Keiko Kubo

暮らしをアートしよう! ナチュラルエイジングの為のライフスタイル

昨日、呼吸法&キリのワークショップ
今回かなり深い話が飛び交い、それこそ家族がお茶の間に集まり、プライベートレッスンさながらの温かいシャアリングができて本当に良かった
家族とともには話し合うことのない、自らの内側の様子
50年近く生きていればそれこそいろんなことがある
そんな痛みや疲れ、どうやったら、自らで癒していけるのか?
同年代だからこそ分かり合えることが、沢山あり、私自身も大変勉強になりました
68428370_2367484599997985_4869258089091563520_n
健やかに幸せに人生後半を生きていく術
それは繰り返す毎日の生活を大事に過ごしていくこと
忙しい毎日の中で、つい疎かにしがちなことこそ、本当は自分が一番に大事にしたいことかもしれない
それを大事に過ごしていない
目をつむり、耳を塞いでいるのかもしれない
大事に過ごせなくなってしまう つまり自分を見失ってしまっているかもしれない
間違った知性の使い方をしてしまう
そーならないように 
自分の乗り物である身体と心とマインド(真我)がきちんとつながるように
自然に即したシンプルな生き方 
まさしく生活習慣として身に着けたいですね


自然と調和ができなくなり、病になったり早々に老化することがないように、そのバランスが崩れている時になぜキリが有効なのか 
22492002_1509431445803309_3574587240090644857_n
人間が生きてく仕組み
息を吸って→吐いて→食べて→出す
とってもシンプル

呼吸し酸素たっぷり、血液により身体の隅々まで循環させ、栄養満点の食事により消化吸収
未消化物(アーマ)を身体に残さない
アーマは食だけではない、ストレスなど、心に溜まるアーマこそ厄介ですね
自然との調和を乱さないことが大事です


22519262_1509431399136647_3109386359097385105_n
血管やリンパや組織の上にある気の道のようなもの
アーユルヴェーダではナディ=プラーナの道 と言われていて
350000あるらしい
目にはみえない気の通り道

シヴァジャパンで学んだマルマポイントについてどんな作用をしているのか?
マルマ(ツボ)を適度な方法で刺激することで、スロータス(管、流れ)の異常を是正することができると言われています
これがインドにおける「経絡、経穴理論」と呼ばれる由縁
またマルマを刺激することで、アグニ(消化力)を正すことができるとか、チャクラを活性化できるということが言われています
つまり、触覚を介して、意識と生体(肉体)の交流を活発にさせ、生体バランス、特にヴァータ(健康の基本流れ、動き)のバランスを調整できると考えられています
19598644_1411808352232286_942013130117175044_n
なぜならマルマは肉体と意識の交流ポイントだからなのです
古代ヴェーダ時代には秘密のドット 神秘的なポイントと呼ばれていたそうです
ドアや通路のように、マルマポイントを活性化すると体も心も癒される
刺激することによって、身体、心、意識を癒すホルモンや神経化学物質など、必要なものを正確に届けるように身体に信号を送る
図りしれない深い次元からとらえると、精神的な治癒(アーユルヴェーダ的に言えば魂レベル)の可能性まで秘めているそうです
(輪廻転生を信じるなら、前世の痛みまで癒せるとも言われています)
17799930_1327719383974517_8242880397167916320_n
主には脊柱に点在してチャクラと呼ばれる その集合点
往々にしてこの大事なジャンクションは疲れて来たりすると邪気が溜まり、詰まってしまうことがあるらしい
このジャンクションはナディ―が集まってまた方向を変える密集点とも考えられています
つまり、体のすべての臓器をつなぐエネルギーフォース
ここが詰まると辛くなる
65465561_2308426735903772_1507235523180101632_n
昨日はこの本より特に身体の臓器や神経、内分泌に深く関与するチャクラを活性化する意味についても学びました
65765886_2308426729237106_7597023970906341376_n
身体は作用している多数のエネルギー場のうちでもっとも高密度なものだそうです
エネルギーの糸から複雑なネットワークを介して物質的な細胞構造に結び付けられている
微細なエネルギーがチャクラを通じて供給されているそうだ
65392215_2308426742570438_8012729328590651392_n
神経や臓器や内分泌に作用する
まさしく身体の調子を整え、循環しているエネルギーフォースが詰まらない状態にするために、キリはとってもいい仕事をしてくれます

細かな粉末状のキリの中にはたくさんのハーブが含まれていて身体の不調を改善します

身心ともに溜まってくる疲れの排出につながります
P1320415
まずはみんなできりづくり、ほとんど毎回参加されておられるH様
キリづくりもとってもお上手になりました
毎日キリを実践されておられるらしい
肩、腰、お腹 温めることで体調が良くなっていることを実感されておられます
I様は梅の酵素づくり会にも参加されておられたので、内側からの滋養も効果的
酵素づくりも相まって体調がすこぶるよくなったと体験をもとに今の状態への変化を語っていただきました

初参加の皆様も興味身心 
まず自らの手で自らのキリをつくることで、自らを労わる気も込めらるようです
66281256_2308424092570703_5918062486862430208_n
(写真は前回の様子)
67630792_2367484583331320_4416973276631269376_n
まずはセルフケア、どういった順番で実践することが有効なのか?
おうちで実践されておられる皆様も参考になさってください
①仙骨部分 お尻の上 ここが本当に冷えておられる方が多い ここが温まると全身整います
②脇腹 この時わき腹から太ももの側面 あたりまで温め緩めると有効です
③下腹 ここに最終的に身体の要らないもの集まってくる 全部排出したいですね
④ウエスト上下に流す
⑤みぞおち 胸中心から肋骨にそって外側に流す
⑥胃のあたり、お腹中心を温める 時計回り
⑦お腹中央を挟み撃ち  お腹の皺を見て つまり(痛み)があったらピンポイントで

P1390998

私自身の昨年の夏の様子 
身体をねじってどこに皺ができるか、確認しそこをキリで温めるだけ

指先に私の背中の反応点 ここがとても痛い
そこを揉んだり つまんだり、そしてキリで温めたりするうちに緩むそして痛くなくなる
そしたらまた違うところに皺ができる そこも同様にして温める 

自らのお腹がどうなっているのか捩じってみたり、うつむいてチェックしてみてください
身体に浮き輪ついてませんか
うつむいて ゾッとされた方 こうなっているようです

キリの実践で、ここでいう虚がなくなり引き締まっていく お腹に嬉しくなります
37296577_1798709806875470_4892285534774231040_n
反応点が身体の皺となって(浮き輪と浮き輪の溝)の先に現れる
ここが気の流れ、血の流れ、水の流れをせき止めて 
どんどん浮き輪が大きくなる
このお腹健康法を教えてくださった高知の石井先生はこのシワが境界線になって
気 ヴァ―タ
血 ピッタ
水 カファ
ととらえて、その流れ(気、血、水)をせき止めているのではないかと考えておられる
私もその考え方とても頭が整理できて、ナルホド と思いました
先月のお腹キリ講座でもお知らせしたとおりです
そもそもは流れていかなければならないのに流れなくなってしまって、自らの身体に要らないもの(毒素 アーマ 老廃物)が排出されずにどんどんまとわりつく
その’要らないもの’の境界線に気づいて のけぞる痛み
でもここをさすったり、なでたりするだけで緩み 流れ始める

P1390999
昨年の私のお腹の皺 こうなっていました 反応点は✖印 ここが痛い
皺の先に反応点が出てくる
これなくしておかないとまた浮き輪ができちゃうよ~

とっても簡単ですよ じぶんの身体の反応点やハリは自らだからこそよくわかる
脚だってキリしたら軽くなる 内臓もおんなじです
内臓についてる浮腫みや要らない水分 排出したい
動きだって良くなるに違いないと体感してみて納得されます

また、夏でもお腹まわり、腰回り冷えておられる方が本当に多いです
お腹の冷えが
ひどくなると疲労感、不眠、イライラ、集中力の欠如、偏頭痛、肩こり、食欲不振、目の下のクマなど、さまざまな症状となって現れてくるそうです

自らお腹のキリをすると本当にお腹軽くなり、心も軽くなる
そしてヤル気満々になりますよ 

さらにはこんな情報をセラピスト仲間より頂戴しました 
仙骨を温めるとどんな効用があるのか?


仙骨が人体に及ぼす影響


下記のように「仙骨」が人体に与える影響は重大です。人間には、プラスチックやセラミックなどの人工物で代用できない骨が二つあります。

それが「蝶形骨(頭蓋骨を構成している骨のひとつ)」と「仙骨」です。
そして、この二つの骨を繋いでいる形で脊椎が存在しています。蝶形骨を簡単に説明すると、全身のホルモンのバランスをつかさどっている器官である脳下垂体をその上に乗せている骨です。
つまり、蝶形骨は、ホルモンのバランスにも密接に関わってきます。
first10
この「仙骨-脊椎-蝶形骨」の関係をわかりやすくたとえると、「皿回し」のような関係です。
曲芸師の手元(仙骨)が正しく動いているときはお皿(蝶形骨)も正常な状態ですが、その動きに歪みが生じるとホルモンのバランスも崩れてしまいます。
また、多くの治療家は背骨をまっすぐにすれば、神経が正され、病気は治ると信じていますが、これは、それぞれの機能を理解しないために起きた大きな誤りです。
なぜなら、脊椎は単に神経の通路ではなく、生命の源である仙骨バイブレーションを全身に伝える回路として、大きな働きを担っているところなのです。
そして神経の役目とは、バイブレーションの低下した箇所を感知して、痛みやカユミ、シビレとして脳にサインを送ることにあるからです。
神経が病気を良くすることはありません。
仙骨バイブレーションというエネルギーが、あなたを快適で不自由のない日常へ導いてくれるのです。

蝶形骨、仙骨、踵(キビス)から全身のバイブレーションが整ってゆくと、60兆の細胞が元気になり、ものごとのありのままを見て、より自然な生き方を選ぶようになってきます。

ハートにはあたたかさがあふれ、自分の本質にあったエネルギー(身体、感情、お金)の使い方を選択し、すべてが自然にできるようになってくるのです。

そして個々のイノチに起こる現象は、自然界と共振し、地球にも宇宙にも、その喜びの波動が響いていくのです。

それは人生にあらわれる人間関係にも影響し、自分に合った環境で、自分らしく生きるしあわせにもつながっていくでしょう。

興味のある方、詳しくはこちらで確認してください
http://san-sen.com/archives/4681?fbclid=IwAR03A7E5niUhvVB-34AWX03hQpGiRysj9so289WtQdf7ai457_qEYFrHc70


また、更年期障害や子宮下垂 膀胱下垂 尿漏れ などの予防に効果的な膣のケアについて
ワークショップで使用したハーブオイルが効果的
興味のある方、詳しくはこちらで確認してください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/55652757.html


自分を乗せる乗り物=身体は人生後半にあちこち不具合が出てくるもの
ポンコツにならないようにメンテが大事ですよね
セルフメンテ方法がわかったら、自らで実践しづらい背中のキリ をお互いに温め合いました
67979457_2367484589997986_852371577407275008_n
温かいキリとハーブオイルの関係を理解して
67881315_2367484603331318_7616792777656893440_n
贅沢に両サイドからじっくりと腰と背中全体を温める
人に実施する方法を習得したら、おうちに帰って大切な家族へ実践も容易になります
そして施術されると、どんな心地なのか、体感できる
皆様、夢見心地だったようです

身体整ったら。喉も渇き、お腹も空いてきた
栄養いっぱいの食事の重要性を理解

アーユルヴェーダでは食が7,8割といわれています 基本的な考え方はとてもシンプル

毎日の食を疎かに考えてはいけない だけど忙しい毎日、消化力弱くなってくる世代にどんな食が必要なのか?
これはコンビニを使うよりもコンビニエンスに過ごせるヒント
コンビニエンスをググったらこう出ました
好都合。便利。また、便利なもの。手間がいらない重宝なもの。
そう手間がいらない重宝なもの これは身に着けると自らの宝になり、家宝になります

なぜみんな甘いもの好きか?
すぐにエネルギーに変わるからですよね
でも身体を作ったり
酵素を作ったりはしない
大学で学んだ栄養学が今になってすごく為になります
84歳の姑のお腹が痩せてスッキリしてきたのもこの食の変化(酵素づくり、豆食中心)が大きいや顧客様の反応から再認識しています

大学で学んだ資料より
栄養素は、基本的には
「カラダを動かすエネルギーとなるもの」
「カラダを作るもの」
「カラダの調子を整えるもの」
の3つに分けられます。


3大栄養素はエネルギー源になりますが、中でもたんぱく質は、その全部に働きかけることが分かっています
特に、筋肉や爪・髪・内臓・血液・骨などを作る働きもありますので、成長期のお子様から、特に赤ちゃんを身ごもる妊婦さん(赤ちゃんはお腹にいるときに一生の酵素が決まるといわれています) 足腰弱るお年寄りまで本当に大事


このような働きをする 大学で学んだ資料より


簡単にできる豆食を食習慣にどうぞ
美味しい豆をいつでも提供できるように準備しています

http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/55261102.html


67580040_2367484686664643_3590834075272740864_n
皆様で豆や野菜をスパイスで食す
スパイスによって味覚を刺激し、臭覚まで作用する  
スパイスがアロマ 満腹感にもつながります
67830279_2367557956657316_5779680663514906624_n
昨夜から昆布と原木椎茸で出汁をとって 昨日は冷やし蕎麦
67693077_2367484699997975_2614692359417364480_n
かき揚げのように、ベサンのパンケーキを乗せてエスニック風 
67799573_2367484693331309_8110078541925711872_n
チャツネと共に食べたら、エスニック風ヌードルになりますね
67634967_2367557969990648_2998166362662109184_n
昨日のチャツネはセロリ、春菊、小松菜、ヤマ芋 ニンニクが効きます
熱い季節 冷たい蕎麦以外でも 素麺、うどん パスタ いろんなアレンジが効きます
パスタだったらトマトのチャツネもいいですね
アンチョビなど入れても美味しいですよ

お腹がいっぱいになったら一休みしたくなります
ランチから参加くださった鈴江先生のレクチャーは午前中につながるお話がいっぱいでした
68428903_2367484673331311_7863605186445443072_n
自分と繋がる為に呼吸が作用する
リストラクティブヨガ で疲れている身体と心 一休みする大切さ
67770528_2367484799997965_4056865729427800064_n
楽なポーズで5分から20分 鈴江先生に補強してもらいながらのヨガ
67715510_2367484793331299_1624835120768745472_n
私はまるで催眠術にかけられたかと思いました
15分同じポーズ 気を失った それが5分なのか 10分なのか、一晩寝たのかわからないくらい
皆さん撃沈 でした
忙しい毎日、疲れています
心と身体が乖離して眠れない方も多い
67615674_2367484816664630_6770824816099328000_n
私は鈴江先生にこのヨガを教えてもらい、毎晩瞬間睡眠に導かれています
暑い毎日快眠するための呼吸法とっても有用だと痛感しています

自らの消化力に応じた バランスの良い食事 代謝して排泄する大事さ
より活力を増すための運動の意味
それらは身体のなかで すべて繋がっています
67342700_2333539683392477_5138714329968803840_n
セルフケアの重要性は すべてのバランス
内治 
オジャス(生命力)いっぱいの食
バランスの取れた食(玄米+モリンガご飯や 豆と野菜のパンケーキ)や酵素づくり
腸がきれいになり、全身にわたる血液も栄養満点になる


外治 
身体へのオイルやヘナやキリでのケア 
毛細血管に働いて栄養いっぱいの血を細胞に送り、老廃物を回収しやすくする  
血管や管のとおりがよくなり、その結果自己免疫力アップする


不内外治 呼吸法 
ヨガ 
筋肉が活性化してずっと循環している状態をつくる


キリ温熱リラクゼーションと 積極的にとる休息のヨガ リストラティブヨガは大変すばらしい相性
自らの身体と自然のシステムを知って対処することの大切さ学べます
次回開催が確定したらまたお知らせします

キリ&ヨガ&アーユルヴェーダ食の融合
47375836_1988048564608259_788006557559291904_n
呼吸法、キリ、ヨガにて、ご家庭でヨガ&セルフケアが浸透し、自立して生活できる方が増えると本当に素晴らしい
心身ともに健康で、未病に対する認識が高まると考えられます 
に生きる智慧身に着けたいですね

鈴江先生は呼吸法と歩き方の専門家 9月には歩き方についてレクチャーしていただくことが決まっています
9月22日(日)開催決定
興味ある方はどうぞお気軽にお問合せください

開催内容の詳細についてはまた改めてご案内させていただきます

お茶の間会はsanakuboにて今後も随時開催していく予定です
気になる方もお問合せください

ピクチャ 24

SANAKUBO 久保恵子 
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-10-34   
HP https://www.sanakubo.com/

講習会や体験会、施術について
また、商品について
不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さいませ
パンケーキ作りやキリのセルフケアに必要なアイテムもすべてお取り扱いしています

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ