2008年04月19日

変態紳士

【タイ】 既婚の男、アパートの住民に恋〜短パン姿で飛び出し自慰行為しながら追いかける [04/18]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1208536040/
妻帯者の男、アパートの住民に恋し目の前で自慰行為
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=4974

 4月17日早朝、中部アユタヤ県バンパイン工業団地に近いアパート内で、自慰行為をしながら女性の後を追いかけた男が逮捕された。

 事件の起きたアパートの4階に住んでいる被害者のカラヤさん(25)によれば、仕事に行くため部屋を出たところ、同じ階に住んでいるプラモート(23)が短パン姿で部屋から飛び出してきて、自慰行為をしながら追いかけてきたという。

 突然の出来事にビックリしたカラヤさんが逃げようと階段を駆け下りたところ、プラモートも駆け足で追いかけてきて、しかも、その間も自慰行為を止めようとしなかった。

 このため、身の危険を感じたカラヤさんはその足で警察に行き、被害届を提出。その後、警官がカラヤさんとともに、アパートに戻り、防犯カメラの記録を調べたところ、そこには自慰行為をしながら被害者を追いかけるプラモートの姿がしっかりと写っていた。そこで、警官は部屋で寝ていたプラモートを逮捕した。

 バンパイン工業団地内の工場に工員として勤務しているプラモートは取り調べに対して、「カラヤさんは美人でスタイルもよかったことから、以前から好意を抱いていました。これまでにも、カラヤさんを見ながら、こっそりと自慰行為をしたことが4回ありますが、この日は我慢ができず、ついに目の前で行為を行ってしまいました」と供述している。

 工業団地内の企業で受付をしながら、修士号を勉強しているカラヤさんによれば、これまでに5回、男性に自慰行為を無理やり見せられたことがあるという。過去4回は恥ずかしくて被害届を出さなかったが、今回は意を決して警察に届け出たとのことだ。

 なお、逮捕時に寝入っていたことについて、プラモートは、カラヤさんの前で自慰行為をしたことで性欲が異常に高まり、同居している妻と性交渉をしたことから、力尽きて寝てしまった、と説明している。

チラシの裏
なんという変態紳士

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sanchez7/51090695
この記事へのコメント
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】


我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
Posted by ジャップ・エンド教 at 2016年11月01日 23:54