませ

66838154_2333539476725831_8036819306232676352_n
66612600_2333539453392500_5475219356843507712_n
67174113_2333539506725828_6428311121387585536_n


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ