Keiko Kubo

カテゴリ : ┠ZIGMA HERBAL REMEDIES

昨日恵比寿にある書房(寺子屋ブッタ)で行われた東西医学融合の第一人者 上馬場先生の講義を受けてきました

私自身 人生後半戦の テーマに掲げている
66639445_2333539556725823_8803855265062453248_n
アーユルヴェーダにおける健康の定義について
64623661_2333539486725830_3244422573185826816_n

全ての人の内奥に在る生き方と死に方の智慧
全ての方がそれ(今幸せだということ 生きていること)に気付けばいいだけ

生活の仕方も自然を味方につけて、心地よく過ごす智慧をつけるとなおさらいいね
67219919_2333539690059143_5615872663839834112_n
それは一日でも季節によっても年齢によっても変化してくる
自然のサイクル

66832989_2333539666725812_9112111871124570112_n

今年の梅雨は本当に手ごわい 頭が痛くなったり、身体の冷えになやまされたり、心が沈んだりしていませんか?
66698753_2333539800059132_9049666194851758080_n
気圧が下がって 交感神経も乱れ、頭痛に悩まされたり、心が乱れたり
気象病ともいわれるらしい
辛い症状に見舞われておられたら、どうぞ全身にハーブオイル&キリの温熱リラクゼーションにいらしてくださいませ

全身アビアンガ&キリ

全身オイルマッサージ  
温熱リラクゼーション
P1370462
背骨に熱を伝えて、気の通りが良くなる 全身のお掃除
自らで排出できない疲れに有効です

66578782_2333539696725809_1950072348187033600_n

こういった自らの体質と自然のシステムを知って対処することの大切さ
67338804_2333539813392464_6849388954878214144_n
自らの消化力に応じた バランスの良い食事 代謝して排泄する大事さ
より活力を増すための運動の意味
それらは身体のなかで すべて繋がっています
67342700_2333539683392477_5138714329968803840_n

よくこのサプリメント飲んどけば元気になるとかCMなどで言われてるけど
そんなことが本当なハズはない
高齢になったら より身体が乾燥するから、外側からオイル塗って楽になった方がいいですよね
よりスロータス(管)の流れもよくなるし

私自身この 内治 外治 不内外治 について今後もさらに深めて考えていきたい


セルフケアの重要性は すべてのバランス
内治 
オジャス(生命力)いっぱいの食
バランスの取れた食(玄米+モリンガご飯や 豆と野菜のパンケーキ)や酵素づくり
腸がきれいになり、全身にわたる血液も栄養満点になる


外治 
身体へのオイルやヘナやキリでのケア 
毛細血管に働いて栄養いっぱいの血を細胞に送り、老廃物を回収しやすくする  
血管や管のとおりがよくなり、その結果自己免疫力アップする


不内外治 呼吸法 
ヨガ 
筋肉が活性化してずっと循環している状態をつくる



67085686_2333539563392489_3838143871338938368_n
生命の木の幹は いろんな要素 枝、葉に支えられてよりたくましくなる
66598963_2333539623392483_1171755717883854848_n

東西医学融合は自らの身体の中で、生命活動の法則のもと 統合されていますね
これだけが真実 これだけがスゴイ 私は経験や知識があるから、ではなく、誰でも平等、体感と実践が何よりも大事だと思います

先生から渡された資料より、2018年に百寿者は7万人、そのうち20%が100歳生きてもいまなお元気な方 上のような難しげなこと 勉強したわけではないですよね
アーユルヴェーダなんて聞いたこともないかもしれません
内側にある生き方や死に方の智慧に直感的に気づいておられる方
だと考えられる
つまり、サンスクリット語を知らなくても、我々の内なる智慧を学ぶことはできるハズ

そのように考えると、江戸時代、地域の名士の人達は、ある意味で生命の科学アーユルヴェーダの存在に気付いて、それを代々子孫に受け継ぐ活動を 
寺子屋 で実践されていたのだと思われます
66959787_2333539910059121_4032904192782761984_n
生と死についても 物質的な身体と自らの意識とエネルギーの関係
いつもスムーズにエネルギー流していたいですね
電池切れそうになったら、瞑想して補給してくださいね
イキイキと幸せ感に包まれながら
身体は単なる入れ物です
生と死についても視点がかわり 生も死も共にある 

このような教育 サットバ(知性にもとづく)を富ます教育はそもそも寺子屋で江戸時代には幼いころから身についていたのかもしれない
今は受験勉強で点数とらないといけないので 
生きる力 については教えてもらえるところがない
特に子供を育てたり、生活に関わりが少ないだろう男が弱い
今や引きこもりの方は全国に62万人おられるそうですが、実に7割は男性だそうです
人生のどこかで躓いてもやり直したらいいだけのことじゃないの?
どうやって、稼いで、食べてくの??
また、奥様に先立たれた男性は平均して5年しか寿命がないのに対して、女性は22年寿命あるそうだ
聴いて笑ってしまった
定年後 自立できていない旦那がそばにいることで不調を訴える女性も多い
今では立派な’夫源病’という病名までついているそうだ 
したがって卒婚も増えますね 

今後上馬場先生は具体的には子供食堂などの名目で神社仏閣教会に人を集めて、江戸時代の寺子屋教育システムをリバイバルして、通常の学校ではできない食育、徳育、愛育、知育、体育などを教える
寺子屋シャーラを作り上げていくことを目指されておられます
幅広く、老若男女を教育する場が戻れば、昨今の社会的問題や医療の倫理的&経済的問題などが、少しでも解決に向かうかもしれません
私自身もできることから始めています

キリ温熱リラクゼーションと 積極的にとる休息のヨガ リストラティブヨガは大変すばらしい相性
自らの身体と自然のシステムを知って対処することの大切さ学べます
ご要望もあり、8月4日ワークショップ開催します
寺子屋らしき お茶の間会 随時開催しています

キリ&ヨガ&アーユルヴェーダ食の融合

47375836_1988048564608259_788006557559291904_n
呼吸法、キリ、ヨガにて、ご家庭でヨガ&セルフケアが浸透し、自立して生活できる方が増えると本当に素晴らしい
心身ともに健康で、未病に対する認識が高まると考えられます 
に生きる智慧身に着けたいですね


興味のある方は下記にて詳細をご確認くださいませ
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/55547376.html

どうぞお早めに、お気軽にお問合せください

ご予約の方にお振込み先や場所をご案内させていただきます
ピクチャ 24
注:ワークショップに関わるお客様都合によるキャンセルポリシーについて
6日〜4日前迄:50%(半額をご返金致します)
3日前〜当日:100%(ご返金はございません)
定員になり次第、打ち切りますのでご了承ください

SANAKUBO 久保恵子 
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-10-34   
HP https://www.sanakubo.com/

講習会や体験会、施術について
また、商品について
不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さいませ
パンケーキ作りやキリのセルフケアに必要なアイテムもすべてお取り扱いしています

 
死に対する考え方もこれからますます多様化すると思われます 
講習にて提示された参考文献 気になったら、手にとってくださいませ

66838154_2333539476725831_8036819306232676352_n
66612600_2333539453392500_5475219356843507712_n
67174113_2333539506725828_6428311121387585536_n


50505652_2058003747612740_8645943027124142080_n
今から読もうとしているこの本はとても分厚い
50313600_2058003797612735_8684975080024834048_n
本の背面にはこう書いてある
これが初版されたのは私が大学を卒業して、働き始めた1990年
あれからもう29年!
29年前からさらに健康観は変化を遂げ、健康に暮らしていくために自分自身の健康に対して責任を持つべき意識はさらにさらに高まっていると感じられる
未病対策は本当に自己責任

今朝パラパラと開いたページに目が留まった
207P引用
50151350_2058003780946070_6861032718591852544_n
私がまさにフリーで働くきっかけになったのは、母が奥伊予で実践していたヘナ会
月に1度おばあちゃんたちが母の茶の間に集まって、ヘナをし合い、得意技で1日楽しんでいた
料理が上手な人はご飯を作り、編み物上手な人は編み物を教え、運動好きはストレッチの仕方を教える
そうして一日過ごし、頭髪綺麗になって帰るみたいな
高齢で他界される仲間も多くなり、生前に’喜久さん(母喜久子)とこに来ることだけが楽しみじゃった’といわれることもあったそう
私はそのコミュニティーの作り方は本当に秀逸だと感じたのです

農作物のヘナは地中奥まで根を張ってミネラルいっぱいに育ちます 
写真セルフキリ他
生きてる元気なヘナが繋ぐ縁は本当に不思議だなぁ と最近つくづく感じることがあります
コミュニティーって別に集まる必要さえない
例えばこの元気な生きてるヘナを使い始めた人とは
頭が息を始めることを体感として、その素晴らしさを共有できる気がしています

49203353_2690955030929587_2823911155687227392_n
不思議ですけどヘナは自然に広まっていく
ヘナを使った方の頭髪が広告塔になり、コミュニティー広がるような感じで
ついにはヘナを使っておられる方の頭髪があまりに豊かで健康的なので、美容室からご依頼までくるようになりました
本当に有難い限りです

また同様にセルフキリも同じ感覚で広がる
33766983_1730998240313294_5771979920297164800_n
キリパウダー業務用のラベルには南インドジグマハーバルより 
自然の母からの恵みを届けたい気持ちが込められています

ジグマ・ハーバルレメディーズはタミルナドゥ州で250人の従業員を抱える毎日フル稼働のシッダ薬工場
こちらからキリパウダーは届けられています




南インドで代々続いたシッダ医学のジグマはまじめなアーユルヴェーダの工場



身体にキリでご自身に愛情を注げば、体はものすごい変化を魅せます

P1320403
さらにはキリヨガにまで発展を遂げた
これは一人のヨガ愛好家の方が、キリした後のヨガが素晴らしいのコメントからでした

44926434_1940649982681451_3567145827396747264_n
自らの身体の不思議を体感できると繋がっている気がしています
P1380124
42418642_1897066720373111_6958028164060676096_n
いのちのころも さんとの出会いも不思議な縁
身に着けて元気になる服 染めの原料は自然のハーブ 口に含んでも大丈夫なんです

キリが作られているのも南インドタミルナドゥ 


オーナーのブログで興味身心な投稿を見て胸の奥でキュンと鳴った

 

ニコ「アーユルヴェーダって、ケララ州で盛んだし

 

アーユルヴェーダ染めに使うスパイスだって、

 

水だってケララ州の方がたくさんあるのに

 

なんで、こんな人の少ない村の村の中。

 

タミルナードゥ州で

 

この工房をするのはどうして?」



シッダ医学を知っているか?

 


ーー南インドの伝統医学よりーー

そのシッダ医学の根本について私もこれからさらに、さらに、深く学んでいくことになるなぁと予感しています

気になる方は、別名オーナーのブログを参照してください

https://ameblo.jp/inochinocoromo/entry-12431299698.html?fbclid=IwAR1I79TV-j6B4BDFmfwFFONKFYfJCwtY1Lyv_N5ZON94xreS-p86Yx5ZcWc

14316833_1123509477728843_9101934274106816132_n
また奥伊予の稲木米を食してくださる皆様ともつながっているなぁと感じています
’同じ釜の飯を食う’ではないですが、
本当に美味しいご飯を毎日食べて感動する気持ちが一緒
今日も頑張ろうって元気になれる
稲木米本日20日予約締切の方 お届けは23日です
詳しくは下記をご確認ください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/cat_1311046.html

ナチュラルエイジング 自然に年を重ねて幸せに過ごせるように
自立して、自分の健康に責任を持つ術を身につけるために
日々の生活に役立つ情報をこれからもお届けしたいと感じています
できるだけ自然にバランスをとって生きていたいですね 

アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい
自分らしい生活に必須アイテムばかり

キリやヘナのセルフケアに必要なアイテム、いのちのころもさんの薬布などもお取り扱いしています


http://ayure.jp/

49092805_2686849488006808_5895694769631264768_n

49204925_2686792444679179_144984888888524800_n

平成最後の年が皆様にとって、健やかな良い年となりますように
今年もどうぞよろしくお願いいたします

アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい

昨日いつも指導していただく、アーユルヴェーダ普及の第一人者、上馬場先生からXmasプレゼントのような情報が届いた
鍼灸の学会の講座の様子は専門的な要素が満載でしたが、家庭でもできるアーユルヴェーダの考え方がわかりやすく説明されていました
これからの超高齢化社会に望まれる 統合医療の考え方
48899250_2021396887940093_8624438585434570752_n
内なる自然治癒力を生かす医療を超える生命の科学
48410939_2021396904606758_2880754167381491712_n

私自身先生のこの内治、外治、不内外治という考え方にとても共感しています

アーユルヴェーダにハマっていった根幹はここにありました

日常生活に置き換えると
48914970_2021396981273417_1663478723942285312_n
49206238_2021396884606760_1699005907435782144_n

セルフケアの重要性は すべてのバランス
内治 
オジャス(生命力)いっぱいの食
バランスの良い食事
腸がきれいになり、全身にわたる血液も栄養満点になる


外治 
ヘナ&キリのセルフケア 身体や頭皮のオイルケア ヘナケア 
毛細血管に働いて栄養いっぱいの血を細胞に送り、老廃物を回収しやすくする  
血管や管のとおりがよくなり、その結果自己免疫力アップする


不内外治 
ヨガ 筋肉が活性化してずっと循環している状態をつくる
オイルを塗布してキリをしながらのヨガが素晴らしいパフォーマンスになる


繰り返す毎日に この3つの要素を考えて生活してみることの重要性
48423512_2021396901273425_3206353460542832640_n


48430355_2021397027940079_5506662335676153856_n


48955923_2021396994606749_317561468025307136_n
48408205_2021396991273416_882910079077056512_n


49255446_2021397074606741_3901540607989907456_n
いつまでも健康的でいたいなら、食べ過ぎない
自らの消化力に合うだけ食べる 消化しやすくするために空気が3分の1必要なのです

こんな実験もありました
48418275_2021397097940072_6591407341902495744_n

48412712_2021397094606739_1837419178533847040_n
腸内環境を整えるための酵素ジュースの必要性も
まず整腸して綺麗な栄養満点の血液をつくり、栄養を吸収できる環境づくりが大事ですね

49001792_2021397127940069_1786749078520987648_n
やはり外側からのマッサージはとても有効
経絡は全身につながっています
49133125_2021397161273399_7539197295737176064_n
つめへの指圧で実践してみてください
私も昨日これを見ながら、自身で実践して首の右回りの違和感が消えて、びっくり
またヘッドマッサージがいかに大事かもよくわかる
48416670_2021397177940064_2062938019937124352_n
頭部が緩めば、全身緩む 筋膜は全身につながっています
ヘアーブラッシングやオイルマッサージやヘナの効果も期待できますね
48412345_2021397184606730_7812444150195814400_n
また簡単にできるこんな足圧マッサージ
テレビ見ながらでもできるね
48407927_2021397174606731_1271591339326177280_n
夫婦円満の秘訣ともレジュメにあります

48412959_2021397274606721_1167128040946270208_n

48418472_2021397277940054_7942042396055830528_n
簡単なこんな運動
48424052_2021397264606722_2285782943550930944_n
ヨガや呼吸法の大事さ

講座の中ではキリの有用性にも触れられていました
高度な資格のいるテクニックも必要ですが、簡易に一般化していく道筋が探れる気がしました
実際にこのキリを手に取ってセルフケア初めておられる方がこの一年で本当に増えたことをとても嬉しく思っています
P1380124
セルフオイルマッサージ&キリもヨガとの併用でさらなる効果が期待できます
①オイルマッサージ で身体をまず緩める、温める習慣が身につく
②キリの実践で ほぐれる 管の通りがよくなり、流す準備ができる
③筋トレ(ヨガ)で筋肉が活性化してずっと流れる状態をつくる
④バランスよい食をしたくなる(自然に
⑤繰り返す毎日が楽しくなる

生活習慣の見直しで毎日が快適になる
アーユルヴェーダ的なアプローチ
忙しい毎日も、ちょっとした生活習慣を組み込めばもっと快適に過ごせることができるかもしれません

上馬場先生の講座は鍼灸資格者向けで専門的なお話ですが、統合医療について興味のある方はとても参考になると思われます
下記のYouTubeで詳細ご確認ください 1時間くらいありますので、お時間いい時にご確認くださいませ
https://youtu.be/Ytkkress-X8
ピクチャ 24
個人の自立を目指すセルフケア&ニーズに基づいたヘナ&キリ施術のご提案
食習慣改善のための酵素づくりのご提案
’生きる力’自ら守って健やかに
sanakuboでは安心してケアができるようにいつでもご案内が可能です

講習会や体験会、施術について、また、商品について

不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ



セルフケア方法が学べるキリヨガの詳細は下記をご確認ください

http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/54091319.html

セルフケア方法の習得のための講習会や体験会、
施術について、
また、商品について

不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ
HP https://www.sanakubo.com/


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい
キリヨガやヘナのセルフケアに必要なアイテムもすべてお取り扱いしています

 

46715753_1978695748876874_8743366895580741632_n
昨日ハリウッド大学院にて開催されたシンポジュウムに参加
多くの学びがあり、更なる興味、そして日々実践していく目的も明確になりました
46519601_1978695165543599_7035401862459162624_n
降矢先生のお話より統合医療の意味についての理解
46507274_1978695218876927_6980243620406231040_n
実にこれくらいの治療法があるそうである
付け加えられたのは森林セラピー

46628641_1978695688876880_4699577013696987136_n

46663200_1978695522210230_939781673778675712_n
養生の意味をよく理解して、各人と向き合う姿勢についての考え方
46855658_1978695182210264_943013383265845248_n
概略の理解 本当にわかりやすく導いていただいた
46526059_1978699565543159_4510310492295659520_n
御川先生の消化力とアーマ(毒素)についての科学的な根拠を挟みながらのレクチャーも本当にわかりやすかった
46510499_1978699198876529_7773190996673691648_n
いつも施術の折にもおすすめする白湯の効果
46523758_1978699748876474_4912298583430004736_n
解毒には何が有効なのか?
46513129_1978699658876483_2392413456658595840_n
健康や美肌に導かれる要因について、また折に触れてご紹介していきたいと思っています
46519087_1978705398875909_2897796984159076352_n
上馬場先生のお話にはいつも感動させられます
46505771_1978705208875928_5440398759894712320_n
もともと皆、自分が健康で幸せでいる方法を自らが知っている
ただ思い出せばいいだけ
46778415_1978705018875947_5019721715572277248_n


46514398_1978705218875927_1961498039231184896_n

46508684_1978705615542554_3442085154355412992_n
私自身先生のこの内治、外治、不内外治という考え方にとても共感しています
アーユルヴェーダにハマっていった根幹はここにありました

セルフケアの重要性は すべてのバランス
内治 
オジャス(生命力)いっぱいの食
腸がきれいになり、全身にわたる血液も栄養満点になる


外治 
ヘナ&キリのセルフケア 身体や頭皮のオイルケア ヘナケア 
毛細血管に働いて栄養いっぱいの血を細胞に送り、老廃物を回収しやすくする  
血管や管のとおりがよくなり、その結果自己免疫力アップする


不内外治 
ヨガ 筋肉が活性化してずっと循環している状態をつくる
オイルを塗布してキリをしながらのヨガが素晴らしいパフォーマンスになる
46629301_1978699842209798_5515561172906016768_n

アーユルヴェーダ的なアプローチ
忙しい毎日も、ちょっとした生活習慣を組み込めばもっと快適に過ごせることができるかもしれません

ご家庭でヨガやセルフケアが浸透し、自立して生活できる方が増えると本当に素晴らしい
心身ともに健康で、未病に対する認識が高まると考えています
46523554_1978704855542630_3235396961406287872_n

今までアンチエイジングという言葉をいつも使っていましたが生きること、老いることにアンチなどない
ナチュラルエイジング、そしてヘルシーエイジングについて今後とも切磋琢磨、学んで、生活していきたいと強く感じました

P1350710

早速、セルフケア方法が学べるキリヨガの詳細を下記にてご確認ください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/54091319.html

P1380124
セルフオイルマッサージ&キリもヨガとの併用でさらなる効果が期待できます
①オイルマッサージ で身体をまず緩める、温める習慣が身につく
②キリの実践で ほぐれる 管の通りがよくなり、流す準備ができる
③筋トレ(ヨガ)で筋肉が活性化してずっと流れる状態をつくる
④バランスよい食をしたくなる(自然に
⑤繰り返す毎日が楽しくなる

これがキリヨガの効果です
先月、埼玉でのキリヨガの様子はこちらからご確認ください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/54353126.html

今月末にワークショップも開催予定しています
11  
場所 JR目黒駅より徒歩2分
アーユルヴェーダランチ付き 5000円

〈スケジュール〉
10時~11時
 アーユルヴェーダ的生活習慣とヨガとの融合 
講師 アーユルヴェーダセラピスト 久保 
アーユルヴェーダの生活習慣 自然のサイクルについて 
温熱(キリ) KIZHI の効用について 
材料の理解 キリづくり 


11時~12:30時 
キリヨガ実践 変化する身体を楽しむ
キリヨガインストラクター Kaori.U 先生

13時:00~15時 アーユルヴェーダランチ 懇親会


そのままキリを自宅に持ち帰りたい方、
通常税込み3564円のキリスターターセットを2000円にて持ち帰れます

初めて参加される方には久保よりハーブオイル20MLプレゼント付き

以前参加された方は補填しますのでボトルを持参してください
33923523_1732025223543929_7906974774063005696_n
アーユルKを3分の1 白ごまオイル3分の2
アーユルK&ホワイトセサミオイル 
これでキリヨガを実践し、毎日の習慣にしていただこうと考えています

ヨガマット、バスタオル(オイル使用の為、マットが滑る可能性がありますバスタオルをヨガマットの上に敷いて実践をおススメします)、汗を拭くタオルなども持参してください
因みに服装ですが、トップスもパンツもゆったりめをお勧めします
キリやオイルを使用しますので、少しオイルがついても気にならない服装が理想です

ピクチャ 24
先着順にてご予約承ります 
キリを使用するヨガに興味がある方ならどなたでも参加可能です
ご自宅でのセルフケアにつながります

定員は20名
ランチ準備が必要な為、締切は11月26日です

キリヨガインストラクターを志す方は別途に概要についてご説明させていただきます
どうぞお早めに、お気軽にお問合せくださいませ
ご予約の方にお振込み先や場所をご案内させていただきます

注:キリヨガワークショップに関わるお客様都合によるキャンセルポリシーについて

6日〜4日前迄:50%(半額をご返金致します)
3日前〜当日:100%(ご返金はございません)
定員になり次第、打ち切りますのでご了承ください

SANAKUBO 久保恵子 
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-10-34   
HP https://www.sanakubo.com/

講習会や体験会、施術について
また、商品について
不明な点はなんなりとどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ


アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さいませ
キリのセルフケアに必要なアイテムもすべてお取り扱いしています

 


46516110_10216149155015108_8841716780461195264_n
同じ志の皆様と共に記念写真
今後ともどうぞよろしくお願いします

32693330_2241499585875136_6587120728317886464_n
本日、51回目の誕生日を迎えました
夜半すぎよりたくさんの皆様よりお祝いのメッセージをいただき、恐縮しています
ご縁ある皆様、心から感謝しています
ありがとうございます

日本人の寿命は100歳になるらしい
もし本当だとすれば、これからまさに人生後半
奥伊予に帰省するおりに、10冊近くこれからの時代の生き方に関連するような本を持ち帰り、その7割読破して、はっきりいってかなり暗澹たる想いになりました

簡単に100歳っていうけど、生易しくはありません
どう生きていったらいいか、各自に覚悟が必要です
医療の進歩や日本的なサービスで否応がなく生かされてしまいますから きっと
奥伊予の役所に勤めている弟はまさに限界集落、山の中にぽつりぽつりとひとりで暮らすご老人の暮らしぶりがどうか身をもって知り、待ったなしの状態について、その対応について本当に頑張っているな~とつくづくと感心した
昔思っていた役所勤めはいいな~(残業ないし)なんてとても言えない
たとえ都会に子供がいたとしても、都会に一緒に住めるのか?
介護はどうするのか?
痴呆が始まっていたら、一人にしておくこともできないし

私も今回、母の膝の手術に付き添ってみて、都会から地方の親を時々帰省しては介護している方の本当の気持ちがどんななのか思い知りました
簡単に’大変ですね~’と問いかけておりましたが、本当に大変なんです
多分、心理的にかなりやられます
それまで帰省したら美味しいご飯 とれたて野菜満載の上げ膳据え膳 
50になるまで、いつまでも帰省したら、いわゆる母の子どもでいられたのに、そんな訳にはいきませんよになる
病院でコンビニ弁当やパンなど食べてたら、本当に具合が悪くなりました
母の手術当日に目が腫れた モノモライ それもずっと治らない 
東京での疲れとそんなこんなの心労で自らで治せなくなってた気がします 
習慣になっていた感覚器官のオイル洗浄もしなかったし、ヨガも瞑想もできていなかった
東京に戻って生活習慣もとにもどり、眼科に行ってお薬ももらい、やっと昨日くらいから心身ともに自分らしさ取り戻せた気してます
薬局では10年ぶり(処方薬)ですねと言われて我ながら驚き
お薬手帳要りますか?と聞かれ、要りませんと即答
32741988_1718352251577893_8494749148828925952_n
日本にヨガを広めた第一人者の沖正弘著の本 持ち帰った本の中でも秀逸
この本はこれからいつも身近において何度も開く本になると確信しています
この本のP16あたりから少し引用させていただきます

ヨガでは「生命(いのち)は絶対に病気に冒されない。いつも人間は健康でいられる」と信じている
生命の働きは、健康を守り、維持し、回復することを繰り返しているのだから、人間は病気になるはずはない。病気は健康を守る生命の働きの現れである。
 しかも生きていることは、それだけで自然なこと。バランスの取れていることだ。野生の動物には、寿命があっても、人間のような不自然な病死はない。我々が患うということも、実は自分の生命力が不自然さをきらって、自然を取り戻そうとするバランス維持の働きだ、と思うべきだ。病気にかかったら、自分の不自然状態を教えてくれている生命の働きに感謝しよう
 ヨガは、このような人間が本来もっているバランス維持の力を最大限に高め、生活の中で実行する行法だ。バランスを心と体にわからせれば、人生はこれまでの数倍楽しいものになる


この本ではなく、何かで目にしましたが、出てこない出展がなにかわかりませんが
とある本で自らの消化力以上に食べる(過食)ことがもっとも悪い
余剰のエネルギーが病気をつくる 
とあり、ナルホドと思いました 
メタボがなぜ悪いかというとそういうことだ 
自らの体内バランス 消化できる分だけ食べる 
消化できる分が自らの新たな細胞になり、血や肉になる
余剰のエネルギーはできるだけ運動で使う 
それ以上食べ過ぎないことですね 未消化物を体に残すことがないように

いよいよ、人生後半戦
自分を救えるのは本当に自分しかいないな~と感じています
分かっていても食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまうのは自業自得
私自身好きな言葉に 因果応報 があります
自分が抱えている悩みをつくったのも、それを解決するのもすべて自分自身
自分の運命も健康も病気も、悟りや迷いも、幸福も不幸も鍵を握っているのは自分自身
だからこそ、できるだけ自然にバランスをとって生きていたいですね 

アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい
自分らしい生活に必須アイテム
キリやヘナのセルフケアに必要なアイテムはすべてお取り扱いしています


http://ayure.jp/

32934660_1717658554980596_144862087183597568_n
昨日、予定変わり、思いついて秩父まで 
パワースポット秩父神社でエネルギーチャージ
32668476_1717658664980585_834083804229402624_n
お元気猿に元気をもらい
32864711_1717658671647251_6679847315596902400_n
32722991_1717658641647254_3528939460483874816_n
32634501_1717658584980593_5838483593340387328_n
丘の上の旦那の母方のお墓参りにも行けました
32669000_1717658524980599_4725402849616330752_n
それにしても電動自転車は素晴らしいですね
あの坂の上のお墓まで無理と思っていましたが大丈夫でした
32658080_1717658321647286_5630129266613026816_n
大汗かいて行き着いた知る人ぞ知る ひらい の二八蕎麦
32832707_1717658281647290_1421577610256711680_n
最高でした
32645254_1717658354980616_1163084247632707584_n
田舎蕎麦にマイタケの天ぷら
32718489_1717658371647281_2848706238110236672_n
白だしに大根おろしで食べてもいいし ちょっと七味加えて食べても絶品
32629422_1717658388313946_170364297317187584_n
この二八蕎麦 汗かいて行ったかいがありました
蕎麦の風味感じて天然塩でいただきました
32452344_1717658431647275_5746756904512651264_n
32725594_1717658448313940_6703741477089968128_n
4時間近く自転車で上り下り 運動不足を実感した~
32804964_1717658698313915_8635059214923857920_n
ちょっと一風呂浴びて、のんびりして
良い運動&休養になりました

26815261_2072773879414375_5048361539438463804_n
多くの方が天然ヘナを正しい方法でお家ヘナしたり、熱いキリで自らやご家族にセルフケアが広まってきました
コツコツと継続してきて本当に良かったと感じています
私自身、お客様に予約していただいて、トリートメントすることも重要な仕事と考えていますが、何よりもお客様ご自身が ’生きる力’ をご自身で実感していただけるようになるといいなーと思っています
そんなこと当たり前なんですけれど 胆 のところで忘れがちになっていることも多い

南インドのジグマクリニックでは多くの患者さん全てがトリートメントを受けにくるのではないそうです
ハーブ薬をいただいて飲むだけでなく、キリの粉とオイルを購入して適当にハーブボールを作り、自分で熱して患部に当てたり、また処方されたオイルを塗ってマッサージし、熱いタオルで蒸したり、家庭でできることはドクターに習って、家族で行うのが当たり前だそうです
必要な時にはクリニックで部分にマッサージやイラ(葉)キリやプディ(粉)キリを行います
南インドではアーユルヴェーダはもっと身近な親しみやすい医学

家庭で行うことで良いことが沢山あります
続けて何日もできる
都合の良い時間帯で行える
お金がかからない
絆が生まれる
ハーブに対する感謝や畏敬の念が生まれる
健康に対する取り組みや考え方が変わる
自らの口にするものを考えるようになる
愛情が伝わる(自らの身体にも 心にも 家族にも)

現代は情報が簡単に得られ、また流れ、時間は昔よりずっと早く進んでいるように感じます
実は伝統の中にこそ揺るがない確実なものがあるように思えます

セフルケアは家庭で行えるリラクゼーションの提案です
これがアーユルヴェーダのもっともふさわしい場所であると感じています

南インドで代々続いたシッダ医学のジグマはまじめなアーユルヴェーダの工場


工場内にハーブ農園とクリニックが併設され毎日約200人の患者が訪れ、今日もきっと自らに必要なオイルやハーブを持ち帰っていることでしょう
処方されているオイルやハーブ 直輸入でお届けします

アーユルヴェーダ商品のお求めは便利なWEBショップをご利用下さい
キリやヘナのセルフケアに必要なアイテムはすべてお取り扱いしています

http://ayure.jp/

20108517_1813557458669353_3553857827258861187_n
以前、フェイスブックでの投稿で目にし、心に留まった言葉があります
インド独立の為に尽くされたガンジーの言葉

良きことはカタツムリのように
ゆっくり進む。

だから自分のためでなく
人々のために働く人は
いたずらに急がない。

なぜなら、人々が良きことを
受け入れるには、多くの時間が
必要なことを知っているからだ。

マハトマ・ガンジー 

サロンも店も持たず、広告も出さず、それでも少しずつ、少しずつ支持していただく方が増え、笑顔が広がる環境にいつも感謝しています
セルフケアするアーユルヴェーダヘナもキリも誰かにやってもらってすぐ改善するものではなく、自らが実践し、自らが本当にその意味を理解されるまで少し時間がかかります
しかし、自らの身体で体感された方々は自らの生活習慣や食べるものが変わり、生き方さえも見直すようになる
そのような変化を目の当たりにするようになり、ますます襟を正す思いです

親世代が高齢化し、自らの身体も軋み始める50代の私たちにとって、今までとは違ったアプローチでこれからを乗り切っていきたいと誰もが感じ、少し不安に思っている
国やお医者様や薬や誰かに頼っていても不確かなことばかり

自らの内側に秘めているもともとある自然治癒力を引き出せる状態に戻すというアーユルヴェーダ的なアプローチ
ヘナにしてもキリにしても試した人はその意味を体感、身体の変化で会得される
頭と身体と心のバランスが整う

今朝もセルフキリでまた自らの身体の変化にびっくりした
履いている靴によっても足の浮腫みや痛みに違いがでるということ
当たり前といえば当たり前だが、昨日痛かった筋と、本日キリして痛かった筋は明らかに違った
それが体感できるから、非常に納得
そしてキリで元あった状態に自らで戻せるし、痛みが消える
キリセルフケアでの回復力を本当に実感するようになり、実は毎日のようにセルフキリを実践するようになってしまっている
実家の母は毎日実践して劇的に膝の痛みがなくなった
やってみないとこの感激がわからない
実践し始めた方々から寄せられる喜びのメッセージ
セルフキリはヘナよりもずっと簡単 生活習慣になれば本当に辞められなくなります
セルフキリの方法 詳しくは下記をご確認ください
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/51708400.html

知性とつながるサットバ的な生き方
余裕があり、リラックスした落ち着いた健康な身体と心が、いつも共にあります

http://ayure.jp/

18838982_1743050442386722_8991231242764425950_n
日本にアーユルヴェーダを普及された第一人者の上馬場先生の紹介で目にした
’悟った人の特徴8つ’の記事にとても共感
メタフィジックス通信より、その中でもその7と8をどうしても伝えたくて、そのまま引用させていただきます
7.自分の人生を生きていて、ほかの人も同じようにしてほしいと思っている

悟った人は自由であり、ほかの人にも自由であってほしいと願っています。
他人に対して期待を持たないし、感情的な要求をしません。
自分の人生を満たすのは自分以外にいないと知っていますし、同様に、他人の人生を満たす責任はないと知っています。

8.幸せである

悟った人は、いつでも感謝に満ちていて、無邪気な子供のように幸せです。

彼らの幸せは、内面からやってくるもので、ほかの誰も、どんなものも彼らを幸せにできないと知っています。
仲間と一緒に過ごすのも楽しみますが、一人で過ごすのも同様に楽しみます。

周りの人をあるがままに愛しますが、自分にも他人にも執着はありません。

その他の6つについて知りたい方ぜひ下記も参照してください
http://metaphysicstsushin.tokyo/2016/05/28/%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4%EF%BC%98%E3%81%A4/

本来の自分(真我)は完全に独立したもので時間や空間の束縛さえなく、平和と光に満ちているという境地にはまだまだ先が長いですが、、
毎朝の瞑想をづつけていて気付いたことは静寂に達した時、本来の自分は身体でも心でもないということが感覚的にわかると、体からも心からも自由になれるその感覚です
本当に他の人も同じように自由に、もっと楽になってほしいなと感じます

先日久しぶりに満員電車で通勤をしたとき
人身事故でとある駅で乗り換えても来るべき電車は来ない
違うルートでならと汗かき階段上り下り その駅でも影響でなかなか電車は来ない
行かなければいけない約束の時間が刻々と迫る
ホームには溢れかえる人 電車が来たらもう1本乗り過ごすことはできない
あーーー
または残業の多い激務 仕事中心の毎日
本当に敏感な人は本当におかしい気分になるな~ということ
 
そのようなストレスの渦中であっても一日のうちに一度でも自分に戻るスイッチが分かっていると、ストレスは少なくて済みます
煩悩に振り回されなくなります
それは生活習慣をなんでもいいから少しだけ変えてみる
例えば好きな香りのお香を炊く
例えば花を買っていつも活けてみる
例えば夜8時以降はテレビもスマホを見ない 
などとても簡単な方法お試しください

知性とつながるサットバ的な生き方
余裕があり、リラックスした落ち着いた健康な身体と心が、いつも共にあります

http://ayure.jp/

18198292_1704209179604182_8906163805009265480_n
燃えるようなグリーンの季節の到来
爽やかな風と キラキラと太陽の光に輝く木々の葉に癒されます

ゴールデンウィーク前半は身体疾患のアーユルヴェーダ的なアプローチを修得中
第3回目は 泌尿生殖器系 
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
一昨日シヴァジャパンにてパルタップ先生お手製のパンチャナッツを頂きました
生殖器官 シュクラが弱っているとき 更年期障害 生理不順や月経過多、不妊症(男性、女性)に効果的
本来人間も自然の産物
自然でないものを体に入れても効果的ではない

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、飲み物、室内パンチャナッツの作り方(数値は個数目安)
カシューナッツ 3
レーズン 9
アーモンド 7
デーツ 5
クルミ 1
一晩水に浸けて 翌朝グラインド(ミキサー) 牛乳か投入で沸かすだけ

アーユルベーダでは生殖器官は身体の仕組みとして最後に形成されるといわれています
 
 食事
  ↓ 
消化の火 アグニが働く                
①ラサ Lyonph Dathu 血漿 リンパ        
  ↓
②ラクタ Blood 血液                   
  ↓
③マーンサ Musck Dathu 筋肉             
  ↓
④メーダ Fat  脂肪組織              
  ↓
⑤アスティー Bones  骨               
  ↓
⑥マッジャ Nerves 骨髄、神経      
  ↓
⑦シュクラ Shukra 生殖機能      

アーユルヴェーダ的には 食事は上記の順序で体の組織化に携わります
’食と病気との関係’ 身体の組織Dathuは7つあります 
食事を採ることで上記の順に身体がつくられます

食事を採ることで上記の順に身体がつくられると同時に、それぞれのアグニ(消化)がすべて正常ならきちんとした細胞がつくられるが、未消化物が残ってしまった場合はAma(毒素)によって細胞を傷つけてしまう可能性がある  
そして未消化物Ama(毒素)によって汚れてしまった身体の組織Dathuによって各人の体質、弱いところに癌化を初め病気と名の付く症状を招く可能性があるということ
 
最後に作られるシュクラ(生殖機能)は実は全身にあり、下腹部のみではない
繋がっている組織 7つ目の組織 つまりすべてのエッセンスを兼ね備える
綺麗な栄養素で最後まで満たされないと 精子も卵も汚れる
シュクラが強い人は心も体も強くなる 
エネルギーがある人は健全なシュクラを持っている
シュクラは生殖器だけをつかさどるのではなく、企画立案、実行力にも働きかける
シュクラの強さはメンタリティー、創造力、心にも働きかける

シュクラダートゥは他の組織 
血や筋肉や脂肪や骨のように目に見えるダートゥとは違って目に見えないエネルギーの面としても重要
シュクラダートゥエネルギーは上にさかのぼって7つの組織(ダートゥ)を滋養する

 強いシュクラダートウーのための生活習慣
➀質の良い食べ物を摂る
➁アグニ(消化力)が強い事
③適量食べる 食べ過ぎないこと
④水の摂取量を十分にする
⑤早寝早起き
⑥心をリラックス 食べ物は口だけから入るものだけでない 目から、耳から、鼻から入ってくるものに要注意
まるで小学校の生活指導のようですね

現代はフェイクが氾濫しています
もしくは思い込み(間違った知性) 間違っていても正しいと思ってしまう
食べ物と毎日の生活習慣の改善はとってもシンプルだけどかなり難しかったりもする
毎日の習慣だから
できることから始めましょう 

知性とつながるサットバ的な生き方
余裕があり、リラックスした落ち着いた健康な身体と心が、いつも共にあります

http://ayure.jp/

17505001_1656638164361284_5875112787418480560_o
毎朝5時前には起きて瞑想、朝ヨガが習慣になり
なにより頭がスッキリするようになりました
最近では瞑想も少し進化したのか、目を閉じて、内側が静かになってくると眉間のあいだ付近(第3の眼あたり)に太陽のような眼のようなものが現れてきてシグナルのように色がともり、呼吸とともに小さいのがドンドン大きくなったり太陽のように輝き変化する
そのうちに呼吸をしているのも忘れ、身体の感覚も無くなってくる
眼を閉じた内側にともるシグナルを感じるだけ
専ら赤やオレンジそして紫 今朝初めてグリーンになった
雑念だらけの日は太陽は現れない
さらには、そんなことは稀ですが、座禅組んでる足がしびれたりする

これはヤントラを活用してチャクラを強化してるのか?
(以前ブログに書いたヤントラとは何か下記参照ください)
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/50723553.html

瞑想されておられる方、同じ感じになるのか教えてほしいです
以前高城剛さんの何かの本で読んだんですが、高城さんは川のそばで瞑想すると、自らが川になってどんどん流れていったと書かれていた
そんなことも起こるのか? 流れて行って戻ってこられなくなったら死んでしまうのか?
そんなことできたら、以前近くのヨガスタジオで’空を飛んで’とか’はい戻ってきてください’とか言われて、自分だけ煩悩だらけ 床に寝そべって悶々としましたが、自らも空を飛べるようになるのか???
私自身はただただ自己流で10分から15分くらい座っているだけ それだけでも頭スッキリします

ヨーガはインド5千年の秘法といわれ、その起源は紀元前までさかのぼるそうです
五世紀ごろに編纂されたヨーガスートラには’ヨーガは心の働きを止めること’と定義されています

静かに自分を見つめ、体、心、呼吸を整える
生まれてきたことは多分奇跡的なこと、できるだけ、人生の本質を正しく洞察してみたい

インド哲学では 苦悩(ドゥッカ)には3種類あると捉えられているそうです
➀個人的な苦悩
病気や痛み等の肉体的な苦しみと、心配や不安などの精神的な苦しみ
➁社会的な苦悩
会いたい人に会えない苦しみと、会いたくない人に会わなければならない苦しみ
③天災の苦悩
自然災害(地震、台風、火山爆発など)に遭遇する苦しみ

現存在のすべては苦であり、思うようにならないことばかり
全ては執着によって苦悩が起こる
除去すべきは’未来の苦’で、執着を離れることで、心は平安に憩う
外面的に起こることに常に意識を集中していると、その変化に不安が募るもの
内面に静かに意識を集中することで外で起きていることから解放されて、怠惰で優柔不断な心も克服できる
何かのせいにして生きてると自分自身の弱さや欲望にからめとられてしまう気がします
見たり、聞いたりした対象に対して囚われないこと、こだわらないこと、束縛されないこと
誰にも認められなくても
誰にもかえりみられなくとも
今日、ちょっと努力することで自分で自分を支えられる気がします

ヨーガという言葉自体は 結合 という意味だそうです
この人生で何と結び合っていくかは、その人の選択にかかっていて、それによって人生も変わっていく
正しい選択ができるように、体と心と呼吸を調えておきたいですね

知性とつながるサットバ的な生き方
余裕があり、リラックスした落ち着いた健康な心が、いつも共にあります

http://ayure.jp/

4月23日から実施される一般の方も参加可能な講座
’家庭でのアーユルヴェーダ’ の詳細は下記をご確認くださいませ

http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/cat_1250350.html

16179111_1559507650741003_540753954481233664_o
ジグマハーバルにてご提案している天然のお香が大人気
天然の香りを嗅ぐと本来の知覚が呼び覚まされるようです

先日10年も前の雑誌を処分するとき、思わず目に止めた’ヨガと香りの関係’BRUTUSの記事
天然成分だけで香りを創ることにとことんこだわっている一流パフュマー 塩沢紘一さんのお話

香りが持つ力の秘密
彼が創る香りはどれも上品で繊細で知的で深い記憶や体の語りかけてくるような香りなんだそうです
調香師の仕事を’自然が蓄えている力を掘り起こして、人を癒したり心地よい気分にさせること’とらえられている

アーユルヴェーダでは人間は本能的に自分の身体に一番いいことを選ぶ能力が備わっていると考えられ、気持ちのいいことをしていれば、人は健康でいられるようにできている
様々な要因によって、感覚が妨げられ、心地いい事と健康なことが一致しなくなってしまう
人間が本来持っているそういった感覚や本能を回復させるのがアーユルヴェーダの考え方

その為のツールが香りであり、ヨガ。

毎朝習慣になった、ヨガ、呼吸法、瞑想はたった20分ほどの簡単なものですが、今や歯磨きするのと同じくらい習慣になった しないと気持ちが悪い
そしてまさしく天然手作りお香を炊きながら集中できる
それがなぜか? 雑誌にこう書いてあった

ヨガとは自分の心と体に向き合い、その状態を感じ、調整するための行いであり、香りは体温や血圧を整え、思考のプロセスを変えるツール

アーユルヴェーダで習い、感銘を受けたことの一つに目や耳、肌でキャッチした情報はすぐさま脳に伝えられ、
感情や考え方に影響し、
私たちの行動一つひとつの動機づけしているということ
特に嗅覚は個人差はもちろんありますが、五感をつかさどるうちで最も早く老化する傾向があるそうです
鼻呼吸がしっかりできているかも大事な要素なんですね


折しもこの春にはその香りも一つのテーマにインドでアーユルヴェーダサロンを6店舗運営される稲垣先生の講座を設ける予定で準備中
テーマは立ち位置から生きる科学をする

伝える手段は3つ

1、種子島の本黒糖と有機の柑橘で作る、酵素液
もの作りの基本と食の原点が学べます。
モリンガなどのインドハーブも混ぜて作る、

2、kizhiで痛いところを癒す、家庭での手当て

3、天然ヘナから学ぶ

チャクラに反応する香りを用いながら楽しく考えています。
プロのかた向けには経絡と筋膜の講習

興味の在る方はご連絡くださいね
天然のお香について詳しくはこちらをご確認くださいませ
http://blog.livedoor.jp/sanakubo/archives/50466267.html

知性とつながるサットバ的な生き方
余裕があり、リラックスした落ち着いた健康な心が、いつも共にあります

http://ayure.jp/


このページのトップヘ