猛虎Japan!

投打かみ合い虎5連勝!スタン4勝目

阪神が投打がかみ合い、連勝を5に伸ばした。

一回1死二塁から、鳥谷が中前へ先制の適時打を放った。三回にはマートンが2試合連続本塁打となる7号3ランを右翼席へと放ち、4‐0とした。五回には新井の左中間適時二塁打で加点。九回には高山の2号ソロで加点した。

先発のスタンリッジは7回5安打1失点で、5月7日の巨人戦以来となる4勝目を挙げた。三回まで毎回走者を二塁へ進めたが、粘りの投球で無失点でしのいだ。五回、2死三塁から途中出場の佐藤の内野安打で1点を与えたが、なおも2死一、二塁のピンチではアブレイユを空振り三振に斬った。

スタンリッジはヒーローインタビューで「(打線が)たくさん打ってくれて、本当にうれしい。リードをもらった中で投げられるのは気持ちがいい。きょうのピッチングは満足できるものではなかったが、チームの勝利に貢献できてうれしい」と、笑顔で話した。(デイリー)


投打ガッチリとは今日みたいな試合のことを言うのだ!今季2度目の5連勝!首位がっちりキープであります!今季の日ハムとの交流戦は今日の勝ちで3戦負けなし。去年1勝もできなかったので、明日勝って去年の屈辱を晴らさないと。

打線は好調そのもの。電光石火の攻撃とはこのこと。初回、先頭の西岡が初球を叩いてセンター前ヒット、続く大和が送り、1死2塁の場面を作れば、3番鳥谷がセンター前へはじき返して、鮮やかに先制点。たった5球の間に1点先制。ハムの先発・吉川はなんのこっちゃ分からんかったんちゃうかな。それほどの速攻劇。

3回には1死から大和がライト前ヒット、鳥谷がストレートのフォアボールを選べば、マートンがライトポール際へ2試合連続の7号3ラン。4番の一振りでハムを突き放す4点目を奪えば、先発のスタンリッジも楽々ピッチング!

毎回のようにランナーを背負うスタンリッジでしたが、今日は低めにコントロールされ7回を投げ5安打4つのフォアボール。失点は5回に失点の1点のみの力投。7回に100球を超え、1アウトから2つのフォアボールを出したところを首脳陣に限界と見られたのか、この回で降板。球数的にはラストまで狙えたように思えたし、7回の2つのフォアボールも微妙な判定が重なってのものだったし・・・スタンリッジ本人は最後まで…という気持ちがありそうな感じでしたが、次回登板のことや明日の試合のことを考えれば妥当だったのかな。代え時というのは難しい。

9回には移籍してきた高山がバックスクリーンへトドメの2号ソロを放ち、継投も福原、加藤とビシッと決まり試合終了。

札幌ドームでは5連敗中だったこともあり、北海道の虎党には嬉しい一夜になったんじゃないかな。さぁ、もう一戦勝ってファイターズ戦全勝といきますか!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ1○6阪神タイガース〜札幌ドーム・3回戦

【神】○スタンリッジ−福原−加藤
【日】●吉川−モルケン−鍵谷−根本  

【勝ち投手】スタンリッジ(4勝5敗)
【負け投手】吉川(5勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号2ラン(3回オモテ•吉川)高山2号ソロ(9回オモテ•根元)

阪神タイガース通算成績 35勝22敗2分 対ファイターズ 3勝

虎マートン逆転サヨナラ弾で首位再奪取

阪神がマートンの9号逆転サヨナラ本塁打で4連勝、巨人と入れ替わって首位に立った。

1点を追う九回、鳥谷が左前打で出塁すると、マートンが益田の2球目を左翼スタンドに叩き込んだ。

藤浪が六回途中で自己ワーストの12安打を浴び、3失点で降板。井口の一発以外は3併殺で要所をしのいでいたが、六回無死満塁の大ピンチで江村を投ゴロ併殺に抑え、切り抜けたかに思えたものの、踏ん張り切れなかった。だが、中継ぎ陣がロッテの追加点を阻んだのが最後につながった。

ロッテは1点を追う三回、井口が左越えに13号ソロを放って同点。その後は併殺などで好機を潰していたが、六回2死二、三塁から代打・サブローが左前に2点適時打を放って勝ち越した。

六回以降も再三チャンスをつくり、計15安打を放ったが、4併殺で追加点を奪えず、最後は守護神・益田が致命的な逆転サヨナラ弾を喫した。ロッテは阪神戦7連敗。(デイリー)


最近の勝ち方はちょっと神懸かり的な感じ。優勝するシーズンは得てしてこういう試合が続くもんで、秋にはもしかしたらもしかするかも。まぁ言うてもまだ6月なので優勝やらなんやら考えてる余裕はないんですが、今日は巨人が負けて、阪神勝って、単独首位浮上でございます。

タイガース先発は甲子園負けなし伝説継続中の藤浪。今日は自己ワーストの12安打を浴び、6回途中3失点でKO。普通のピッチャーなら3失点以上取られてるか、6回持たずにKOされてるだろうけど、強運の藤浪。なにか持ってるんかな4回、5回、6回と3つの併殺を奪い取りピンチ回避。内容的には決していいものではなかったけど、3回の井口のソロ、6回のサブローの2点タイムリーだけで抑えきったのはさすがなのかな。

打線は初回に新井さんのレフトライナーを相手のエラーから挙げた先制点と、2点を追う6回に代打・浅井の放った追撃のセンター前タイムリー。阪神打線もマリーンズ打線に負けじとヒットを量産するも、なかなか1点差の壁を越えられぬまま最終回へ。

最終回、マリーンズは守護神・益田を投入。藤浪の不敗神話もいよいよ途切れるのか、阪神打線が必死のパッチでサヨナラ勝ちでもやらかすのか。不敗神話とサヨナラ勝ちを演出すべく、先頭の鳥谷がチームリーダの面目を保つべく鮮やかに三遊間を抜くレフト前ヒットでサヨナラ勝ちのお膳立てをすると、打席には木曜日にサヨナラホームランを放ったマートン。否が応うにも期待が高まる打席、ファンの期待に応えない訳にはいかないマートン・・・見事でした。あっぱれであります。益田の2球目、失投を見逃さず振り抜いた打球はマリーンズファンが陣取るレフトスタンドの一角へ。9号サヨナラ2ラン!打った瞬間ソレとわかる一撃!木曜日の再現VTRを見てるかのような劇的な勝利。

初めてのサヨナラヒット、初めてのサヨナラホームラン。先の2回はかなり興奮気味だったマートンも今週2度目とあって、ちょっと落ち着いてる感じ(笑)4番の一振りに出迎える和田監督は劇的な一振りに興奮してか、涙目。マートンの4番は怪我をした良太が帰ってくるまでの暫定的な感じもしましたが、今や立派な4番打者。金本の時のような威圧するような怖さは感じられないものの、頼もしさは金本と遜色ない感じ。なにかやってくれそうな雰囲気が打席からプンプンしてるマートン。イエス様の力、甲子園の後押し、マートンの実力。4番・マートン、残りの交流戦、レギュラーシーズンに戻っても大暴れしてくれるのは間違いない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3×○2千葉ロッテマリーンズ〜甲子園・4回戦

【ロ】大嶺−藤岡−中郷−服部−松永−カルロス・ロサ−●益田
【神】藤浪−筒井−安藤−加藤−○福原

【勝ち投手】福原(2勝)
【負け投手】益田(1勝3敗19セーブ)

〜ホームラン〜
【ロ】井口13号ソロ(3回オモテ・藤浪)
【神】マートン9号2ラン(9回ウラ・益田)

阪神タイガース通算成績 34勝22敗3分 対マリーンズ 3勝1分

エース能見がリーグトップタイの6勝目

阪神は先発の能見が三回2死から根元に3号ソロを浴び先制を許す。

1点を追う四回、先頭のマートンが四球で出塁すると、新井がバックスクリーン左へ飛び込む8号2ランで逆転。新井はこの2打点で通算1000打点をクリアした。

六回にはマートン、新井の連続四球で一、二塁から浅井が投前へのバント、これを成瀬から送球を受けた今江が落球する失策で満塁。新井良は見逃し三振に倒れるが、藤井彰の二ゴロ併殺崩れの間に追加点を挙げた。

能見は一発のあと、四回に1死二、三塁のピンチを迎えるが、荻野貴を遊ゴロ、鈴木を一ゴロに切り抜けた。以降は危なげない投球で今季4度目となる完投、セ・リーグトップタイの6勝目を挙げた。

能見は今季4完投に「疲れます」と笑いながらも「僕が投げるときは、ブルペンを休ませられるようにと思って」と、投手陣全体を考えながら、勝利を積み重ねるエースらしいコメント。

チームも3連勝で、貯金は今季最多の11に。(デイリー)


なかなか更新できず、スイマセン。試合を全く見てない訳ではないのですが、あまり見れてる状態にはないので、試合感想記は控えさせていただいてます。とは、言っても先日のマートンのサヨナラ弾は見てまいりました。強いなーって実感はやっぱりないんですが、勝ちに対する執念みたいなものは確実に感じます・・・っちゅうことは、やっぱり強いのか。。(笑)

今日からのマリーンズ2連戦で甲子園での交流戦は終了でございます。迎え撃つマリーンズはパ・リーグ首位。対するタイガースも2位ながら、首位に肉薄してるだけに、今年の秋にはこの顔合わせがあるかもしれません。

マリーンズ先発はエース・成瀬。今年の交流戦は攝津に、金子、田中マーくん、武田勝、牧田・・・パ・リーグを代表する投手陣をことごとく打ち崩してきたタイガース打線、今日も成瀬を打ち負かしました。

1点を追う4回、先頭のマートンがフォアボールを選ぶと、1000打点に王手をかけてからなかなか打点をあげれない新井さんへ。最後に打点を挙げてから約2週間。その間、甲子園、京セラ、福岡、倉敷と花束を用意されていたのに、毎回無駄にし続けた新井さん。そろそろ花束を無駄にしない為にも打たないと・・・というところで、新井さん、決めてくれました!成瀬のストレートをセンター横へ逆転の8号2ランホームラン!弾道自体は低かったのでどうかな・・・というところもありましたが、見事フェンスを越えてスタンドに着弾しました!1000打点を飛び越え、1001打点目もあげた新井さん。いつものベンチ前での決めポーズをしようとポーズを作りかけるもナインから頭をボコボコに叩かれる手洗い祝福。効果的な値千金の一打はこの日も好投していたノウミサンにいい援護点になりました。

その先発したノウミさん。3回2アウトから根元にセンターバックスクリーンへ先制弾を浴びるも、失点はこれだけ。4回にも無死1・2塁というピンチを迎えたものの、相手の拙攻にも助けられてこのピンチを切り抜けると、すかさずウラのイニングに新井さんの2ランによる援護射撃あり、6回にも追加点を取ってもらって最終回まで勢いを落とすことなく投げ切ったノウミサン。2試合連続の完投勝利はリーグトップタイの6勝目!お立ち台では完投することは正直疲れる・・・とノウミサン。しかしながら、登板するときは必ず完投する意気込みでマウンドに立って、見事実行するあたり、エース・ノウミサンであります。

マリーンズとの交流戦は負けなしの2勝1分け。日曜日も藤浪に託してマリーンズ制圧といきたいところです。交流戦順位も首位まで2ゲームと優勝を狙える範囲。交流戦優勝は他力もかかってくるんで、難しい面もあろうかと思いますが、初めての交流戦優勝、狙いたいところです。

セントラルの順位も阪神が勝てば巨人も勝ち、巨人が負ければ阪神も負ける状態で0.5差で首位追走はそのまま。追いかけるのと追いかけられるのでは気持ち的に前者が楽かな。地道に戦って気づいたら・・・という感じになるのが一番いいと思うんで、こつこつ勝っていきましょ。

交流戦ラスト甲子園は100球制限が解除された藤浪の完投、完封なんてのも見たいかな。必死のパッチで交流戦優勝狙おうぜ!打線はそろそろ良太の爆発が見たいかな。お兄ちゃんの影に隠れてないでもっと目立て!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3○1千葉ロッテマリーンズ〜甲子園・3回戦

【ロ】●成瀬−南
【神】○能見

【勝ち投手】能見(6勝2敗)
【負け投手】成瀬(6勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】新井8号2ラン(4回ウラ・成瀬)

阪神タイガース通算成績 33勝22敗3分 対マリーンズ 2勝1分

藤浪4勝目!猛虎打線初回6得点で援護

今季最多の4万6512人の観客が、阪神・藤浪と日本ハム・大谷の初対決を注視した。

背中と腰の張りで戦列を離れ、2週間ぶりのマウンドに上がった藤浪を、阪神打線が初回に援護。

1死から大和が四球を選ぶと、3番・鳥谷が中前打で1死一、二塁。敵失で二、三塁に好機を広げ、サヨナラ勝ちした前夜のヒーロー、マートンが先制の右前適時打を放った。ここから、新井、新井良、浅井、藤井彰と5者連続適時打でこの回6点を先制した。

大谷は初のクリーンアップとなる「5番・右翼」でスタメン。二回無死二塁での藤浪との初対決は左飛に倒れたが、四回の第2打席では1死無走者から146キロ速球を左前へ。快足を飛ばして二塁打とした。六回の第3打席でも2死無走者から145キロ速球を右中間二塁打とした。

藤浪は二回に今浪の適時打で1点を失ったがその後は抑え、7回87球、6安打2奪三振、無四球でマウンドを降り4勝目を手にした。(デイリー)


ハムに連勝で貯金は今季最多の10!首位・巨人にも1.5ゲームと迫り、首位を奪取するのも時間の問題かな。横綱相撲をしてるような戦いではないんだけど、気が付いたら勝ってる。ハムも去年までの緻密さや嫌らしさが無くなって、戦いやすい相手に成り下がってしまったな。強いハムが好きなんだけどね。残念。

ハムの先発は武田勝。武田勝とはキャンプ期間中の練習試合やオープン戦でコテンパンに打ち込んだイメージがあったので、相手を見下ろして戦ういいイメージを持って試合に挑めました。

昨日のサヨナラの勝ちの勢いは今日も残っていました。初回1死から大和のフォアボールを足掛かりに鳥谷のセンター前ヒットで1死2・3塁とすると、ここから怒涛の右打ち。マートン、新井さん、良太、浅井が4連続ライト前タイムリーを放って4点を奪うと、仕上げは藤井がレフトフェンス直撃の走者一掃の2点タイムリーで一挙6得点。本人曰く「力足らずだったので、フェンス越えができなかった」とのことでしたが、藤浪を援護するには十分すぎる援護点でした。

タイガース先発は藤浪。2回に中田に左中間を破られる2ベース。2死から今浪のライト前へタイムリー。今日の藤浪の失点はこの1点のみ。7回を投げて6安打1失点。本人曰くあまりよくなかったということでしたが、球数87と完投も狙えるペース。8回を安藤、9回を加藤とリリーフを仰いでの勝利となりましたが、最後まで投げ切る藤浪の姿もそろそろ見たいかな。高校時代から続く、甲子園無敗伝説は今日も継続であります。

今日の甲子園は46500人を超える大観衆。そのほとんどが目当てに見に来ていたであろう対決は藤浪vs大谷だったんじゃないでしょうか。対戦した3打席、結果から言えば2安打を放った大谷に軍配。だけど藤浪も自身の意地、ファンの期待に応えて、ほとんどストレート真っ向勝負を挑んだのは良かったように思います。

藤浪は虎のエース候補となるべく英才教育で順調にエースへの階段を駆け上がり、対する大谷には二刀流という夢のある起用方法という人もいれば、中途半端などっちつかずの起用法に首をかしげる人もいたり(僕は後者)。大谷には「投」か「打」のどちらかの道で頂点を極めて欲しいと思うのですが。個人的には大谷には打者として頑張ってほしい。イチローのような選手になれる素材だと思う。外野からの肩の強さ、バッティングのしなやかさはもちろんのこと、2打席目に放ったレフト前ヒットをマートンの緩慢な守備を見抜いて、1塁を回ったあたりからギアチェンジをしてセカンドへ好走塁を魅せた判断はすごいなと思いました。次回は札幌ドームで大谷と対戦することがあろうと思いますが、今度は投手で二刀流の真骨頂を見せて欲しいと思います。もし投手大谷と対戦するようなことがあるならば、ボコボコに打ちのめしてプロの厳しさを阪神打線が教え込んでくれると思います。

週明けは星野楽天を甲子園に迎えて2連戦。去年は星野監督に不甲斐ないところを見せてしまったので、今年は強い虎を魅せて、星野監督を唸らせてほしいなと思います。できればマー君を打ち崩して唸らせたいね。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース7○1北海道日本ハムファイターズ〜甲子園・2回戦

【日】●武田勝−鍵谷−根本
【神】○藤浪−安藤−加藤

【勝ち投手】藤浪(4勝1敗)
【負け投手】武田勝(2勝3敗)

阪神タイガース通算成績 28勝18敗3分 対ファイターズ 2勝

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
マートン劇打で阪神がサヨナラ勝ち

阪神が逆転サヨナラ勝ちで連勝。交流戦の勝率を5割に戻した。

1点を追う九回裏、先頭・浅井が死球で出塁。この判定を巡って日本ハム・栗山監督が暴言退場というシーンの後、犠打で1死二塁。代打・桧山が右前打で一、三塁し、打者・西岡の際に武田久の暴投で同点に追い付いた。

さらに大和が遊内野安打でつなぎ満塁。2死後、マートンが右中間へ運んでサヨナラを決めた。お立ち台に立ったマートンは「どう説明したらいいかわからないけど、最高の気分です」と興奮気味に話した。

日本ハムは先発・谷元が六回途中まで阪神打線を4安打無得点の力投。五回大野のセーフティスクイズで挙げた1点を継投で守り切る寸前だったが、最後の武田久が死球から崩れ、連勝は「3」で止まった。(デイリー)


不思議の勝ちあり。まさに今日はそんな試合でした。1プレーで流れが変わるんだから怖いスポーツです。

先発はエース・ノウミサン。順調な滑り出しで迎えた5回。先頭の大引にレフト線を破られる2ベースとされると、金子に送られ1死3塁、続く大野もプッシュ気味に仕掛けたバントがスクイズとなり日ハムに先制点。

6回には1死から内野安打で出塁の西川を置いて、3番・アブレイユ。怖いアブレイユをファーストファウルフライで仕留めたからと思いきや、新井さんが目測を誤り落球。この1プレーで命拾いをしたアブレイユ。直後に西川は二盗を決め、アブレイユもフォアボールで1死1・2塁。続くは4番・中田とあって、ここで一打出れば流れは一気に日ハムへと流れかねない場面でしたが、ノウミさんはここから粘りの投球。中田をサードゴロ。大引にフォアボールを与えて満塁にするも金子を三球三振で斬って取りピンチ脱出。

ピンチのあとにチャンスアリ。阪神打線も2死から新井兄弟の連打、代打・浅井がフォアボールを選び満塁にするも、藤井が倒れ同点、勝ち越しはならず。8回にも2死から新井さんがライト線へ2ベースも、良太のセンター返しはショートのグラブに収まり、同点打にならず。

チャンスが来そうで来ない何とも言えない雰囲気のまま、ハムは矢貫、増井、阪神は福原、筒井の両リリーフが踏ん張り、1点差のまま9回ウラへ。

9回ウラ、ハムは守護神・武田久を投入。2番手の矢貫、増井がキレのいいストレートを投げ込んでいたことを思うと、武田久なら何とかなるのかな・・・なんて淡い期待を持ちながら挑んだ最終回の攻撃、ドラマは起きました。

先頭の浅井がグリップエンドに当たんじゃないかと思われる疑惑のデッドボール。浅井自身は痛がる素振りも、当たったとアピールすることもなかったのですが、主審の白井がデッドボール判定。阪神側はラッキーな出塁でしたが、これに怒ったのが日ハム・栗山監督。そら怒る(笑)だって、ボールの跳ね方が明らかにグリップエンドに当たったような跳ね方なんですもの。この1プレーに怒り心頭の栗山監督は暴言で退場宣告。気の毒ですが、サヨナラの流れはあれで決まったような感じでした。

続く藤井がキッチリ送り、筒井に代打・桧山。桧山はライト線へ運んで1死1・3塁。桧山が繋いだチャンスに応えるべく、目立ちたがり屋な西岡へ。いつのか大阪ドームでのサヨナラ劇が頭によぎる中、西岡の打席で武田久が暴投で3塁ランナーが返り、同点。西岡は敬遠で1死1・2塁とすると、大和はショート内野安打。30打席近くヒットがない中での打席だっただけに必死で1塁へヘッドスライディング。大和の気迫がチームのサヨナラを加速させたかな。サヨナラの期待がかかる中でトリへ打順が回るも、甘いストレートを打ち損じ浅いレフトフライ。これでは返れず、2死満塁でマートン。千葉では大当たりだったマートンでしたが、この日はここまで3タコ。そろそろ一本が出るかなと思われた場面でマートンは期待通りの働き。2−2からの並行カウントから真ん中へ入ったストレートを右中間へ!強い打球は誰もいないところへ転がり今季3度目のサヨナラ勝ち!!

2塁上で歓喜の渦が出来、スタンドは大騒ぎ。たかが1点、されど1点。浅井のデッドボール、栗山監督の退場、桧山のライト前ヒット、大和の内野安打、武田久の暴投。8回まで1点を取るのに汲々としていたのに、勝つときはこんなもんなんですよね。まさに勝ちに不思議の勝ちありであります。

明日は藤浪が予告先発で日ハムは大谷がスタメン予定。藤浪は5月5日以来の1軍マウンド。ここまで3勝をあげ、阪神のローテの一角として期待以上の働きをしている藤浪に対して、二刀流の大谷。個人的に二刀流というのは好かないので藤浪には大谷を全打席三振に仕留めるくらい、鼻をバキバキにへし折ってやって欲しい。藤浪の好投、阪神打線の前にひれ伏すハム投手陣。去年は4敗という屈辱的なハム4試合だっただけに、今回は去年のリベンジ。そっくりそのまま返してやりましょう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2×○1北海道日本ハムファイターズ〜1回戦・甲子園

【日】谷元−宮西−矢貫−増井−●武田久
【神】能見−福原−○筒井

【勝ち投手】筒井(2勝1セーブ)
【負け投手】武田久(1勝1敗6セーブ)

阪神タイガース通算成績 27勝18敗2分 対ファイターズ 1勝

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が一発攻勢で連敗止める

阪神が一発攻勢で圧倒。連敗を3で止めた。初回、西岡の先頭打者弾で先制すると、1死満塁から新井良に左越え4号グランドスラムが飛び出し、一挙に5点を挙げた。二回には鳥谷の適時二塁打で加点した。

先発の小嶋は三回、李杜軒に左越え2ラン、続く内川に4号ソロ、四回先頭の松田にも4号ソロを被弾し、四回途中降板となった。

しかし打線がその後に鳥谷の4号2ランなどで勝負を決めた。試合後、西岡とともにヒーローインタビューのお立ち台に上がった新井良は「(西岡の)先頭打者ホームランでチームに勢いがついた」と振り返った。(デイリー)


甲子園でホームランが打ち乱れること7本塁打。こんな空中戦っていつ以来だろう。やっぱボールは変わったよ。

初回の西岡の先制ホームランはレフトポール際へ。あそこは元来ボールが伸びるところだけど、去年はあんな当たりなかったぞ。ブラゼルでさえ見なかったような気がする。いつもはホームランを打った選手を迎えてばかりの西岡も今日は迎えられる側。ベンチ前で首脳陣とハイタッチして、ナインといつもの決めポーズ。いつかの新井さんのときのように透かされることもなく、キッチリ決まった決めポーズ。やりだしっぺなだけにキレは最高に良かった。

このホームランで勢いづいた阪神打線、このホームランで狂ってしまったホークス先発・攝津。このあと大和をフォアボール、トリのピッチャーゴロを攝津がエラー。マートンは三振に打ち取るも新井さんを歩かし満塁にし、打席には良太。最近当たりが止まり、お兄ちゃんに代わって6番へ降格も、タイガースの6番は不思議とチャンスが巡り、打点が稼げる打順。ここで打てばヒーロー、打てなければ戦犯。お兄ちゃんは6番で結果を出して、クリーンアップへ昇格、良太もここでもう一度結果を残し、5番へ、4番へ殴り込みを掛けて欲しい・・・そう願って見ていたこの打席で一発回答!アウトコース高めのストレート思い切り引っぱ叩いた打球はレフトスタンド最前列へ飛び込む4号満塁ホームラン!西岡、良太の一発攻勢でいきなり5点を奪ったタイガース。攝津相手の試合だっただけに得点は期待してなかったのですが、意外な幕開けでありました。

2回にも大和のヒットからトリのライト線へのタイムリー2ベースで加点。先発の小嶋には心強い援護点が6点。野手の勝たしてやろうという心意気。その心意気に応えて勝たねばならぬマウンド。

初回こそ、1死から連打で得点圏へ走者を進めるもラヘアを併殺網にかけピンチを抜ければ、2回は三者凡退、3回も簡単に2アウトを奪い、エンジン全開!となる展開のところで、長谷川へフォアボール、李杜軒へレフトポール際へ2ラン、続く内川にもレフトへソロホームラン。あっという間に3点を返されると、小嶋の一発病は4回先頭の松田にもレフトへ持っていかれ、あれよあれよと2点差。これには我慢ならない和田監督も小嶋を諦め、鶴へスイッチ。小嶋は立ち上がりこそよかったのに、今回もフォアボールから崩れ、3回3分の1を3ホームランを含む6安打4失点。ホームランは防げる失点。打たれたコースは全て甘いところ。小嶋は自分で自分の首を絞めて沈んだ。勿体ないし、なんにも成長してないな。。。

ソフトバンクへ流れが傾きそうな展開の5回、先頭の新井さんがフォアボール。隼太の打席で二盗を決めると藤井の打席でホークスバッテリーにミス。新井さんは三塁へ進むと打球処理にもたつくホークスの細川を見て一気に本塁へ。貴重な7点目。

6回には2アウトから大和のフォアボール、トリの2ランホームランはレフトスタンドへ。今日のホームランは8回の内川のホームランを除いて、7発がレフトスタンドへ。今日、レフトスタンドで見てたタイガースファン、ホークスファン、楽しかっただろうね。

タイガースは小嶋が早々に崩れるも鶴、加藤、安藤、久保と細かく繋ぐ必勝リレー。今日の6点先行の展開で負けてたらシャレにならないだけに、勝てて良かった。

交流戦初勝利を上げ、明日から埼玉西武、千葉ロッテと関東で迎え撃つパ・リーグの二強と対戦。西武もロッテも巨人と戦ってからの阪神戦なのでちょっと勢いが削がれてる感が、戦う側としてはラッキーなのかなと。でも、西武もロッテも相性がいいというイメージはないし、まずは初戦を取って戦いやすい展開に持っていきたいところ。渡辺、伊東とどちらも西武黄金期を支えた選手。戦い方は案外似てるかもしれないから、攻略してしまえばこっちのもの。西武黄金期に首脳陣として支えた黒田ヘッドもいるから手の内はわかるかな。。。

まずは初戦、初戦を取って波に乗ろう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○5福岡ソフトバンクホークス〜甲子園・2回戦

【ソ】●攝津−川原−柳瀬−森福
【神】小嶋−○鶴−加藤−安藤−久保

【勝ち投手】鶴(2勝)
【負け投手】攝津(4勝2敗)

〜ホームラン〜
【ソ】李杜軒1号2ラン(3回オモテ・小嶋) 内川4号ソロ(3回オモテ・小嶋) 松田4号ソロ(4回オモテ・小嶋)
内川5号ソロ(8回オモテ・安藤)

【神】西岡1号ソロ(1回ウラ・攝津) 新井良4号満塁(1回ウラ・攝津) 鳥谷4号2ラン(6回ウラ・川原)

阪神タイガース通算成績 24勝17敗1分 対ホークス 1勝1敗

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
関西ダービー初戦は阪神の完封負け

関西ダービー初戦は阪神の完封負けとなった。打線はオリックス先発・ディクソンに対して、走者を出しながらも、あと一本が出ず。ツーシーム、カットボールなどの変化球を捉え切れなかった。

先発のスタンリッジは好投したものの、五回1死から坂口に右越えソロを浴びた。これが決勝点となり、オリックスは5連勝を決めた。

「追い込まれていたんで何とか食らいついていこうと思った」と坂口。大観衆の甲子園については「たくさんのファンの中で野球ができることは、野球選手にとって幸せなこと」と話していた。(デイリー)


関西ダービーかなんだか知らないけど、4安打じゃ勝てねぇ。

いや、4安打でも勝とうと思えば勝てるんだけど、少ないチャンスを如何にモノにするか。今日は初回の1死1・2塁、2回の2死1・2塁の序盤の2度のチャンスが生かしきれなかった。

オリックス先発・ディクソン、2番手・佐藤達、3番手・平野佳。年に1度の甲子園での試合に気合満点だったのか、オリックス投手陣のストレートがキレッキレで、手も足も出ずというのに近い形でした。

タイガース先発のスタンリッジや中継ぎ陣もオリックス投手陣に負けてはいませんでした。スタンリッジは毎回のようにランナーをためるも、要所を締めるピッチング。唯一の失点となった5回の1点も甲子園球場の風の抜け道になるライトのポール際へ坂口にソロホームラン。不運としかいいようがないっちゅうか。わずかな差でホームランになってしまいました。

8回には2番手の福原がヒットとフォアボールで追加点のピンチも、3番手の加藤が見事な火消し。古巣・オリックスの面々に対して、気合みなぎる投球で追加点を許さぬパーフェクトリリーフ。

8回のピンチを切り抜け、流れは若干タイガースに傾くかと期待しましたが、最後まで流れは来ず、連勝は6でストップ。1点差の完封負けという、一番堪える形での敗戦になりました。

明日は榎田が先発。毎回好投はするものの、如何せんフォアボールが多いイメージ。明日は無駄なランナーを出さずにいい形で白星を得て欲しい。ここ最近の交流戦はなかなか勝ち越しを決めて終わることがないだけに、自慢の投手力と、自慢の打線で交流戦上位へ食い込めるよう、チーム一丸で頑張れ。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース0●1オリックス・バファローズ〜甲子園・1回戦

【オ】○ディクソン−佐藤達−S平野佳
【神】●スタンリッジ−福原−加藤−筒井

【勝ち投手】ディクソン(4勝1敗)
【セーブ】平野佳(1勝7セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(3勝3敗)

〜ホームラン〜
【オ】坂口2号ソロ(5回オモテ・スタンリッジ)

阪神タイガース通算成績 23勝15敗1分 対バファローズ 1敗

このページのトップヘ