ツイート イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会ブログ

イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会ブログ


11/19・20「イラク民主主義革命に連帯しイラク戦争検証委員会設置を目指す国際集会」開催!!
イラクから、民主化運動のリーダー サミール・アデイルさん来日!!


 私たち11/19・20イラク国際集会実行委員会は悪化するイラク情勢を変えるために政府、占領軍と闘うIFC(イラク自由会議)と連帯し、アメリカをはじめとするグローバル資本主義国により苦しむイラク民衆、そして世界中の民衆と共に闘い、この社会を変えるために活動しています。
 11/19・20「イラク民主主義革命に連帯し、イラク戦争検証委員会設置をめざす国際集会」にぜひご参加ください。
 詳細は左のボードに記載されています。

日本政府にイラク戦争検証委員会設置を求めるWeb署名募集中

右記のイラク平和テレビ局 in Japanのホームページから、Web署名ができます。ご協力お願いします。 こちらから

イラク民主化革命の展望を語る!
IMG_1054


サミール・アディル IFCイラク自由会議議長

アラブの春に勇気を得たイラクの人たちは、占領とマリキ政府の弾圧に負けずに、2月25日の10万人民衆蜂起を皮切りに、「自由とパンと安全」をもとめ連日デモをしています。

2003年のイラク戦争以降、200万人もの犠牲、700万の難民、60%の失業率、孤児の増大、ウラン弾による放射能被害・・そしていまだに電気も水も通っていないという、グローバル資本の徹底した破壊と石油をはじめとする富の略奪が行われました。
けれど、市民は「自分たちにも社会を変えられる」と立ち上がりました。

IFCイラク自由会議は、その民衆蜂起の先頭に立ち、宗教によらない、民主的なイラク政府をつくるために、徹底した非暴力でデモを行っています。

マリキ政府は逮捕・拷問・虐殺・・・など激しい弾圧を加えていますが、11月18日にはイラクで「貧困と失業を撲滅する日」の大行動が呼びかけられています。
占領軍が撤退する中で、民主化政権を今こそかちとろうとしているイラクの人たちに連帯していくためにぜひ国際集会にご参加ください。

IFCイラク自由会議についてはhttp://peacetv.jp/onegai.html をご覧ください

サミールアデイルさんからのメッセージ


親愛なる同士の皆さんへ



サミールさん

まず何より、(福島)原子力発電所の犠牲となった人々に我々の連帯と共感の念を表明します。そしてこれが最後の悲しみ、痛みとなるよう祈っています。


私個人とイラク自由会議(IFC)を代表して、この大会の準備に尽力した方々に敬意を表します。世界経済危機、アラブ地域における人民の蜂起と抗議活動、飢餓と失業、貧困を際限なく生産する制度に対して世界中を震撼させている大きなデモの動き・・・この大会は世界的に稀有な状況で開かれます。


私はこのイベントが三つのことを実現する機会になればいいと思っています。一つは、世界銀行やIMFなどの諸機関で成り立つ欧米政治制度の、労働者の賃金や生活、それにあらゆる社会の富を犠牲にした辛辣な攻撃に立ち向かう一つの戦線として、労働者・プロレタリア・解放運動家を一つに束ねるよう、このイベントが世界の各地に展開すること。

二つ目は、世界、特にヨーロッパ諸国の抗議運動と協同して、単一の計画に基づいた行動の擁護をすること。

三つ目はアラブ地域の人民抗議活動が政治的、精神的支援を必要とするというメッセージを発することです。


 世界を再分割しようという国家分極化の熾烈な競争が起こっています。資本主義体制はその危機を打開するために、多くのヨーロッパ諸国で見られるような緊縮財政策の宣言をするか、そうでなければ戦争を仕掛けて富を略奪するという、二つの解決しか持ち合わせていません。
 
世界の今日の状況は第一次、第二次世界大戦間近のそれに酷似しています。中東もまた戦争の影が覆いかぶさる地域の一つですが、いかなる戦争もこの地域を文明的に数十年後退させることを意味します。そこで、このイベントの実現要項として、戦争に反対する一戦線となり、中東地域との連帯を宣言することを付け加えたいと思います。


イラクは、国家分極化紛争の主要な戦場となろうとしています。占領は今年の十二月に終焉を迎えますが、人民抗議活動も2月25日にイラクで政治的均衡を変えるべく動き出しました。それは我々が口にしていた通りに、イラクにおける宗派・民族・人種主義的アイデンティティの欺瞞を打ち明かしました。それだけに我々の運動は非常に大きな役目を負っています。まず現段階の最新情勢が要求するだけの変化を起こし、こうした状況に対応できるよう、組織的に政治的路線を変えていかねばなりません。さらに、勝利は世界的な統一戦線なしには成し遂げられないということに目を向けなければなりません。


我々は、日本で今日開かれるこのイベントがこの世界的に稀有な状況であるゆえに、突出したものとなることを信じてやみません。それだけに、このイベントは非常に重要な意味を持つでしょう。

ご出席の皆さん、次なる段階は、世界の政治的均衡を変革するために、我々が大掛かりで巨大な動きとなることです、豊かさと、自由と、平等を願う人間世界のために。



世界連帯万歳!

このイベントに幸あれ!



 


 

賛同者・団体 

『戦争NO!原発NO!命を守る社会をつくろう!イラク民主主義革命に連帯し、イラク検証委員会設置をめざす国際集会』


賛同ご協力ありがとうございます


2011/11/4
現在 公表可 139 人 6団体(公表可個人団体 敬称省略 50音順)


浅井健治(週刊MDS編集部)有賀精一 飯田吉孝 石田隆子 石橋和彦(コトパンジャンダム被害者住民を支援する会)井出窪啓一(なかまユニオン)糸賀孝子 岩崎晴彦(びわこユニオン) 上野益徳 上野通子(子ども全国交歓会)SDCCジュゴン保護キャンペーンセンター 海老卓 大久保薫 大久保啓子 大田幸世(平和な枚方をつくる市民の会) 大西裕三郎 大西利津子 岡本稔子 小川正明(戦争しないまち・北区をめざす会) 奥村秀二 奥本京子(大阪女学院大学)奥森祥陽(平和無防備地域をめざす宇治市民の会事務局長) 小野千佐子 貝戸正彦 垣内由香(月桃の花歌舞団)竹村務(ゴンチャロフ労働組合執行委員長)加瀬秀雄 川合正夫 川口健次 川島実穂(イラク平和テレビ局in Japan)川島康史 河辺邦夫(子ども全国交歓会) 神田高宏 木村宥子 桐生佳子(RAWAと連帯する会)沓沢大三 久保田俊 熊谷昌司(「月桃の花」歌舞団)黒川修次「月桃の花」歌舞団)校條均 小黒保恵 小山潔(ウラニウム兵器禁止条約実現キャンペーン事務局長) 斎藤純子 崎山比早子 桜井建雄(弁護士) 佐々木透(フェアコープ)佐武健一 佐藤和利(イラク平和テレビ局inJapan京都)佐藤和義(MDS)佐藤謙司 佐藤悠子 島六三(沖縄と共に考え歩む会) 週刊MDS 首都圏なかまユニオン 親家宣保(なかまユニオン・北大阪) 菅野幸枝 杉谷伸夫(向日市市会議員)鈴木誠 須田稔 高島ふさ子(尼崎市に平和条例をめざす会) 高瀬幸子(平和と民主主義をめざす全国交歓会) 高瀬晴久 高橋智子 高畑宅二 武井由貴 田中純子 田中充郎(GSユアサ関連合同労組委員長)谷平由永 田中拓真(戦争と貧困をなくす国際映像祭) 茅根潤一 地脇聖孝 辻野聡一 辻本誠(平和な街づくりin奈良)土屋典子(平和と民主主義をめざす全国交歓会) 津々木勇 手塚美子 手塚隆寛(枚方市市会議員) 遠山勝博(コトパンジャンダム被害者住民を支援する会事務局長) 豊田護中川哲也(無防備全国ネット) 中沢讓二(週刊MDS) 中澤和子 中条吉博(週刊MDS)中田光信 中野晴久 中野佳恵 中村健吾(大阪市立大学教授)中村実 中村薫 西尾壽美子 西田新一 西谷靖男 野本耕志(MDS)畑廣昭(MDS)畑京子(NPO法人つむぎの家)林多美子 原弘篤(戦争と貧困をなくす国際映像祭)林敬次(医問研) 原誠二(月桃の花歌舞団)伴幸生(首都圏なかまユニオン)判田明夫(平和と民主主義をめざす全国交歓会)平田京子  藤平りつ 布施哲也(前清瀬市議会議員反原発自治体議員市民連盟共同代表)古谷広美 前川孝(MDS)前野江利子 松岡正美 松尾暢浩(子どもたちを放射能から守る大阪ネットワーク) 松谷卓人 松田久子 松田幹雄 松村宜彦(なかまユニオン)松本國利 松本修一 三沢隆宏 三ツ林安治(コトパンジャンダム被害者住民を支援する会)三村昭彦 峯本敦子(音楽科) 無防備地域宣言運動全国ネットワーク 村田恵子(イラク平和テレビ局in Japan)室生祥(医師) 森厚子 森國悦 森文洋(イラク平和テレビ局in Japan)八木浩一 安川寿之輔 安原桂子 矢野秀喜(強制連行・企業責任追及裁判全国ネットワーク)山川義保(平和と民主主義をめざす全国交歓会代表山上浩昭)山川広美 山口一郎(平和をめざす寝屋川の会)山崎一典 山崎隆義 山田真(小児科医)山田敏正(イラク平和テレビ局inJapan・豊中)山本浩(イラク平和テレビ局in Japan河内の会) 


 

10/30 「安全・パン・自由を 民主主義革命に立ち上がるイラク」試写会&

10/30 「安全・パン・自由を 民主主義革命に立ち上がるイラク」試写会&
     関西集会 実行委員会やります♪

第4回 10/30(日)14時 エル大阪 706号(大阪・天満橋)地図
第5回 11/13(日)14時 エル大阪 705号(大阪・天満橋)地図
<お問い合わせ> info@peacetv.jp 090-8162-3004(川島)

チュニジア・エジプトから始まった中東の民主主義革命は、
占領下のイラクにも「自分たちも社会を変えられる」と声をあげる
勇気を与えた。2月25日からはじまったイラク民衆蜂起は
連日続いている。
9月9日、前日のジャーナリスト暗殺という政府の弾圧にも負けずに
バグダッドのタハリール広場には5000人もの市民が集まり、
イラク政府に抗議を行っている。

最新映像と11月国際集会を成功させるためにぜひ
お越しください。
集会情報

チラシ表

チラシ裏



「イラク民主主義革命に連帯し
 イラク戦争検証委員会設置を
 めざす国際集会」


◆東京集会
 日時:11月19日(土)13:30開始
 会場:機械振興会館

◆大阪集会
 日時:11月20日(日)13:30開始
 会場:都島区民センター

◆ゲスト
 ・IFCイラク自由会議
  サミールアディル議長
 「イラクの民主主義革命についての最新  報告」
 ・服部良一衆議院議員(大阪会場のみ)
 「イラク戦争検証委員会設置にむけて」
 
◆チケット
 【前売り】
  学生・失業者・障がい者 800円
  一般 1000円
 【当日】
  学生・失業者・障がい者 1000円
  一般 1200円

*事前にご連絡頂けたら、前売り扱いにさせて頂きます。

当日スタッフ大募集中です。
お手伝いいただける方ご連絡お待ちしております。


◆連絡先
 (電話番号):
  東京 090-5646-4273(土屋)
  大阪 090-8162-3004(川島)
 (E-mail):
  info@peacetv.jp


<主催>11/19・20国際集会実行委員会


『イラク政府は市民への弾圧をやめろ!全占領軍の即時撤退とイラク戦争検証委員会の設置を求める署名』

内閣総理大臣
 野田佳彦 様


 2003年からのイラク侵攻・占領から8年半が経過しました。アメリカ、イギリス、日本などによる占領の結果、イラクで失われた人命は100万人以上、国内外への難民は450万人と言われています。
 ところがイラク・マリキ政権は、イラクの市民が不当な占領支配の下でインフラや医療の欠乏、失業と貧困に苦しんでいる状況を全く改善しようとしていません。そればかりか政府の汚職を追及して「安全とパンと自由」を要求する市民の平和的なデモ・集会を襲撃し、不当な逮捕・拷問・殺害をくりかえしています。さらに世界最大級のイラクの石油資源を民営化し外国の巨大資本に売り飛ばす石油法の制定を進めています。日本政府もまたODA(政府開発援助)を利用しながら石油という「戦利品」獲得に狂奔しています。
 しかしこのような占領をやめさせ、平和と民主主義を獲得する取り組みがイラク国内外で広がっています。イラク市民自身が民主主義革命に立ち上がっています。イラク占領に加わったイギリス、オランダではイラク戦争検証委員会が設置され、イラク戦争の不当性が明らかにされてきています。
 日本政府は、イラク戦争検証委員会を設置し、二度と戦争を推進しない日本社会を築いていくべきです。私たちは以下のことを要求します。

<要請項目>

1.イラク政府の汚職を追及し「安全とパンと自由」を求めて立ち上がった市民の運動に対する弾圧を中止するようにマリキ政権に要求すること
2.イラク・アフガニスタンからの全占領軍の即時撤退を要求すること
3.イラクに対するODA(政府開発援助)提供と石油利権の獲得をやめること
4.二度と戦争をしないためにイラク戦争検証委員会を設置すること
イラク Web写真展
  • 10/15(土)19時 国際集会実行委員会にきてください
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ