猛虎Japan!

June 2013

投打かみ合い虎5連勝!スタン4勝目

阪神が投打がかみ合い、連勝を5に伸ばした。

一回1死二塁から、鳥谷が中前へ先制の適時打を放った。三回にはマートンが2試合連続本塁打となる7号3ランを右翼席へと放ち、4‐0とした。五回には新井の左中間適時二塁打で加点。九回には高山の2号ソロで加点した。

先発のスタンリッジは7回5安打1失点で、5月7日の巨人戦以来となる4勝目を挙げた。三回まで毎回走者を二塁へ進めたが、粘りの投球で無失点でしのいだ。五回、2死三塁から途中出場の佐藤の内野安打で1点を与えたが、なおも2死一、二塁のピンチではアブレイユを空振り三振に斬った。

スタンリッジはヒーローインタビューで「(打線が)たくさん打ってくれて、本当にうれしい。リードをもらった中で投げられるのは気持ちがいい。きょうのピッチングは満足できるものではなかったが、チームの勝利に貢献できてうれしい」と、笑顔で話した。(デイリー)


投打ガッチリとは今日みたいな試合のことを言うのだ!今季2度目の5連勝!首位がっちりキープであります!今季の日ハムとの交流戦は今日の勝ちで3戦負けなし。去年1勝もできなかったので、明日勝って去年の屈辱を晴らさないと。

打線は好調そのもの。電光石火の攻撃とはこのこと。初回、先頭の西岡が初球を叩いてセンター前ヒット、続く大和が送り、1死2塁の場面を作れば、3番鳥谷がセンター前へはじき返して、鮮やかに先制点。たった5球の間に1点先制。ハムの先発・吉川はなんのこっちゃ分からんかったんちゃうかな。それほどの速攻劇。

3回には1死から大和がライト前ヒット、鳥谷がストレートのフォアボールを選べば、マートンがライトポール際へ2試合連続の7号3ラン。4番の一振りでハムを突き放す4点目を奪えば、先発のスタンリッジも楽々ピッチング!

毎回のようにランナーを背負うスタンリッジでしたが、今日は低めにコントロールされ7回を投げ5安打4つのフォアボール。失点は5回に失点の1点のみの力投。7回に100球を超え、1アウトから2つのフォアボールを出したところを首脳陣に限界と見られたのか、この回で降板。球数的にはラストまで狙えたように思えたし、7回の2つのフォアボールも微妙な判定が重なってのものだったし・・・スタンリッジ本人は最後まで…という気持ちがありそうな感じでしたが、次回登板のことや明日の試合のことを考えれば妥当だったのかな。代え時というのは難しい。

9回には移籍してきた高山がバックスクリーンへトドメの2号ソロを放ち、継投も福原、加藤とビシッと決まり試合終了。

札幌ドームでは5連敗中だったこともあり、北海道の虎党には嬉しい一夜になったんじゃないかな。さぁ、もう一戦勝ってファイターズ戦全勝といきますか!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ1○6阪神タイガース〜札幌ドーム・3回戦

【神】○スタンリッジ−福原−加藤
【日】●吉川−モルケン−鍵谷−根本  

【勝ち投手】スタンリッジ(4勝5敗)
【負け投手】吉川(5勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号2ラン(3回オモテ•吉川)高山2号ソロ(9回オモテ•根元)

阪神タイガース通算成績 35勝22敗2分 対ファイターズ 3勝

虎マートン逆転サヨナラ弾で首位再奪取

阪神がマートンの9号逆転サヨナラ本塁打で4連勝、巨人と入れ替わって首位に立った。

1点を追う九回、鳥谷が左前打で出塁すると、マートンが益田の2球目を左翼スタンドに叩き込んだ。

藤浪が六回途中で自己ワーストの12安打を浴び、3失点で降板。井口の一発以外は3併殺で要所をしのいでいたが、六回無死満塁の大ピンチで江村を投ゴロ併殺に抑え、切り抜けたかに思えたものの、踏ん張り切れなかった。だが、中継ぎ陣がロッテの追加点を阻んだのが最後につながった。

ロッテは1点を追う三回、井口が左越えに13号ソロを放って同点。その後は併殺などで好機を潰していたが、六回2死二、三塁から代打・サブローが左前に2点適時打を放って勝ち越した。

六回以降も再三チャンスをつくり、計15安打を放ったが、4併殺で追加点を奪えず、最後は守護神・益田が致命的な逆転サヨナラ弾を喫した。ロッテは阪神戦7連敗。(デイリー)


最近の勝ち方はちょっと神懸かり的な感じ。優勝するシーズンは得てしてこういう試合が続くもんで、秋にはもしかしたらもしかするかも。まぁ言うてもまだ6月なので優勝やらなんやら考えてる余裕はないんですが、今日は巨人が負けて、阪神勝って、単独首位浮上でございます。

タイガース先発は甲子園負けなし伝説継続中の藤浪。今日は自己ワーストの12安打を浴び、6回途中3失点でKO。普通のピッチャーなら3失点以上取られてるか、6回持たずにKOされてるだろうけど、強運の藤浪。なにか持ってるんかな4回、5回、6回と3つの併殺を奪い取りピンチ回避。内容的には決していいものではなかったけど、3回の井口のソロ、6回のサブローの2点タイムリーだけで抑えきったのはさすがなのかな。

打線は初回に新井さんのレフトライナーを相手のエラーから挙げた先制点と、2点を追う6回に代打・浅井の放った追撃のセンター前タイムリー。阪神打線もマリーンズ打線に負けじとヒットを量産するも、なかなか1点差の壁を越えられぬまま最終回へ。

最終回、マリーンズは守護神・益田を投入。藤浪の不敗神話もいよいよ途切れるのか、阪神打線が必死のパッチでサヨナラ勝ちでもやらかすのか。不敗神話とサヨナラ勝ちを演出すべく、先頭の鳥谷がチームリーダの面目を保つべく鮮やかに三遊間を抜くレフト前ヒットでサヨナラ勝ちのお膳立てをすると、打席には木曜日にサヨナラホームランを放ったマートン。否が応うにも期待が高まる打席、ファンの期待に応えない訳にはいかないマートン・・・見事でした。あっぱれであります。益田の2球目、失投を見逃さず振り抜いた打球はマリーンズファンが陣取るレフトスタンドの一角へ。9号サヨナラ2ラン!打った瞬間ソレとわかる一撃!木曜日の再現VTRを見てるかのような劇的な勝利。

初めてのサヨナラヒット、初めてのサヨナラホームラン。先の2回はかなり興奮気味だったマートンも今週2度目とあって、ちょっと落ち着いてる感じ(笑)4番の一振りに出迎える和田監督は劇的な一振りに興奮してか、涙目。マートンの4番は怪我をした良太が帰ってくるまでの暫定的な感じもしましたが、今や立派な4番打者。金本の時のような威圧するような怖さは感じられないものの、頼もしさは金本と遜色ない感じ。なにかやってくれそうな雰囲気が打席からプンプンしてるマートン。イエス様の力、甲子園の後押し、マートンの実力。4番・マートン、残りの交流戦、レギュラーシーズンに戻っても大暴れしてくれるのは間違いない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3×○2千葉ロッテマリーンズ〜甲子園・4回戦

【ロ】大嶺−藤岡−中郷−服部−松永−カルロス・ロサ−●益田
【神】藤浪−筒井−安藤−加藤−○福原

【勝ち投手】福原(2勝)
【負け投手】益田(1勝3敗19セーブ)

〜ホームラン〜
【ロ】井口13号ソロ(3回オモテ・藤浪)
【神】マートン9号2ラン(9回ウラ・益田)

阪神タイガース通算成績 34勝22敗3分 対マリーンズ 3勝1分

エース能見がリーグトップタイの6勝目

阪神は先発の能見が三回2死から根元に3号ソロを浴び先制を許す。

1点を追う四回、先頭のマートンが四球で出塁すると、新井がバックスクリーン左へ飛び込む8号2ランで逆転。新井はこの2打点で通算1000打点をクリアした。

六回にはマートン、新井の連続四球で一、二塁から浅井が投前へのバント、これを成瀬から送球を受けた今江が落球する失策で満塁。新井良は見逃し三振に倒れるが、藤井彰の二ゴロ併殺崩れの間に追加点を挙げた。

能見は一発のあと、四回に1死二、三塁のピンチを迎えるが、荻野貴を遊ゴロ、鈴木を一ゴロに切り抜けた。以降は危なげない投球で今季4度目となる完投、セ・リーグトップタイの6勝目を挙げた。

能見は今季4完投に「疲れます」と笑いながらも「僕が投げるときは、ブルペンを休ませられるようにと思って」と、投手陣全体を考えながら、勝利を積み重ねるエースらしいコメント。

チームも3連勝で、貯金は今季最多の11に。(デイリー)


なかなか更新できず、スイマセン。試合を全く見てない訳ではないのですが、あまり見れてる状態にはないので、試合感想記は控えさせていただいてます。とは、言っても先日のマートンのサヨナラ弾は見てまいりました。強いなーって実感はやっぱりないんですが、勝ちに対する執念みたいなものは確実に感じます・・・っちゅうことは、やっぱり強いのか。。(笑)

今日からのマリーンズ2連戦で甲子園での交流戦は終了でございます。迎え撃つマリーンズはパ・リーグ首位。対するタイガースも2位ながら、首位に肉薄してるだけに、今年の秋にはこの顔合わせがあるかもしれません。

マリーンズ先発はエース・成瀬。今年の交流戦は攝津に、金子、田中マーくん、武田勝、牧田・・・パ・リーグを代表する投手陣をことごとく打ち崩してきたタイガース打線、今日も成瀬を打ち負かしました。

1点を追う4回、先頭のマートンがフォアボールを選ぶと、1000打点に王手をかけてからなかなか打点をあげれない新井さんへ。最後に打点を挙げてから約2週間。その間、甲子園、京セラ、福岡、倉敷と花束を用意されていたのに、毎回無駄にし続けた新井さん。そろそろ花束を無駄にしない為にも打たないと・・・というところで、新井さん、決めてくれました!成瀬のストレートをセンター横へ逆転の8号2ランホームラン!弾道自体は低かったのでどうかな・・・というところもありましたが、見事フェンスを越えてスタンドに着弾しました!1000打点を飛び越え、1001打点目もあげた新井さん。いつものベンチ前での決めポーズをしようとポーズを作りかけるもナインから頭をボコボコに叩かれる手洗い祝福。効果的な値千金の一打はこの日も好投していたノウミサンにいい援護点になりました。

その先発したノウミさん。3回2アウトから根元にセンターバックスクリーンへ先制弾を浴びるも、失点はこれだけ。4回にも無死1・2塁というピンチを迎えたものの、相手の拙攻にも助けられてこのピンチを切り抜けると、すかさずウラのイニングに新井さんの2ランによる援護射撃あり、6回にも追加点を取ってもらって最終回まで勢いを落とすことなく投げ切ったノウミサン。2試合連続の完投勝利はリーグトップタイの6勝目!お立ち台では完投することは正直疲れる・・・とノウミサン。しかしながら、登板するときは必ず完投する意気込みでマウンドに立って、見事実行するあたり、エース・ノウミサンであります。

マリーンズとの交流戦は負けなしの2勝1分け。日曜日も藤浪に託してマリーンズ制圧といきたいところです。交流戦順位も首位まで2ゲームと優勝を狙える範囲。交流戦優勝は他力もかかってくるんで、難しい面もあろうかと思いますが、初めての交流戦優勝、狙いたいところです。

セントラルの順位も阪神が勝てば巨人も勝ち、巨人が負ければ阪神も負ける状態で0.5差で首位追走はそのまま。追いかけるのと追いかけられるのでは気持ち的に前者が楽かな。地道に戦って気づいたら・・・という感じになるのが一番いいと思うんで、こつこつ勝っていきましょ。

交流戦ラスト甲子園は100球制限が解除された藤浪の完投、完封なんてのも見たいかな。必死のパッチで交流戦優勝狙おうぜ!打線はそろそろ良太の爆発が見たいかな。お兄ちゃんの影に隠れてないでもっと目立て!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3○1千葉ロッテマリーンズ〜甲子園・3回戦

【ロ】●成瀬−南
【神】○能見

【勝ち投手】能見(6勝2敗)
【負け投手】成瀬(6勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】新井8号2ラン(4回ウラ・成瀬)

阪神タイガース通算成績 33勝22敗3分 対マリーンズ 2勝1分

このページのトップヘ