sひさびさに縦じまのユニフォームを見た今日この頃。


雨が降りしきる甲子園で行われた阪神VSヤクルト首位攻防戦。
首位攻防と言っても2位まで5ゲーム以上離しているので首位攻防と言っていいのかわかりませんが…。

首位攻防第1ラウンド、先制したのは我らがタイガース。
4回に赤星の内野安打から口火を切って、シーツの先制タイムリーに、選手会長・今岡の見事なレフトへの3ランホームラン。内角のボールを上手く身体に巻きつけてシバイた打球は打った瞬間にそれとわかる打球。今岡自身も打った瞬間にホームランと分かったらしく、バットを放り投げて一塁へ走る姿かっこよかったですよ。

タイガースの先発は調子を絶好調時近くまで取り戻したであろう井川が先発。
7回にラミレスに1発を浴びた以外はピンチらしいピンチを一切背負うことなく、球威抜群、凡打の山を積み重ねて7回を5安打6奪三振のナイスピッチング。

フォームをプチトルネード投法にしてからというもの、見違えるような投球をし出した井川。1ヶ月前まではなかなか波に乗り切れず、二軍落ちまでしたあの井川かと思うぐらいに。。ここ4試合はプチトルネード投法で4連勝!いつの間にかハーラートップタイの8勝目を手にしてしまった井川。次回登板は是非、1回から9回まで1人で投げきって9勝目を手にして欲しいです。

井川の後続は、初の月間MVPを手にした藤川がセ・リーグトップ登板の44試合目のマウンドへ。昨日も勢い衰えることなく3人を綺麗に片付けて、いつものナイスピッチング。そろそろへばりが来てもおかしくはなさそうなんですが…タフな男です。

最後は久保田が藤本のスーパープレーに助けられながらも11セーブ目を上げて首位攻防戦の1つ目をがっちり死守。

これで貯金も15。2位のヤクルト、中日までは6.5ゲームまで差をつけて独走ムードがプンプン。他のセ・リーグファンには申し訳ないですが、セ・リーグの灯を近々消させてもらいますよ。