猛虎Japan!

August 2011

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神あ〜完敗、連勝は4でストップ

阪神の連勝は4で止まった。先発の能見は二回1死一、二塁から、谷繁に同点の左前適時打を許した。四回には1死一、三塁から、井端が右前適時打。結局七回途中で11安打4失点降板。2番手の福原も押し出し四球でリードを広げられた。

中日は貯金1。先発のチェンは7回1失点で6勝目を挙げた。(デイリー)


真弓阪神の最大連勝は5だったけかな?5連勝の壁が厚いし、今年に限れば貯金2の壁も厚い。5連勝、貯金3の壁をぶち破らなければ、首位奪回はないぞ。

打線は初戦と同じく、先頭の平野がセンター前ヒットで出塁すると、続く大和もライト前ヒット、1死1・3塁と絶好の先制のチャンスでトリがセンターへ犠牲フライを放ち1点を奪うと、なおも1死1塁で新井さん。やってくれました!ピッチャー併殺で1点どまり。立ち上がり不安定なチェンを一気に打ち崩せるチャンスをミスミスなくすと、以降はヒットが出ず(笑)

4回にトリがフォアボールを選ぶも、新井さんがファウルフライ、6回に大和がレフトへ2ベースもトリ、新井さんが続かず、9回もトリがセンター前ヒットで出るも、新井さんがこの日2つ目の併殺打。今シーズン、16個目の併殺打。どうにかならんもんかね。

先発の能見は6回3分の2を投げ、11安打4失点。7回途中までは毎回のようにランナーを背負いつつも、なんとか2失点でしのいでいましたが、7回先頭の小池にフォアボール、続く荒木のポップフライ気味の送りバントを小宮山の併殺打を狙いにかかるも、結局は通常の送りバントと同じ形で小池をセカンドへ進めると、ブランコにタイムリー、和田にフォアボールを与えて満塁になったところで、福原へスイッチ。その福原もピリッとせず平田に押し出しのフォアボールを与え、競っていた試合もグダグダの展開に。

このあとは中日自慢の継投、浅尾・岩瀬に締められゲームセット。

今日の負けでナゴヤドーム3年連続の負け越し決定。順位も3位に下がるも、首位・ヤクルトが敗れたため、ゲーム差は変わらず2.5差。まだまだツキがあるのかもしれないね。さぁ、3つ目を勝って、このカード勝ち越しを狙おう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ4●1阪神タイガース〜ナゴヤドーム・17回戦

【神】●能見−福原−西村
【中】○チェン−浅尾−S岩瀬

【勝ち投手】チェン(6勝7敗)
【セーブ】岩瀬(1敗23セーブ)
【負け投手】能見(7勝8敗)

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が4連勝、首位とのゲーム差は2・5

阪神が引き分けを挟んで4連勝、ヤクルトが敗れゲーム差は2・5となった。初回、1死三塁から、鳥谷が先制の右前適時打。同点の六回には新井貴が勝ち越しの左前適時打。七回には代打・桧山が右前適時打。八回にはマートンの適時二塁打などで3点を加えた。岩田は6回を2安打1失点で7勝目。藤川が31セーブ目。岩田は「無駄な四球があって、押し出しもあって、自分としてはふがいないピッチングでしたが、野手の方が点を取ってくれて勝てたのが大きいです」と話した。

中日の連勝は3でストップ。ネルソンは七回途中3失点で12敗目。
(デイリー)


鬼門ナゴヤの初戦を取り、引き分けを挟んで4連勝!神宮ではヤクルトが広島との延長戦の末、敗北。ゲーム差はまた1つ縮まって2.5ゲーム差。混セ・秋の陣、面白くなってまいりました!

打線は初回、中日先発・ネルソンの立ち上がりを攻め、平野のライト線への2ベースから柴田の犠打で1死3塁とすると、トリのライト前タイムリーで先制!

タイガースの先発マウンドはドラゴンズキラーの岩田。立ち上がりは不安定で2回にはデッドボール、フォアボール、フィルダースチョイスで無死満塁と独り相撲を取る形になり、このあと2死までこぎつけるも、ピッチャーのネルソンにストレートのフォアボールで押し出しで同点。このあとのイニングは立ち直り、6回を2安打1失点の内容だったけど、2回の崩れようはいただけない。でも、岩田が好投すると打線は打たない。けど、少々悪いと不思議と点が入る。…どうしたらいいもんかね(笑)

ネルソンの前に初回以降、当たりがなくなってしまった打線は6回、先頭の平野が久々のヒットで出塁、柴田が送り、トリがフォアボール。迎えるは4番・新井さん。当たりは決していいものではなかったけど、執念で三遊間を破るタイムリーで2−1と勝ち越し。7回には先頭の森田がライト線の2ベースから、藤井のセカンドゴロの間に3塁へ進み、ここでネルソンを引きずり下ろすと、岩田の代打・桧山がドラゴンズ2番手、小林正からライト前タイムリーでさらに加点し、3−1。

8回も先頭の柴田がブランコのエラーで出ると、マートンのライト線タイムリー2ベース、俊介のタイムリー内野安打、大和のレフト犠牲フライで3点を奪い、5点差をつけて逃げ切りモードへ。

7回をナベが3人で締め、8回を榎田が続くはず…でしたが、榎田が誤算。荒木の長打と大和のタイムリーエラー、和田のタイムリーで2点差に迫られ、なおも森野にフォアボールを出し、満塁になった場面で福原とスイッチ。

最終回を勤めた球児も2つのフォアボールとヒットとストライクがなかなか奪えない荒れ気味なマウンド。3点差はあるものの、2死満塁の場面で迎えるはブランコ。一発で逆転サヨナラとなるところまでいきましたが、最後はトリの背面取りファインプレーに助けられ、ゲームセット。

今日の打線は先頭打者を出すこと4度。うち3回が点数に繋がる好結果!この点の取り方が明日以降続けば、面白いかもね。

投げるほうは岩田の出来はさておき、5点の継投で8回の榎田投入はどうなのかと。ただでさえ登板過多なのにあの場面で投げさせなくても…と思うのは僕だけでしょうか?小嶋、藤原、西村じゃ怖いか。これからしんどくなるのに、榎田ばかりに負担をかけてはかわいそうだ。

最後はドタバタで冷や汗モノの勝利でしたが、勢いは確かなもの。今シーズンのナゴヤでの試合もあと2試合で終わり。鬼門だけど、05年のように、ここを勝ち越してVロードへ突入できたら最高よ!頑張れ、頑張るんやで!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ3○6阪神タイガース〜ナゴヤドーム・16回戦

【神】○岩田−渡辺−榎田−福原−S藤川
【中】●ネルソン−小林正−伊藤−鈴木

【勝ち投手】岩田(7勝10敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗31セーブ)
【負け投手】ネルソン(6勝12敗)

阪神タイガース通算成績 49勝47敗4分 対ドラゴンズ 7勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が競り勝ち貯金1、首位に3・5差

阪神が競り勝ち、貯金1とした。0‐0の七回、1死から藤井彰、代打・桧山の連打で1死一、二塁とし、平野の左前適時打で1点を先制した。先発のメッセンジャーは自身最多、毎回の10三振を奪う力投で7回を4安打無失点。八回を榎田、九回を藤川が締め30セーブ目。

メッセンジャーは「ブルペンも素晴らしい仕事をしたし、チームメートのヘルプなしに今の自分はない。感謝したい」と話した。

ヤクルトの由規は7回6安打1失点で6敗目。(デイリー)


昨日の水入りを挟んでの首位攻防戦はタイガースの2勝で終わり、首位・ヤクルトまで3.5ゲームといよいよ首位奪取も視界にくっきり見えてきた今日の試合。まぁ勝つには勝ったけど、もっと楽に勝てたで…ねぇ新井さん。

打線は初回、立ち上がり不安定なヤクルト先発・由規から柴田、トリが連続フォアボールを選び、1死1・2塁の先制のチャンス。4番・新井さんにかすかな期待を抱くも由規のストレートに全くタイミングが合わず見逃しの三振。続く、マートンは鋭い打球を飛ばすもセカンドライナーで先制のチャンス逸失。

3回にも先頭の平野がフォアボール、柴田が送り、トリがフォアボールで再び新井さん。新井さんの打席で相手のバッテリーミスが絡み1死2・3塁と最低限の仕事と御の字の打席でしたが、ショートゴロ。本塁を突きに行った平野が三・本間で挟まれ2アウト、狭殺プレーの間に2塁を狙った新井さんもアウトと最悪のダブルプレー。またも新井さんがチャンスでいかんなく本領発揮で無得点。

このあと由規が徐々に立ち直りはじめ、5回に平野のヒットと二盗で得点圏へ進めることはあったものの、チャンスらしいチャンスもなく中盤から終盤へ。

ヤクルト先発・由規が荒れながらも無失点ピッチングを続けるのに対して、タイガース先発・メッセンジャーは安定感抜群のピッチング!198センチの長身から投げ下ろすストレートにヤクルト打線は凡打の山。7回4安打10奪三振のナイスピッチングでした!

初回、先頭の川島慶にライト前ヒットを打たれ、青木のサードゴロの間に2塁へ許すも、ガイエル、畠山を連続三振に討ち取れば、4回に青木、畠山のヒットで1死1・2塁の場面もバレンティン、宮本を球威でねじ伏せ、無得点。今日は2度得点圏へ進める場面がありましたが、ヒット4本はすべて単打。ヤクルト打線は久保にも相当なアレルギーがありますが、メッセンジャーに対しても顔も見たくないくらい、うっとうしい存在でしょうね。

そんなメッセンジャーの好投をなんとか手助けしたい打線は7回、1死から藤井がレフト前ヒットを放つと、ランディの代打・桧山はセンター前へ続き、平野がレフト前へタイムリーを放って、ようやく先制。このあと柴田が三振に倒れるも、トリが今日3つ目のフォアボールで出塁し、2死満塁の場面で3度目のチャンスで4番・新井貴浩。期待はしてませんでしたが、期待通りのセカンドゴロ。

新井さんの前を打つトリが3フォアボール。明らかにヤクルトバッテリーが鳥谷勝負を避けて、打たれる確立の少ない新井さんを選んでいるのがまざまざ…阪神の4番も舐められたもんやね。4番の重圧は計り知れないものがあるんだろうけど、それを跳ね返してこその4番。4番で使い続ける真弓監督に応えるためにも打たないと…。3度のチャンスで3度の凡退はホント情けない。

虎の子の1点を由規から奪い取って、8回を榎田が3人で締め、9回を球児が青木、武内、畠山を簡単に退け、1点を守りきっての勝利!

今月はヤクルトと対戦すること8試合。京セラで3タテ、神宮で2勝1敗、この甲子園で2勝。計7勝1敗は上出来も上出来。まだヤクルトと10試合も残ってるかと思うと、9月以降は非常に楽しみ。そのためにも明日からの中日3連戦は最低でも勝ち越して、ヤクルト追撃へ今の団子状態から阪神が抜け出さなければ!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・13回戦

【ヤ】●由規−バーネット
【神】○メッセンジャー−榎田−S藤川

【勝ち投手】メッセンジャー(9勝3敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗30セーブ)
【負け投手】由規(6勝6敗)

阪神タイガース通算成績 48勝47敗4分 対スワローズ 10勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神‐ヤクルト戦は雨のため中止

27日に甲子園球場で行われる予定だった阪神‐ヤクルト13回戦は午後6時10分、天候不良のため中止となった。発表された先発投手は阪神・メッセンジャー、ヤクルト・由規だった。(デイリー)

IMG_0553


IMG_0547


ひさしぶりの甲子園だったので、意気揚々と向かって行ったのに、凄い雨のおかげでグランドコンディションが最悪。さすがの阪神園芸さんもお手上げで、開始時間を10分過ぎたところで雨天中止。

いつものことだけど、阪神球団は中止の判断が遅すぎ。4時のゲリラ豪雨の時点でさっさと判断してりゃあいいのに。ファンの電車賃もバカにならないし、お弁当屋さんもせっかく作ったのにたまったもんじゃない。

負けて帰るのも足取りが重いけど、球場に入ったのに雨天中止で帰らされるのも、めちゃめちゃ帰り道がしんどかったよ。

明日は試合できるのかな?夏休み最後の週末。今日もちびっこたちの残念そうな顔をいっぱい見たので、明日こそは試合したいね。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース−【雨天中止】−東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・13回戦

【ヤ】由規
【神】メッセンジャー

阪神タイガース通算成績 47勝47敗4分 対スワローズ 9勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ヤク下し2位浮上 久保はカード9連勝

阪神がヤクルト投手陣に痛打を浴びせ大勝。2位に浮上し、その差を4・5とした。

0‐2の三回、新井、マートンの連続適時打で同点とし、なお2死満塁から狩野の2点打で勝ち越した。中盤以降もマートンの適時二塁打などで加点。先発・久保が7回を4安打2失点。10三振を奪う力投で、このカード、9連勝とした。

久保は「9連勝といってもあまり実感がないです。必ず狩野が打って試合を決めてくれると思っていました」と打のヒーローに感謝。その狩野は464日ぶりのスタメン出場で結果を出し「お世話になった方々の顔が浮かんできて…」とお立ち台で目を潤ませた。

ヤクルトは村中が5回6失点と誤算だった。(デイリー)


7月31日以来の甲子園球場。やっぱり甲子園はいいね。

先発はツバメキラーの久保。対8連勝中と抜群の相性を誇り、試合前から勝ったも同然な気持ちでしたが、2回にガイエルにライトへ先制2ラン。この一発よりもガイエルがまだヤクルトにいたことにビックリ。ガイエルの一発で目が覚めた訳でもないだろうけど、久保はこの一発を最後に7回の宮本のレフト前ヒットまでヒットなしのナイスピッチング。6回、7回とエラーやフォアボールで得点圏にランナーを背負っても欲しいところで三振が取れるのは心強い。久保のツバメキラーっぷり以上に、スワローズ打線が意識しすぎて呪縛にかかってる。この調子でスワローズの面々には眠っててもらおう。

久保は打線の大量援護もあって、7回ホームランを含む4安打2失点、10個の三振を奪う快投で球団記録になる対ヤクルト戦9連勝達成!この調子ならまだまだ伸びそうだ。

その打線は2点を追う3回、2死1・2塁から新井さんがレフト前タイムリー、マートンのセンター前同点タイムリー、セキがフォアボールを選び、復帰即スタメンの狩野がレフトへ勝ち越し2点タイムリーでこの回4点を奪い、あっという間に逆転。

5回には相手の悪送球とマートンのライト線へのタイムリー2ベースで2点を奪い、7回には無死満塁から藤井の併殺の間に1点、森田の左中間タイムリーでさらに1点、8回にはマートンが4安打目のタイムリーで9得点。マートンは4安打3打点の大活躍!マートンの復調はいい兆しだ。

しかしながら、久保以降の継投は8回の小林宏が新井さんのエラーから、バレンティンのタイムリー、宮本の犠牲フライで4点差に迫られ、急遽榎田を投入しピンチを抜け出すと、最終回を福原で締めて、余裕のある勝利から最後はなんとか勝ったかなという感じ。

8回の新井さんのエラーでさすがの真弓監督もしびれを切らしたのか、9回には大和をサードの守備固めに起用して聖域へメス。今更こんなことをするんだったら、もっと早い段階で新井さんに守備固めを起用して欲しかった。

ヤクルト3連戦の頭を取って、2戦目、3戦目。8月最初の京セラ3連戦の3タテ劇の再現なるかな?今夜3.5ゲーム差、明日は2.5ゲーム差。9月の初めには首位…なんてあるかも。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○4東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・12回戦

【ヤ】●村中−渡辺−橋本−山本哲
【神】○久保−小林宏−榎田−福原

【勝ち投手】久保(7勝4敗)
【負け投手】村中(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】ガイエル1号2ラン(2回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 47勝47敗4分 対スワローズ 9勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神は巨人と引き分け、5割復帰お預け

延長十回、規定により引き分けた。

巨人は二回、高橋由の11号ソロで先制。三回、高橋由の2点適時打で加点した。先発小野は4回2/3を2失点。

阪神は四回に新井の12号ソロ、五回に鳥谷の適時打、八回には金本が同点の適時打を放った。先発スタンリッジは6回3失点だった。(デイリー)


負けなかった引き分けか、勝ち越せなかった引き分けか…今日の引き分けは後者だろうね。あと一本が出なかった、勝ち越して欲しかった。

3点ビハインドで迎えた4回、新井さんがレフトへ反撃となる狼煙の一発。ファン的には1回の1死1・3塁の場面で打っとけよって感じで(笑)厳しい言い方になるけど、ど真ん中だったから打って当然な感じもするけど、これがきっかけなのか次の打席でもいい当たりを飛ばしてたいたので、徐々に出もいいので調子が上向けばいいけど。

5回には1死からスタンリッジのヒット、柴田のヒットでチャンスメイクするとトリのショートタイムリー内野安打で1点差に迫り、なおも2死1・2塁の場面で前打席で一発を放った新井さん。新井さんは野間口の初球を叩き、ライトライナーで鋭い当たり!抜ければ同点、勝ち越しとなる場面でしたが、高橋由がダイビングキャッチで3アウト。あのヒットが抜けてれば試合展開も楽に進んだだろうに。ツキがなかったのか、新井さんの負のパワーか…。

タイガースの先発は不沈艦・スタンリッジ。
2回に高橋由がライトスタンドへ片手で運ぶドームラン。3回には2死2・3塁から高橋由がセンター前へ2点タイムリーで3点を取られ、3回までに1ホームラン5安打3失点と苦しい展開でしたが、4回、5回、6回は完全に立ち直り、いつものスタンリッジ。4回以降をきっちり抑えてくれたことが終盤の同点劇に繋がったかな。

1点を追いかける8回に先頭の新井さん、マートンの連打で無死1・2塁にすると、続く金本が巨人5番手・山口からライトへ強引に引っ張るタイムリー。新井さんが生還し同点。当たりが中途半端だっただけに、2塁へ向かい損ねた打者走者の金本が1塁帰塁の際にアウト。判定は微妙な感じでしたが、あの判定がセーフなら展開はどうだっただろうかと…このあと後続の浅井、小宮山が倒れて勝ち越しならず。

9回にも先頭の大和がヒットで出塁し、平野が送って、柴田、トリと続く打線でしたが、あと一本が出ず。

スタン以降の継投は7回をナベ、8回を榎田、9回を球児、10回を福原と勝ちパターンの継投で締める無失点リレー。特に球児、福原の力投がよかっただけに勝ちたかった。

ブラゼルが登録抹消になり、今日初スタメンの森田は1安打ながらも6回の必死のパッチの3塁打は闘志みなぎる走塁でとてもよかったと思う。今日の姿勢を忘れずに1打席1試合を大切にプレーすると、1塁のポジションを大ブラゼルから小ブラゼルへと委譲される日も遠くないかもね。

ヤクルトが中日に負けただけに勝って差を縮めて甲子園へ帰りたかったけど、少しずつだけど試合の内容は良くなってきてる感じがするので次のヤクルト3連戦はいい戦いをしてくれることを期待します。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ3△3阪神タイガース〜東京ドーム・18回戦

【神】スタンリッジ−渡辺−榎田−藤川−福原
【巨】小野−高木−野間口−ロメロ−山口−久保

阪神タイガース通算成績 46勝47敗4分 対ジャイアンツ 9勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・能見が8回1失点11Kで7勝目

阪神が競り勝ち、借金を1とした。能見と巨人・内海による投手戦で、阪神は四回に平野の1号ソロで先制。同点の八回、金本が右翼席へ8号ソロを放ち、勝ち越した。

能見は8回1失点で7勝目。11三振を奪い、今季リーグトップの138奪三振とした。これで東京ドームでは09年7月から5連勝。巨人戦での勝利について問われると「いろんなデータはあるけど、自分のボールは信じているんで気持ちだけでした」と答えた。

巨人は内海が9回2失点完投ながら4敗目(12勝)。打線は四回、ラミレスがバックスクリーン左へ通算350本塁打となる14号ソロを放った。(デイリー)


ヒット3本で勝ってしまいましたよ。野球はわからんね。
4回の平野のライトスタンドへの先制ホームランと8回の金本のライトスタンドへの勝ち越しホームランで勝利!

平野の一発は4回開始早々の初球をコンパクトに振り抜いた打球がまさかの一発。東京ドームじゃなかったら入ってないであろう打球。平野には悪いけど、東京ドーム様様やね。

8回の金本の一発は1ストライクからの2球目のカーブを狙い撃ち!ドンピシャの当たりはライトスタンド中段へ突き刺さるトドメの一撃!なんやかんや言っても金本の存在は大きいのかな…。

先発の能見は8回を投げて4安打11奪三振。失点は4回にラミレスに打たれたセンターバックスクリーンへの一発のみの1失点。バッターの膝元へ伸びのあるストレート、キレのあるフォーク。巨人先発の内海に負けじと快投を演じ、見事な投手戦。内海がヒット3本、能見がヒット4本。普段なら貧打線なんて言ってぼやくんだろうけど、見ごたえのある投げあいでした。

5回にマートンがヒットを放ち、セキとのエンドラン?を仕掛けるもセキが三振で最悪のゲッツー。これで流れが変わるかなぁなんて嫌な予感もしましたが、6回に高橋由のセンターライナーを俊介が好捕したりと、傾きそうな流れをなんとか食い止めての勝利。

ロード最終カードとなる3戦目はスタンリッジで巨人戦の勝ち越しを決めて気持ちよく甲子園へ帰りたいね。ブラゼルが登録抹消でチーム的には危機的状況だけど、チーム一丸となってヤクルト追撃へ備えよう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ1○2阪神タイガース〜東京ドーム・17回戦

【神】○能見−S藤川
【巨】●内海

【勝ち投手】能見(7勝7敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗26セーブ)
【負け投手】内海(12勝4敗)

〜ホームラン〜
【神】平野1号ソロ(4回オモテ・内海)金本8号ソロ(8回オモテ・内海)
【巨】ラミレス14号ソロ(4回ウラ・能見)

阪神タイガース通算成績 46勝47敗3分 対ジャイアンツ 9勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が巨人に逆転負け、岩田は10敗目

巨人が逆転勝ちで貯金を1とした。0‐1の六回にラミレスの右線適時二塁打で2点を奪い逆転。七回には代打・谷の中前適時打で1点を追加。八回には2死満塁から坂本が2点中前適時打を放ち、突き放した。先発のゴンザレスは六回途中、右足を痛め1失点で降板。以降は小刻みなリレーでつないだ。決勝打のラミレスは「あのシチュエーションは何とかヒットを打って走者をかえすことを考えていた。残り試合、全力を尽くしてプレーしていきたい」と話した。

阪神は好機に3併殺打と拙攻が響いた。岩田は6回2失点で10敗目。(デイリー)


岩田が投げると援護がないね。今日の負けで10敗目(6勝)。10敗のうち何度3失点以内で降板しているだろう。勝ち星と負け星が逆でもおかしくないし、逆になってないとおかしい。

6回を投げて4安打6奪三振2失点で負け投手。5回までは相手を寄せ付けないピッチング。6回もヒットとフォアボールからラミレスにライト線へ逆転2点タイムリーを放たれるも、これが唯一の失点。後続をきっちり抑えて打線の援護を待ちましたが、如何せん打線が打たない…打てない。

巨人の7安打を上回る2桁11安打を放つも2得点って寂しいね。得点シーンは2回に新井さんのセンター前ヒット、ブラゼルのセンターオーバーのヒットでチャンスメイクから、セキのサードゴロの間に得点した1点と、8回の上本、セキの連打から俊介のサードゴロの1点、計2得点。

他にも3回に1死1・2塁、5回に1死1・2塁、6回1死1・2塁
、7回2死1・2塁の4度のチャンスがあったけれど生かすことが出来ず…。このうち3度のチャンスで4番・新井さんが凡退。三振、ショート併殺、サードゴロ。好機で迎える4番ほど嫌なものはないけど、他球団からしてみれば、新井さんに回ったほうがシメシメといったところかな。とりあえずアウトコースにスライダーでも投げておけば、高い確率でひっかけてサードゴロを打ってくれるだろうなんて算段があるだろうし。巨人の4番・ラミレスも大して打率は高くないけど、やっぱり勝負強いし打席に立たれると怖い。対して新井さんは打ってくれたら儲けモノくらいにしか見れない。04年から約6年間勝負強い打撃で4番を張り続けたアニキ金本は偉大だね。

新井さんが不調なのに加えて、2回のセンターオーバーのヒットの走塁中にブラゼルが右太ももの故障で離脱するし、明日以降の戦いが今以上に苦しくなるんじゃなかろうか。真弓阪神の初心に戻って明日から4番・レフト金本、5番・サード・新井でいくか!?
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ5●2阪神タイガース〜東京ドーム・15回戦

【神】●岩田−小嶋−渡辺−藤原−福原
【巨】ゴンザレス−○高木−ロメロ−山口−S久保

【勝ち投手】高木(1勝1敗)
【セーブ】久保(3勝1敗11セーブ)
【負け投手】岩田(6勝10敗)

阪神タイガース通算成績 45勝47敗3分 対ジャイアンツ 8勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・渡辺が勝ち越し許さず引き分け

ともに決め手を欠き、延長十一回引き分け。

阪神は打線が初回、1死二塁から鳥谷の右前適時打で1点を奪っただけ。好投のメッセンジャーは七回、1死満塁から押し出し四球で同点とされ降板。渡辺が好救援で勝ち越しは許さなかった。

横浜は先発の三浦が7回1失点と好投。攻撃は終盤、まずい走塁もあり得点機を逸した。(デイリー)


初回のマートン内野安打、平野の送りバント、トリのライトへのタイムリーヒット。本日の阪神の得点シーンはこれだけ。

9回には先頭の平野がセンター前ヒットで出塁するも、1点にこだわってトリに送りバントを命じ1死2塁も、新井さん凡退、ブラ敬遠、代打・桧山ファーストゴロ。この回の攻撃はもったいないというか、エンドランを仕掛けるなり、平野を走らせるなり、もっと違う攻めがあってもよかったんじゃないかって。トリにバントは違うと思う。

延長11回にはその鳥谷が2アウトからレフトオーバーの2ベースを放つも、新井さんが凡退。今日の新井さんは5タコでまもなく2割6分も切りそうな勢いで、また4番降格も考えないといけないんじゃないかと。いつも酷いけど、酷さが違う。

先発のメッセンジャーは7回途中まで投げ、8安打1失点。7回は吉村の2ベース、ハーパーのヒットはしょうがないにしても、藤田のデッドボールは相手が避けなかったし、下園へのストレートのフォアボールは3ボール目、フォアボールになった球とストライク判定ででもいいんじゃない?って球で、審判に泣かされて不運だったとしか。メッセンジャーのあとを継いだ2番手・渡辺は連日の火消しっぷりで1死満塁のピンチを石川、金城と共に、内野ゴロにしとめてピンチ回避。ナベの能力の高さは承知のとおりだけど、また株が上がったね。

8回を榎田、9回を球児がビシッと締め、10回は福原が2死満塁のピンチを作るも、渡辺をファーストファウルフライに切って取り、最終の11回は小嶋が横浜打線を締めて、延長引き分け時間切れにてゲームセット。

最近は点が入らないからか見ていて退屈な試合ばっかり。やっぱり4番がチャンスでお決まりのように凡退するから面白くないんだろうか…。来週の巨人戦、ヤクルト戦と上位チームを叩くにあたって、また新井さんを降格させる手もあるかもね。今度は4番・鳥谷なんていいかも。今の鳥谷なら4番に適任だと思う。3番・関本、4番・鳥谷、5番・ブラゼル…いい並びやん!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ1△1阪神タイガース〜横浜・16回戦

【神】メッセンジャー−渡辺−榎田−藤川−福原−小嶋
【横】三浦−藤江−大原慎−山口

阪神タイガース通算成績 45勝46敗3分 対ベイスターズ 8勝6敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連敗でストップ、ブラ100号

阪神が連敗を3で止めた。一回、鳥谷、新井の連続適時打で2点を先制。二回に1点差とされたが、五回、マートンの左越え8号ソロで追加点を挙げた。七回にも1死満塁から鳥谷が押し出し四球。八回にはブラゼルが通算100号となる10号ソロを放った。

横浜先発の清水は六回途中3失点降板。(デイリー)


勝つには勝ったけど、どうもスッキリしない勝ち方で…スッと勝てないかな。磐石の態勢で王者の勝ち方ってやつでさ。

打線は初回に平野のレフト線への2ベース、トリのライト線タイムリー2ベース、新井さんのライト前タイムリーで幸先よく2点を奪い、5回にはマートンのひさしぶりの一発も飛び出し、先発の久保の好投に賭けるところでしたが、今日の久保はイマイチ。

2回にハーパーのレフト線2ベース、金城のセンター前ヒット、藤田のライト線タイムリー2ベースで1点を奪われ、以降も毎回のようにランナーを背負うも6回途中まで投げて8安打2失点と悪いなりにも最小失点で抑えたのは久保のすごいところ。若手は久保の投球術からどんどん学ぶべし。

1点に迫られた7回には横浜の中継ぎ陣がナイスリリーフ!先頭の藤井にフォアボール、代打の柴田が得点圏へ送り、マートンフォアボール、平野フォアボールで1死満塁になると、トリが押し出しのフォアボールを選び4点目を手に入れ、なおも1死満塁で新井さんでしたが、ショート併殺打。何度見ただろう、チャンスで新井さんの併殺打(笑)どうでもいいところで打つんじゃなくて、トドメの1点が欲しいところでしっかり決めて欲しい。8回にはチャンスで打てない新井さんの代わりにブラがライトスタンドへ通算100号となる10号ソロで5点目を奪い3点差。

8回からは小林宏。先頭の金城を簡単に討ち取るも、藤田、稲田、渡辺に3連打を食らって1点差、なおも1死1・2塁のところで渡辺へスイッチ。この交代が功を奏し、後続をピシャリ。ナベ、ナイスピッチング!9回は球児が吉村、村田から連続三振を奪うと、最後はハーパーをキャッチャーフライにしとめてゲームセット!

今日の反省点は打線は7回の1死満塁で新井さんがトドメを刺せなかったこと、その前の6回のセキの併殺も然りだけど、相手がフォアボールで自滅してランナーを与えてくれるのに、それを助けていては…。投手陣では8回の小林宏の不甲斐なさ。8月になってから投げるたびに失点するシーンが目立つ。今日のように渡辺を8回に投入するほうが今後のためだと思う。

明日勝って、5割に戻そう。チャンスでの併殺、中継ぎ投手の見極め、エラー等、最近目立つミスは明日は見たくない。スッキリした勝ち試合を見せてくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3○5阪神タイガース〜横浜・15回戦

【神】○久保−小嶋−榎田−小林宏−渡辺−S藤川
【横】● 清水−大原慎−福山−篠原−真田−山本−大沼

【勝ち投手】久保(6勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗28セーブ)
【負け投手】清水(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号ソロ(5回オモテ・清水)ブラゼル10号ソロ(8回オモテ・真田)

阪神タイガース通算成績 45勝46敗2分 対ベイスターズ 8勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、4位転落 広島に3年ぶり同一カード3連敗

阪神が広島に3年ぶりの同一カード3連敗を喫し、借金2となり4位に転落した。

1点リードの八回、1死二塁から鳥谷のエラーで同点。さらに小林宏が石原に右二塁打を許し、逆転された。3‐3の七回、金本の右越え7号ソロで勝ち越したが、直後に守備の乱れが出た。

広島は3連勝で3位に浮上した。(デイリー)


カープに3タテを食らったのは「まさか」とは思わない。食らうべくして食らったという感じ。週末の神宮で気になっていた内野のエラー。今日も3つって。エラー3つのうち2つが失点に繋がってしまって…気が抜けてるとは思わないけど、気が抜けてると取られてもおかしくない。エラー、無駄なフォアボール、これをいかに減らすかが勝利への近道よ。

打線は初回に平野のライト線3ベースでチャンスメイクして、新井さんのサード強襲内野安打で先制。3回にカープに逆転を許すも、すかさずウラの回に、柴田のセンター前ヒットから二盗を決め、平野が続き、トリがライト前同点タイムリー、新井さんの打席でカープ先発・ジオのボークで勝ち越し、流れがタイガースに傾きかけ、さぁこれから!という試合でしたが…。

タイガース先発は蕭。4回途中でKO。1ホームランを含む4安打3失点。2回の失点のきっかけとなる新井さんのエラーはいただけないけど、栗原のホームランはもっといただけない。当たっている栗原に対して、ストライクを取りに行ったら、そら撃たれる。「よし来た!」とばかりにレフトスタンドへ豪快に2ラン。4回にもヒットとフォアボールで得点圏へランナーを背負った場面で2番手・小嶋へスイッチ。その小嶋も2死から東出に同点となるセンター前タイムリーを撃たれ、試合は振り出しに。小嶋のの球自体は球威があったけど、真ん中高めへのあのボールが…ね。

試合は同点のまま7回ウラへ1死から金本が2試合連発の一撃をライトポール際へ。アニキらしい鋭い一撃で勝ち越し、これで今日は逃げ切れるかな…なんて思ったんですけど、勝負の世界は甘くない。

3度目のリードを奪って、小林宏が5番手のマウンド。先頭の丸を新井さんのファインプレーでヒットをもぎ取るも、続くバーデンにライト前ヒット、代走の赤松がすかさず二盗、そして嶋はショートゴロに陥れるも、トリがセカンドランナーの赤松を刺すべく、サードへ送球もこれが悪送球になり、同点。そして傾いた流れが帰ってくる事のないものになった石原の右中間タイムリー2ベースで勝ち越され、これが決勝点に。

8回以降のカープ中継ぎ陣、青木、サファテの前に各打者何の工夫もなく淡々とアウトを積み重ねていきゲームセット。カープの守護神・サファテが出てきたときの「今日はあかんわ」的な雰囲気が、エラー3つと同じくらい腹が立って、勝つ気持ちはあるんかと、テレビに向かって叫んでしまいました。

カープに3連敗で借金は2に膨らみ、順位は4位に後退。首位・ヤクルトまで6.5ゲームとまだまだ希望のある範囲ですが、振り向くと5位・中日も0.5差でいたりして…。明日負けて、中日と入れ替わって5位になるようなことがあれば、今の状態だとずるずる行ってしまいそうな感じがする。借金11から必死のパッチで巻き返した意地をもう一度見せて欲しいなぁ。。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4●5広島東洋カープ〜京セラドーム大阪・13回戦

【広】ジオ−岸本−豊田−○梅津−青木−Sサファテ
【神】 蕭−小嶋−渡辺−榎田−●小林宏−福原

【勝ち投手】梅津(2勝1敗)
【セーブ】サファテ(1勝1敗31セーブ)
【負け投手】小林宏(1勝5敗)

〜ホームラン〜
【広】栗原9号2ラン(3回オモテ・蕭)
【神】金本7号ソロ(7回ウラ・豊田)

阪神タイガース通算成績 44勝46敗2分 対カープ 5勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、球児炎上1回もたず 5割逆戻りで3位転落

同点の九回、阪神は守護神・藤川を投入。しかし、これが裏目。バーデンの四球、代打・石井琢の二塁打と東出の四球で1死満塁と攻め込まれ、代打・前田智に右2点二塁打を浴び、わずか26球でKOされた。

九回の反撃も実らず、再び勝率5割に逆戻り。巨人が勝ったため、3位に転落した。

広島は前田健が8回を1失点の好投が逆転勝ちに結び付いた。前田健は7勝目。(デイリー)


球児も人の子っちゅうこっちゃね。いつもいつも抑えてくれるわけじゃない。

同点の9回から球児が2番手としてマウンドへ。先頭のバーデンにいきなりフォアボールを与えるも、石原の3バント失敗でアウトカウントを稼ぎ、流れは阪神かと思われましたが、代打・石井琢にライトへ2ベース、東出にはフルカウントまで粘られたあげくフォアボールで1死満塁。ここで広島はとっておきの代打・前田智を指名して、見事的中。ライト線へ勝ち越し2点タイムリー。ここで球児はKO。

これまでの蓄積披露に加えて、前回の神宮のドタバタ劇の影響も少なからずありそうな感じが、今日はあまりストレートにキレもなければ、制球もままならなかったように思う。

9回の球児投入は間違いでもないし、打たれたらしょうがないとおもわなければならない。けれども、今日の敗戦はちょっと痛い。

3位の巨人が勝ち、入れ替わりで3位転落、5割に。
明日、明後日で勝ち越しておきたいけれど、投手陣の頑張りに比べると打線がいまひとつだけど、福井、ジオに対しては今日のマエケンほど苦にすることはないだろうから、いけるかな…。なにわともあれ、勝ち越さなければ、優勝戦線には踏みとどまれない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●3広島東洋カープ〜京セラドーム大阪・11回戦

【広】○前田健−Sサファテ
【神】能見−●藤川−榎田

【勝ち投手】前田健(7勝8敗)
【セーブ】サファテ(1勝1敗29セーブ)
【負け投手】藤川(3勝2敗27セーブ)

阪神タイガース通算成績 44勝44敗2分 対カープ 5勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が首位・ヤクルト3連戦に勝ち越し

阪神が首位・ヤクルトとの3連戦に勝ち越し貯金1、ゲーム差を4とした。三回無死一、三塁から鳥谷の左犠飛で先制。続く新井が中越え適時二塁打。五回はブラゼルの左前打、九回には長短6安打に敵失も絡み大量5点を奪った。

先発・岩田は5回無失点で6勝目。8‐1の九回は福原が2点を奪われ、1死満塁から藤川が登板したがバレンティンの中飛を柴田が落球し走者一掃。さらに暴投で1点差に詰め寄られたが辛うじて逃げ切った。4安打の平野はお立ち台で「勝てて良かった。首位のヤクルトさんは粘ってくるなという印象を受けました」と話した。

ヤクルトは7点差で迎えた九回に猛反撃。ホワイトセルの本塁打を含む3安打に相手失策も絡み、1点差まで詰め寄り首位の意地を見せた。(デイリー)


神宮3戦目を見届けたのち、すぐさま新宿から深夜バスに飛び乗り、昼前に帰阪してきました。9回のオモテ・ウラにあんな展開になるとは、誰が予想したでしょう(笑)あやうく深夜バスに乗り遅れるところでした。。

タイガースの先発・マウンドは岩田。5回を投げて4安打無失点ながらも四死球も3つ、つねに得点圏にランナーを背負ってのピッチングと本来の調子ではなかった。マウンドでもあまり躍動感はなかったし、なんとなく抑えてた感じで5回降板はやむを得なかったかなと。

打線は3回にマートンのレフト線への2ベース、平野の内野安打、トリの犠牲フライで先制し、新井さんのセンターオーバーのタイムリー2ベースで2点を先行すると、5回には2死1・3塁の場面でブラゼルがレフト線へタイムリー2ベースを放って、いいかたちでリードを広げ、6回からは自慢の継投策で逃げ切りモードへ。

まず6回は渡辺。1死からバレンティンの特大ソロをレフトスタンドへ叩き込まれるも後続を断つと、7回は復活マウンドとなる榎田が3番手で登場し、田中にセンター前ヒットを打たれるも、アウト3つを全て空振り三振で奪うナイスリリーフ。8回は小林宏が締めて、最終回は満を持して、球児へとリレーするいい流れ。

そのいい流れが最終回に来て、打線爆発の導火線となり、先頭の柴田がレフト前ヒット、マートンがショートのエラーで出塁、平野がレフト前タイムリーで4点目を奪うと、新井さんがライト前ヒット、ブラがライト線2点タイムリー2ベースで6点目。続く俊介のセカンドゴロの間に1点。代打・桧山のセンター前タイムリーで1点を奪い、この回5得点。8回から肩を作り出していた球児は、ブラの2点タイムリーが入った時点で肩を作るのを止め、代わりの福原でビシッと締める算段がついて、ナイスゲーム!という構想だったんですが…。

その9回から登場の福原はいきなり先頭の武内にフォアボールを与えるも、続く青木をショートゴロ。6−4−3のダブルプレーで一気に2アウトかと思われましたが、1塁塁審はセーフ。昨日の1塁塁審は幾度となく、阪神側の際どいジャッジをセーフ判定…厳しい野次が飛んでいたのは言うまでもなく。。この判定から少し嫌な感じがして、代打のホワイトセルがセンターへ2ランを放って5点差。まだ余裕がある展開でしたが、田中にストレートのフォアボール、畠山のファーストゴロも、ベースカバーを怠って内野安打、川端に続かれたりとだんだん雲行きが怪しくなり、肩を作るのを止めていた球児を1死満塁となったところで急遽投入。

3塁ブルペンからマウンドへ向かう球児からは苦笑いも見られ、改めて藤川球児の心臓の強さ、偉大さ、頼もしさを実感しましたが、まさかこのあと待ち受けていた展開に、さすがの球児も肝を冷やしたはず。まず、曲者・宮本にはフルカウントまで粘られるも空振り三振で2アウト。続く一発のあるバレンティンも球威に押されてセンターフライ。これで終わったと思った矢先、センター柴田がまさかの落球で走者一掃で2点差。このあと川本の打席で藤井がワイルドピッチ。ボールを見失う間に2塁走者が生還し1点差。その川本もサードゴロに仕留めるも、新井さんが悪送球。武内が打席時には代走の三輪に二盗を決められ、完全にヤクルトのイケイケドンドンモードでしたが、最後は球児が武内を空振り三振にしとめてゲームセット。

柴田の落球は捕球してから落としたもんだと思っていたので、なんのことか分からず、球児のワイルドピッチは藤井が完全にボールを見失い、新井さんは完全に球場の雰囲気に呑まれて動きがガチガチ。不細工でした(笑)

2戦目、3戦目と現地観戦してきましたが、内野の連携プレーのミスが目立ちすぎ。1塁ベースカバーを怠ったり、悪送球したり、草野球をしてるんかと。柴田のミスよりも個人的には常時出場している面々が細かなミスをしていることが気になりました。

2戦目も3戦目も見ていて疲れる試合。それに加えて蒸し暑さ全開の神宮球場。花火が打ちあがったり、売り子のお姉さんが綺麗だったり、神宮も魅力的なところでしたが、どんなに暑くても、しんどくても浜風と球場の雰囲気が癒してくれる甲子園がやっぱり最高です。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ7○8阪神タイガース〜神宮・11回戦

【神】○岩田−渡辺−榎田−小林宏−福原−S藤川
【ヤ】●川島亮−赤川−松岡−久古−押本−バーネット−渡辺

【勝ち投手】岩田(6勝9敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗27セーブ)
【負け投手】川島亮(1敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】バレンティン21号ソロ(6回ウラ・渡辺)ホワイトセル12号2ラン(9回ウラ・福原)

阪神タイガース通算成績 44勝43敗2分 対スワローズ 8勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
本日は盆休みを利用して、東京・神宮球場へ乗り込んで来た訳ですが…まぁ不細工な試合をやらかしてくれまして、嫌がらせかと…。

タイガース先発はメッセンジャー。前回の京セラではノーヒットノーランをやらかしてしまうんじゃないかと思うほどの好投を披露してくれましたが、今日はボロボロ。2回もたず5失点KO。2回宮本の内野安打から、相川に同点タイムリーを打たれ、由規には意表を突かれる三塁前セーフティーバントで繋げられ、青木にフォアボール、田中にセンター前2点タイムリー、川端にフォアボール、畠山にライトへ2点タイムリーと、投げれば打たれ、打たれなくともフォアボールで走者を貯め、ドツボにハマるメッセンジャーのピッチング。

今日は制球が甘く、真ん中高めへ。球威も前回の手元で伸びてる感もなく、意図もたやすくヤクルト打線の餌食になっていました。2回に上本がレフトスタンドへ先制ソロを放ち、ランディと上本のお立ちが神宮でも見れるのか!なんて、ちょっと期待しただけに、ランディの炎上は大誤算でした。

4回には2番手・小嶋が畠山にインハイのクソボールを強引にレフトポール際へと叩きこまれ、5回には3番手・福原が青木にタイムリーを打たれ、前半戦折り返し時点で8ー1と呆れて笑うしかない状態。

ただこんなヘボ試合でも収穫がなかった訳でもなく、6回から登板した西村が3イニングを無失点で抑える内容で復活をアピール出来たのは好材料じゃなかったかと。

打線は2回の上本のホームラン以降、点数が入りそうな気配もなく、ただただ淡白にアウトを積み重ねていくような感じ。8回にやっとこさ、トリのタイムリーで1点返してさぁ、反撃や!という雰囲気もなく、時すでに遅しでありました。

ヤクルトに負け、ゲーム差は再び5ゲーム差。明日勝ち越して、4ゲーム差に戻すか、6ゲーム差にさらに後退してしまうかはエラい違いであるんで、明日・先発ね岩田には完璧にヤクルト打線を封じ込めてもらい、打線には奮起してもらおう!


東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース〜神宮・10回戦

【神】メッセンジャーー小嶋ー福原ー西村
【ヤ】由規

【勝ち投手】由規(6勝4敗)
【負け投手】メッセンジャー(8勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】上本3号ソロ(2回オモテ・由規)
【ヤ】畠山14号2ラン(4回ウラ・小嶋)

阪神タイガース通算成績 43勝43敗2分 対スワローズ 7勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神、ヤ戦に4連勝 貯金1でその差は4

阪神が得意としている村中を攻略し、対ヤクルト戦に4連勝。貯金を1とし、ゲーム差を4とした。

三回、1死一、三塁で平野の二ゴロの間に1点を奪い先制。なお2死一、二塁として新井の左中間への11号3ランで加点した。

先発・久保は粘りの投球で7回1失点。ヤクルト戦の連勝を8まで伸ばし、今季5勝目。最後は藤川が締めた。

ヒーローインタビューは11号3ランの新井。ベンチで金本に「やればできる子じゃね」といじられたと明し、続けて「自分のスイングでしっかり振り抜けました。いっぱいいっぱいだったので、気持ちで負けないよう行きました。きょうはよかったです」とほっとしたような表情を浮かべた。

ヤクルトは先発・村中が5回4失点KOと誤算だった。(デイリー)


先週の金曜日と同じ組み合わせ、対スワローズ。神宮での3連戦は開幕戦延期だったため、今シーズン初めての開催。神宮の虎党の皆様、お待たせしました!

タイガース先発は久保、スワローズ先発は村中。
前回は村中からセキの必死のパッチの一打で2点を奪い、先発の久保が8回無失点、9回を球児が締めて3連勝への足がかりとした訳ですが、今回もいいことへの足がかりへとなるんじゃなかろうか。

試合を動かしたのはタイガース。3回先頭の藤井がセンター前ヒット、続く久保が得点圏へ送り、マートンがレフト前ヒットで1死1・3塁。そして、平野のセカンドゴロの間に藤井が還り先制。このあとトリはバットを1度も振ることなくフォアボールで2死1・2塁にすると、10打席連続ヒットなしの新井さんがレフトへ豪快な3ラン!ナゴヤでの3連戦はチャンスに回ったところで外角の球に引っ掛けてサードゴロを量産していた新井さんですが、真ん中低めの球を「ドヤ!」とばかりにフルスイング!この一振りが決勝弾になりました。

先発の久保は7回を投げ6安打1失点。スワローズキラーとして7連勝中、無敵の久保がスワローズ打線に打たれるわけもなく、2、3、4回とヒットを打たれるも後続をピシャリ!7回に甘くなったところをバレンティンに一発を食らったのが唯一の失点であって、序盤の4点は久保のピッチングを見てれば10点リードくらいの感覚で見れました。

8回は2番手・小林宏が川端、畠山を連続三振、ホワイトセルをショートゴロ。9回には球児がバレンティン、川本、森岡を圧巻の三者連続三振で試合終了。

序盤の4得点で試合を決め、久保、小林、球児で3点リードを守り抜いて快勝!だと思いたいけれど、打線は5回以降ヒットなし、新井さんの一発で勝てたのはいいけど、チーム全体で4安打しかなかったのも気になる…。4回の無死1・3塁のチャンスでも1点でも取れてたら明日以降に繋がる野球になるんだけどね。

明日はメッセンジャー、由規の投げ合いになるだろうけど、前回の京セラみたく由規をいい具合に打ち崩して、メッセンジャーが投げやすい環境を作ってやって欲しいと思います。

明日勝って、明後日勝って、ゲーム差が2になったら、どんなにHAPPYだろうね。そのHAPPYな瞬間を明日、明後日と神宮で体感してきたいと思います。じんぐうううううう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ1○4阪神タイガース〜神宮・9回戦

【神】○久保−小林宏−S藤川
【ヤ】●村中−赤川−押本

【勝ち投手】久保(5勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗26セーブ)
【負け投手】村中(2勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】新井貴11号3ラン(3回オモテ・村中)
【ヤ】バレンティン20号ソロ(7回ウラ・久保)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
5割逆戻り阪神は完封負け球団記録ペース

中日が連日の1‐0で勝利。初回、2死三塁から、森野が先制の左前適時打。この1点を先発ソトが7回4安打無失点の好投で守り、浅尾、岩瀬とつないだ。4連勝のソトは「いいコントロールで投げられるよう心掛けた」と振り返った。

阪神は2試合連続完封負けで勝率5割逆戻り。六回2死満塁で新井が倒れて好機を逸したほか、バント失敗や盗塁死などもあった。今季86試合目で15度目の完封負けは年間25度ペースで、球団ワーストの63年24度を上回る。

プロ初登板初先発の阪神・蕭は、要所を締める投球で、5回を3安打1失点の粘投だったが、初黒星がついた。(デイリー)


この3連戦での得点は結局、初戦で能見の放ったタイムリーの1点のみやないかい!野手陣は3試合で零封やないか。恥ずかしくないんか?

先発はプロ入り初先発初登板の蕭。初回、先頭の荒木へのフォアボール、二盗でピンチを広げると、2死から森野にレフトへタイムリーを打たれ先制点。しかしながら失点はこの1点のみ。

2回にも先頭打者をフォアボールで出すも、サード併殺。4回には1死2・3塁の場面で和田にレフトファウルフライを打たれ、タッチアップで2点目を奪われそうになる場面も、俊介の好返球でもって3塁走者の大島を本塁タッチアウトで追加点阻止。

ストレートが抜群に速いわけではないけど、ドラゴンズ打線を相手に5回を3安打1得点に抑える内容。タイプ的には下柳とか上園とか秋山みたいな気持ちで抑えるタイプやね。今日の登板を見れば、次のチャンスは大有り。次回は白星がつくといいね。

打線はドラゴンズ先発・ソトに対して、チャンスがなかったわけではなく6回2死から平野がショート内野安打、上本はセンター前ヒット、トリが粘ってフォアボールを選び満塁。同点、勝ち越しを期待できる場面で新井さんがお約束どおりのサードゴロ。続く7回には2死から俊介がライト前ヒット、藤井がデッドボール。ここでとっておきの代打・関本起用も見逃し三振。際どいコースやったんやけどねぇ。

ナゴヤドームでのタイガース打線の各打者の打率を見ると、揃ってダウン。各打者4分、5分の打率が落ち、ひどい選手なら1割も打率が違うのはどうしたもんか。。ナゴヤドーム大好きなスワローズ打線を見習わなければならんね。去年もナゴヤで勝てなかった分が最後の最後に響き、今年もまた同じことの繰り返しになるのか…。

せっかくの貯金もナゴヤで吐き出し、5割逆戻り。
明日からスワローズと真夏の神宮首位攻防3連戦。まだスワローズの状態が低空飛行のなのが救いだけど、前回の3タテのリベンジに燃えてくるだろうから、あんまり食って掛からんようにね。3連戦3連勝なんて大きなことは言わない、せめて勝ち越せ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・15回戦

【神】●蕭−福原−小嶋−西村
【中】○ソト−浅尾−S岩瀬

【勝ち投手】ソト(4勝)
【セーブ】岩瀬(1敗17セーブ)
【負け投手】蕭(1敗)

阪神タイガース通算成績 42勝42敗2分 対ドラゴンズ 6勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、今季14度目の零封負け 5連勝ならず

阪神打線が中日・チェンの前に沈黙。今季14度目の零封負けで、連勝は4で止まった。

先発・スタンリッジは六回まで快調に中日打線を封じてきた。七回、2死から和田、平田に連打を許し、一、三塁となったところで、堂上直は三塁前にボテボテのゴロ。これが内野安打となり、不運な1点を許し、7回1失点で降板。打線の援護に恵まれず、自身の連勝は6でストップした。

中日は完封寸前のチェンを九回1死で降ろし、浅尾を投入、万全を期して逃げ切った。チェンは今季4勝目。惜しくも完封を逸したチェンは「疲れてきて、バランスが悪くなっていた。監督にどうすると聞かれたけど、1点差なんで浅尾さんでと伝えた。チームが勝てばいいです」と淡々と話した。(デイリー)


昨日は勝ったものの、能見のタイムリーで奪った虎の子の1点を守りきった勝利。打線はなにをしてんねんと思った昨日。今日も打線は沈黙。スタンは孤軍奮闘も…なにをしてんねん。

タイガース先発はスタンリッジ。7回を投げ5安打1失点8奪三振。唯一の失点は7回2アウトから和田、平田の連打から、堂上直の当たり損ねのサードゴロがタイムリー内野安打。当たりと、サードが新井さんだったのが運のツキだったのかな。上手い内野手ならアウトにしてただろうし、新井さんの送球がしっかりしてれば。この1点が決勝点になり負け投手。

打線は初回、1死から平野のレフト前ヒット、トリのライト前ヒットで1死1・3塁にして、新井、マートンと続く絶好機も、新井さんは
空振り三振、マートンはファーストゴロ。以降はドラゴンズ先発・チェンに抑え込まれて0行進。そして1点を追う8回には先頭の俊介がフォアボールで出塁、藤井が送りバントで得点圏へ進めるも代打・桧山が空振り三振、上本がショートゴロ。9回にも先頭の平野がレフト前ヒットも、後続3人がチェン、浅尾に討ち取られて試合終了。

ドラゴンズは2アウトからの1点。タイガースは1死1・3塁と2度の先頭打者を出せども、得点できず。…やっぱりナゴヤは鬼門なのかな。

連勝は4で止まり、首位・スワローズがカープに勝利し、ゲーム差は5。振り向けば巨人が0.5差で追走し、8月戦線は3つ巴の様相かな。鬼門で勝ち越して、週末はいい気分で神宮に乗り込みたいね。明日こそは明日こそは…、岩田、打線、頑張れよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・14回戦

【神】●スタンリッジ−渡辺
【中】○チェン−S浅尾

【勝ち投手】チェン(4勝7敗)
【セーブ】浅尾(3勝2敗6セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(8勝3敗)

阪神タイガース通算成績 42勝41敗2分 対ドラゴンズ 6勝7敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・能見が自己最多の13奪三振 チームも今季初の4連勝

阪神が能見、藤川の完封リレーで今季初の4連勝。首位・ヤクルトが敗れ、ゲーム差は4となった。唯一の打点も能見。二回、1死一、三塁から右前に決勝打。投げても八回、先頭の平田に左前打を許すまでノーヒットノーラン。自己最多の13奪三振を記録し、今季120奪三振でリーグトップに立ち、今季6勝目を手にした。

惜しくも大魚を逸した能見は「いや、とにかく0点で抑えられてよかったです。まずはチームが勝つことですから。一応バットを持っているんで何とかつなごうという気持ちでした」と淡々と振り返った。

中日・ネルソンは8回まで1失点と好投したが、打線が沈黙した。(デイリー)


鬼門・ナゴヤでドラゴンズ3連戦。首位・スワローズを3タテした勢いそのままに落合ドラゴンズを飲み込んでしまうのか、それとも鬼門の前に屈するのか…今日は投打に若旦那が踏ん張ってくれました。

先発マウンドはエース・能見。8回を投げ、わずか1安打13奪三振。もちろん無失点ピッチング!ストレートにフォーク、特に今日はチェンジアップが有効的でドラゴンズの各打者のタイミングが全くと言っていいほど合わない気分爽快なピッチング。

打っても2回にマートン、藤井のヒットで1死1・3塁の絶好のチャンス。ここでバッターは能見。コンパクトに振り抜いた打球は1・2塁間をしぶとく抜くライト前タイムリーで先制!このあと2死満塁までいくも、追加点を奪えず、終わってみれば唯一のタイムリーが決勝点。

自身の得点で気分を良くしてか、イニングを重ねるごとに唸りをあげる能見の左腕。3回には三者連続三振あり、グスマン、森野、和田の中軸どころからは13個の三振中5つを奪う快投ぶり!もしかすると、もしかするぞ…っと思いながら展開する試合。残りアウト6つとなった8回、先頭の平田の当たりはフラフラっとレフト・俊介の前に落ちる初めてのヒット。当たり自体は完全に打ち取った当たりで、レフトの俊介がチャージをかけるなり、ダイブするなりでヒットは防げたんじゃないかと思ったんですが、当の能見は「いつか打たれると思っていたんで、あまり記録は意識してなかった。それよりも先頭を出してしまったことが気になった」そうで。。。

こういう展開でのヒット1本は結構嫌なもので、ノーヒットの呪縛から解き放たれた相手打線は得てして長打や一発で、それまで難儀していたピッチャーを打ち崩してしまうことが多々ありますが、能見はこのあとも踏ん張り、8回も無失点で切り抜け、最終回は球児へリレー。球児も能見に負けじとストレートを飛ばして三者連続三振で試合終了!

打ってタイムリー!投げては1安打13奪三振!今日は能見の独り舞台でした。能見の好投の影に隠れてしまった中日先発のネルソンも8安打を許しながらも最後まで球威が衰えることなく、ネルソンの好投があったから能見の闘争心にも火がついたんじゃないかと。ネルソンも敵ながらあっぱれなピッチングでした。

ナゴヤの初戦を取り、首位のスワローズはカープに破れたため、ゲーム差は4!チームの連勝も今季初の4連勝で貯金は2!

週末のスワローズ3連戦へ向けて、明日もあさっても取ってゲーム差を縮めておきたいところ。2戦目の先発はスタンリッジ!今日の打線は実質無得点で終わってるだけに、明日こそは奮起してスタンを援護せよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ0○1阪神タイガース〜ナゴヤドーム・13回戦

【神】○能見−S藤川
【中】●ネルソン−鈴木

【勝ち投手】能見(6勝7敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗25セーブ)
【負け投手】ネルソン(6勝9敗)

阪神タイガース通算成績 42勝40敗2分 対ドラゴンズ 6勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が4月23日以来106日ぶりの貯金

阪神が3連勝で4月23日以来106日ぶりの貯金1とし、首位・ヤクルトとのゲーム差を5とした。0‐2の三回2死満塁、ブラゼルが走者一掃の中越え二塁打を放ち逆転。五回には新井が左越えに10号2ランを放った。先発の鶴は二回途中2失点。その後は6投手の小刻みな継投で無失点リレー。六回無死満塁を無失点に抑えた5番手の小嶋は「とりあえず1つ1つアウトを積み重ねていこうと思った。何とか抑えられてよかった」とお立ち台で話した。

ヤクルトは4連敗。六回、無死満塁の好機に無得点が響いた。(デイリー)


夢の貯金生活に6度挑戦するも、そのたびに跳ね返されてきたタイガース。3連戦の頭2つを取っても、なかなか3つ目が取れないタイガース。そんな状況で先発が不安定な鶴と来たから、んーっと思ったんだけど、打線の執念と、中継ぎ陣の踏ん張りが光った。

その問題の先発の鶴の立ち上がりが最悪。初回こそ先頭バッターを出しつつも、続く青木をショート併殺に打ち取って難を逃れたけど、2回は先頭の武内へストレートのフォアボール、川端に得点圏へ送られ、田中にはレフト前へポトリと落ちる先制タイムリー。なおもピンチは続き、ピッチャーの増渕にはショートタイムリー内野安打、川島慶にライト前ヒット、青木にフォアボールで2死満塁。ボールが高く、キレがなく、なにをしに出てきたのかと…。ここで真弓監督はしびれをきらして2番手・渡辺へスイッチ。

打つほうで初回に先頭の平野が右中間へ3ベースを放ち、続く上本がサード内野安打も、トリのセンターフライがヤクルトの攻守に阻まれ、犠牲フライになるどころかまさかのゲッツーになったり、流れ的に嫌なモノを感じてたんだけど、ナベが素晴らしかった。一発のある畠山を見逃し三振にしとめ、ビシッとピンチを絶ってくれた。

ヤクルトへガタガタっと傾きそうな流れをナベが押し戻してくれたおかげで、3回にチャンス到来!1死から平野がセンター前ヒット、上本がライト前ヒット、トリがフォアボールを選んで、4番の新井さん…でしたが、増渕の荒れ球に手を出しあえなく空振り三振で2アウト。ちょっとここで増渕はホッとしたことはないだろうけど、続くブラには甘かった。初球を叩いた打球はもう少しで満塁弾になる右中間走者一掃の3点タイムリー2ベースで逆転すると、続く金本はライト前ヒット、当たりからしてやや強かっただけに本塁生還は難しいと思うも、ブラは本塁突入であえなく憤死。一気に畳み掛けて試合を決めたい場面で、あの指示はどうかと思う、山脇コーチ。

ブラの一振りで勝ち越して、流れはタイガース。5回オモテからは4番手・西村が登板もトリのエラーと畠山のライトへの2ベースで同点に追いつかれそうになるも、青木の不味い走塁と内外野の連係プレーと藤井のブロックで同点を阻止。

ピンチのあとはチャンスありでトリのフォアボールから前打席で凡退した新井さんが名誉挽回の一振り!打球はレフトスタンドへ吸い込まれる10号2ラン!素晴らしい快音とともにバットを放り投げる仕草、そしてドヤ顔。余程気持ちよかったのか、ベンチ、試合後と終始ニヤニヤ。来週からの中日3連戦、ヤクルト3連戦でも4番の活躍をお願いしたいところ。

新井さんの一振りでリードを広げるも5回から引き続いてマウンドの西村が6回に大ピンチを演出。川端にライト前ヒット、田中にフォアボール、相川にショート内野安打で無死満塁にすると、最悪の状況で5番手・小嶋にバトンが渡ると、2番手のナベに負けじと小嶋も大仕事。代打の宮本をショートフライ、川島を三振、青木をショートゴロにしとめるナイスリリーフ!小嶋の内容はいいし、榎田が帰ってきたら、阪神中継ぎ課はここから鬼に金棒状態になってしまう予感だ。

ナイスリリーフの小嶋が7回も投げ、8回を小林宏、9回を球児が締めて、今季2回目の3タテをヤクルトに食らわす大快挙でゲーム差は一気に5ゲームへ!そして4月23日以来106日ぶり、待望の貯金1!試合序盤はどうなることかと思ったけど、諦めない姿勢はやっぱ大事やね。

さぁ次は鬼門・ナゴヤで中日3連戦。そして神宮でヤクルト3連戦。調子が落ち気味の中日、ヤクルトとここは一気に白星を量産できるチャンス!来週末は面白いことになってるといいけど、さぁどうなる!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5○2東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・8回戦

【ヤ】●増渕−赤川−松岡−押本−久古
【神】鶴−○渡辺−福原−西村−小嶋−小林宏−S藤川

【勝ち投手】渡辺(3勝1敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗24セーブ)
【負け投手】増渕(5勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】新井10号2ラン(5回ウラ・松岡)

阪神タイガース通算成績 41勝40敗2分 対スワローズ 6勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5割復帰、メッセンジャーが来日初完投

阪神が40勝に到達、勝率を5割に戻し、首位・ヤクルトとのゲーム差を6とした。一回、鳥谷の右翼線適時二塁打などで2点を先制。二回には平野の右前適時打、五回には新井の中前適時打で加点した。八回には平野が押し出し死球、上本の犠飛で2点を加えた。来日初完投で8勝目を挙げたメッセンジャーは「日本一の阪神ファンの前で投げられる喜びを感じている。完投できてうれしく思う。たくさんリードをいただいたので自分のピッチングをやることだけ考えた」と話した。

ヤクルトは今季3度目の3連敗。先発の由規が5回4失点と誤算だった。(デイリー)


京セラドーム行ってまいりました。メッセ様ナイスピッチング、ナイスゲーム!お見事な淀川の花火大会よりお見事な阪神タイガースよ!

先発のメッセンジャーは5回に初めてフォアボールのランナーを背負うも、いいテンポで藤井のミット目掛けて投げ込み、もしかしたらもしかすると…なんて話がスタンドでも出るくらいに打たれそうな気配がなく快投を続けていましたが、6回2死から田中にセンター前へ初ヒットを打たれノーヒットピッチングは消滅。だけども、後続はきっちり抑えて無失点ピッチング。

メッセンジャーの好投に引っ張られるように、打線もスワローズ先発・由規に対しトリのライト線へのタイムリー2ベースと、ブラのショートゴロの間に得点し、幸先よく2点を奪うと、2回にも平野がライト前タイムリーで3点目。得点のきっかけはいずれもフォアボールから。相手のミスを突いてきっちり得点する。連打での失点も堪えるけど、フォアボールからの失点はより堪える。

5回には先頭の上本のレフト線への2ベースから新井さんがセンター前タイムリーで中押しとなる4点目を奪い由規をKO。

8回には3番手のフェルナンデスから俊介フォアボール、藤井ヒット、メッセンジャーフォアボールで満塁のチャンスをいただくと、平野には押し出しデッドボール、続く上本はレフトへ犠牲フライを放ち、トドメを刺す2点を奪い勝負あり。

好投を続けたメッセンジャーは9回に川端にヒットと盗塁、森岡にセンター前タイムリーを打たれ惜しくも完封勝利は逃すも、自己最多の136球を投げ、4安打7つの三振を奪い完投勝利!

本人曰くマイナー時代以来の完投劇。以前から好投しても7回あたりでばててしまうのが課題で、完投をしたくてしょうがなかったメッセンジャー。ひとつ課題が克服できて、次回は完封勝利が目標やね!

首位・スワローズに連勝で5割復帰!ゲーム差も6ゲームに縮まりましたが、問題は第3戦目。幾度となく挑戦しては跳ね返される貯金1の壁。この壁を乗り越えてしまえば、貯金はいくらでもたまりそうなんですが、さてどうなることか。3戦目は鶴が先発予定。打線はやや上向き傾向にあるだけに、鶴には頑張ってもらわないとね。さぁ3タテで貯金1、ゲーム差を5に縮めて、ツバメを追い落とすぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース6○1東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・7回戦

【ヤ】●由規−赤川−フェルナンデス−松岡
【神】○メッセンジャー

【勝ち投手】メッセンジャー(8勝2敗)
【負け投手】由規(5勝4敗)

阪神タイガース通算成績 40勝40敗2分 対スワローズ 5勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
燕キラー!阪神・久保が対ヤクルト戦7連勝

阪神が連敗を止めた。先発した久保は8回3安打無失点の好投で4勝目。対ヤクルト戦は2009年9月29日から7連勝となった。九回に登板した藤川は1死満塁から押し出し四球を与えたものの、しのいで23セーブ目。

打線は0‐0の七回、2死一、三塁から代打で登場した関本が、右翼へ適時二塁打を放って2点を奪った。

故障から復帰して約2カ月ぶりの白星を挙げた久保は「100点満点です。次回も勝てたらいい」と1週間後のヤクルト戦をにらんだ。

ヤクルトは連敗。力投していた村中が力尽き、打線も沈黙した。(デイリー)


巨人に嫌な感じで負け越して帰ってきた大阪。
今日から首位・ヤクルトを迎えての3連戦。3つ取りたいなぁ。

タイガース先発はスワローズキラー久保。前回は3回4失点と期待はずれの内容も、今日は好調時の久保。8回を投げ102球3安打無失点。涼しい顔をして淡々と投げ、ピンチらしいピンチもなく、7回には先頭のホワイトセルをヒットで出すも、続く宮本のバスターエンドランを新井さんがふんぞり返りながらも好捕。併殺プレー。バックが守り立てて、こう着状態の試合に動きを出すナイスプレー。

その新井さんのナイスプレーが生み出した流れを上手く捉えた7回ウラ、先頭のトリがライト前ヒット、ブラもライト前ヒットで2死1・3塁とすると、浅井の代打にセキが登場。久保との好投を演じていた村中からセキが必死のパッチの一振り。初球を叩いた打球はライト線へタイムリー2ベース。バレンティンの不味い守備を突いて1塁ランナーのブラが生還、バッターランナーのセキも3塁へ陥れる好判断。ワンチャンスを生かして2点を奪い取ると、久保が8回まで投げきって、9回は満を持して我らが守護神・球児が登場。

その球児ですが、先頭の田中のサードゴロを新井さんがエラーをすると、川端のヒット、1死挟んで代打・宮出にフォアボールで1死満塁。そしてベテラン・宮本に粘られ、最後は根負けして押し出しフォアボールで1点差。なおも満塁でバレンティン、川本と一発要警戒の打者を迎えたところで開き直った球児。バレンティン、川本を連続空振り三振に斬って取り、薄氷の白星。

今日負ければ借金3。4位転落もあり得ただけに、よく踏みとどまった。けれども、打線がまだまだ。まだまだな打線、かつマートンを欠いてるだけに、明日以降も得点を奪うのに苦労するのじゃないかと心配、不安材料だ。

明日は安定感抜群のメッセンジャーが先発予定。久保に続けとナイスピッチングで3連勝へと道筋をつけて欲しい。さぁ打線よ、明日は大爆発やで。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○0東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・6回戦

【ヤ】●村中−久古
【神】○久保−S藤川

【勝ち投手】久保(4勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗23セーブ)
【負け投手】村中(2勝1敗)

阪神タイガース通算成績 39勝40敗2分 対スワローズ 4勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が完封負けで3位転落、岩田見殺し

巨人は六回にラミレスの押し出し四球で1点を先制した。七回には小笠原の今季、東京ドーム初となる右中間への2号ソロで加点した。内海が8回無失点でリーグトップの11勝目。内海は「オールスターのけがでチームに迷惑をかけたので、復帰したら絶対に勝とうとしっかり調整した。岩田くんと根比べ。絶対に先に点をやらないと思って投げた」と話した。

阪神は3位に転落した。今季13度目の完封負けで借金2。岩田は7回を3安打2失点で9敗目。(デイリー)


「岩田見殺し」ってタイトルは今年何度目だろうね…。
岩田が投げると勝てない。7回3安打2失点で負け投手ってなんなのコレ(笑)これで二桁敗にリーチの9敗目。打線よ、岩田が嫌いか?

今日の岩田は2回先頭のラミレスにライト線への2ベースを打たれたのが序盤の唯一のピンチ。それ以外は5回までストレート、スライダー、カーブともキレよし、走りよしのスイスイピッチング。が、6回ウラ、先頭のフィールズにセンター前ヒット、続く内海、2死後、長野にフォアボールを与えて満塁のピンチを迎えると、ラミレスには際どいコースを再三攻めるも審判の手は上がらず押し出しのフォアボールで先制点を許すと、7回には小笠原に右中間へソロホームラン。擦った当たりだったと思ったのも束の間、まさかのスタンドイン。東京ドームの空調係さん、お勤めご苦労様です。

対するタイガース打線は巨人先発・内海に対して、2回、4回、8回と得点圏へランナーを進めるものの、空を切るバット。岩田の孤軍奮闘も空しく、散発4安打。今回で13度目の完封負け。

前カードの横浜戦も今回の巨人戦も勝てる試合をミスミス落として、もったいないというか、やる気があるのか…。借金は2つ。順位も広島と入れ替わり3位に転落。明日は一旦大阪に帰るも首位・ヤクルトとの3連戦。打線がこの3連戦で4得点しかできてないのが不安材料な上に、村中、由規、増渕の若手三人衆の速球に捻られて空しく散らないことだけを祈るばかり。

ツバメの勢いを抑えれるか…虎の意地を見せてくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ2●0阪神タイガース〜東京ドーム・15回戦

【神】●岩田−福原−小嶋
【巨】○内海−山口−S久保

【勝ち投手】内海(11勝2敗)
【セーブ】久保(3勝1敗4セーブ)
【負け投手】岩田(5勝9敗)

〜ホームラン〜
【巨】小笠原2号ソロ(7回ウラ・岩田)

阪神タイガース通算成績 38勝40敗2分 対ジャイアンツ 8勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
巨人が今季3度目のサヨナラ勝ち

巨人が今季3度目のサヨナラ勝ち。2‐2の九回、先頭の古城が藤川から右翼席に1号本塁打を放った。1‐2の八回、高橋由が2試合連続の6号ソロを放ち、同点としていた。自身初のサヨナラ本塁打を放った古城は「初球を見て、速いなと思った。バットを短く持って基本的なことをしました」と振り返った。

阪神は借金1に逆戻り。1点を追う六回、ブラゼルの適時二塁打で同点。七回、代打・桧山の適時打で勝ち越したが、八回に小林宏が同点ソロを浴び、九回は藤川が打たれた。(デイリー)


夢の貯金生活への挑戦も、またも失敗。

先発は2試合連続完投中のスタンリッジ。毎回のようにランナーを背負うピッチングも3回2死満塁のピンチはラミレスを空振り三振に討ち取るなどして、なんとか踏ん張っていたスタン。そのスタンは5回に失点。2死から藤村にヒット&二盗で得点圏へ進められると、長野がライト前へタイムリーで先制点。

しかし、この先制点でゲームが動きだし、すかさず阪神打線が6回1死から平野、トリの連打からブラゼルの右中間へのタイムリー2ベースで同点。7回には先頭の金本がライト線へ2ベースを放ち、藤井が送り、代打の桧山がライトへ勝ち越しタイムリー!続く、マートンはレフト前ヒット。レフト・ラミレスの緩慢な守備を突いて、桧山の代走・上本が一気に3塁を陥れる攻走塁。隙あらば、貪欲に塁を奪いにいく姿勢…ええで!

勝ち越した7回には渡辺が抑え、8回は小林宏、9回を球児と勝利の方程式で巨人をねじ伏せる予定…でしたが、小林が高橋由に初戦のVTRを見てるかのようなホームランを左中間スタンドへ。9回には球児が同点の場面で投入も前打席の走塁で大チョンボを犯した古城が汚名返上のサヨナラ弾をライトスタンドへ打たれ、G・エンド。

コバヒロの一発、球児の一発はやってはいけない点数だけど、取らなければならない点数を取れなかったのもまた痛かった。6回オモテのブラゼルの同点タイムリーの場面、平野は生還したものの、1塁走者の新井さんが3塁でストップしてしまったのがひとつ。7回に勝ち越し、マートンのヒットから上本の攻走塁で1・3塁にした場面で平野のセーフティーなのかスクイズなのか、意味不明なバント攻撃。イケイケドンドンの中でミスミス1アウトを巨人にくれてやるほど、馬鹿なことはない。ああいうプレーが最終的に流れが巨人にいってしまった要因だろうね。

ヤクルト追撃にうつつをぬかしてる間に、振り向けば3位・広島がジワリ0.5ゲーム差。前回の横浜戦然り勝つべく試合を見えないミスから落としてるのが気になる。基本に返って、3つ目は必ず勝って勝ち越せ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ3×●2阪神タイガース〜東京ドーム・14回戦
(9回サヨナラ負け)

【神】スタンリッジ−渡辺−小林宏−●藤川
【巨】トーレス−ロメロ−山口−久保

【勝ち投手】久保(3勝1敗3セーブ)
【負け投手】藤川(3勝1敗22セーブ)

〜ホームラン〜
【巨】高橋由6号ソロ(8回ウラ・小林宏)古城1号ソロ(9回ウラ・藤川)

阪神タイガース通算成績 38勝39敗2分 対ジャイアンツ 8勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が勝率5割復帰、能見はセ・トップタイ107K

阪神が5割復帰。先発の能見は7回6安打無失点で7月3日以来の5勝目。8奪三振で広島・前田健と並ぶリーグトップタイの107奪三振とした。東京ドームでは4連勝となった。藤川が22セーブ目。打線は四回、1死一、三塁から関本の遊ゴロの間に先制。さらに2死二塁から金本の中飛を長野が落球して2点目を挙げた。巨人戦通算10勝目の能見は「僕自身、ちょっとふがいないピッチングが続いていたので何とか頑張ろうと思って(マウンドに)上がった。勝ててよかったです」と話した。

巨人は八回、高橋由が2番手・小林宏から5号ソロを放ち、さらに2死一、三塁と攻めたが後が続かなかった。(デイリー)


今日から甲子園を離れて長い長いロードの始まり。長いロードの初カードは5位・巨人と東京ドームで3連戦。

先発マウンドは巨人キラーでエースの能見。
毎度の如くフォアボールやヒットでランナーを背負い、4回、5回、7回と、同点、勝ち越しの危機はあったものの、バントミス、併殺、ポップフライ、三振。能見の粘りもあったけど、巨人の拙攻にも助けられたね。今日の能見は7回を投げ6安打無失点8つの奪三振。いい時に比べると、今日はあまり良くなかった気もするけど、白星は約1ヶ月ぶりの5勝目。ここから内容共に白星もついてくればいいね。

打線は4回、平野のレフト前ヒット、トリがキャッチャーゴロでランナー入れ替わり。新井さんの打席で巨人先発・ゴンザレスが1塁へ牽制悪送球で2塁へランナーを進め、新井さんのライト前ヒットで1死1・3塁。続くセキは真ん中低めの変化球に食らいつきながらもショートゴロ、この間に3塁ランナーのトリが生還して先制。次の金本もセンターライナーも長野が何を焦ってか、落球してさらにもう1点追加。

ゴンザレスの悪送球に、長野の落球。巨人が勝手にこけただけの2点で打線の中身としては、トリの走塁と、セキのショートゴロくらいしか褒めるところはないかな。

8回には能見の後を継いだ小林宏が2死から高橋由にレフトへ1点差に迫られるホームランを食らい、このあともフォアボールとヒットで、代打に谷という嫌な場面を迎えるも、谷を空振り三振にしとめ最小失点で回避。

9回は守護神・球児が亀井にライトポール際へホームラン性の当たりを放たれ、ビクッと肝を冷やす場面もありましたが、結局は三者凡退にしとめて試合終了。

投打にバランスを欠いて、勝手にこけてくれる巨人に対して、残す2試合は最低でも連勝、最高でも連勝で終えたいところであります。明日は不沈艦で「夜の帝王」なスタンリッジに勝ってもらい、できれば完投勝利で巨人を叩きのめして欲しいものです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ1○2阪神タイガース〜東京ドーム・13回戦

【神】○能見−小林宏−S藤川
【巨】●ゴンザレス−金刃

【勝ち投手】能見(5勝7敗)
【セーブ】藤川(3勝22セーブ)
【負け投手】ゴンザレス(1勝3敗)

〜ホームラン〜
【巨】高橋由5号ソロ(8回ウラ・小林宏)

阪神タイガース通算成績 38勝38敗2分 対ジャイアンツ 8勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogra

このページのトップヘ