2008年05月18日

「人民の命はどうでもいいからとっとと帰れ、日本人」

【四川省地震】 「早く帰れよ」「日本に生存者を発見させると思うか?」〜日本援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮彫[05/18]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1211114164/
日本の緊急援助隊は煙たい?
2008.5.18 20:59
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080518/chn0805182104011-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080518/chn0805182104011-n2.htm

 日本の国際緊急援助隊は18日、「いちるの望み」(隊員)をかけ、多くの生徒、児童が下敷きになった学校の倒壊現場での捜索・救助活動を始めた。ただ、同隊への感謝の声が絶えない被災民とは異なり、人民解放軍などの反応は手放しで「歓迎」とはいかないようだ。(綿陽市北川県 野口東秀)

 中国政府が日本の援助隊を真っ先に受け入れたのには、日中関係の重視や国際協調をアピールする狙いがあったが、民政省などは「反日感情」を危惧(きぐ)し受け入れに消極的だったという。

 その懸念は、被災住民に関する限り払拭(ふっしょく)されたといっていい。しかし、捜索・救助活動にあたる軍などの間には複雑な感情がみられる。

 捜索・救助活動を現場で統括するのは基本的に人民解放軍だ。実際、大規模な災害時に救助や物資の輸送などを行えるのは、軍や消防などをおいてほかにない。

 17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。

 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。

 それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整っていないことを浮き彫りにしている。

チラシの裏
クズっぷりを再確認

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sanchez7/51110226
この記事へのコメント
ずいぶんと「感動的な」報道だな。
こういった声もちゃんと報道しろよな、マスゴミども。
Posted by Nagatsuki at 2008年05月18日 21:54
メンツメンツ…
その「メンツ」自体がゴミみたいなもんだと言う事に気が付かない哀れな支那狗。
Posted by   at 2008年05月18日 23:27
中国人民解放軍が守るのは、あくまでも共産党です。
共産党という組織を守るために人民解放軍は存在します
詳しく言えば、共産党員の中でも、地方幹部以上、または共産党という組織の見得、メンツ、あほなプライドなどが守備範囲となります。
また、その優先度は共産党内の序列に準じます。
人民解放軍にとって、それ以外の人間は平等にクソと同じです。
というわけでこの報道内容はあくまでも人民解放軍の日常的な言動を報じているに過ぎず、特段珍しいことではありません。
Posted by   at 2008年05月19日 18:14
「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」


さすがというか、シナ人的には当然というかw
いわゆる親中派という連中はこういう反応を考えたこともないんだろうか。
人の命をゴミ扱いするということ、知らないはずがないのに。
Posted by john doe at 2008年06月05日 05:49
sanchez7様
最近、更新がないようですが、何かあったのですか?
楽しみにしているブログなので、心配しています。
次の更新、待っています。
Posted by    at 2008年06月09日 03:31
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】


我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
Posted by ジャップ・エンド教 at 2016年11月01日 23:44