猛虎Japan!

July 2012

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が本塁打攻勢で連敗を7で止める

阪神が本塁打攻勢で14日のヤクルト戦以来、15日ぶりに勝ち、連敗を7で止めた。

0‐1の四回は、鳥谷が中越え逆転4号2ラン、新井良の中越え5号3ランで一挙5点を奪った。六回はマートンの4号ソロ、七回は新井の5号2ランで加点。九回にも1点を加えた。能見は7回2失点(自責1)で6勝目(7敗)。八回を福原、九回は藤川が締めた。

逆転2ランの鳥谷は「チャンスだったので何とか返したいという気持ちがたまたまホームランになって良かった」と振り返った。七回に兄が5号2ランを放ち、1981年のリー兄弟(ロッテ)以来、プロ野球史上31年ぶりとなる兄弟アベックアーチとなった新井良は「チームが勝ってよかったです。最近、まったく打てないしエラーはするわで最悪だったので、まぐれですけど打てて良かった」と話した。

DeNAは先発の三浦が6回7安打6失点で5敗目(8勝)。(デイリー)


初回先頭の荒波の左中間への当たりをレフト・金本の拙い追い方で易々と3塁打にすると、内村の打席で若干リードの広かった荒波を刺そうと藤井が3塁へ牽制球も、荒波のお尻に当たって3塁後方へ弾いてしまい、ミスミス先制点を献上。先発の能見も内村、中村紀と連続フォアボールで無死1・2塁としてしまう有様。この回は何とかエラーの失点のみで回避したものの、今日もいきなりお笑いをやらかして頭を抱えてしまったのは言うまでもない。連敗の重圧か、緊張の糸が切れてるのか、身体が言うことを利かないのか…。若手には厳しく接する割にはベテラン陣には甘いチームの体質。若手は白けてるで…。

ベイスターズ先発は虎キラー三浦。中畑監督の3タテ狙い、5位狙いの意気込みに応えて、初回から飛ばす三浦に対し、阪神打線は早撃ちを仕掛けるも空回り。3回を終わってパーフェクトに抑えられ、今日も1点しか取れない打線に徹するのか…と思ったんですが、4回ウラに突如、甲子園が花火大会と化しました。先頭の平野がフォアボールを選ぶと大和がキッチリ送って得点圏へ進めると、トリがセンターへ逆転2ラン!後半戦初めての2点を手にすると、続く新井さんはセンター前にポトリと落ちるヒットで続き、マートンが左中間へ2ベースを放って2死2・3塁。もう1点欲しい場面で7番に降格となった良太がセンターへベイスターズを突き放す特大3ランを放って、一挙5得点!ビックイニングに沸く甲子園。本来の阪神打線はこうあるべきなんだけどね。トリ、良太の若い力で逆転したのはあっぱれ!

打線の大量援護に気を良くして身体の力が程よく抜けた能見は2回以降エンジンを上げ、打者の胸元をえぐるストレートでベイスターズ打線を翻弄。6回にラミレスに一発を浴びたものの、7回を投げ4安打2失点。最悪のときを思えば、マシになったかなと思うけど、エース・能見にしてはまだまだの出来。今日も一発を食らったし、球数が多い。もっともっとテンポ良く投げれるピッチャーなんだから、この点数、点差なら完投は出来るようであって欲しい。

打線は6回にマートンがセンターへ4号ソロで加点。7回にはヒットの鳥谷を置いて、4番の新井さんが5月5日以来の5号2ランをレフトスタンドへ。8回にも相手の3連続フォアボールからトリのセカンドゴロの間に1点を奪い9点目。

8回を福原、最終回を球児が締めて、7月14日以来、15日ぶりの勝利!後半戦初勝利は連敗を7でストップさせる快勝でした。

1点を取るのに汲々してた打線が9得点。9得点を奪ったのは5月30日の千葉ロッテ戦以来、約2か月ぶりの出来事。連敗も7で止まったし、やった!やった!と喜びたいところだけど、一発攻勢で勝利するほど、次の試合は元の貧打に戻ることが心配でならない。8回の1死満塁の場面で1本、2本タイムリーが出ていれば、火曜日からのスワローズ戦も少し楽しみが沸くけど、火曜日からのスワローズ戦、また1点を取るのに苦労する展開にならなきゃいいけどね。

週明けのスワローズ3連戦を終えると甲子園を高校球児に明け渡して暫しのロード。いい形で甲子園を後に出来るように、1つでも借金を返せるように、若い力で勝利をもぎ取って欲しい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○2横浜DeNAベイスターズ〜甲子園・15回戦

【横】●三浦−林−福田
【神】○能見−福原−藤川

【勝ち投手】能見(6勝7敗)
【負け投手】三浦(8勝5敗)

〜ホームラン〜
【横】ラミレス14号ソロ(6回オモテ・能見)
【神】鳥谷4号2ラン(4回ウラ・三浦)新井良5号3ラン(4回ウラ・三浦)マートン4号ソロ(6回ウラ・三浦) 新井5号2ラン(7回ウラ・林)

阪神タイガース通算成績 33勝46敗8分 対ベイスターズ 7勝7敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5シーズンぶりの7連敗で借金14

阪神が今季初、07年9月以来、5シーズンぶりの7連敗で借金は14となった。

先発・岩田が初回1死二、三塁からラミレスの適時打で先制点を許し、さらに中村の三ゴロの間に2点目を奪われた。三回には1死三塁から三塁・新井良の野選で3点目を許した。岩田は7回2/3を投げ、3失点(自責1)で10敗目(5勝)を喫した。

打線は六回2死三塁から新井貴の左前適時打で1点。2点を追う九回は2死一、二塁で代打・金本が右飛に倒れた。

DeNAは連勝。先発・藤井は5回2/3を投げ、1失点で5勝目(2敗)。「昨日(27日)勝っていたので連勝につなげなければと思ってました。右打者なら外目低めの原点へしっかりした球が投げられました」と話した。(デイリー)


後半戦初めての甲子園行って来ました。チームが6連敗中とあってか、球場の雰囲気もどんよりした感じ。7月の頭に6連敗を喫して甲子園に帰ってきたときのチームからは「どうにかしよう」という意気が感じられたけど、今回のチームからはそんな意気も感じられませんでした。

貧打で深刻な打線は今日も打つ気配、打てる気配なし。先のドラゴンズ戦から0点、1点、1点と来て、今日も1得点。和田監督が標榜した「1点を取る野球」というのは「1点しか取らない野球」だったのかなって。今日の27アウトのうちゴロアウト10、フライアウト11。ベイ先発の藤井を始め、加賀、菊池、藤江と簡単に討ち取られすぎ。オールスター休みの練習、試合前の練習と、選手も首脳陣もなにをしてるんだろうと。。。バットを振り切ることなく、当てにいく野球をしていては、そら伸び悩むわ。

今日もベイスターズの安打数4を上回る8本のヒットを打ちながら、6回の大和のヒット&二盗でチャンスを作り、新井さんのレフト前ヒットで挙げた1得点だけ。9回にベイ守護神の山口から1イニングにヒット3本を放ちながら無得点というお笑い攻撃。新井弟のヒットの後、新井兄のセカンド併殺、マートン、今成の連打が飛び出すチグハグっぷり。今年何度と見ている光景が、今日の甲子園にもありました。

先発は岩田。初回、フォアボールとデッドボールでいきなりピンチを招くとラミレスの打席時に岩田の牽制悪送球があった後、ライト前タイムリーで先制点。さらに後藤のサードゴロの間に1点を追加され、いきなり苦しい展開に。3回には荒波の2ベースから内村が送り1死3塁。続く中村紀のサードゴロを良太が本塁送球もフィルダースチョイスとなって、3点差。現状のタイガースじゃとてもじゃないけど、ひっくり返せない点数。岩田はこのあと立ち直りを見せ、8回途中にピンチを招いて降板するまで4安打ピッチングも結局負け投手に。

前任の真弓監督はビジョンが見えないと叩かれつつ、去年は若手を積極的に登用して戦う方向性を見せてくれたけど、和田監督は若手を使うといいつつ、相変わらずいつもと同じ顔ぶれ。昨日結果を出した伊藤隼太も今日は左の藤井ということでスタメン落ち。ケガで離脱していた藤井も有無を言わさずスタメンマスク。和田監督の中では育成云々を言ってる余裕はないのかもしれない。けど、目先の1勝を取るのに必死という雰囲気でもないのが…。明日も変わらぬ顔ぶれで我慢の野球をしなければならないのかな。こんな調子じゃ8連敗も球団記録の12連敗もまったなしや!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●3横浜DeNAベイスターズ〜甲子園・14回戦

【横】○藤井−加賀−菊地−藤江−S山口
【神】●岩田−福原−渡辺

【勝ち投手】藤井(5勝2敗)
【セーブ】山口(2敗13セーブ)
【負け投手】岩田(5勝10敗)

阪神タイガース通算成績 32勝46敗8分 対ベイスターズ 6勝7敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
泥沼の阪神、今季2度目の6連敗

阪神が今季2度目の6連敗。三回、先頭の鳥谷が右中間三塁打を放つと、続く大和の左翼線適時二塁打で1点を先制した。しかし、その後、無死一、三塁とチャンスを広げながら、新井が見逃し三振、マートンが三ゴロ併殺に倒れた。1‐3とされて迎えた七回には無死一、二塁の反撃機をつくったが、鳥谷、大和、新井良が凡退。ドラフト1位の伊藤隼は自身初の1試合2安打を放った。

スタンリッジは6回を7安打3失点で6敗目(5勝)。1‐0の六回、2死一、二塁から代打・小池に左越えに逆転3ランを浴びた。

横浜は3‐1の七回、渡辺直の適時打で加点。九回には筒香が押し出し四球を選んだ。先発の高崎は8回9安打1失点で4勝目(7敗)。

代打逆転3ランの小池は「浜風が吹いているので、レフトは結構入るなというのがある。風に乗ってホームランが打てました。いいところで使ってくれた監督に感謝した。(チームが)一番下なので、何とか上位をいじめて一つでも上に行きたい」と話した。(デイリー)


甲子園で出直しなんて言いつつ、結局なんにも変わらなかった和田阪神。最下位ながらベイスターズのほうが元気があれば、勢いもある。ベイスターズとゲーム差は5もあるけど、こんなのあっという間に縮まるぞ…。さっさと追い抜いてもらって、最下位に転落したほうが今後の阪神の為になるのかな。。

スタメンには伊藤隼太を7番・レフトに抜擢。これまでの打席を見てると速球にも変化球にも振り負けていた感があったけど、この日の隼太は食らいつく姿勢があったし、打席での構えも様になってた。なにより良かったのが鋭い目。また鳴尾浜に帰ってなるものか!という決意がにじみ出ていた。その結果が左中間への2ベースとライト前ヒット。元気のない打線にあって、隼太の頑張りが唯一の収穫。隼太のような必死さがチームには全然ない。

ベイスターズを上回る10安打を放ちつつ、得点は3回のトリの左中間への3ベースを足がかりに、大和のレフト線へのタイムリーで挙げた1点のみ。良太もこのあとバントヒットで出塁し、無死1・3塁とチャンスを拡大するも、新井兄が三振、マートン併殺という最悪の攻撃で追加点を挙げれず。。。個人的にマートンの5番起用も?。不調で迷走してるのもあるのだろうけど、随所でやる気のない?元気のないところが見れるので、スタメンから外して若手に切り替えたほうがいいと思う。今のマートンに爆発を期待しようなんて無理だ。

良太がバントヒットで出塁したものの、新井兄弟、マートンのクリーンアップも機能せず。新井兄4タコ、マートン4タコ。凡退する姿が打席に入る前から予感するのが…悲しい。

現状の打線でクリーンアップを担える選手といえば、悲しいかな鳥谷くらい。もう4番・鳥谷でええんちゃうかな?これからは1番・2番は上本、柴田の快足コンビで3番・良太、4番・鳥谷、5番・新井兄、6番・大和、7番・伊藤隼太、8番・小宮山でどないじゃろか?何度も言ってるけど、いつまでもベテラン頼みの編成じゃ勝っても今後のためにはならない。いい加減、若手を積極登用しなさい。

先発もスタンリッジが5回まで好投も6回にヒットとフォアボールから代打の小池の3ランで撃沈。このあと、渡辺、加藤、小嶋、鶴と繋いだ継投。渡辺は勝ってても負けてても投げさせられてタフというか、損な役回り。ナベが可哀想に思えてくる。

オリンピックが開幕すると、世間の関心はロンドンに向くと思うので和田監督の気は少し楽になるんじゃなかろうか?最下位ながら前向きに戦ってるベイスターズから学ぶところはいっぱいあると思う。負けてもいいから中身のある試合をしろ。いつまでも中身が空っぽの試合、やる気のない選手を使い続けるなら、暗黒の深みは増していくだけだ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●6横浜DeNAベイスターズ〜甲子園・13回戦

【横】○高崎−山口
【神】●スタンリッジ−渡辺−加藤−小嶋−鶴

【勝ち投手】高崎(4勝7敗)
【負け投手】スタンリッジ(5勝6敗)

〜ホームラン〜
【横】小池3号3ラン(6回オモテ・スタンリッジ)

阪神タイガース通算成績 32勝45敗8分 対ベイスターズ 6勝6敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が今季4度目の5連敗で借金12

阪神が今季4度目の5連敗を喫し、借金12となった。

五回に2死二塁から鳥谷の適時二塁打で先制したが、その裏、先発の久保が堂上剛に適時打を許し同点。六回には1死一、三塁から、2番手・筒井が森野に右前へ適時打を打たれ、勝ち越された。八回には福原が、谷繁に通算3000塁打となる2号2ランを左翼へ運ばれた。

中日は3連勝。先発・ソトに代わり、六回から登板の2番手・山井が3勝目(3敗)。(デイリー)


「1から出直そう」「開き直ろう」今シーズン何度聞いたことか。

オールスター前の3連敗と今回の連敗で今季4度目の5連敗。打てない、打てないと嘆くわりには、選手に悲壮感があるわけでもなく、ベンチも動きを見せるわけでもない…。借金はまた1つ膨らみ12。真弓時代の09年以来3年ぶりの借金12。ちなみに09年の真弓阪神は借金12から5まで減らし、終盤はヤクルトとCS進出をかけて3位争いをしていたんですが。今の和田阪神にはここから盛り返す力、反発力といったものは微塵も感じられません。このままだと久しぶりに「阪神・借金20」なんて言葉も聴けそうです。

チーム状態が悪いと集中力も欠ける。5回にトリが左中間へのタイムリー2ベースで先制した直後の5回ウラ、ひとつのミスからまたも崩壊。タイガース先発は久保。5回ウラ1死1塁、バッター谷繁を迎えるまでは久保らしくテンポのいいマウンドでした。谷繁を打ち取ったの打球は普通のサードゴロでした。が、サードの良太が処理を焦ってファンブル。5→4→3の併殺で無失点で切り抜けるはずが、1死1・2塁となり、流れがドラゴンズへ傾くと、代打の堂上兄がライト前タイムリーで同点に追いつかれると、6回にも和田の2塁打、井端のヒットで1死1・3塁とされると、ここで2番手・筒井にスイッチ。対するは森野。外野へ運ばれると1点は覚悟しなければならない場面。筒井は森野をライトライナー…にしとめたはずでしたが、ライトの柴田がグラブに納めつつもまさかのポロリ。記録上はヒットでしたが、前進守備だったにも関わらず、失点を阻止できなかったのは痛かった。

8回には4番手の福原がランナーをひとり置いた状態で、谷繁にレフトスタンドへ2ランホームランを放たれトドメ。打線は9回にソーサを攻め立て2死1・3塁のところまで詰め寄りましたが、最後は平野がセカンドフライに倒れて試合終了。

ナゴドでは今季未だ勝てず7連敗。次は9月にナゴドで3連戦があるけど、1勝できたら御の字。この調子じゃ今季1勝もナゴヤでは勝てなさそう、ナゴヤ、東海地方の虎党の皆さんが気の毒。。。昨日の試合終了後の会見で「悔しいを通り越して屈辱」と言い放った和田監督。今のメンバーで今日も屈辱の上塗りされたわけだし、明日はスタメンをフレッシュにして、若いのに賭けてみてはどうですか?あんまり期待してませんけど。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ4●1阪神タイガース〜ナゴヤ・14回戦

【神】●久保−筒井−鶴−加藤−福原
【中】ソト−○山井−田島−Sソーサ

【勝ち投手】山井(3勝3敗)
【セーブ】ソーサ(4勝2セーブ)
【負け投手】久保(2勝4敗)

阪神タイガース通算成績 32勝43敗8分 対ドラゴンズ戦 3勝10敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・メッセンジャーが五回途中KO

阪神の先発メッセンジャーが、五回途中4失点でKOされた。

四回に1点を先制されると、五回は遊撃・鳥谷の失策などで無死一、三塁のピンチ。ここで和田に2点適時三塁打を右中間に打たれると、山崎の左犠飛で4点目を失った。さらに井端に右翼線二塁打を許すと、たまらず和田監督が交代を告げた。

メッセンジャーは「先発として長いイニングを投げることができず、中継ぎ陣に迷惑を掛けてしまった」とコメントした。(デイリー)


リーグ戦後半戦開幕。後半戦に向けて和田監督は「後半戦は若手を積極的に使っていく」…なんて出来もしない話を話半分に聞いていたんですが案の定。。。打順を1番・トリ、3番・良太…という感じに少し雰囲気を変えただけ。出てるメンバーは相も変わらずであります。

鬼門・ナゴヤでの後半戦スタートの試合でしたが、相も変わらずの試合。打たない打線。打線が打たないばっかりに踏ん張りが利かず崩れていく投手陣。前半戦、見飽きた光景を後半戦も見せ付けるつもりかと…。オールスター休みの全体練習ではみんなしてバント練習をしていたそうで…一振りでも多く振り込め!一球でも多く打球を死んで捉えられるようにしろ!って今更言ったところで、後の祭り。

唯一のチャンスだった5回の2死満塁のチャンスも一本が出ず。ドラゴンズ先発・吉見に対して4安打完封負け。情けない。。

タイガース先発・メッセンジャーは4回に森野のタイムリーで先制され、5回には大島のヒット、トリのエラーから崩れるように和田2点タイムリー2ベース、山崎犠牲フライで4点を失いKO。

今日のランディは毎回ランナーを背負いながらのピッチング。いい時と比べるとコントロールが甘かったし、キレもそれほどなかった。4回3分の1を7安打4失点。

8回には5番手の渡辺が井端、柳田のタイムリーで2点を追加され、トドメ。THE・END。

借金は11に膨れ上がり、3位に5.5ゲーム差。明日も苦手のソトに対して手をこまねき、最小失点で気がついたら負けてた…ちゅう展開になりそう。和田監督は一体なにがしたいのかさっぱりわからない。若手の起用、守り勝つ野球、今のところ全部裏目だ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ6●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・13回戦

【神】●メッセンジャー−加藤−鶴−小嶋−渡辺
【中】○吉見

【勝ち投手】吉見(7勝4敗)
【負け投手】メッセンジャー(5勝9敗)

阪神タイガース通算成績 32勝43敗8分 対ドラゴンズ戦 3勝9敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
和田豊監督が前半戦を総括

18日(水)、前半戦最後の試合となる読売ジャイアンツ戦を前に、和田豊監督がシーズン前半戦の統括会見を行いました。

◆和田豊監督コメント(会見より)

―前半戦、良いスタートを切りましたが、途中から苦しい状況が続きました。

和田:開幕のスタート自体はまずまずの形でしたが、なかなか点を取れない状況が続き、交流戦明けくらいまで何とか勝ちを拾う形で5割前後をキープできましたが、その後、打線が活気づき始めた頃に投手の踏ん張りがきかなくなりました。またこの時期(夏場)に投手が疲れてくるというのを計算に入れながらも、打線がそこからもう一つ伸びていかず、前半戦に限っては、投打が噛み合わない状態が長いこと続いてしまいました。

−もう少し噛み合えば上昇できるような印象がありますが、あとはチームに何が必要だとお考えですか?

和田:何がというよりも、そういう状態の中で、藤井の3度の離脱があり、やっぱり要になる部分でカバーしきれなかったです。やはり藤井の離脱というのは大きく影響しましたね。そのあたりをキャンプから備えてきましたが、実戦ではなかなか出来なかったのが今の成績につながってしまいました。

−先発投手も踏ん張っていますが、なかなか勝星がついてこないという状況が続いています。

和田:現状では勝ちが先行している投手が一人もいない状態で、前半戦の序盤は投手陣がなんとか踏ん張ってくれていましたが、7月に入ってからは全体的に低調で投打に渡って調子の良い選手がなかなか見当たらないという中での戦いとなり、苦しい戦いが続きました。

−リリーフ陣も故障者が出て大変な状態となりました。

和田:そのあたりも想定しカバーしていく必要がありますが、投手のみではなく打者も含めて、ポイント、勝負所での紙一重の勝負で結果が出せないという、非常に苦しい戦いになりました。

−先ほど打線の話が出ましたが、打線は良い形になって来ていませんか?

和田:ランナーを出してつなぐところまで行くのですが、そこからあと一本が出ないのが課題で、それをずっと繰り返す戦いになりました。その中で若い力、良太(新井)は中堅になるかも知れないですが、大和や、投手では筒井、このあたりの選手が、もう少しでレギュラーに届くというところまできていますので、このチャンスを何とか逃さないように、自分で掴み取るという気持ちでこれからも試合に挑んで欲しいですね。

−新井良選手、大和選手など、本当に若い力が活躍するとワクワクしますが、後半戦に向けて期待は大きいですか?

和田:もちろん期待はしていますが、そのあたりもミックスしながら、後半戦の戦いにつなげていけたらと思います。また、そういう部分をファンの皆さんに少しでも多く見て頂きたいです。本当に前半は苦しい戦いが続き、ファンの方になかなか楽しんで頂けるような試合が少なかったので、1試合でも多く良い試合が出来るよう頑張りたいと思います。まだまだ全てにおいて諦めた訳ではないので、何とかオールスターブレイクの期間を有効に使って、もう一回立て直してファンの皆様に新しいものを見せられるようにしていきたいと思います。

−後半戦に向けて巻き返しのキーワードは何でしょうか?

和田:やはり若い力がこれから必要となってきますので、現状、主力全体が数字のうえでも低調で、打線では「(チャンスで)ここに回したら…」というような核が見当たらない状況ですので、本来の力を出してもらわないといけないです。また前半戦は、1試合勝ててもまた次の試合で負けてしまうような、つながらないどっちつかずの戦いになってしまいましたので、1つ勝つことで乗っていけるような形にしなければいけません。それには若い力も必要ですし、主力がそれなりの力を出して行かないとなかなか連勝にはならないと思います。チームの立て直しも大事ですが、各選手が個人の能力を十二分に発揮するような状況を作っていかないと、巻き返せないと思いますので、そのあたりをチェックしながらしていきたいです。

−最後にファンの皆様にメッセージをお願いいたします。

和田:同じことの繰り返しになりますが、前半戦は喜んで頂けるような試合が非常に少なかったので、とにかく良い試合を1試合でも増やす。また、我々にも意地がありますので毎日同じような負け方は出来ない。前半戦では何回か上昇するきっかけになるような勝ち方をした試合もありましたが、なかなか乗って行けない状況が続き苦しみました。そういうところをしっかりとカバー出来るように、まずは選手個人の状態を上げて、チームとしてもう一回ファンの皆様に応援して頂けるような形に作り直していきたいです。とにかく必死になって頑張っていきます。(阪神タイガース公式)


前半戦最後の試合となった巨人戦は勝てた試合を最後は引き分け。2012年の前半戦を32勝42敗9分、勝率4割3分2厘。首位・巨人まで15ゲームも離された5位で折り返し。

今年に限った話ではないけど、勝てそうな試合を勝ちきれない。逆転することは稀で、引き分けか逆転負けという試合が多い。巨人戦の3カード目も4回の新井兄、金本の連続タイムリーで2点をリードしながらも、バテが見える先発のメッセンジャーを引っ張りすぎ、7回に追いつかれ結局引き分けで終了という試合。

岡田時代のような勝ち試合と見れば、先発に余裕があろうと、有無を言わさずJ・F・Kに移行する形は賛成しない。けど、真弓時代、和田時代と先発の代え時を見間違うところが多い。継投が難しいのは理解できるけど、出し惜しみして負けることほど虚しいことはない。今の時代はどのチームもJ・F・Kに習って、勝利の方程式を確立してるだけに、阪神も優秀なリリーフ陣が揃ってるんだから「新・J・F・K」を確立して新たな逃げ切り体制を見せて欲しい。

打線は低調なのが…。たまに波が大きくなるくらいで、いつも小波程度。主力の顔ぶれがいつも同じ。若手以上に頑張るベテランがいるのがどうしようもないんだけど、ベテラン以上に若手も頑張らないと。主力を脅かす若手が出てきてこそ、チームは活気付く。広島の堂林とかヤクルトの川端のようなね。良太や大和、今成が頑張ってるけど、活躍的には物足りないし、誰かからポジションを奪ってというのは良太くらいなので、もっともっと若手は頑張れ。いつまでも金本も新井さんもおらんのだ。いつ自分に出番が回ってきてもいいように、準備をしておけ。柴田、上本、中谷、隼太、野原祐、田上、いつでも上がって来い。待ってるぞ。

後半戦は若手をミックスしながらと戦うと和田監督は仰ってるようですが、僕はあまり期待してません。不振のマートン、ブラゼルをスタメンから外すことはあっても、復帰してくるであろう藤井、城島を控えに置いておくようなことはないと思うので。

後半戦は鬼門・ナゴヤドームから。まぁ頑張れ。熱くなれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2△2読売ジャイアンツ〜甲子園・15回戦

【巨】澤村−福田−西村−山口
【神】メッセンジャー−福原−筒井−藤川

阪神タイガース通算成績 32勝42敗8分 対ジャイアンツ 3勝10敗2分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連敗で借金10、巨人は貯金20

阪神は岩田が序盤に打ち込まれて3連敗し、借金が2011年6月8日以来の「10」に達した。一方巨人は2連勝で貯金「20」。2009年リーグ優勝時以来の大台に到達した。

岩田は初回、長野の安打などで1死満塁にされると、阿部の適時打で2点を献上。三回には、無死一塁から、坂本に8号2ランを浴びた。立ち直れないまま4回6安打4失点で降板。9敗目(5勝)を喫し、自身の連敗は4となった。

打線は四回、ゴロの間に1点を返すと、続く五回、新井が村田のエラーで出塁。2死二塁から新井良が4号2ランを放って1点差に追い上げた。続いて「7番・中堅」で3度目のスタメンとなったルーキーの伊藤隼がプロ初ヒットを放つが、二盗を試みて刺された。

巨人は先発ゴンザレスが4回2/3、8安打3失点で降板したが、中継ぎ陣が阪神の追撃を断った。価値ある2ランを放った坂本は「行くかなと思ったけど、うまく風に乗った。結果的にすごい大事な2点になってよかった」。貯金20には「あまり気にせずに一戦一戦戦いたい」と話した。(デイリー)


危険水域の借金10に到達。対照的に対戦相手の巨人は貯金20でがっちり首位固め。片やお通夜、片やウキウキ。先発が崩れる、チャンスで打てない打線、あと一本が…と嘆く打撃コーチと監督。今年は何度となく見聞きした負けパターンの言い訳。もういい。

不調の平野がスタメンを外れ、ルーキーの伊藤隼太が開幕シリーズ以来の7番・スタメンに抜擢。ストライクの見逃し方や1軍の球威にまだついていけてない場面も見受けられましたが、第3打席でセカンド横をしぶとく抜く念願のプロ入り初ヒット。直近のファームの試合では4割近くの打撃成績を収めての昇格だけに、育成をする気があるのなら我慢して使ってみると面白いのかな。こんなチーム状況だからこそやるべきこと、試すべきことはあるはず。チーム内に競争がないが為の体たらく。若手をドンドン起用して競わせろ、レギュラー陣を安泰させるな。

5回には元気者、新井良太がチーム7000号となる2ランをレフトスタンドへ。良太がチームにいなかったらと思うとぞっとする。出してくれたドラゴンズに感謝。

借金を一刻も早く返済すること。そして若手の積極起用でチーム内に競争を作ること。少々の失敗には目を瞑って我慢しようじゃない。このままじゃ今年どころか向こう5年は厳しいことになる。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●4読売ジャイアンツ〜甲子園・14回戦

【巨】○ゴンザレス−高木康−田原−山口−西村
【神】●岩田−鶴−筒井−福原−藤川

【勝ち投手】西村(2勝1敗)
【負け投手】岩田(5勝9敗)

〜ホームラン〜
【巨】坂本8号2ラン(3回オモテ・岩田)
【神】新井良太4号 2ラン(5回ウラ・ゴンザレス)

阪神タイガース通算成績 32勝42敗8分 対ジャイアンツ 3勝10敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、巨人に完敗 10度目の完封負け

阪神が今季10度目の完封負け。先発のスタンリッジは打線の援護なく6回を6安打2失点で5敗目。走者を出しても粘ったが、被弾した1球に泣いた。

巨人は二回1死一塁、エドガーが左越えに3号2ランを放ち先制した。先発の内海は変化球を低めに集める好投。八回2死一塁で代打・ブラゼルに死球を与えたところで2番手の山口と交代。山口が一、二塁のピンチをしのぎ、内海は7回1/3を無失点で8勝目。九回を締めたマシソンが9セーブ目。

内海は「9連戦の最後の3連戦なので、チームのために貢献できるよう頑張りました。きょうは真っすぐがよかった。山口、マシソンにつなげるよう頑張った。しっかり投げてよかった」と振り返った。(デイリー)


オールスター前最後の3連戦となる巨人戦の初戦、行ってきました。内海が苦手なのは承知の上ですが、虎の意地で内海に一泡吹かせたかった。

先発はスタンリッジ。2回、1死から高橋由のレフト前ヒット、続くエドガーに左中間へ先制の2ランホームラン。今日のスタンリッジの失点はこのエドガーの一発のみ。これに泣いた。3回と6回以外はランナーを背負うピッチングも、球は走っていたし、欲しいところで三振を奪えていたと思う。3回を除いて毎回奪三振は7個。先発が好投しても打線が援護しない…前半戦の阪神の戦いを象徴するような試合。スタンリッジは6回6安打7奪三振、失点は2。もったいないマウンドでした。

打線は2回先頭の新井さんが左中間へ2ベースを放って反撃の狼煙。続く金本、良太、平野と続く打線、どうあれこうあれ最低でも1点は返してくれるだろうと思っていましたが、金本三振、良太セカンドゴロ、平野三振と内海に見事に手玉に取られる始末。

4回にも先頭の大和がライト前ヒット、トリの打席で相手の暴投でセカンドを陥れ、今度こそは…と思いたいところでしたが、トリ、新井兄、金本とクリーンアップ揃って凡退。

6回には1死からマートンがフォアボールを選び、トリのライト前ヒットで2死1・3塁。バッターは新井さん。内海のストレートを上手く捕らえるもライトフライ。今日の新井さんは4回、6回といい当たりはしてるものの、どれもこれも野手の真正面。だけど、打ってナンボ。ハードラック2本…ついてない。

スタンリッジのあとは加藤。福原、筒井と無失点リレーで継ぐも、打線の援護なく、力なく散発4安打のシャットアウト負け。負け越しもデッドラインに再び手をかける9つ。明日負ければ借金10と恥ずかしいったらありゃしない事態に。

明日の予告先発は岩田とゴンザレス。巨人先発のゴンザレスには悪い印象はないので、そんなに苦にしないかも。とにかく明日は勝って。借金10は阻止しなさい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース0●2読売ジャイアンツ〜甲子園・13回戦

【巨】○内海−山口−Sマシソン
【神】●スタンリッジ−加藤−福原−筒井

【勝ち投手】内海(8勝6敗)
【セーブ】マシソン(2勝9セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(5勝5敗)

〜ホームラン〜
【巨】エドガー3号2ラン(2回オモテ・スタンリッジ)

阪神タイガース通算成績 32勝41敗8分 対ジャイアンツ 3勝9敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、サヨナラ勝ちの翌試合で4連敗

阪神がサヨナラ勝ちの翌試合で、今季4連敗目を喫した。

阪神の先発・能見は初回、先頭・ミレッジに左中間へ11号ソロを浴び、二回は2死満塁で田中に適時内野安打を許して2点目。続く三回は畠山に左翼へ7号ソロを打たれ、3回3失点で降板した。

六回は3番手の渡辺が2死満塁から田中の投手強襲安打で4点目。七回は4番手・加藤が連打で5点目を奪われた。

打線は0‐1の初回に無死満塁から新井貴、金本の連続犠飛で一時は逆転に成功。

ヤクルト打線は計15安打。先発・村中は2失点完投で5勝目(3敗)を挙げた。(デイリー)


サヨナラ勝ちの翌日は4連敗ですって。デイリーさん、嫌な情報をお持ちで…。それを打破しないといけないんやけど。

先発はここ数試合、エースとは言えない内容が続く能見。今日も初回、いきなりの先制パンチ。ミレッジに左中間へ先頭打者ホームランを放り込まれ嫌な立ち上がり。

打線は昨日の勢いそのままにマートン、平野の連打、トリがフォアボールを選び無死満塁。ここで新井さんがライトへ犠牲フライを放って追いつくと、続く金本もライトへ犠牲フライを放って勝ち越し。

2回は1点のリードを持ってのマウンドとなる能見。宮本、野口と簡単にしとめて2アウトを奪うも、ここからがダメ。2死から中村にフォアボール、ピッチャーの村中にレフト前ヒット、ミレッジにフォアボールで満塁となり、田中浩にサードタイムリー内野安打で同点。3回もピリッとせず、先頭打者の畠山に待ってましたとばかりに高めに浮いたストレートをレフトスタンドへ逆転弾。この一発で被本塁打はリーグトップの13本。能見のストレートは今までに比べると球威がないように思う。和田監督は3回限りで能見をスイッチ。3回5安打2失点。エースならばもっと投げなければならない。だけど、あの内容では降ろされても文句は言えない。

4回からは2番手・鶴が2回を投げ1安打無失点。鶴が試合を立て直すも、3番手・渡辺、4番手・加藤がそれぞれ1点を失い、ヤクルトに離される始末。

決して調子がいいとは言えない村中に、打線もノラリクラリと交わされ、終わってみれば9回完投勝利をアシスト。序盤の内容からして、いつでも打ち崩せそうな感じがしたんですが要所を締められました。

連勝できない上に、サヨナラ勝ちの後の試合があまり分が良くないとはこれ如何に…。昨日の勝ち方からして波に乗らないとおかしいのに…波に乗れないからこの順位なんだろうけど。

明日からオールスター前最後の3連戦は首位・巨人を甲子園で迎え撃っての一戦。最低でも2勝1敗といければ…。明日の予告先発はタイガースはスタンリッジ、巨人は内海。内海から大量点が期待できないけど、甲子園での対内海は負けてる印象はない。厳しい3連戦になろうかと思うけど、前回の東京ドームの3タテの仕返ししたらんかい!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2●5東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・10回戦

【ヤ】○村中
【神】●能見−鶴−渡辺−加藤−小嶋

【勝ち投手】村中(5勝3敗)
【負け投手】能見(5勝7敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】ミレッジ11号ソロ(1回オモテ・能見)畠山7号ソロ(3回オモテ・能見)

阪神タイガース通算成績 32勝39敗8分 対スワローズ 5勝4敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
鳥谷がサヨナラ二塁打 20日ぶり連勝

阪神が延長十回サヨナラ勝ち。20日ぶりに連勝した。2死から大和が内野安打で出て、続く鳥谷がヤクルト・山本哲から左線へ適時二塁打を放ち、一塁から大和が一気に生還した。

ヒーローの鳥谷は「打てて良かった。還すというより後につなげようという気持ちだった。飛んだところが良く、サヨナラという形になって良かったです。(主将として)どんな形でも試合に勝てるようにしたい。オールスターまで残り4試合、すべて勝つつもりで選手はやります」と、冷静な中にも熱い気持ちを込めて話した。

阪神は0‐0の五回2死一、三塁から今成、久保の連続適時打で2点を先制。先発の久保は7回無失点。二回と四回は1死満塁のピンチをともに併殺で切り抜けた。しかし、八回に登板の2番手・榎田が畠山に6号2ランを浴びて同点に追い付かれた。(デイリー)


熱気覚めやらぬ甲子園。行ってよかったあああああ(笑)

「野球は2アウトから。」「野球は筋書きのないドラマである。」誰が最初にこんな上手いこと言うたんでしょうね。差し迫る3時間半ルール。ヤクルトベンチの姑息な時間稼ぎ。2アウトを取られたときは今日は引き分けかなと思ったんですが、最後の最後にドラマがありました。れ

タイガース先発は久しぶりの先発…というか1軍のマウンドも久しぶりの久保。初回は3分でヤクルトの上位打線を退ける上々の立ち上がり。2回は1死から松井淳、宮本の連続ヒット、福地へのフォアボールで満塁のピンチを背負いますが、相川をフルカウントからショートへ注文どおりの併殺打を打たせ、ピンチ脱出。同じような場面が4回にもあり、松井淳、宮本、福地がそれぞれ塁を埋め、またも相川。今度はサードへ併殺打。がけっぷちへ追い込まれながら、ことごとく相川に助けてもらう久保。スワローズ先発の館山、受ける相川。攻守交替の時、受けるとき、気まずかったろうね(笑)

打線は館山の前に4回終了時でショートエラーで金本が出塁したのみ。ヒット、フォアボールともなし。早いところ久保を援護してあげたいところへ5回、新井兄のヒット、新井弟のフォアボールで2死1・3塁のチャンスを作ると、今成が先制のセンター前タイムリーを放って1点。次のピッチャー・久保も野手顔負けの鮮やかなセンター前タイムリーで2点目。打ちあぐねていた館山を攻略?できました。

今日の久保はストレートの球威は球速表示以上のモノが出ていたように見えたけど、変化球がなかなか決まらず、必然的に球数が増えたマウンドでした。ランナーが出るもノラリクラリとスワローズ打線を翻弄。7回を投げ終え110球。個人的にはあと1イニング引っ張ってもよかったんじゃないかな。榎田や筒井、渡辺の負担を軽くしてあげてよかったのでは…。久保は7回6安打無失点。悪いなら悪いなりの範囲で好投するピッチング…ベテランの技ですな。

8回から久保を継いで榎田へスイッチ。勝利の方程式に移行したんですが、この交代が裏目…。田中浩にデッドボールを与え、4番の畠山にレフトへ2ランホームランで同点。ここへ来て榎田の内容が少し悪いのが気になる。去年もこの時期に疲れが出て打たれるシーンがあったけど、今年も疲れかな。。

9回は3番手・福原が2死からミレッジにヒットを打たれるも、牽制で刺して三人で仕留め、流れをタイガースに呼び込むと、9回ウラにサヨナラの足音が。1死から浅井のヒット、2死から平野のセンター前ヒットで1・3塁とチャンスを拡大し、好調の今成へ。しかし、今成はファーストゴロに倒れ、延長戦へ突入。

10回は球児。先頭の田中にライト前ヒット、続くピッチャーのところへ代打・バレンティンが告げられ、その打席に代走の比屋根にスチールを決められ、無死2塁。一打勝ち越しのピンチでしたが、ここから球児の本領発揮。バレンティン、畠山、松井淳のクリーンアップをバッサリ斬り無失点。サヨナラへのリズムをつけるリリーフ。

10回ウラを迎える時点で21時19分。阪神の攻撃次第では11回もあり得る場面、先頭は球児の代打の桧山でしたが三振、続くマートンはフルカウントまで粘るもキャッチャーファウルフライ。この時点で21時27分。ここでヤクルトベンチから荒木コーチが飛び出し、時間稼ぎ。だけど、この行為は無駄でした。2アウト、残り時間3分のから大和がショート内野安打。気迫のヘッドスライディングでサヨナラの機運を呼び込むと、ここで時間制限一杯。続くトリ次第で試合が決まる場面で3ボール1ストライクからレフトへ流し打ち!快足をぶっ飛ばす大和。1塁からのナイスランで本塁を踏み入れ見事なサヨナラ勝ち!

3塁ベース上で祝福されるトリ。お祭り騒ぎのスタンド。今年も甲子園でのナイスゲームは何度となくあったけど、この試合ほど球場が揺れたのは今季初じゃないかな?お立ち台でのトリは相変わらず淡々とした受け答えだったけど、ベンチに下がってからは騒いでたろうね。

7回までの試合展開なら9時までに終わっていた試合ですがね。まぁ勝ったからヨシとしましょう。引き分け、負けだったら、また波に乗り切れないまま、翌日の試合に挑むことになっただろうし。勝って良かった!トリナイスバッティング!大和ナイスラン!でした。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3×○2東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・9回戦
(10回ウラ・サヨナラ勝ち)

【ヤ】館山−正田−押本−日高−バーネット−●山本哲
【神】久保−榎田−福原−○藤川

【勝ち投手】藤川(2勝1敗14セーブ)
【負け投手】山本哲(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】畠山6号2ラン(8回オモテ・榎田)

阪神タイガース通算成績 32勝38敗8分 対スワローズ 5勝3敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5カードぶり勝ち越し メッセ5勝

阪神が五回までに4得点し、5カードぶりに勝ち越し。中日とのカードで今季初めて勝ち越した。

先発・メッセンジャーは7回無失点で5勝目(8敗)。二回は無死満塁のピンチを併殺などで切り抜けた。メッセンジャーは「(二回は)1点を覚悟したが幸運にも0点に抑えられた。長い間コントロールに苦しんできたが、今日は良かった。それが勝てた要因」と振り返った。

阪神は初回、鳥谷の適時打で先制。四回は新井良の適時二塁打で2点目。五回には大和の適時打と鳥谷の犠飛で2点を追加した。フェンス直撃の二塁打を放った新井良は顔の汗を光らせながら、「芯に当たったので越えてくれと思いながら走った。まだまだ実力がないので、1日1日必死に頑張ってます。(お立ち台からの眺めは)最高ですね」と声を弾ませた。

阪神は八回に2番手・榎田が走者を出し、3番手・福原が井端に適時打を許して1点を失ったが、九回は藤川が抑えた。

中日はこの日1軍復帰の山本昌が先発し、5回4失点で2敗目(2勝)。(デイリー)


5カードぶりの勝ち越し。先発したランディには今シーズン初めてとなる甲子園球場での勝利。白星も6月16日の千葉ロッテ戦以来の5勝目。いつもいつもランディが好投しながらも打線は零封負けとか1点しか取れないとか、気の毒なマウンドの連続でファンとしても申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、試合後のお立ち台で満面の笑顔が見れたのはホッとしました。

試合は初回からドラゴンズ先発の山本昌を攻め、先頭のマートンのライト線への2ベースを足がかりに、大和の進塁打からトリがセンターへタイムリーヒットを放ち、華麗な先制劇を魅せる上々の試合の幕開け。

4回には2死から金本のフォアボール、良太のレフトオーバーのタイムリー2ベースで2点目。5回には小宮山のショート内野安打、マートンのライトオーバーの2ベース、大和のセンター前タイムリー、トリのレフトへの犠牲フライと着実に点数を取って、優位に試合を展開。

先発のメッセンジャーは2回にヒットと2つのフォアボールで無死満塁というピンチ。ここを堂上弟をサード併殺で切り抜けるも、続く小田に再びフォアボールで2死満塁、山本昌を三振にしとめる独り相撲が見られましたが、このイニングを除いてはメッセンジャーペース。

イニングを追うごとに女房役の小宮山との息もあって、7回に降板するまで毎回奪三振を奪い、三振数は9つ。ヒットも1、2、7回にそれぞれ1本ずつ。散発3安打に抑えるナイスピッチング。小宮山の構えたところへ狂うことなくコーナーをズバッと突くピッチングでドラゴンズ打線を翻弄。7回降板時でも94球と完封、完投ペースで投げていただけに、残り2イニングも続投して欲しかったんですが…。和田監督曰く「メッセになかなか勝ちが着いてないんで、いい時に思い切ってスパっと代えました」とのこと。ただいま怒涛の9連戦中、まだ明日以降も6連戦が控えているだけに、中継ぎ陣を休ませるという選択肢はなかったのか…この交代は解せない。後の試合に中継ぎ陣への負担にならなければいいけど。

ランディのあとを継いで8回からは榎田。2本のヒットとフォアボールを出し2死満塁というピンチを残して、3番手・福原へスイッチ。その福原が井端にライト前タイムリーを打たれて、3点差。4点差あれば、球児の登板機会もなかっただろうけど、これで9回を球児という流れに。そして最終回は球児が堂上兄弟、高橋周を簡単に3人で斬って試合終了。

余裕のあるメッセンジャーを7回に代えたばっかりに、3投手も継ぎこんでしまった和田采配…。今日の試合展開からしてなりふり構わぬ継投という試合ではなかったはず。中5日で巨人戦の3戦目に投げさせる意図があるんだろうけど、中5日もあれば疲労は抜けるはず。こんなピッチャーの使い方をしていていいのかな…。勝ったのに少しモヤモヤの残る一戦でした。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○1中日ドラゴンズ〜甲子園・12回戦

【中】●山本昌−朝倉−武藤−高橋聡
【神】○メッセンジャー−榎田−福原−S藤川

【勝ち投手】メッセンジャー(5勝8敗)
【セーブ】藤川(1勝1敗14セーブ)
【負け投手】山本昌(2勝2敗)

阪神タイガース通算成績 31勝38敗8分 対ドラゴンズ 3勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が中日2年目・大野に初勝利を献上

阪神が1点差負けを喫した。

先発・岩田が初回、先頭の平田に本塁打を浴び、さらに井端の適時二塁打で2点目を許した。

阪神はその裏、無死二、三塁から鳥谷の内野ゴロの間に1点を返したが、二回以降は中日の2年目・大野を攻めあぐねた。

大野は五回途中1失点でプロ入り初勝利。「僕の後のピッチャーの方が抑えてくれて感謝しています。(ウイニングボールの贈り先は)母親ですかね。女手一つで育ててくれたので恩返しできたかなと思います」と喜びをかみ締めた。

阪神・岩田は7回2失点で8敗目(5勝)(デイリー)


和田阪神の前半戦最後の大仕事、怒涛の9連戦を9連勝で終えて借金なしで前半戦ターンを迎えるという目標がありましたが、あっさり敗れ去りました。。

タイガース先発は岩田。初回、ドラゴンズ先頭の平田に右中間スタンドへ一発を食らい足元をすくわれると、なおも不安定な立ち上がりを大島にヒット、森野にフォアボール、和田をサード併殺にしとめるも、井端のレフト前タイムリーで2点目。今日の岩田はこの立ち上がりが全て。ヒットこそ打たれど、岩田の左腕がイニングを追うごとに唸りをあげ、ドラゴンズ打線をバッタバッタ。ストレートにスライダー、フォークがキレにキレ7回を7安打10奪三振。岩田が投げる日は打線が援護しない傾向をどうにかしてやらんと。これはシーズン終盤まで続くんだろうか。明日の先発のメッセンジャー然り。打線は満遍なく打って援護してやらんと。

打線は2点を追う1回ウラ、マートンのヒットに平野のフォアボール、トリの打席時にドラゴンズのバッテリーミスも絡んで無死2・3塁と絶好のチャンス。まずトリのショートゴロの間に1点。なおも1死3塁と最低でも同点にしておきたい場面。4番の新井さん三振、5番の金本さんライトフライ。あと1本が出ず、1点どまり。ここで1点を奪えなかったことが後々響いてくるとはね。

ドラゴンズ先発・大野に対し2回、3回とランナーを出すものの、ノラリクラリ交わされる始末。初回以来の同点、勝ち越しのチャンスとなった6回の攻撃も、金本、良太の連打でチャンスを作るも、2番手の田島が大和をセカンド併殺打に。8回には2死から新井兄、柴田でチャンスを作りましたが、良太がショートゴロ。最後のチャンスが田島へプロ初勝利を献上する羽目になるとは。

最終回はドラゴンズ守護神・岩瀬に対し2死から関本がフォアボールで出塁も、代走に起用された上本がマートンの打席へセカンドへスチール敢行も谷繁に刺され試合終了。

ドラゴンズ戦は序盤のうちに試合を有利に進めておかないと、終盤の強力リリーフ陣をひっくり返すのは至難の業。なだけに今日は1回で畳みかけておかなければね。。オールスターブレイクを5割で迎えることは出来なくなったけど、これで気持ちがキレてズルズルいかないように、さらなる気の引き締めを。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●2中日ドラゴンズ〜甲子園・11回戦

【中】○大野−田島−ソーサ−岩瀬
【神】●岩田−筒井−渡辺−加藤

【勝ち投手】大野(1勝)
【セーブ】岩瀬(1敗26セーブ)
【負け投手】岩田(5勝8敗)

阪神タイガース通算成績 30勝38敗8分 対ドラゴンズ 2勝7敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、連敗脱出 新井V打&球児締めた

阪神が新井の二塁打で奪った先制点を完封リレーで守りきり、7月初勝利を挙げ、連敗を6で止めた。九回は6月17日(ロッテ戦)以来、23日ぶりに登板した藤川が締めた。

三回、マートンの左中間二塁打などで2死一、三塁とすると、新井の右翼線にポトリと落ちる適時二塁打で先制。投手陣は先発スタンリッジが6回8安打無失点。筒井、6月29日(ヤクルト戦)以来の登板となった福原、榎田とつなぎ、最後は藤川が1死満塁のピンチをしのいで貴重な1点を守りきった。

スタンリッジは5月25日以来の5勝目(4敗)。「何とか連敗を止めようと強い気持ちだけ持っていた。(捕手の)今成がしっかりリードしてくれて、ランナーを出しても切り抜けることができた」と振り返り、1カ月半ぶりの白星には「長かったという気持ちはあるが、チームが勝つことを考えていたので良かった」。和田監督は「福原、藤川が戻って、リレーができるようになった。(9連戦初戦だが)何とか連敗を止めるため、きょうはみんなに頑張ってもらった。やっと本来の勝ち方ができた。明日からまたしっかりと」と話した。

中日は連勝が3でストップ。吉見が7回1失点と好投したが、援護がなく4敗目(5勝)を喫した。(デイリー)


6連敗中、瀕死の虎を救うべく、甲子園行ってました。1つ勝つのは難しい。連敗中だからなのかもしれないけど、余計に感じました。

タイガース・スタンリッジ、ドラゴンズ・吉見の両先発はお互いヒットをそれなりに許しつつも、要所を締めるピッチング。そんな投手戦なのか、貧打戦なのか、どちらとも取れる試合で唯一の得点を挙げたのが3回の阪神の攻撃。1アウトからマートンの2ベース、平野の進塁打、トリのフォアボールでチャンスを広げると、新井兄が詰まらされながらもライト前にポトリと落ちる先制タイムリー。新井さん、好調の証。フルスイング、バットを振り切ったことが好結果に繋がりました。この1点が決勝点となった訳ですが、毎度ながらあと1点、2点取れれば楽なんですけど…。

スタンリッジは3回2死1・3塁、4回2死満塁、5回2死1・2塁と常に綱渡り的なピッチングでしたが、スタンの粘りも然ることながらバックも盛り立てました。サードスタメンの良太、いつもクールなトリ、ガッツあふれる平野。「チーム一丸」な試合で虎の子を守りながら、スタン以降の継投を筒井、福原、榎田、球児と勝利の方程式へ。

8回、球児の前に投げる榎田でしたが、堂上兄の2ベース、谷繁の犠打、堂上弟のデッドボールで1死1・3塁。自ら蒔いたタネでしたが、そこから代打・藤井、大島を連続三振にしとめピンチ脱出。

1−0で迎えた9回にはひさしぶりに甲子園のマウンド返ってきた球児…でしたが、1死から森野、和田に連打、井端にフォアボールを与えて1死満塁。休んでいた結果、球威は良いように思いましたが、細かいコントロールが効かない球児。1死満塁、堂上兄をファーストゴロ、本塁転送で2アウトにすると、最後のバッターになるであろう谷繁。タイガース戦ではことごとくチャンスで打たれ、谷繁に痛い目に遭されるだけに、最悪なことも考えました。必死に踏ん張る球児、粘る谷繁。この1イニングだけで35球を費やしたうち、谷繁に何球費やしたのだろうと思うくらい、ヒヤヒヤハラハラした場面。2死満塁フルカウントという絶体絶命の展開で最後はサードゴロ。やや硬い感じの良太のスローイング、送球がそれつつも最後は兄・貴浩がガッチリ掴んで試合終了。

負ければ借金10。デッドライン越えとなる試合でしたが、みんなの意地、気持ちの入った試合でした。

試合後にはスタメンマスクでなかなか結果の出なかった今成が号泣していたり、失敗続きの小宮山も9回のピンチを凌ぎきって、悩める若虎たちには勝利以上に嬉しい、頼もしい経験が得られたのではないでしょうか。

9連戦の初戦を取り、1−0の接戦をモノにしたタイガース。この粘り強さがあれば、ここからの巻き返しは難しくないはずだ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0中日ドラゴンズ〜甲子園・10回戦

【中】●吉見−ソト
【神】○スタンリッジ−筒井−福原−榎田−S藤川

【勝ち投手】スタンリッジ(5勝4敗)
【セーブ】藤川(1勝1敗13セーブ)
【負け投手】吉見(5勝4敗)

阪神タイガース通算成績 30勝38敗8分 対ドラゴンズ 2勝7敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が今季初の6連敗 自力V消滅

阪神が今季初の6連敗で借金は9。今季75試合目で自力優勝の可能性が消滅した。

三回にマートンの適時打で先制。しかし、先発・安藤がその裏、村田の犠飛で同点にされた。安藤は四回に3連打を浴びて勝ち越し点を許し、五回には阿部に適時二塁打を打たれ、3点目を奪われた。

阪神は九回2死から新井貴・良の連続短長打で1点を返したが、そこまでだった。安藤は五回途中降板で6敗目(3勝)。

首位・巨人は4連勝で先発・ホールトンは7回1失点で6勝目(6敗)。「大観衆の中で投げ、気持ちが良かった。相手の打線がいいので、自分の持ってるすべての球を混ぜて投げました」と話した。(デイリー)


前任の真弓監督は叩かれまくったけれど、指揮を執った3年間、オールスター前に自力優勝が消えるということはなかった。むしろ交流戦後からオールスター前にかけて怒涛の巻き返しを魅せ、秋まで頑張った。戦力も鳴尾浜から調子のいいものを抜擢して、ドンドン使った。それが柴田だったり上本だったり田上だったり小宮山だったり。和田阪神と真弓阪神では置かれた状況が違うところもあろうけど、和田監督も目に見えるアクションを起こして欲しい。もう来週から育成重視で戦わないか?

試合は3回ウラ1死から今成の右中間を破る2ベースでチャンスメイクするとマートンのセンター前タイムリーで先制。

先発は安藤。立ち上がりからランナーを背負い、調子の上がらないマウンド。先制をしてもらった直後に長野、谷の連打、坂本の犠打で1死2・3塁と勝ち越しのランナーを得点圏に進めると村田の犠牲フライでたちまち同点。4回にも高橋、エドガー、古城の3連打で勝ち越し、そして5回にも坂本にヒット、村田にデッドボールを与えたところで2番手・加藤へスイッチ。今日の安藤は4回3分の0を8安打3失点。悪いなりに踏ん張っていた安藤も、昨日、一昨日と勢いのついた巨人打線の猛威を止めることが出来なかった。

メッセンジャー、能見、安藤…3戦連続して先発が試合を作れない。中継ぎへの負担を考えて、先発を少しでも引っ張りたいベンチの気持ちは分からんでもないけど、やることなすこと悪循環。現状のチーム状況ではリードする今成にも荷が重いかな。

2番手の加藤も代わりっぱなを阿部に右中間タイムリー2ベースを打たれ3点目。これが決勝点。

9回2死から巨人の守護神・マシソンから新井兄がレフト前ヒット、新井弟で右中間へのタイムリー2ベースで1点差に迫り、代打の浅井もショートの深いところへ当たりを飛ばすも坂本の攻守に阻まれてゲームセット。今日も新井兄弟の頑張りが光り、中継ぎの踏ん張りも見られたけど、それを消さんばかりのチームの反発力のなさ。とにかくベンチが暗いし、指揮官が深刻な顔をしていては…。

デッドラインの借金10まであと1つ。来週から上位3球団を甲子園に迎えてオールスター前、怒涛の9連戦。甲子園の大観衆を背に無様な試合をするわけにはいくまい。若手、中堅、ベテラン、調子のいいものを積極起用して、虎の意地を魅せろ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ3●2阪神タイガース〜東京ドーム・12回戦

【神】●安藤−加藤−鶴−筒井−榎田
【巨】○ホールトン−山口−Sマシソン

【勝ち投手】ホールトン(6勝6敗)
【セーブ】マシソン(2勝7セーブ)
【負け投手】安藤(3勝6敗)

阪神タイガース通算成績 29勝38敗8分 対ジャイアンツ 3勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が5連敗 最近10試合で9敗目

阪神が今季3度目の5連敗、最近10試合で9敗目(1勝)を喫した。

5位・阪神は借金が8に増え、4位・広島とのゲーム差は2に広がった。先発・能見は5回6失点で6敗目(5勝)。5‐3とリードの五回無死二、三塁で、二塁・平野のバックホームが悪送球となり2者に還られ同点。さらに高橋由の犠飛で勝ち越された。七回には筒井が1死満塁から、高橋由に右前へ適時打を打たれ、1点を追加された。

阪神は二回2死からに大和、今成、能見の適時打で3点。三回は関本の2点適時打でリードしたが、巨人打線を相手に持ちこたえられなかった。

首位・巨人は3連勝で2位・中日との2ゲーム差を守った。先発・杉内は4回5失点で降板したが、継投陣が追加点を与えなかった。(デイリー)


天敵・杉内から5得点を奪うも、エース・能見が踏ん張れず、守りの綻びも絡み、泥沼5連敗。借金8。ここ10試合で1勝9敗。9敗のうち、勝てた試合は何試合あるだろう。最低でも5勝5敗で来れたんじゃないの?と思うんだけど。負け試合の負け方がどれも最悪。「守りの野球」「チーム一丸」ちゃんちゃら可笑しいわ。

打線は好調。1点を追う2回、新井兄弟の連続内野安打でチャンスを作り、関本の打席でエンドランをかけるも関本三振、新井兄三盗失敗で一気にチャンスがしぼみ、杉内攻略へ道が途絶えたかと思いましたが、続く大和がインコースのストレートを上手く捌き、左中間へタイムリー3ベース!暗雲立ち込めそうなところをつんざく見事なタイムリーが今成のライト前タイムリー、能見のライト前タイムリー、3連続タイムリーを呼び起こして一気に逆転!天敵・杉内をKOするまでには至らなかったものの、今日はいいムードで試合が運べる…と思った。

2回ウラ、いい形でひっくり返したところへ水を差す能見の2被弾。まず先頭の寺内に変化球がすっぽ抜けた高めの球をレフトスタンドへソロホームラン。1点差。続く杉内は三振に仕留めるも、1番の長野にも寺内のVTRを見ているかのような高めのボール球をレフトスタンドへ運ばれ同点。ホームランは防げる失点。今年の能見は被弾率があまりにも高すぎ。

同点に追いつかれた3回の攻撃、2アウトから再び新井兄弟がチャンスメイク。兄がレフト前ヒット繋げば、弟も続けとばかりにレフト線へ2ベース。2死2・3塁と勝ち越しのチャンスを作ると、関本が第1打席の三振ゲッツーを挽回するレフトへ2点タイムリー!追いつかれても突き放す打線の反発力。なかでも今日の新井兄弟のバットは凄くいい感じに振り切れていたと思うし、走塁面でも必死のパッチで本塁を駆け抜けたりと、新井兄弟の頑張りがチームの勝ちに繋がればいいのですが。

能見は相変わらず調子の上がらないまま5回までたどり着くも、先頭の谷、坂本の連打で無死2・3塁と追い詰められると、村田のセカンドゴロを平野が失点を阻止すべく本塁へ送球するも、打者走者の谷に当たり打球は1塁ベンチ方向へ。この間、2塁走者の坂本まで還り同点。平野の判断はどうだったんだろうか?アウト優先?失点阻止優先?個人的にはあの場面は1点は目を瞑って、アウト優先でよかったんじゃないかと思う。このあと高橋由の犠牲フライで巨人逆転。今日の能見は5回7安打6失点。オールスターに選ばれてしまった手前、ファームで再調整させる訳にはいかないのかな?能見ひとりの責任でないにしろ、ここ最近ずっと内容が悪すぎ。こんな内容ではとてもエースなんて呼べない。

一度傾いた流れは引き戻せず、打線は6回に関本、大和の連打でチャンスを作るも今成がセカンド併殺打。8回にも新井兄弟の連打、関本のフォアボールで満塁も代打・桧山が巨人の攻守に阻まれるショート併殺打。チャンスを作れど6点目、7点目を奪えず、そうこうしているうちに7回に筒井が巨人打線に捕まりトドメの7点目を奪われ、逆転負け。

同じようなパターンでズルズル負けるチームに和田監督もどうしたらいいのかわからないのだろう。こういうときはヘッドコーチが手助けするべきなんだろうけど、ヘッドコーチも外から言いたいことを言っていた時とは違って、いざ中に入ってしまうとどうすればいいのかわからないんだろう。こういうときこそベンチの最前列にたって、選手を鼓舞して欲しいんだけど、監督もヘッドコーチも別々の席に座って、渋い顔をしてるだけ…。新井良太を除いて、選手からもベンチからも覇気が感じられない。今日の敗戦も負けるべくして負けた一戦。明日こそ一矢報いる戦いをして欲しいけど、こんな調子じゃ3タテ食らってもぐうの音も出ない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ7●5阪神タイガース〜東京ドーム・11回戦

【神】●能見−渡辺−筒井−二神
【巨】杉内−○高木京−福田−山口−西村−Sマシソン

【勝ち投手】高木京(1勝)
【セーブ】マシソン(2勝6セーブ)
【負け投手】能見(5勝6敗)

〜ホームラン〜
【巨】寺内1号ソロ(2回ウラ・能見)長野9号ソロ(2回ウラ・能見)

阪神タイガース通算成績 29勝37敗8分 対ジャイアンツ 3勝7敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、序盤6失点で4連敗、借金7

阪神は序盤の6失点が重くのしかかり完敗。4連敗となった。借金は今季ワーストの7。

先発のメッセンジャーが大誤算だった。初回、阿部、高橋由、エドガーの適時打に加え、投手の沢村に押し出し四球を与えて4点を失い、二回には谷の2号ソロ、高橋由の適時打で2失点。2回7安打6失点でKOされ、8敗目(4勝)を喫した。打線は四回に相手の悪送球に乗じて1点、七回には押し出し四球で1点を加え、九回には鳥谷の適時打で加点したが、反撃が遅すぎた。

巨人は2連勝で、40勝両リーグ一番乗り。先発の沢村が6回2/32失点で6勝目(7敗)を挙げた。2安打2打点の高橋由は「(1打点目は)慎之助(阿部)が先に打ってくれたので楽な気持ちでした」と振り返った。(デイリー)


和田阪神のオールスターまでの目標は巨人、中日、ヤクルト、巨人の4カードを9勝3敗で乗り切ること…らしい。監督の猛檄に果たして選手もファンも心を揺り動かされたのだろうか…。明日は七夕。和田監督は短冊に「熱くなれ」「少しのスパイス」「9勝3敗」と書いておくといい。もしかすると願いが叶うかもしれない。

先発はメッセンジャー。初回から見事な炎上っぷり。2つのフォアボールから阿部、高橋由、エドガーの3連続タイムリーを打たれ、ピッチャーの澤村にまで押し出しのフォアボール。いきなり4点のビハインド。ランディの炎上はまだ続き、2回には谷にレフトへソロホームラン、村田にライト前ヒットから高橋由にライトフェンス直撃のタイムリー2ベースでさらに2点を追加され6−0。3回以降7イニングの攻撃チャンスがあれど、反抗意欲が殺がれるどうしようもない展開。今日のランディは球が高く、ストレートの球威はなく、変化球もキレなく痛打される始末。キャッチャーの今成とも息があってないように見えた。2回7安打6失点でKO。毎度のように我慢我慢のマウンド。好投劇を見せていたランディもとうとう崩れた。

打線は4回先頭のトリ、新井の連打でチャンスを作り、ブラゼルの1塁併殺崩れ、巨人ショート・坂本の悪送球も重なって1点を返すも、後続続かず。7回には今成、浅井、マートンの3連打で無死満塁。ここでチーム得点圏打率NO.1の平野と大きな期待を寄せましたが、見逃し三振。続くトリはフォアボールを選び押し出しで1点を返し、4点差。なおも1死満塁のチャンスで4番・新井。一発が出ればグランドスラムで同点。繋いでいけばイケイケドンドンでビックチャンスへと流れが傾く場面でしたが、巨人先発・澤村が最後の踏ん張りを見せ、新井は三球三振。続く金本の場面で巨人は山口へスイッチ。そして金本に代打・関本。金本は前打席でスイングした際に腰に強い張りを訴えたとかで…。代打に起用されたセキは三振で1点どまり。

9回には2死から平野がピッチャー強襲安打、トリの打席で二盗を決め、トリがセンター前へタイムリーを弾き返すも時既に遅し。

序盤の6点が大きくのしかかり、4連敗&借金7。メッセンジャーは7安打6失点とKOさえたものの、2番手以降の継投は二神、鶴、加藤、渡辺で3回以降の巨人打線を1安打に封じ込めたのが唯一の収穫かもしれない。

怪我人だらけの阪神において金本も腰に違和感を訴え途中交代と、ただでさえチーム状況が悪いのに。。。悪いときには悪いことが折り重なるもんだ。明日は内海と能見の投げ合い。内海に対して苦手意識ありありの阪神打線、対する能見は一発病ありであまり調子がよくない。能見が頑張ってくれれば、もしかするとロースコアで勝てる「かも」しれない。勝てたらいいなぁ…程度の気持ちじゃダメなんだろうけど、盛り上がる要素が全くない…。

オールスターまで残り11試合。和田監督と共に残りの4カード、9勝3敗で乗り切るぞ!あと2敗できるぞ!(やけくそ)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ6●3阪神タイガース〜東京ドーム・10回戦

【神】●メッセンジャー−二神−鶴−加藤−渡辺
【巨】○澤村−山口−西村−マシソン

【勝ち投手】澤村(6勝7敗)
【負け投手】メッセンジャー(4勝8敗)

〜ホームラン〜
【巨】 谷1号ソロ(2回ウラ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 29勝36敗8分 対ジャイアンツ 3勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神また守乱!3連敗で5位転落…

阪神が3連敗で借金が6となり、5位に転落した。先発・岩田は味方守備の乱れもあり7回4安打2失点(自責1)で7敗目。打線は2点を追う四回、先頭・新井の右中間二塁打から1死三塁とし、ブラゼルの内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯だった。

広島は3連勝で阪神に代わり4位に浮上。三回、岩本が先制適時打。四回には相手失策と暴投で加点した。六回途中1失点で今季初勝利の今井は「あまり調子はよくなかったけど、粘り強く石原さんのサイン通り投げられたのが良かった。シュートと真っすぐを効果的に使えた」と話した。(デイリー)


今回の松山2連戦は四国の阪神ファンの皆様には最悪の2連戦だったんじゃないかと。ひさしぶりに見れる縦じまの勇姿がボロばっかり。連日のミスでの連敗&5位転落。こいつらは何をしに松山に来たのかと。。。四国の皆さん、あれが今年の和田阪神の戦いっぷりです。

タイガース先発は岩田。3回、天谷のレフト前ヒット、赤松の犠打で得点圏へランナーを進められると岩本にライトへタイムリーを打たれ先制点。4回には菊池のサードゴロを新井さんがファインプレーでもぎ取るも、悪送球をしでかし打球は1塁ファウルグランドを転々。この間に打者走者の菊池は一気に3塁へ。新井さんの悪送球はいただけないし、カバーリングが出来ていなかったのも輪をかけて最悪。そして、次の石原の場面で岩田の暴投でカープは棚ボタの2点目。

今日の岩田は7回4安打2失点。カープ打線の早撃ちにも助けられて7回終了時で98球。テンポ良く投げていただけに完投も出来た内容。3回、4回のしょうもない失点がつくづく悔やまれる。

打線は2回にブラゼル、柴田の連打で無死1・2塁と先制のチャンスを作るも小宮山のショート併殺で先制の目を潰すと、これがケチのつけ始めだったのかもしれない。2点を追う4回には新井さんの右中間への2ベースでチャンスを作り、金本のライトフライからタッチアップで3塁へ。続くブラゼルのショートゴロの間に1点を返すも反撃はここまで。カープ先発・今井から放ったヒットは4回の新井さんのヒットが最後。結局3安打しか放てず、6回途中から継投に入ったカープ投手陣の前に無残に砕け散った阪神打線。

9回には3番手の筒井が迎にダメ押しの1点を奪われトドメ。

今日の負けで借金は今季最多の6。順位もカープと入れ替わり5位転落。週末の東京ドームでの巨人3連戦を迎えるにあたり、タイガースを取り巻く雰囲気は最悪だ。次の巨人3連戦で踏みとどまらないと、今年の和田阪神はTHE・END。いっそのこと3タテでも食らって、来期へ向けて戦力を試すのもいいかもしれない。しかし、今年のペナントも苦戦するとは思ってたけど、こんなに早く崩れるとは…。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●3広島東洋カープ〜松山坊ちゃん・10回戦

【広】○今井−菊地原−サファテ−今村−Sミコライオ
【神】●岩田−渡辺−筒井

【勝ち投手】今井(1勝1敗1セーブ)
【セーブ】ミコライオ(1勝3敗9セーブ)
【負け投手】岩田(5勝7敗)

阪神タイガース通算成績 29勝35敗8分 対カープ 6勝3敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神2点リードの9回2死から逆転負け

阪神が2点リードの9回2死無走者から3点を奪われ、逆転負けした。

阪神は連敗で借金5。地方球場で過去5戦4勝のスタンリッジは6回1/3を投げ1失点。3‐0とリードした七回無死一、三塁から広島・広瀬の適時打で1点を返され、1死二、三塁の場面で降板。ここで2番手の筒井は石原、代打・前田智を連続三振に仕留めた。

八回は渡辺が抑えたが、九回は榎田が2死から3連打で1点を失い、さらに二、三塁から、梵に対し、振り逃げとなる暴投によって2者がホームインし、逆転された。

阪神は初回1死から平野、鳥谷、新井貴の3連打で先制。三回は2死一、二塁から金本の適時打で2点目を挙げた。さらに四回は2死二塁からマートンの適時打で1点を追加した。(デイリー)


9回2アウトを簡単に取り、迎、天谷に連打を浴びるも、まだ大丈夫という心の隙がどこかにあったかな。9回2アウトからまさかWスチールを仕掛けてくるとは思わなかった。だから最後の最後で焦ってしまい、榎田の投げミスか小宮山の取り損ねか…2ランワイルドピッチという結末に。ああなってしまえば、100%、小宮山が怒られる訳で。ここでションボリして終わってしまえば、あっという間に淘汰されて終わってしまうし、なにくそ!と思って頑張れば、これからの小宮山はいい選手になると思う。野球の神様が与えた大きな試練。この試練を乗り越えたらきっといいことがある。この試練に立ち向かうか、逃げるかはコミー次第だ。

矢野さんの栄光の「39」の背番号を背負わせてもらってるのはチームの期待があるから。鳴尾浜で頑張ってきた努力があったから今日の試合でもスタメンマスクを被らせてもらえた。ノムさんも、古田も、矢野も城島も谷繁も一流のキャッチャーの座についた選手は努力、努力で這い上がってきた選手。キャッチャーというポジションは他の8つのポジションと違って、ポッと出の選手があれよあれよとのし上がるポジションじゃない。どのポジションよりも苦い経験を積み重ねて成り立つポジションだ。今日の悔しさを糧にリードの勉強、キャッチングの練習、ゲームの読み、ピッチャーとのコミュニケーションと、いろいろとやることはあろうけど今まで以上に密にこなせば、必ずや今日の失敗は取り返せる。

阪神ファンは口では「若手を使え!若手を使え!」というものの、ミスをしたならば掌を返したように叩きまくる。特に若手には。。寛大な心を持った人は少ない(笑)。しばらくはどこへ行っても野次られると思う。だけど、これはどこの球団でも同じ。阪神ファンは特別に声が大きいだけ。叱咤激励と思って頑張れコミー。腐るなよコミー。

和田監督、明日も小宮山をスタメンマスクで使って下さい。今夜は悔しくて眠れない思いでいっぱいやと思います。早く今日の失敗を取り返すチャンスを与えて、彼に勇気と自信を取り戻させてください、お願いします。

※今日の試合のおさらい。

初回に平野、鳥谷、新井の3連打で先制、3回にはトリのフォアボール、新井さんのレフト前ヒットから金本のセンター前タイムリーで2点目、4回には柴田のヒットを足がかりにマートンのタイムリーで3点目。

先発はスタンリッジ。6回まで散発3安打。100球近くになった7回にボールが浮き始め、制球が乱れたところを廣瀬にセンター前タイムリーを浴び、2点差。ここで地元に凱旋の筒井が2番手でマウンドへ。代打の前田智、天谷を連続三振に取り、故郷に錦を飾りました。

8回をナベ、9回は榎田と必勝リレー。9回2死まで簡単に奪うも、迎、天谷、菊池に3連打を浴び1点差。続く梵の打席ではWスチールを仕掛けられ2・3塁となり、梵を空振り三振にするも小宮山が後逸し、振り逃げ&2ランワイルドピッチで逆転負け。5位・カープと0.5ゲーム差。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●4広島東洋カープ〜松山坊ちゃん・9回戦

【広】大竹−菊地原−梅津−サファテ−○中田−ミコライオ
【神】スタンリッジ−筒井−渡辺−●榎田

【勝ち投手】中田(1勝)
【セーブ】ミコライオ(1勝3敗8セーブ)
【負け投手】榎田(2勝1敗2セーブ)

阪神タイガース通算成績 29勝34敗8分 対カープ 6勝2敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

マツダオールスターゲーム2012の監督推薦選手、セ16、パ12選手が2日、発表された。

阪神のエース能見はプロ8年目で意外にも初めての球宴となるが、「しっかりと成績を残して出るのならうれしいが、複雑な思いもある」と正直な心境を口にした。

2年連続で開幕投手を務めた左腕は、今季ここまで5勝5敗で防御率3・13と納得のいく投球ができていない。「何かずば抜けている人が出る舞台。僕では物足りない」と話しつつ、「しっかり腕を振ることがポイントになる」と真剣にプレー面の課題を挙げた。(sanspo)


能見が監督推薦で選ばれ、今年のオールスターは球児、平野、鳥谷、能見の4選手が夢の舞台へ。ドラゴンズの高木監督は金本も選出したかったようですが、金本本人より体調面を考慮しての辞退となったようです。

しかし、能見の選出はどうなんでしょう。個人的には成績が伴ってないのに選んじゃいかんでしょ…って意見なんですが。ここ数試合は勝ったり負けたり。勝っても負けても内容が悪い。。。今年は大阪ドームでオールスターの初戦があるので、初戦の先発に能見に白羽の矢が立ったんだろうけど、ファン心理としては大失敗に終わらなきゃいいなってとこですかね。

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、新井が勝ち越し打も逆転負け

阪神は新井の勝ち越し打などで一度はリードしたが、投手陣が崩れて逆転負けした。

2点を追う五回、無死満塁で鳥谷が2点適時打を放ち同点。続く新井の左前打で勝ち越した。さらに2点を加え、この回打者一巡の猛攻で5点を奪った。しかし、その裏に1点を返され、六回にはミレッジの適時打で失点、さらに田中の2号3ランで逆転された。先発・安藤は5回1/3、10安打6失点で降板、5敗目(3勝)を喫した。

ヤクルトは先発の村中が4回0/3、7安打5失点と乱調だったが、中継ぎ陣が好投。3番手のフェルナンデスが来日初勝利を挙げた。逆転3ランを放った田中は「興奮で記憶がないけど、後悔しないよう思い切り振りました」と話し、フェルナンデスは「すごくうれしいです。この調子で頑張りたい。またよろしくお願いします」と笑顔を見せて大歓声を浴びた。(デイリー)


この3連戦は1勝2敗の負け越し。初戦の大逆転負けに、今日の逆転負け。3連勝3タテ出来てたはずのスワローズ3連戦。今日みたいな試合は真弓時代で見飽きた。和田監督になって野球が変わるとはあまり思ってなかったけど、もうこんなことをやってるかと思うと…。

先発は安藤。前回のベイスターズ戦の好投からすれば、ストレートのキレ、フォークのキレ、共によくなかった。初回、ミレッジにライト線への2ベースを許し、田中の犠打、川端のショートゴロの間に、ミレッジの好走塁が光り、1点を許すと、2回、3回と得点圏にランナーを許し無失点に抑えるも、エンジンがかかる気配のない安藤。4回には2つのフォアボールから相川にレフト線へ2ベースを許し2点目。悪いながらも踏ん張りをみせる安藤ですが、いつ崩れてもおかしくないマウンド、早いうちに打線が援護して、継投策に移ったほうが最善と誰の目にも映るピッチングでした。

その安藤を援護すべく打線は5回、先頭の安藤が自らのヒットで反撃の狼煙をあげると、マートンの右中間2ベース、平野のフォアボールで満塁。そしてトリがしぶとくライトへ同点の2点タイムリー!勢いは止まらず、新井さんもレフト前ヒットで続いて3点目。ここでヤクルト先発の村中を引きずり降ろすと、2番手の山本哲にも良太のヒット、浅井の犠牲フライ、大和のヒットと打線の勢いは止まらず、結局この回はコミーのショートゴロの間の1点も追加して、5得点のビックイニング!これで安藤がウラの回をビシッと抑えてくれれば…というところでしたが。

5回も田中、川端の2本のヒットから畠山にタイムリーを許し、2点差。安藤を5回まで引っ張る気持ちは分かる。勝ちをつけてあげたいもん。でも川端にヒットを打たれたところで代えてもよかったんじゃないかな。あの内容じゃ安藤も納得して降りただろう。誰もが安藤は5回までと思ったはず。なのに6回もマウンドへ。

6回先頭の松井淳にフォアボール、代打・森岡にヒット、バレンティンにレフト線へタイムリー2ベースを打たれ1点差。ようやくここで2番手・加藤へスイッチ。変えるタイミングはあまりにも遅すぎ。素人判断でも5回までだ。ヤクルトに傾いた流れは変わることなく、加藤の代わりっぱなを田中がレフトへ逆転の3ランホームラン。得てしてこういう結果になるのは野球のセオリー。

7回にも3番手の久保田が松井淳、藤本に2本の長打を浴びて2点を追加され、THE・END。

今日の敗因は明らかなベンチワークのミス。3ランを打たれた加藤にも責任はあろうけど、あれは打たれるようになってる。加藤を出すなら6回の先頭・松井淳のところから。あの場面で代えるならナベや久保田でもよかったはず。そもそも、安藤を6回も続投させたのが間違いなんだけど。今日の結果で加藤がまた敗戦処理や二軍落ちしようものならベンチは相当のバカ。加藤はガックリすることは全然ない。リベンジの機会を与えて欲しいし、加藤は戦力として必要だ。

打線は活発。守りも二遊間は「トリ・ヒラ」の鉄壁コンビが構え、センターの大和も5回に宮本の右中間を抜けようかという打球を超スーパーファインプレーでチームを盛り立てたりと、随所にいいところはある。だけど、記録に残らないミスが多すぎ。選手にも首脳陣にも。その結果が借金4を抱え、3位・スワローズまで3.5差。こうやって勝てる試合をミスミス落として、優勝争いに絡むどころか、3位狙いも怪しくなって、気がついたら5位でシーズンが終わってたりするんだ。

さぁ週明けは5位・カープと松山で2連戦。連敗すれば5位陥落。ここで踏みとどまるか、ズルズル行くか。最低でも最高でも連勝しないと来週末の巨人3連戦が終わりの始まり。さぁ意地を魅せてみろ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ9●5阪神タイガース〜神宮・8回戦

【神】●安藤−加藤−久保田−鶴
【ヤ】村中−山本哲−○フェルナンデス−押本−日高−バーネット

【勝ち投手】フェルナンデス(1勝)
【負け投手】安藤(3勝5敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】田中2号3ラン(6回ウラ・加藤)

阪神タイガース通算成績 29勝33敗8分 対スワローズ 3勝4敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

このページのトップヘ