ツイート イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会ブログ

イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会ブログ


11/19・20「イラク民主主義革命に連帯しイラク戦争検証委員会設置を目指す国際集会」開催!!
イラクから、民主化運動のリーダー サミール・アデイルさん来日!!


 私たち11/19・20イラク国際集会実行委員会は悪化するイラク情勢を変えるために政府、占領軍と闘うIFC(イラク自由会議)と連帯し、アメリカをはじめとするグローバル資本主義国により苦しむイラク民衆、そして世界中の民衆と共に闘い、この社会を変えるために活動しています。
 11/19・20「イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会」にぜひご参加ください。
 詳細は左のボードに記載されています。

日本政府にイラク戦争検証委員会設置を求めるWeb署名募集中

右記のイラク平和テレビ局 in Japanのホームページから、Web署名ができます。ご協力お願いします。 こちらから

イラク民主化革命の展望を語る!
IMG_1054


サミール・アディル IFCイラク自由会議議長

アラブの春に勇気を得たイラクの人たちは、占領とマリキ政府の弾圧に負けずに、2月25日の10万人民衆蜂起を皮切りに、「自由とパンと安全」をもとめ連日デモをしています。

2003年のイラク戦争以降、200万人もの犠牲、700万の難民、60%の失業率、孤児の増大、ウラン弾による放射能被害・・そしていまだに電気も水も通っていないという、グローバル資本の徹底した破壊と石油をはじめとする富の略奪が行われました。
けれど、市民は「自分たちにも社会を変えられる」と立ち上がりました。

IFCイラク自由会議は、その民衆蜂起の先頭に立ち、宗教によらない、民主的なイラク政府をつくるために、徹底した非暴力でデモを行っています。

マリキ政府は逮捕・拷問・虐殺・・・など激しい弾圧を加えていますが、11月18日にはイラクで「貧困と失業を撲滅する日」の大行動が呼びかけられています。
占領軍が撤退する中で、民主化政権を今こそかちとろうとしているイラクの人たちに連帯していくためにぜひ国際集会にご参加ください。

IFCイラク自由会議についてはhttp://peacetv.jp/onegai.html をご覧ください

ライブ終了

ライブ終わりました疲れた~
まぁ、自分たちの伝えたいことは伝えられたのでよかったと思います。

みんなにそれが伝わって、イベントに来てくれればいいなと思いました

目指せ1000人

「由苑」にてイラクコラボライブ

64af915f.jpg「由苑」にてSANAテレビのコラボライブが始まります 頑張って宣伝するぞ~

12月11、12日「今、声をあげよう。戦争と貧困をなくすためイラク・アメリカの仲間とともに―日本政府にイラク戦争検証委員会設置を求めるつどい」

遅くなりすいません
正式に立ち上げです。よろしくお願いします。

早速ですが、イベントの告知です。

日程
関西 12月11日 (土) 18:30 ~ 21:00
関東 12月12日 (日) 14:00 ~ 18:30

会場
関西 大阪市立北区民センター
関東 渋谷区総合文化センター大和田 サクラホール

会場までの地図はこちらより↓
北区民センター
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016598.html
渋谷区総合文化センター大和田 サクラホール
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/firm/owada/bunkahall_riyo.html

チケット
【前売り】 学生・失業者・障がい者 800円    一般 1000円
【当日】  学生・失業者・障がい者 1000円   一般 1200円

イベント概要:「イラク戦争は終わったのか?」
 2003年3月、アメリカが中心となりイラクを攻撃した。その後、開戦の理由「イラクが大量破壊兵器を保有」の情報は間違いであったと米政府も認めたが占領を続けた。それから7年…2010年8月、オバマ米大統領は戦闘部隊10万人を撤退させ、戦闘終結を宣言した。しかし、これでイラク戦争は終わったのだろうか?
 イラクでは、米兵・傭兵あわせて12万人の軍隊と、広大な米軍基地が残されており、100万人以上の命が奪われ犠牲者は今も増え続けている。国内外への難民は400万人以上、失業者は60~70%、電気も水道も復興していない。このような現状に対して、2010年イギリスでイラク戦争を検証する独立委員会が設置され、ブレア元首相が証人として招集された。またオランダでも「イラク戦争は国際法違反であり、戦争を支持した政府の判断は誤りだった」と委員会で結論が出された。
 自衛隊を派遣した日本でも、2007年イラク特措法改訂の際の「衆議院付帯決議」でイラク戦争の検証の検証を行うことが義務づけられている。今年の4月には国会議員と100人が「検証委員会設置を求める署名」を首相に提出した。イラク市民への謝罪と補償を行い、二度と戦争に加担しないよう、政府の責任でイラク戦争検証委員会を設置することが今、求められている。世界はきっと変えられる。私たちも声をあげよう、戦争と貧困をなくすために。

イラク検証委員会 表面5これからイベントまで、色々な情報を更新していきます。
よろしくです

イベントのビラ →

集会情報

チラシ表

チラシ裏



「イラク民主主義革命に連帯し
 イラク戦争検証委員会設置を
 めざす国際集会」


◆東京集会
 日時:11月19日(土)13:30開始
 会場:機械振興会館

◆大阪集会
 日時:11月20日(日)13:30開始
 会場:都島区民センター

◆ゲスト
 ・IFCイラク自由会議
  サミールアディル議長
 「イラクの民主主義革命についての最新  報告」
 ・服部良一衆議院議員(大阪会場のみ)
 「イラク戦争検証委員会設置にむけて」
 
◆チケット
 【前売り】
  学生・失業者・障がい者 800円
  一般 1000円
 【当日】
  学生・失業者・障がい者 1000円
  一般 1200円

*事前にご連絡頂けたら、前売り扱いにさせて頂きます。

当日スタッフ大募集中です。
お手伝いいただける方ご連絡お待ちしております。


◆連絡先
 (電話番号):
  東京 090-5646-4273(土屋)
  大阪 090-8162-3004(川島)
 (E-mail):
  info@peacetv.jp


<主催>11/19・20国際集会実行委員会


『イラク政府は市民への弾圧をやめろ!全占領軍の即時撤退とイラク戦争検証委員会の設置を求める署名』

内閣総理大臣
 野田佳彦 様


 2003年からのイラク侵攻・占領から8年半が経過しました。アメリカ、イギリス、日本などによる占領の結果、イラクで失われた人命は100万人以上、国内外への難民は450万人と言われています。
 ところがイラク・マリキ政権は、イラクの市民が不当な占領支配の下でインフラや医療の欠乏、失業と貧困に苦しんでいる状況を全く改善しようとしていません。そればかりか政府の汚職を追及して「安全とパンと自由」を要求する市民の平和的なデモ・集会を襲撃し、不当な逮捕・拷問・殺害をくりかえしています。さらに世界最大級のイラクの石油資源を民営化し外国の巨大資本に売り飛ばす石油法の制定を進めています。日本政府もまたODA(政府開発援助)を利用しながら石油という「戦利品」獲得に狂奔しています。
 しかしこのような占領をやめさせ、平和と民主主義を獲得する取り組みがイラク国内外で広がっています。イラク市民自身が民主主義革命に立ち上がっています。イラク占領に加わったイギリス、オランダではイラク戦争検証委員会が設置され、イラク戦争の不当性が明らかにされてきています。
 日本政府は、イラク戦争検証委員会を設置し、二度と戦争を推進しない日本社会を築いていくべきです。私たちは以下のことを要求します。

<要請項目>

1.イラク政府の汚職を追及し「安全とパンと自由」を求めて立ち上がった市民の運動に対する弾圧を中止するようにマリキ政権に要求すること
2.イラク・アフガニスタンからの全占領軍の即時撤退を要求すること
3.イラクに対するODA(政府開発援助)提供と石油利権の獲得をやめること
4.二度と戦争をしないためにイラク戦争検証委員会を設置すること
イラク Web写真展
  • 10/15(土)19時 国際集会実行委員会にきてください
記事検索
メンバーリスト
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ