猛虎Japan!

July 2005

死のロード前、最後の甲子園となる今日の試合。

昨日の情けない試合とは打って変わって1点を巡る攻防となった今日の試合。

勝って、下から追い上げる中日をどうにか引き離しにかかりたかったのですが…。

9回オモテ、1対1のタイスコア・2アウトランナー無しから、我らのスーパークローザー・藤川球児がとうとう打たれてしまいました。。。

1ストライク1ボールからの3球目。高めのすっぽ抜けカーブをヤクルトの伏兵・リグスとやら選手にガツンと一発、レフトスタンドに放り込まれてしまいました。

今年は何度となく、球児投手には助けてもらっているので1回や2回の敗戦で、あーだこーだ責任を攻め立てるのは酷だと思いますが、主砲・ラミレスのような一発を要警戒するような選手じゃなかっただけに、あの1球は非常に悔やまれます。。。

今日の投手陣は先発の杉山が7回7安打1失点の投球をすれば、ジェフもいつも通り自分の持ち場をそつなくこなして、上々の投手リレー。文句はそれほどありません。

問題は打線がここにきて重症。
一昨日・6安打、昨日・4安打、今日も9イニング3安打と3試合を通じてヒット13本と打線が全体が全く振れてない状態。めちゃめちゃ深刻、心配です。横浜との3連戦、打線の調子が上向かないようであれば、ここは一発、起爆剤に浜中選手を起用して気分新たに戦ってみるのはどうかなっと思います。

とにかく場所を移して、打線が大暴れすることを祈ります。いや、してください。


人気blogランキング参加3日目

別に負けるのは構わないさ。

いつも3連戦を2勝1敗ペースで戦ってるんだし。

でも、負けるのにもいい負け方、明日に繋がる負け方をしなきゃダメだよ。。。

今日の試合はなんですか。

グダグダな試合内容。打って、投げて、守って、ダメ、ダメ、ダメ。

こんな試合してたら、いつか中日にひっくり返されますよ。いや、ホンマに。

打っては4安打、シャットアウト負け、3塁を踏ませてもらえず。

投げては4投手を継ぎこんで、22安打、13得点、江草以外いい所なし。

守っては今岡の覇気の無いプレー2発に、記録には残らないエラー連発。

ボロ負けで、明日は切り替えがスパッといくという人もいるかもしれないけど、今日の負けは下手したら後々響くような気がしますよ。

明日は気合を入れなおして、ロード前の最後の甲子園の試合に挑んでくださいよ。
今日の嫌な負けを断ち切って、ロードへ弾みの付く勝利、お願いしますよ。

残りのシーズン、今日のようなアホな試合をしないように!!!!

人気blogランキングに参加してみた。

夏休み最初の甲子園3連戦であり、ロード前最後の甲子園3連戦。
今日も47294人のお客さんが甲子園に詰め掛けました。

タイガースの先発は虎投最年長投手・下さんが先発。
今日も相変わらず低め、低めを意識した丁寧なピッチング。
ベテランらしい打たせて取るピッチングでピンチらしいピンチを迎えることなく、6イニングをヒット3本、無失点と完璧な投球を見せた下さん。

額から大粒の汗を流しつつ飄々と投げる姿はかっこいいの一言。
鉄人・金本しかり、下さんしかり、タイガースの36歳はチームの鏡です。

打線は初回に赤星、鳥谷の連打からシーツの内野ゴロ(気迫あふれるヘッドスライディングあり)の間に1点を先制。しかし、それ以降はスワローズ・川島に抑え込まれ6回まで沈黙ムード。

両チーム、流れがなかなか引き寄せられない中、7回ウラ、タイガースにやっとこさチャンス到来!ラッキーセブンの名の通り、タイガース打線爆発。

川島から交代した吉川の代りっぱなを藤本がレフト線ギリギリの絶妙な2ベースヒットでチャンスメイクすると、吉川から代った山部が片岡にフォアボールを出してチャンス拡大。一死後、鳥谷に投じた球は山部のグラブに当たって内野安打。ここで待望の待望の追加点!!流れを完全に引き寄せたタイガースは山部から代った河端からシーツがレフトへトドメの3ラン。

シーツの1発で1対0と緊迫した試合も5対0と楽勝な試合に早変わりして、8回、9回はタイガース中継ぎ課の江草、ハシケンが綺麗にしめてゲームセット。

川島を攻略できなかったのは悔しいけど、代りっぱな、相手投手に隙あらばトコトン攻め立て、1チャンスをモノにするタイガース打線の集中力はお見事。

残りの2試合もどうにか勝って、死のロードへ弾みをつけたいところ。
中日が9連勝としぶとく食らいついてくるのが気にかかるけど、そろそろ連勝も止まる頃だろうと思うので、中日が負けた日にどうにか差をつけて離したいですな。
08a5030e.JPG
人気blogランキングに参加してみた。

2年ぶりの覇権奪回へ見事な滑り出しを見せた我らがタイガース。

昨夜はジャイアンツのエース・上原を完膚無きまでにやっつけ、今日も昨夜の勢いそのままに初回から激しくジャイアンツに噛み付きます。

先頭の赤星がセンター前のヒットで出ると、続く3番・シーツ、4番・金本も出塁で、のっけから満塁のチャンス!!5番には83打点、目下セ・リーグNO.1の打点を叩き出し、満塁時の打率が5割3分を越える我らの今岡さんが登場。

打率は2割7分台前半と思ってるより打ってないものの、チャンスでは必ず打ってくれるこの男。今日もやってくれました。カウント2-2から右へおっつける2点タイムリーで電光石火の先制劇。

今日も昨日同様、9点、10点の大量得点の匂いプンプン。
2戦連続、巨人相手にボロ勝ちも夢じゃないなと思いつつ、試合を見ていたんですが…。

初回に崩れかけたジャイアンツ先発・高橋尚は2回以降立ち直り、タイガース打線は沈黙。

タイガース先発・福原も3回までに4点は取られたものの、それ以降は立ち直ってまずまずのピッチングを見せてくれてはいたんですが…。

今日の負けで福原はリーグワーストの11敗目。。。
勝ちと負けが逆転してもおかしくない投球内容はしてくれてるんですが、負けるときはどこか詰めが甘い・・。

明日は勝ち越しを賭けての3連戦目の3つめ。
巨人に気持ちよーく勝って、死のロード前の最後の甲子園に帰りましょう。

夢の球宴・サンヨーオールスターゲーム第2戦。

昨日とは打って変わって超満員の観衆で行われたオールスターゲーム。
観衆も4万5296人とどこかの球場とは大違いです。

甲子園では6年ぶりとなるオールスターゲームはタイガース勢全員出場。

まず打撃でセントラルチームにタイガースは貢献。
先制の突破口を開いたのは赤星、今岡、金本の03年優勝初期オーダーから。
赤星が綺麗なセンター返しで出塁すると、続く今岡の打席時にすかさず盗塁をしてチャンスメイク。この後、今岡が先制タイムリー、金本、ヤクルト・岩村、広島・前田も続いて、パシフィック・杉内から初回に3点先制。

4回にもヒットで出た鳥谷をランナーにおいて、今岡が独特の右打ちで、セ・リーグ打点王の役割をキッチリこなす仕事っっぷりで中押し。
甲子園につめかけたトラファンは大満足。

投げる方では下さんが広島・黒田の後を継いで2番手で登場。
7年ぶりとなった球宴は2イニングを投げて、ロッテの李にどでかい1発を献上して少し残念な結果も本人は笑顔で投球。
最終回には虎が誇る球界一のセットアッパー藤川球児投手が登場して公式戦と変わらぬ仕事っぷり。1つの三振を含む3者凡退で試合完了。後半戦も期待できる素晴らしい投球でした。

我が家・甲子園で、タイガース勢の大いなる奮闘っぷりで5対3とセ・リーグの2連勝に大いに貢献。個々の選手一人一人が活躍、1年に1回の夢の球宴いい形で終えることが出来ました。

今年もオールスターが終わり、火曜日から優勝へ向けて試練の後半戦がスタート。
オールスターで大暴れした勢いそのままに、2年ぶりの夢に向かって大いに頑張ってほしいと思います。

夢の球宴・サンヨーオールスターゲーム。

昨年はオリックス・近鉄の合併、球界再編問題の最中に行われたオールスター。
1リーグ10球団と言う物騒な話題まで飛び出した中での球宴だっただけにセ・パともに最後の球宴になるのではという危機感から、やけに盛り上がったものですが、今年のオールスターは…。個人的にはもうひとつ盛り上がりに欠けた第1戦だった気がします。

盛り上がりに欠けると言えば、オールスターの中継に大いに水をさしたテレ朝のバカ中継。CMが多いは、解説は酔っ払ってるはで最悪。いつもならテレビの前から離れず、最初から最後まで見通すのですが、今年はあまりにもあのバカ解説が耳障りだったので初回を少し見ただけで今年はほとんど見ませんでした。

オールスターは12球団のファンの夢が1年に1度叶う野球界のお祭り。東尾さん、
西武ライオンズ、清原、巨人が好きなのはよーくわかったが、西武、清原、巨人の話ばかりでは視聴者は全く食いつかんよ。西武、巨人、清原の話がしたいのなら居酒屋に行ってらっしゃい。

連夜の延長戦。
タイガース、ベイスターズ、お互い23イニングの攻防、ご苦労様です。

しかし、チームが首位でいくら勢いがあろうと、いいピッチャーを当てられるとなかなか打てないね。昨日12イニング7安打1得点、今日11イニング4安打無得点。

初回にドドンと5点くらいもぎ取って1アウトも取れずにマウンドを去る三浦や、斎藤隆の情けない姿が見てみたいよ。

打撃陣の皆さん、後半戦のベイ戦では今日、昨日のような投手泣かせの試合をしないように!

今日で前半戦は終了。53勝34敗、19もの貯金を抱えて2年ぶりの首位ターン。
2年前のようなぶっちぎりの首位ターンではないもののやはり1番で折り返せるのは気持ちのいいもの。後ろからひたひたとオレ竜の足音が聞こえてきてるような感じもするんですが、あまり下を見ないで後半戦も上を向いて、ドンドン勝ちまくって行きましょう♪

オールスターブレイクは休める人はゆっくり休んで、オールスターに出る選手は賞という賞を総ざらいする活躍をして、有意義なオールスター期間を過ごしましょ!

僕が甲子園に行くと何かが起こるということを以前書きましたが、またしてもいろんなことが起こりました。

1・スペンサー暴言で退場。
2・試合が長引く(今季4回観戦中3回延長戦)
3・ベイの新・守護神、クルーン161キロ計測。
4・今季観戦中、2度目の引き分け。

たまには21時半前に六甲おろしを唄って、23時頃には家に着きたい…。

昨夜試合終了時刻22時。帰宅24時10分前後。
今日は仕事が休みだったけど、仕事のある日は翌日がしんどすぎ・・・。
f71a652d.dat

今季観戦成績…2勝2引き分け 勝率10割

c取りも取ったり14点。

打ちも打ったり先発全員安打で17安打。

もらいにもらったフォアボール13個。

久しぶりの大爆ショー。これ以上にない勝ちゲーム。

オールスターブレイク前になんとしても貯金を貯めて首位固めをしたいタイガースにとっては最高のビタミン剤。勢いをつけるのにもってこいの試合でした。

しかし、今日はカープの投手陣が情けなかった。
出てくるピッチャー全員がキャッチャーの構えたところに全くボールが行かないし、バッティングピッチャー状態。

乗っけからあんなに大崩れされちゃあ、試合の展開が読めちゃうやん!
カープ投手陣よ、もっとしっかりしてくれよ!

オールスター期間中に一生懸命走りこんで、投げ込んで、後半戦は5回ぐらいまで試合を作れるピッチャーを出してきてくれ。

s野球ってホント面白いスポーツですね。


6回14安打4失点で勝ち投手になる人もいれば、7回7安打1失点で負け投手になる人もいるんですから、野球と言う競技はわからない。

今日も福原投手はナイスピッチング&打線に恵まれず。。。

7回を投げてほぼ完璧な内容。5回の宮本に投じた1球を除けば…。
2ストライク3ボールからのアウトコース高めに浮いた球、あれはホントに悔やまれる。2アウト1、3塁で次の岩村を迎える怖さからフォアボールを嫌い、慎重に入ったのがついつい甘くなっちゃったのかもしれないけど、あの1球が決まっていれば。。宮本には長打がないし、打率も大したことないだけに、思いっきりストレート勝負してもよかったかななんて。

打線は1対0のスコアが物語るとおり、ヤクルト投手陣に沈黙。
初回に満塁の絶好の先制チャンスも川島用にスタメンに入った桧山が三振。
4回、5回もランナーを出すもチャンスには繋がらず・・・。
7回に初回以来の絶好のチャンス。1アウト2塁から同点を狙おうかというイニングを迎えつつも、藤本のポップフライで飛び出した上坂のボーンヘッドで完全にチャンスを逸し、結局流れを掴めず、試合終了。

今日負けたことで福原の負け数がセ・リーグワーストの10敗到達。
この強さで、大量のゲーム差、有り余る貯金、1つ負けたところで痛くもなんともない(負けることは悔しいですが)けれども、好投の福原にまたしても勝ちが付かなかったのは大いに痛い。いつも好投してくれてるだけに。

明日は休みで、金曜からオールスターまで、我が家・甲子園で下位の広島・横浜を迎えての6連戦。両チームには大量に勝ち越しているだけにオールスター前までにさらに貯金を増やしたいところ。

赤星、金本とけがを抱えている選手、藤川率いる中継ぎ課の面々、明日はゆっくり休みを取って、オールスター前の6連戦大暴れしてください!

sいつのまにか50勝到達。

前半戦首位ターンも確定し、ノリノリのタイガース。

対戦カードも9カード連続勝ち越し。今日勝てば10カード連続勝ち越しです。

昨夜は井川が3イニング目を投げた時点で10安打も打たれ、大量点を献上してもおかしくはない状態だったのですが、ヤクルトの不運な当り、井川の強運も重なって6回14安打4失点の投球内容でハーラートップに踊り出る9勝目。
エースとしては完全に不合格な投球内容なのですが、チームが強いときには負け内容でも勝ち星は転がり込んできます。

打線も3点を先制をしてからは沈黙状態だったのですが、7回に新・代打の切り札である片岡選手が右中間の一番深いところへ3点逆転タイムリー2ベース。
出場機会に恵まれないながらも辛抱に辛抱を重ねた男・片岡の意地の一打でした。

優勝するときには経験豊かなベテランの力は欠かせません。
若手だけの勢いだけではかならず、へばるときが来ます。

片岡選手、これからも厳しい日々が続くかもしれませんが、フォア・ザ・チームに徹して優勝に貢献してください。

今日は七夕。

天の川では織姫さまと彦星さまが年に1度の再開を果たしている頃、甲子園ではタイガースとスワローズが3連戦の3戦目を戦っておりまして、見事4対2で勝つことが出来ました。

タイガースは2点ビハインドで迎えた4回ウラ、赤星のセンター前ヒットを足がかりに鳥谷の2ベース、今岡、桧山がフォアボールで出て、矢野さんが3塁線を綺麗に破る2点タイムリー、続く藤本が敬遠、9番の先発・ブラウンに早々と代打を告げて、満塁男・浜ちゃんが登場。浜ちゃんはショートへの内野安打を放ち、満塁男の仕事をきっちりこなし、この回は結局一挙4点をあげ、プチ・ビッグイニング。

今日はこの4回に立て続けに出たヒット4本がゲームを決定づける要因となってしまいました。

ピッチャー陣は今日も阪神タイガース中継ぎ課の面々が各々の役割をきっちりこなしてお役御免。今日も江草、藤川、ジェフ、久保田と勝ち継投の面々が登場して余裕の必勝リレー。毎試合毎試合、試合の展開を睨みながら肩を作り、チームの危機を救う。ホントに頭が下がります。

今日、スワローズに勝ったことでひさびさの3タテに、今季2度目の5連勝がついて貯金16、2位とのゲーム差を7ゲームまでに開いた我らがタイガース。

明日から鬼門のナゴヤドームがなんとなく不安なんですが、今の調子なら鬼門のナゴヤドームなんてお茶の子さいさいかもしれませんね。

ナゴヤで中日に3タテを食らわした記憶があまりないタイガース、今の調子でオレ竜ドラゴンズを粉砕して欲しいと思います。

s


曇り空ながらも試合中は雨が降ることなく順調に試合が行われた今日の甲子園。
少し空席があったものの43249人の大観衆で膨れ上がった今日の甲子園。
順調な勝ちっぷり。テレビで試合を見てたら今月も行きたくなったぞ甲子園。

今日は中5日で福原が先発。

立ち上がり3人を簡単に片付けて、順調な滑り出しを見せたかと思ったのですが、2回に1・3塁のピンチを献上。この回はスペンサーの好返球などでどうにかこうにかピンチを乗り切ったものの、3回にピッチャー川島の内野安打をきっかけに、岩村の犠牲フライでヤクルトが先制。この回も赤星の好プレーに助けられての1点止まりだっただけに4回以降のピッチングが少し心配だったのですが、今日は尻上がりに調子を上げ、7回を7安打7奪三振のフィーバー投球で終えてくれました。

今日は相手投手の川島もナイスピッチングをしていたので好調な打線も少々苦戦。

4回に好調、鳥谷の連打から満塁のチャンスを作るもスペンサーの押し出しの1点。アニキが6回に打線に渇をいれようと放った豪快なライトへの勝ち越したホームランの2点だけしか取れず、打って打って11安打も要所要所を抑えられて、2点という結果に終わってしまいました…。

明日は打線に打って打って打ちまくってもらって効率よい勝ちといきましょうか。

今日勝って、8試合連続カード勝ち越し!!!も3タテは先月のオリックス戦までさかのぼらないと無いのでそろそろ3タテしちゃいましょうか!

sひさびさに縦じまのユニフォームを見た今日この頃。


雨が降りしきる甲子園で行われた阪神VSヤクルト首位攻防戦。
首位攻防と言っても2位まで5ゲーム以上離しているので首位攻防と言っていいのかわかりませんが…。

首位攻防第1ラウンド、先制したのは我らがタイガース。
4回に赤星の内野安打から口火を切って、シーツの先制タイムリーに、選手会長・今岡の見事なレフトへの3ランホームラン。内角のボールを上手く身体に巻きつけてシバイた打球は打った瞬間にそれとわかる打球。今岡自身も打った瞬間にホームランと分かったらしく、バットを放り投げて一塁へ走る姿かっこよかったですよ。

タイガースの先発は調子を絶好調時近くまで取り戻したであろう井川が先発。
7回にラミレスに1発を浴びた以外はピンチらしいピンチを一切背負うことなく、球威抜群、凡打の山を積み重ねて7回を5安打6奪三振のナイスピッチング。

フォームをプチトルネード投法にしてからというもの、見違えるような投球をし出した井川。1ヶ月前まではなかなか波に乗り切れず、二軍落ちまでしたあの井川かと思うぐらいに。。ここ4試合はプチトルネード投法で4連勝!いつの間にかハーラートップタイの8勝目を手にしてしまった井川。次回登板は是非、1回から9回まで1人で投げきって9勝目を手にして欲しいです。

井川の後続は、初の月間MVPを手にした藤川がセ・リーグトップ登板の44試合目のマウンドへ。昨日も勢い衰えることなく3人を綺麗に片付けて、いつものナイスピッチング。そろそろへばりが来てもおかしくはなさそうなんですが…タフな男です。

最後は久保田が藤本のスーパープレーに助けられながらも11セーブ目を上げて首位攻防戦の1つ目をがっちり死守。

これで貯金も15。2位のヤクルト、中日までは6.5ゲームまで差をつけて独走ムードがプンプン。他のセ・リーグファンには申し訳ないですが、セ・リーグの灯を近々消させてもらいますよ。

先週の月曜日、会社の同期の子と大阪ドームへ行ってきました。

去年の9月27日、オリックスブルーウェーブVS近鉄バファローズ最終戦以来のパ・リーグ同士の試合。

自分の中で合併の悲しさはまだ癒えないものの、そろそろ見に行ってもいいかなという気持ちが出てきたので大阪ドームへ行ってみましたが、行くとやはり複雑。

グランドを見るとオリックスの選手、楽天の選手、思い入れのある選手達が両球団で別れ別れにプレーしている。愛称もオリックスがブルーウェーブではなく、長年のライバルだった近鉄の愛称、バファローズが使われ、盛んに球場内で連呼。応援スタイルも阪急から続いていた伝統の応援スタイルがイケイケドンドンの近鉄風に8割がた変わっていたことで、長い間オリックスブルーウェーブをやっていたファンとしては悲しき野球観戦となってしまいました。

c0334b0d.gif

社会人1年生の私。

長い長い研修がやっと終わり、今日付けで配属部門が決まりした。

ここ1週間、研修に行ったり、同僚と食事に行ったり、大阪Dに行ったりと何かとドタバタしておりまして、野球は一応見れてるんですが日記を書く暇がないです。
ゴメンなさい。

来週からはなんとか落ち着きそうなので来週はたくさんタイガース勝利の日記が書けるよう頑張りますので、今後も宜しくお願いします。

このページのトップヘ