猛虎Japan!

January 2012

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神「伝統と革新」の新ユニホーム

阪神は31日、沖縄県恩納村のホテルで、今シーズンから着用する新ユニホームを発表した。

ミズノ株式会社とのタッグで製作したもので、コンセプトは「伝統と革新」。白、黒、黄色と縦じまの伝統は守りながらも、昨季と比べて黄色の部分が少なく、よりたくましいイメージとなっている。

特にビジター用は、これまでの上下グレーから、黒シャツと白パンツに一新した。関本選手会長は「黄色が少なくなった印象。すごく軽くていい」と感想を話した。(デイリー)


横浜、中日と続いた新ユニフォームお披露目会のトリを飾ったのは我らが阪神タイガース。5年ぶりのモデルチェンジ、新生・和田阪神の船出を後押しすべく、新しい戦闘服へと衣替えとなったのですが、ファンの印象はと言うと…。

ん〜って感じ。先代ホームユニフォームで目障りだった黄色い配色が少なくなったのはいいけど、肩口のラインが気になる。目新しいから自然とそこへ目がいっちゃうんだろうけど。。。かっこいいのか、かっこ悪いのかと言われれば、かっこいいのかな。ホームは先々代のユニフォームを今風にした感じで、黄色がなくなったぶん、落ち着いた感じでいいかも。

阪神のユニフォームはホームはタテジマが基本線だから、めちゃくちゃなことにはならないと思っていたけど、ビジターは今までのグレーの配色から黒虎へ思い切った転換。先代のビジターユニフォームは渡米前の新庄が選定に加わっただけあって、かっこいいものだったけど、新ビジターは現段階では微妙な感じかな。他所の球団にも似たようなものがあるし(笑)まぁ慣れと、強くなればきっといいユニフォームになるはず。

ささ、新ユニフォームに伴ってファンもユニフォームを買い足さなければいけないわけだけど、さて誰にするかな。先代のユニフォームは平野なので、次は…。候補は柴田、鳥谷、金本、マートン。明日からのキャンプで各選手の動き具合を見て、新ユニフォームの買い増しを決定しよう。

さぁ明日は2月1日キャンプイン!7年ぶりの覇権奪回、27年ぶりの日本一へ。他の5球団を新生・和田阪神が蹴散らすぞ!蹴散らしまくるぞ!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

―このユニフォームを初めて見た印象と、実際に袖を通した感想をお願いします。

(ホームユニフォーム)

◆関本選手:黄色が少なくなりましたね。着た印象はすごく軽くて良い感じだなと思います。

◆藤川投手:今までの黄色を基調とした少し派手目なデザインから、シックというか、落ち着いた感じに仕上がっていると思います。

(ビジターユニフォーム)

◆鳥谷選手:黒ということで、今までのビジターユニフォームとイメージが違うのと、着心地も軽くて良い感じです。早くこれを着てビジターの試合でプレーをしたいです。

◆能見投手:ビジターユニフォームの印象がガラッと変わって、また違うイメージですね。ユニフォームの軽さというのもすごく感じるので、良い球が投げられたらと思います。

―藤川投手と鳥谷選手は、左胸に「C」の文字(キャプテンマーク)が入っていますが、立場が代わった2012年はどんな気持ちですか?

◆藤川投手:シーズンに入れば、この「C」のキャプテンマークが入っていることが付きまといますので、自己管理をしっかりとして、一年間頑張っていきたいと思います。鳥谷選手と共にシーズンに入ったら、チームが勝てる様に良い形で動いていきたいと思います。

◆鳥谷選手:今は特別なものはありませんが、明日からはこのキャプテンマークを付けてしっかりとグラウンドでプレー出来るように、そしてチームとして球団、投手、野手と連携をとって良いシーズンにしたいと思います。

20120131-00000051-dal-000-view























(阪神タイガース公式)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
DeNAが新ユニホーム発表 ホーム用は4季ぶりに縦縞
新球団としてスタートしたDeNAが29日、横浜市内で新ユニホームを発表し、「継承と革新」をコンセプトとし、白を基調としたホーム用は4季ぶりに縦縞が採用された。お披露目のイベントには中畑監督や主力選手が登場し、約2千人のファンを沸かせた。濃紺を基調としたビジター用には袖口や首回りに薄い青のラインが入り、背番号は青のグラデーションとなった。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆
中日、8年ぶりに新デザイン 今季ユニホーム発表

昨季、セ・リーグを制した中日は30日、キャンプ地の沖縄県北谷町で今季から着用する新ユニホームを発表した。1954年に初めて日本一に輝いた当時のデザインを基本としたもので、右袖にはリーグ優勝チームを示すエンブレムを付ける。ユニホームの変更は8年ぶり。ホーム用は白が基調で、濃紺で書かれた胸のチーム名が英字の筆記体に変更された。ビジター用は上着が濃紺で、帽子のマークと左胸の背番号が赤となる。(デイリー)


29日にベイスターズ、今日はドラゴンズ、そして明日はタイガースが新ユニフォームお披露目。

ベイスターズの先代のユニフォームはホーム、ビジターともにダボダボした感じのユニフォームで、敵チームから見ていて、ダサかったし、4年連続最下位と弱いのもあいまってお世辞にもかっこいいユニフォームとは思えなかったので、モデルチェンジはいいと思う。今回のユニフォームは先々代のそこそこ強かった時代のユニフォームに戻った感じもするし、中畑監督やラミレスがいるせいか、ユニフォームとともにチームの雰囲気が明るくなった気がする。ベイスターズの新ユニフォームがベイスターズファンに愛され、他の5球団のファンの記憶にも残るようないい戦いの出来るチームになるといいけど、さてどうなるかな!?新ユニはベイスターズのかっこいいと思う。

そして今日発表されたドラゴンズの新ユニフォーム。先代のユニフォームは散々ダサいと言われたけど、強いドラゴンズの象徴だったし、4度も優勝をしたゲンのいいユニフォーム。落合中日vs岡田阪神で死闘を繰り広げた思い出があったりで、敵ながら愛着があり、好きなユニフォームだったんだけど…。今回の新ユニフォームはホームが星野時代のドジャースもどきを復活させ、ビジターは個性がないなんとも言えないユニフォーム。帽子のロゴ、各所に取り入れられてる赤の配色も違和感ありあり。敵ながら今回のモデルチェンジはがっかり。そこまでして落合カラーを払拭したい中日フロントの考えが理解できない。ドラゴンズファンはどう思ってるんだろうね。。。

ベイスターズ、ドラゴンズの新ユニフォームをちょっと斬ってみたわけですが、明日はいよいよ我が阪神タイガースの新ユニフォームお披露目。ホームはあまり変わらないようですが、ビジターは思いっきり変わるとか。今季のタイガースのスローガンに使われてるトラッキーの絵柄からなんとなく新ユニフォームのヒントは出されていますが、さてどうなるのやら。個人的にはホーム、ビジターとも03年、05年に優勝したあのシンプルな感じのユニフォームでいいんだけど。

横浜がそこそこ良かった。中日は微妙。そして阪神は…。

大絶賛されるユニフォームか、みんなに笑われてしまうユニフォームか、順番的にオチをつけないといけないのが…ねぇ。明日が楽しみであり、ちょっと怖い。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神ブラゼルが最重量で来日、パワーアップ

阪神のクレイグ・ブラゼル内野手が28日、米国から韓国・ソウル経由で関西国際空港に来日し、「自宅に戻ってきたような感じ」と明るい表情で話した。

阪神では4年目のシーズンとなる今季は、定位置争いからスタートする。和田監督が左膝再手術明けの城島を、捕手と一塁で併用する方針を示しているからだ。米国ではトレーニングで筋肉をつけたというブラゼルは「今まで(の来日時)で一番、体重も重い。下半身強化とかストレッチ、ピラティスやヨガもやった」と、パワーアップに自信を見せた。(デイリー)


いつもならブラとマートンと一緒に帰ってくるんだけど、今回はマートンは奥さんが出産間近ということで、ブラひとりで大阪へ。

今年は日本で野球をするようになってから一番体重が重い状態でやってきたらしいけど、ただのブーちゃんになってきたんじゃない。体重が増えただけスケールアップして来てくれたと言う事。

去年は統一球の影響をモロに食らってホームラン数が2010年の47本から16本へと激減してしまったけれども、シーズン後半戦には統一球をホームランにするコツを掴んでいたように思うし、去年のようなホームラン16発ということはないと思う。

今年は城島との1塁併用なんて話もあるけど、城島が1塁に就けばブラがおのずとスタメンから消えてしまうことになるので、城島にも頑張って欲しいけれど、やっぱりブラやで!ってなるような働きを今年も期待します。

ファンとして心配なのはブラの膝の状態は大丈夫なのかな?ということ。昨シーズンは何度か試合を欠場することがあったし、後半戦の終盤あたりではまともに走れていなかったので、ウエートアップした分、膝への負担は大丈夫なのかなって。いくら強力なタイガース打線にあっても、ブラがいないと見劣りしてしまうんでね。

和田監督の構想では6番、7番を打たすようなことを話していましたが、ブラが下位打線にいるのは相手にとって恐怖の打線。特に6番はポイントゲッター的な部分でもあるし、総仕上げ、トドメを刺す打順。ブラの一振りで試合を決定付ける場面が多いと、今年は優勝してしまうで!今年はホームラン量産でたくさん、ブラダンスが見たい!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・伊藤和1軍キャンプ決定「光るものがあった」

阪神は22日、コーチ会議を開き、2月1日から始まるキャンプの1、2軍メンバーを振り分けた。

1軍の沖縄・宜野座キャンプに参加するのは44人。新人ではドラフト1位の伊藤隼太外野手(慶大)、同4位の伊藤和雄投手(東京国際大)が選ばれた。和田豊監督は「(伊藤和は)ここ数日のブルペンを見て光るものがあった。(伊藤隼は)実戦に入ってどういう動きをみせてくれるか楽しみ」とW伊藤への期待を示した。

故障明けの城島健司捕手、桧山進次郎外野手のほか、期待の2年目、中谷将大捕手も沖縄スタート。左肩痛の柴田講平外野手のほか、浅井良外野手、林威助外野手は2軍の安芸キャンプに振り分けられた。(デイリー)


キャンプの振り分けが決まり、いよいよ球春も間近。今年も野球の血が騒ぎ始めてきました。今年は去年より2人多い44人が沖縄キャンプへ。

沖縄行きのチケットを掴んだのはルーキーのW伊藤に2年目の中谷、秋山、鶴、若竹、白仁田の伸び悩み若手投手陣、森田、田上の隙あらばレギュラー取りもあるかもしれない若手野手、そして復活を目指す金本、城島、安藤、久保田、コバヒロのベテラン陣。色んな顔が沖縄に集結し、なかなか賑やかなキャンプになりそうな感じ。

逆に安芸行きになった浅井や林、自主トレで負傷した柴田、そして毎年のように沖縄に呼ばれながらチャンスを掴めないでいる野原将、坂は悔しい気持ちを発奮材料に安芸で泥まみれになって欲しい。

沖縄と安芸との距離はなかなかのものがあるけど、和田監督の方針ではファームからいい報告があれば、即「沖縄行き」チケットを発券するし、逆に沖縄組の気合のない選手はいつでも「安芸行き」のチケットを手渡すとのこと。

今回のキャンプの注目選手は投手では鶴、小嶋、白仁田。野手ではキャッチャーの小宮山。

投手で選んだ3名は先発枠の5番目、6番目を争う選手であり、中継ぎの一角で使っても面白そうな3人。3人の中で小嶋が頭ひとつ抜けた感じかもしれないけど、完全にポジションを奪ったわけではない、鶴は先発で期待されつつもイマイチなだけに球児みたいに短いイニングで投げる適正があるのかが見てみたい。白仁田はチャンス的に最後な気持ちで挑んで我武者羅に。ようやく出てきた芽を一気に伸ばして欲しい。

野手はキャッチャーの小宮山。去年もコミーを注目の選手として挙げていたけど、今年もコミーに注目。去年の終盤は岩田、能見とのコンビで好リードで引き出し、株価急上昇。「39」=矢野から「39」=コミーにする大チャンス。今季も城島をフルで使うことはないだろうから2番手捕手の座をきっちり確保して、ゆくゆくは正捕手の座へ。矢野さんから口すっぱく言われてる投手陣とのコミュニケーションとドンドン声を出して、小宮山慎二をアピールして欲しい。

タイガースは世代交代の時期。毎年この時期は若手に注目し、ベテラン陣を追い落とす奴が出てこないかなと思いながら、シーズンに入ると、レフト「金本」がどっしり座ってたりする状況。金本に復活して欲しい気持ちはあるけれど、いつまでも金本頼みではチームは成長しない。これは投手にも捕手にも通じる話。タイガースはベテラン陣が若手以上に練習し、若手以上に元気だったりするのが良いのか悪いのか複雑なところではあるけど、若虎には元気と勢いでベテラン陣、首脳陣を黙らせて欲しい。頑張れ若虎!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

沖縄メンバーは以下のとおりです。

【投手・22名】
渡辺、榎田、能見、藤原、安藤、伊藤和、二神、筒井、岩田、藤川、秋山、福原、小嶋、久保田、久保、小林宏、西村、鶴、若竹、メッセンジャー、スタンリッジ、白仁田。

【捕手・6名】
城島、小宮山、清水、藤井、岡崎、中谷。

【内野手・10名】
大和、鳥谷、関本、上本、平野、新井、新井良、黒瀬、ブラゼル、森田。

【外野手・6名】
金本、俊介、マートン、桧山、伊藤隼、田上。計44名。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
元阪神選手がダルに背番号「11」譲渡「喜んで」
レンジャーズは19日、ダルビッシュの背番号が日本ハム時代と同じ「11」になることを発表した。

これまでレ軍の背番号11は1995、96年に阪神の内野手としてプレーしたスコット・クールボー打撃コーチがつけていた。ダルビッシュが初めてアーリントンを訪れた1月初旬に球団から譲渡を打診されたという同コーチは「日本にいたので、日本選手が同じ背番号にこだわる験担ぎはよく知っている。それで気持ち良く彼がプレーできるなら、喜んで」と快諾。同コーチは同日、ダラス近郊で行われた球団のサイン会に参加。ダルビッシュについて「彼の投球を見てファンは興奮すると思う。チームのみんなが歓迎している」と話した。
(スポニチ)


ダルビッシュに和田に川崎に青木…球場で間近に見ていた選手が続々とメジャーに挑戦するのはプロ野球ファンとして誇りに思うけど、今年に限っては寂しい気持ちがいつもより大きい。

特にダルビッシュの投球術、青木のバットコントロール、虎ファンながら彼らの惚れ惚れするプレーをスタンドで「ええなぁ、ええなぁ」って見てる時間が至福のひとときだったもんで、あのプレーを間近でしばらくか、もしかしたらもう見れないのかと思うと…。虎ファンでさえ寂しい気持ちなんだから当事者のファイターズファンやスワローズファンはさらに寂しいやろね。

ダルは高額の年俸をもらってるぶんだけプレッシャーはあるかもしれないけど、それだけ期待の現れであるし、逆に青木は金銭的な面では評価はしてもらってないみたいだけど、青木のバッティングセンスはイチローと引けをとらないくらい良いものをもってると思うので、神宮や甲子園で魅せたあのバッティングでメジャーの眼の肥えたファンを唸らせて欲しいな。

それはそうと、ダルに背番号「11」を譲った人に元・阪神のクールボーが登場。95年、96年に在籍していた選手で、オマリーを解雇して取った選手。クールボーも頑張りはしたものの、オマリーがヤクルトで優勝に貢献したもんだからダメ助っ人の部類に入れられてしまったけど、今思うとメンチやらフォードやらを見てると全然優良助っ人やないか!と思う今日この頃であります。

ここ数年、メジャーに渡った選手がなかなか結果を残せず、日本球界の評価が下がり価値なんて聞くけど、ダルや青木にもう一度日本野球の意地を魅せてやって欲しいと思います。ダルの入るレンジャーズは上原に、ハムで一緒にプレーした建山もいるし、環境としてはプレーしやすいだろうし、青木の所属するチームは去年は中地区で優勝したチームだし、是非是非頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
楽天が下柳テスト 2月キャンプ

楽天が昨季まで阪神でプレーした下柳剛投手(43)の入団テストを2月の沖縄・久米島キャンプで行うことが17日、分かった。当初は昨年11月の秋季キャンプでテストする意向だった。だが、第1回12球団合同トライアウト(昨年は11月24日)より前に、戦力外通告を受けた選手と直接交渉できないことを確認。テストすることは不可能だったため、いったんは獲得を見送っていた。

下柳は第1回トライアウトを受けたが、獲得球団は現れなかった。現役続行の意思は強く、トレーニングを継続。21年間で通算129勝を重ねた左腕のぶれない姿勢に、楽天が再び動いた。評価するのは、投手としての力量にとどまらない。日ごろの妥協しない練習態度や登板日までの徹底した自己管理など、高いプロ意識がチームの「生きた教材」になると見ている。(ニッカン)


下さんにもう1度マウンドに立てるチャンスが与えられてよかった。楽天球団と星野監督にありがとう。

ノラリクラリのマウンドさばきはまだまだ通用する。去年も夏場に昇格の機会があったものの、天候との兼ね合いで見送られ、登板機会のないままタイガースのユニフォームを脱ぐことになってしまったけど、ファームでは調子が良い状態だったって聞くし、このまま不完全燃焼のまま終わるわけにはいかない。下さんだって、僕らファンだって納得いかないからね。

ノラリクラリ投法で5回、6回までに打線が援護してくれれば、下さんの登板日は十分勝機がある。日ハムからトレードで呼び寄せた星野監督、田淵ヘッド、佐藤ピッチングコーチと阪神時代に気心がしれた先輩もいることだし、下さん最後の働き場所としては持って来いじゃないかな。

下さんがやってきてタイガースが強いチームになったように、楽天でも若い選手を叱咤激励して強いチームに変えてやって欲しい。その前に入団テストを頑張って欲しい。楽天・下柳…あるで!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
えっ七回に球児!?虎・和田監督、理想描く

阪神・和田監督は14日、理想に描く投手の起用法について言及した。「中日が浅尾が七回に出てくるとシュンとする。個人的にはもう一度、球児を七回でというのはある」。JFK時代の藤川の役割はセットアッパー。それが理想だが、現状で藤川の代役はいない。「(守護神は)精神力も必要。技術だけでなく肩の強さも必要。候補は何人かいるが、その中からはまる選手がでてくれば」。現時点で“夢”にすぎないが、新守護神の出現を心待ちにしている。(サンスポ)


「中日の浅尾が七回に出てくるとシュンとする。個人的にはもう一度、球児を七回でというのはある」。和田監督案に賛成。

球児が後ろに回って以降、7回、8回にひっくり返されるケースが目立って、球児をだせず仕舞いに終わる展開が多い。特にここ最近はジェフが消え、アッチソンが消え、久保田も以前に比べるとさらに不安定。展開的にも切羽詰って球児を出す展開が多い。

思うと、球児、ジェフでセットアッパーを組んでいた05年、06年は勝利の方程式の安定度合いは今よりも大きかった。相手チームの攻撃の流れを球児でズバッと切って、反撃意欲を絶つ。抑え・久保田は球児と比べると不安感は増すけれど、言うても9回の3人を我慢すればいい話。失敗も球児と比べると少しは増えるかもしれないけど、ショック度合いは球児よりも小さい。J→F→Kの流れで方程式を組んでいた05年、06年は歴代勝利の1位・2位だ。

球児が来期アメリカへ渡るかもしれないことを思うと、新・守護神を今のうちから作っておいて損はない。個人的に秋季キャンプで広岡臨時コーチからべた褒めされていた白仁田を大抜擢してみるのは面白いんじゃないかと思ってみたりする。

暗黒時代でも中継ぎだけは他球団より勝った阪神タイガース中継ぎ労働課。この数年の中継ぎ課の低迷期を脱するためにも球児のセットアッパー再転向で今年よりも勝ちを10〜15拾って、中継ぎ労働課復興!そして優勝…日本一へ…あるで。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神の新井が恒例の護摩行「一番きつい」

阪神の新井貴浩内野手が12日、鹿児島県の最福寺で恒例の護摩行に臨んだ。

護摩木2000枚をくべた炎は高さ3メートルまで燃え上がり、業火と対じした虎の主砲は「今までで一番きつかった。火の勢いが今までで一番、強かった」と疲れ切った様子。顔はヤケドで真っ赤に染まり「これをやらないと自分から逃げているように感じる。僕の心の支えです」と効果を口にしていた。
(デイリー)


オリックスの新人が神戸で自主トレをするイチローと顔合わせをして感激するニュースと、この新井さんの護摩行のニュースを目にすると、今年ももうすぐキャンプが始まるんだなぁ…と思う。

毎度の如く、護摩木の前でお経を唱え、修行後には顔と首中にやけどを負い、それで生じた水ぶくれと生々しい傷と失神寸前な状況でインタビューに受け答えする新井さんを見て、なにもそこまでせんでも…と思いながらも、護摩行に挑む新井さんが好きだったり。

去年は初の打点王に輝くも、チャンスでの凡退の多さ(併殺打・リーグトップの20個)に対して、護摩行の効果が本当にあるのかなぁ…と思ったり、どうでもいい場面で打つほうに偏りすぎてるんじゃないかなぁと思ったり。

今年は「今までで一番きつかった。火の勢いが今までで一番、強かった」「これをやらないと自分から逃げているように感じる。僕の心の支えです」と効果を口にしているようなので、真の4番として、阪神タイガースを7年ぶりの優勝へ、新井さんもプロ入り初の美酒を飲む瞬間へと導いてもらいましょうか。

きついさん、辛いさんの新井さんは今年は見たくない。キモイさん、スゴイさんな状態の新井さんをシーズン通して見ていたい。今年は新井さん、やってくれると信じてます。頼むで!新井さん。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
「球児の怒り」効果!投手小屋きれいに

阪神は10日、守護神から指摘を受けて若虎たちがすぐさま行動した。前日9日、藤川が鳴尾浜で自主トレを行った際に「久しぶりに来たら、ブルペンの小屋が汚くて残念だった。これでは1軍の選手と差ができてしまう」とコメント。この言葉に若手が反応した。関係者によると、ブルペンに隣接する投手控え室はこの日、不要なスパイク等がきちんとかたづけられていたという。『整理整頓』『道具を大切に』という守護神の教えを胸に、若虎たちがきれいになった鳴尾浜から飛躍する。(サンスポ)


人気球団であるが故、こんなこともニュースになっちゃう…。しかもスポーツ新聞一面大見出しで。しかも2日連続。「球児激怒!投手小屋が汚い」「球児効果!投手小屋綺麗になった」アホかバカかと。

言われんと出来ない若手たち…。小学生やないねんし、ましてや高校の部活動でもない。ファームの選手であっても大金をもらってる立派なプロ野球選手。子供たちの手本にならないといけない選手たちが、ちびっこたちが学校で言われてるようなことを言われて慌てて掃除してるとか情けない。ファンとしても情けない。

見えるところだけプロ野球選手をやっていても大成しない。見えないところでもプロ野球選手であり続けないと、ちびっこたちの見本にもなれなきゃ憧れの選手にもなれんわ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
球児「ロクな選手に育たない」若虎に喝

投手キャプテンを務める阪神の藤川球児投手(31)が9日、鳴尾浜で自主トレを行い、道具を大切に扱っていないとして、若虎たちに苦言を呈した。ブルペン脇の投手陣が使うプレハブ小屋内部は、スパイクや練習用具が散乱。年末年始にかけて用具を手入れしたり、整理整頓したりした形跡はなく、これが若手が育たない原因の一つとして失望感をあらわにした。(デイリー)


一流選手ほど道具を大切にするもんだ。

虎のプリンス・新庄剛志はタイガース入団から大リーグ、ファイターズでの引退まで一貫して同じグラブを使い続けた。日本が誇る安打製造機・マリナーズのイチローにしてもバットを粗末に扱わない。三振や凡打をしたところでバットを投げつけたり叩きつけたりという行為は絶対しない。世界の盗塁王・福本さんにしてもスパイクにこだわりを持って、盗塁に情熱を注いだ。結果が盗塁記録であったり、最多安打であったり、数々の名プレーを生み出した訳で、商売道具を粗末に扱う奴に野球の神様もチャンスを与えてやろうとはこれっぽっちも思わないだろう。

球児も今じゃ球界を代表するクローザーだけど、プロ入りして5年間は鳴かず飛ばずで鳴尾浜でもがき苦しんだ時期があった。けれども、商売道具の手入れをおろそかにしたことなんてなかったから、この怒りになったんだろう。

今からでも遅くない、球児の喝を肝に銘じて今シーズンを挑んで欲しい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
アニキ引退かける「ダメなら先はない」

阪神金本知憲外野手(43)が5日、引退をかけてシーズンに臨む決意を明かした。広島市内のトレーニングジム「アスリート」で自主トレを公開し「去年は復活すると言って、復活できなかった。今年は最後のチャンス。ダメなら先はない。どれくらい試合に出られるか分からないが、若いときの貪欲さを思い出して、1試合でも多く出たい」などと語った。自信と覚悟を胸に、21年目のシーズンに飛び込む。(ニッカン)


「去年は復活するといって復活できなかった。今年は最後のチャンス。ダメなら先はない…。」去年のシーズン前にも同じようなセリフを聞いたような聞いてないような感じですが、アニキの復活は最大の補強!ですよ。

去年は2割1分8厘12本塁打31打点と移籍後最低の成績で終え、右肩の状態も全く投げれなかった最悪のときを思えば、大分マシにはなったと思いますが、それでもかつての栄光を知ってるファンからすれば、アニキにかけた期待は相当裏切られた思い。

今年はもう一度4番を奪い返し、全試合フルイニング出場する勢いで去年のオフからトレーニングに取り組んでいるそうですが、試合に出る以上はホントそれぐらいの気持ちでやってもらわないと…。

スイングの速度、打球の速度、ホームランの弾道の見事さ、まだまだ若いやつらには負けない素晴らしいモノを持ってるアニキですが、チャンスで打てない、ピンチで守りの足を引っ張るようでは大打者と言えども使う価値はない。若手もベテランも分け隔てなく使わないと…もう特別扱いは出来ない。

「鉄人・金本知憲」の鉄人っぷりを改めて示して欲しい。

金本が打てば、チームは活気付き、新井さんも活気付く。
金本知憲の復活なくして、阪神の優勝なし。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・和田監督、ファンとの「一体感」強調

阪神は5日、西宮市内の球団事務所で2012年の年賀式を行った。

7年ぶりのリーグ制覇、27年ぶりの日本一を目指すシーズンへ向け、南信男球団社長は「今年も多難な1年になりそうな中で、われわれタイガースが頑張って明るい話題を提供していきたい」とあいさつ。和田豊新監督は「私のテーマは一体感。フロント、現場、応援したくれるファンが一つになって初めて勝てる」と、関係者や球団職員に呼びかけた。(デイリー)


遅ればせながらあけましておめでとうございます。今年も阪神タイガースとともに、当ブログもご贔屓にしていただければ嬉しゅうございます。

2012年は「辰年」ドラゴンズの「龍」年にも、巨人の監督の「辰」年にもするわけにはいかない。和田新監督の下、7年ぶりのリーグ制覇、27年ぶりの日本一を達成の上、阪神タイガースファンみんなで喜べる秋になれば最高のシーズンにしなければ…選手もファンも優勝の味も恋しくなってきてるんでね。そろそろ優勝しても罰は当たらない。。

キャンプインも1ヶ月を切り、1ヶ月と少しすればオープン戦も始まり、あっという間に開幕を迎えるんだろうなと。

今年は真弓監督が蒔いた若虎の芽を一気に伸ばすチャンス。特に野手陣は柴田に上本、小宮山にルーキーの伊藤隼太。若い力でもってチームを引っ張り、勢いで他チームを圧倒する野球を見せ付けて欲しいなと思います。

2012年シーズン、和田豊監督率いる新生・阪神タイガースはどんな野球をするのか、和田監督には期待を賭けて見たいと思います。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

このページのトップヘ